鮒忠 (2010年03月31日)

0331funacyu.jpg
この店の前を通るたびに、看板に書かれている『竜田揚げ』が目にとまります。
普通の鶏の竜田揚げはいいのですが、こちらの店は油が多いのを思い出してしまいます。

他のメニューを見てみると、『大海老フライ』740円が目に入りました。同じ揚げ物ですが、どうなんでしょう。

とりあえず入ってみました。

一人&禁煙なので、カウンター席に案内されますが、4席あるうち3席が埋まり、残り1席には荷物が置かれています。

店員さんが、喫煙席なら2人がけのテーブルがありますがと、言ってくれますが、それは拒否。

カウンターの後ろの4人がけのテーブル席をお願いしました。

とりあえず、テーブルの上にあるメニューを見てから、『大海老フライ』を注文します。

料理は、それほど待たずにでてきます。

海老2尾が、どーんと皿にのっています。左にあるのは、ポテトサラダ、水菜にかくれてタルタル、その手前に芥子がのっています。

海老は、衣が固いです。

まあ、普通のお味でしょうか。

みそ汁は、やや塩分が多い感じです。



場所:新宿区神楽坂5−34−1
TEL:3260-6323

前回の記事はこちら


先日、ご紹介した「ビヰルキッチン」は、まだランチをやっていないようですね。そういえば、「ワヰン酒場」もランチをやるといって、いまだにやってませんね。

隣の「+81Reatrant」が、ランチを始めたようです。
posted by たきお at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

サイゼリア (2010年03月30日)

0330syzeria1.jpg
0330syzeria2.jpg
0330syzeria3.jpg
0330syzeria4.jpg
風が冷たいですね。風がなければ、日差しは暖かいんですが。

そんな中、飯田橋側のPLANOへ。

このビルの中のお店は何店かはいっていますが、まだ2階に上がった事がありませんでしたので、あがってみる事にしました。

ぐるっと一回りして、「サイゼリア」に入る事に。

以前、コメントで「サイゼリア」によく行くとコメントをいただいた事を思い出しました。

店内、結構広いですね。
神楽坂にも、ロイヤルホストやガストがありますが、そちらに比べると、のびのびした感じがあります。

禁煙席に案内されると、向かいのテーブルには、突っ伏して爆睡している男子がいます。勉強疲れでしょうか。ぴくりともせずによく寝ています。

ランチセットだけのメニューがあります。が、ピンとくる食べたいものがありませんので、大きなメニューを開きます。

ファミレスのメニューって、大きくて選ぶのが大変ですよね。

ページをめくって、パスタにすることにしました。

『採りたてキャベツのペペロンチーノ』399円に決め、それに追加で『ベジタブルセット』280円をプラスします。

『ベジタブルセット』は、スープを3種類の中から選べますが、『田舎風ミネストローネ』を選択。

お水は、ドリンクバーでセルフサービスで取ってきます。

席に戻ると、すぐにサラダとスープがでてきました。

どこが田舎風かわかりませんが、ミネストローネ、そしてサラダ。

サラダは、レタスでしょうか。最近、レタスに似てるけど、名前が違う野菜が出てますね。昨日、MIURAYAで、レタスのつもりで買ったのが、ピュアヴェールと名前がついていましたので、これもレタスかどうか確信はありません。

スープを食べ終えた頃にパスタが出てきます。

味は、どこのファミレスにでもある普通の味です。
パスタは、やや単調で、最後の方は飽きて来てしまった。

ガーリックトーストとか別にありましたので、それも頼めばよかった。

場所:千代田区富士見2−7−2 飯田橋プラーノ2階
TEL:5212-4144
posted by たきお at 15:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

一品香 (2010年03月29日)

0328ippinsyan1.jpg
0328ippinsyan2.jpg
毎週日曜日にボランティアをやっています。

何をやってるかって。

雑木林の保護、樹木に絡み付いてる葛のつるを切ったり、のび放題になっている笹竹を刈ったりしているんです。
そのボランティアの冬期作業の打ち上げが昨日ありました。
昨日は寒い日でしたが、いつも通り作業を終え、一汗かいたあとに飲んだビールは最高ですね。その後は、各自持ち寄った焼酎がどっさり。
かなり、皆へべれけ。

で、今日。
二日酔いにはなりませんでしたが、なんだか口の中が芋焼酎の味!

ランチは、さっぱりしたものが食べたい。けど、何を食べたらよいのやら。

ふらふら歩いていると、「一品香」の店の前の看板にサービスランチとして『野菜しおタン麺セット』の文字が。野菜としおの字に引かれて店に入りました。

入り口をはいってすぐにある2人がけのテーブル席へ。

料理はすぐに出てきました。

写真とちょっと違いますね。写真は、ちゃーはんが山に盛られていますが、こちらはちょっぼと皿にのっています。今日はこの位の量で十分です。

タンメンは野菜がいっぱい。上にのっている野菜を食べても、なかなか麺にたどり着きません。野菜はいろんな種類の野菜がはいっています。
海老は写真に写っている1尾だけですが。

塩がきいていて、さっぱり感です。

チャーハンもキクラゲがはいり、あっさりした味に仕上がっています。

店を出ると、雨が降っています。
なんだか今日はわからない天気ですね。

お店の前で、チラシを配っていました。
新しくお店がオープンしたようです。

毘沙門天の前にある「ワヰン酒場」の姉妹店、「ビヰルキッチン」です。ランチもやっているようです。

カレーが3百いくらとか言ってました。今度行ってみよう。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−3
posted by たきお at 15:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ぼくらのラッキー (2010年03月26日)

0326lucky1.jpg
0326lucky2.jpg
ようやく雨がやんだという感じですね。これから、桜も咲き始めるでしょう。

桜が咲くと、なんとなくウキウキしてくるから不思議です。

ちょっと遠出、といっても牛込中央通りですが。

「きときと」へ行って、天婦羅定食か海鮮丼あたりにしようと思ってたのですが、「ぼくらのラッキー」のランチをのぞいてみました。

表の黒板に、『イカフライとポテトコロッケ』とありました。

キーマカレーでコロッケカレーもいいなと、急遽店を変更しました。

店内に入ると、やや煙たいです。意外と換気が悪いですね。

奥のテーブル席に座り、今日は桜定食を頼みます。

桜は、キーマカレーとミニネギトロです。

イカフライは、2切れ、コロッケはまんまるの形です。

そして、生卵付きです。

まずは、卵でご飯半分、カレーをかけて残り半分。ご飯がなくなっても、カレーは残ってますし、最初に思ったコロッケカレーがまだですので、ご飯おかわり。

こちらのカレーはほどよく辛くておいしいですね。

吸い物は、なんでしょう。魚のだしのようです。

お腹いっぱいです。

前回の記事はこちら

場所:新宿区払方町15 稲川ビル1階
TEL:5228-1169



posted by たきお at 15:10 | Comment(16) | TrackBack(0) | 日記

バニュルス(上野) (2010年03月25日)

0325vunuls1.jpg
0325vunuls2.jpg
0325vunuls3.jpg
0325vunuls4.jpg
寒いですね。
こんなに寒い3月25日なんて記憶にないですね。
学生時代は、今日が終業式で、もうすぐ桜が咲くという時期なのに。

今は・・・

今日は私にとってアニバーサリーなんです。

よくぞ、ここまで生きて来た。

自分自身にご褒美ということで、仕事をさぼって?(後から痛い目に会うんだろうな)上野の美術館へ。

前から行こうと思ってなかなかタイミングが出来なかった東京都美術館で行われている「ボルゲーゼ美術館展」へ行く事にしました。
美術展は4月4日まで行われ、その後、この美術館は改装のため2年間お休みしてしまいます。建物自体も見納めです。

その前にランチ。

上野では、最近ここに行く事が多い「バニュルス」のランチです。

食事&禁煙席というので、奥の席に案内されますが、店内は風が通って足下が寒いです。

パエリア(1200円)かなんか食べたくなってしまいますが、20分待ちということで、『ロースステーキ』980円にプラスしてコーヒー100円を注文します。

最初にサラダ。葉っぱだけですね。

そして、パンがきた後に、メインが出てきます。

肉と芋だけです。

お肉おいしいです。大きさも、写真で見える肉の下に、上の肉の3分の1位の大きさの肉が隠れています。2段重ねになっています。

ポテトも、ごろっとして食べごたえがあります。そして、ほくほく。

コーヒーをいただいて、いざ美術館へ出発!

前回の記事はこちら

場所:台東区上野7−1−1 1階
TEL:5826-5753

国立新美術館でやっている「ルノワール展」ももうじき終わっちゃうな。4月5日まで。

六本木に行って「プティ シャルトルーズ」のランチが食べたい!
posted by たきお at 19:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ラストリカート (2010年03月25日)

0325lac.jpg
牛込神楽坂にあった「ラストリカート」が神楽坂に引っ越しをしてきました。
本日18時から開店だそうです。
ランチもやるそうなので楽しみですが、一体いくらくらいになるんでしょうね。
あまり高いと縁がなくなっちゃいます。
posted by たきお at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

てけてけ (2010年03月24日)

0324teketeke.jpg
今日は寒いですね。
朝から、高校の同期生が亡くなったとの連絡がありました。
同い年の人間が死ぬのはいやですね。
お通夜などの連絡をしているうちに1時近くになってしまいました。

ランチ難民にならないように、急いで軽子坂にある「てけてけ」へ。

階段を下りて地下の店に行きますが、雨で階段が濡れていてすべりそうです。

店内に入ると、入り口側の3席あるカウンターへ案内されます。奥には、男性一人が携帯をいじりながら待っています。

カウンター席のそばでは、店員さんが集まりなにやらもめています。どうやら注文の確認と提供する順番でもめているようです。

何やら嫌な予感。

注文も、お茶のグラスも持ってきてくれません。

しばらくして、お茶用の空のグラスを置いて、すぐに店員さんは立ち去ろうとします。

ここで、逃すとまたいつくるかわからない。あわてて、『鶏の鉄板焼き』690円を頼みます。

お茶をセルフサービスでいれ、本を読んで待つ事に。

しばらくたつと、『鉄板焼きはなくなりました』

寒いから、熱々を食べたかったんですが、しかたなく『鶏の唐揚げ 甘酢あんかけ』590円を頼みます。

後から、女性一人客が来店。カウンターそばのテーブル席に案内されます。

次に男性一人客。カウンター席の私と先客の男性客の間に座ります。

隣の男性は『てりやき丼』を注文、しかしこれもなく『鉄板焼き』を注文。おーかわいそうにこれもないぞ。と思っていると、そのまま注文は通りました。

女性の方は、やはり『てりやき丼』を頼んだ様子。注文後4〜5分して、てりやき丼がない事を知らされて、唐揚げを注文。

どうして、同じものを注文して、すぐに『ない』と言われる人と、5分ほどして『ない』と言われる人がでるんでしょうか。

かなり待たされて、唐揚げが出てきました。手に二人分を持って運んで来たので、私の前ではなく、やや離れたところに置かれます。
でも、他にお客がいないので、きっと私のだろうなと判断し、手前に引き寄せます。もう一つはカウンター奥の男性。

先に来て、どれだけ待たされたかわかりませんが、後から来た人と同じに出されるとは。

食べ始めると、すぐに隣にも料理が出てきました。しかも私がことわられた『鉄板焼き』が。

なんで。なんで。

この店、以前にも接客でいやな思いをした事があったのを思い出しました。なんだか、だんだん不愉快になってきました。

で、料理はというと、唐揚げは大きな固まりが5つ、キャベツもたっぷり。
これで590円ですから、お得はお得です。

これで、接客がきちんとしていたら・・・ね。

隣の男性が食事を終え、タバコを吸い始めました。

隣あって座っているのに、何も断らないのか。

もう、不愉快絶頂です。

帰り際に、テーブル席の女性を見ると、まだ料理待ちでした。
かわいそうに。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3-1 松本ハイツB1
TEL:5261-5870
posted by たきお at 15:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

313 一邑 (2010年03月23日)

0323ichimura1.jpg
0323ichimura2.jpg
0323ichimura3.jpg
0323ichimura4.jpg
いい陽気ですね。筑土八幡の石段の横にある桜が開花しています。
今週末が見頃でしょうか。

熊谷組の横を入った「一邑」へ。

最近ランチを始めたばかりです。

コタさんのコメントで、1000円のお茶漬けというので、行ってみました。

店先にメニューが置かれています。

お茶漬けはないようです。

『ぎんむつの照り焼き』1500円
『桜鱒のバター焼き』1000円
『まぐろのゴマ漬け丼 ネギトロ和え』1000円の
3種類です。

いずれもデザート付き、ごはんはお櫃で提供されます。

店内に入ると、真ん中に廊下があり、左右に個室があるようです。一番奥はL字型のカウンター席で6席あります。

すでに女性5人が座っています。なんか恥ずかしい。

席に座り、やや間があった後、お茶とおしぼりを持って来てくれました。
店先で決めてあった『桜鱒』を注文します。

すると、なにやら料理が運ばれてきました。
みると、取り箸のついたお新香でした。
好きなだけ、自分の小皿に取るようです。

そして、料理が運ばれてきました。
大きな器の中は、レモンの下に鱒が2切れ入っています。
皿の奥側には、卵焼きが2切れと、里芋のわさびマヨネーズ和え(?)。

みそ汁は赤だしに、なめこ、豆腐、わかめが入っています。

その右には、なすの揚げ出しと、イカの揚げたのが入っています。

奥は、ほうれん草のごま和え。

これで、この後デザートがつくなら、1000円でも納得ですね。

写真の奥に見える桶のようなのには、ご飯が入っています。

『足りなかったらお替わりしてください。』

いやーそんなに食べられません。

味も量もちょうどよいですね。

お茶の差しかえも、タイミングよくだしてくれます。

お店の人は、ご主人とフロア担当の女性の二人だけのようです。

ご主人が、奥の厨房から出て来て、カウンターの中でイカをさばきながら常連さんと話をしています。
カウンターの中は、女性がデザートの準備をしていたので、私のデザートは?などと思っていると、ご主人がさっとデザートをだしてくれます。

イカをさばきながら、常連さんと話をしながら、こちらの食べ進み具合にも気を配っていたんですね。

デザートは、ぶどうジュースを寒天で固めたものの上にクリームが乗り、その横にオレンジです。
(きんむつを頼んだ常連さんは、オレンジのかわりにイチゴだったな)

この感じで行くと、お茶漬け1000円でも、きちんとしたものが出てきそうですね。

場所:新宿区津久戸町3−19
TEL:3266-7778

posted by たきお at 15:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

312 本多鉄丸横町 (2010年03月19日)

0319tetumaru1.jpg
0319tetumaru2.jpg
0319tetumaru3.jpg
今朝の日経新聞に『コンビニ弁当買い控えの的』という記事がのっている。この1年で3割強がコンビニの弁当類の購入を減らしたらしい。
まさしく「昼食リストラ」と書かれている。
減った分はどこへいったかというと、コンビニより安くて手作り感のあるスーパーの弁当か、弁当を家から持ってくるという。

ランチ日記も弁当特集をしてもいいかなと思っている矢先の記事だった。

そういえば本多横丁でも、弁当を売っている店があるなと思いながら本多横丁を歩いていると、黒板を持った女性が立っている。

なにかと思ったら、「本多鉄丸横丁」の呼び込み。
(鉄丸は、○の中に鉄の文字)

『キーマカレーと豚汁』700円との事。

急遽、弁当は止めて、はいってみる事に。

きっと夜は足を踏み外す人がいるだろうと思われる木の階段が2段ついている。

店内は、2人がけのテーブルが並んでいる。テーブルの真ん中に、棚状のものがついていて、その上に温泉卵とお新香ののった器が置いてある。

新富寿司に行く路地に面した窓際の席に座ります。

大きなカップに、氷入りの水が出されます。

メニューは1種類です。
店員さんに、『大盛りにしますか、普通ですか』と聞かれます。
『普通で』
『大盛りでも料金は一緒ですよ』

いやいや、あまり食べると!
今年、体重10kg減の目標値が達成できない。
(今のところ全然替わってないんですが)

あくまでも、普通で通します。

注文すると、すぐに豚汁がでてきます。
注文している時に、すでに厨房で、よそっているのが目にはいってました。

豚汁の器がでかい! よかった普通盛りにしておいて。

カレーも、すぐに出てきます。

金属のボールのような入れ物に入ってきます。

見ると、大盛りでもよかったかなと一瞬頭をよぎる。

いやいや、やめておこう。

体重を気にしない方は、どうぞ大盛りをお頼みください。

早速、温泉卵をわり、カレーの上に!

『温泉卵とお新香は食べ放題です』と店員さんが言ってます。

カレーは、お肉が存在感を示しています。辛さはそれほどでもありません。温泉卵がカレーをマイルドにしてくれてます。

途中、2個目の温泉卵を投入。

豚汁も、たっぷりの量、具もしっかりはいっており、味噌味も濃すぎず薄すぎずで、ちょうど良い味です。

ランチは、日替わりなんだろうか。

場所:新宿区神楽坂4−4
TEL:03-3266-0228
posted by たきお at 14:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

えちご (2010年03月18日)

0318echigo.jpg
こちらも久しぶりの「えちご」です。

前回の記事を見ると、昨年の8月以来です。

店内に入ると、やはり前回と同じで誰も出てきません。
店の奥へ進むと、右にあるカウンターの中の板さんから声がかかりました。左側は、座敷席で、何人かお客さんがいます。

一人なので、カウンター席に座ります。カウンター席には、女性一人。
カウンター席は初めてです。いままでは、入り口はいって左にある窓際のテーブル席ばかりでした。

今日の日替わりを尋ねると、『鰹のたたき』だそうです。

初鰹が、ちょうど旬なんですね。どこにいっても鰹がメニューに登場します。

メニューの中で『とんかつ』780円に、目がとまります。

780円、安いじゃない。

ちょうど、神楽坂の道路の反対側にできたトンカツ屋「あげづき」の事が頭にあったので、どう違うか食べてみることに。
もっとも、まだ「あげづき」には行ったことがありませんが。
「あげづき」のロースカツ定食は1400円です。こちらは、ほぼ半額です。

とんかつを注文すると、じゅじゅーと、肉が油の中に投入されました。

しばし、できあがるのを待ちます。

本を読んでて気がつかないうちに、後ろから料理が出てきました。

以前いただいた料理は、小鉢がたくさんあったのですが、今回はシンプルです。その分、料金を下げたのでしょうか。

みそ汁の奥には、ソースの皿、その向こうにはドレッシングの皿です。

とんかつの皿の上には、卵焼きとポテトサラダ、キャベツにミニトマトの半分に切ったものが乗っています。

ごはん、みそ汁はお替わり自由です。

これで十分ですよ。毎日ランチするサラリーマンは。

とんかつをいただきます。やや肉が脂味の多い部位ですね。
味はいまいちですね。

ごはんのお替わりをしようかどうしようか、迷ったすえに、お替わり無しで、お店を後にしました。

前回の記事はこちら

場所:神楽坂3−6 青柳LKビル2階
TEL:3513-5698



posted by たきお at 17:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

ごえん (2010年03月17日)

0317goen1.jpg
0317goen2.jpg
0317goen3.jpg
今日もいい天気の神楽坂です。予報では昨日よりだいぶ寒くなるようでしたが、思ったほど寒くはありません。
いよいよ春ですね。

今朝、神楽坂通りを通った時に、今日のランチはここにしようと決めてました。
「ごえん」です。

店内に入ると、奥の席に案内されます。
いつものカウンター席には、お刺身てんこ盛りでしょうか、刺身がのっている大きな器が場所を取っていて使えないからでしょうか。

席につき、メニューを見ると、以前とメニュー内容が変わっています。
クリアファイルの中には、定番の定食が、そしておすすめ定食として3種類書かれた紙が別に入っています。

『刺身てんこ盛り定食』1000円や『天婦羅盛り合せ定食』900円にひかれますが、折角おすすめと別紙にあるので、おすすめを頼む事に。

鰹は昨日食べたばかりなので、『鰯の塩焼き(二本)』750円を頼みます。

料理の提供に時間がかかります。
あらかじめやいてあるのではなく、串を打ち、塩をふり、じっくりと焼いているんでしょう。

後から来た2人連れが頼んだ『若鶏の唐揚げ定食』650円の方が早く提供されてしまった。
店員さんは、しっかりこちらの気持ちを察し、『鰯は今焼いてますのでもう少しお待ちください』と声をかけてきます。

なかなか読み進まない文庫本をじっくりと読み、ちょうど読み終わった時に料理がでてきました。

なかなか立派な御膳ですね。

こちらの店は、見た目汚い(失礼?)感じの店なのですが、料理はしっかりしています。

小鉢は、魚のあらを煮たもので、やや骨が多い。
みそ汁の中にも、魚のあらが入っています。

なんだか魚づくし、しかも焼きと煮物、みそ汁といろいろなタイプをいただきました。

ごちそうさまでした。
前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂2−9 大川ビル地下1階
TEL:5261-3317
posted by たきお at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

きん助 (2010年03月16日)

0316kinsuke1.jpg
0316kinsuke2.jpg
今日は暖かいですね。久しぶりにコート無しの出勤です。
このまま暖かくなってくれるといいのですが、明日の朝はまた寒いそうです。

ランチもどこか遠くへぶらぶら行きたい気分ですが、どうも体調がすぐれません。
体調もそうですが、パソコンの調子も悪く、午前中からサポートセンターへ電話してもなかなかつながりません。

電話はあきらめランチへ行く事に。

みずほ銀行の横の路地を抜け、目白通りへでてみました。
先日「川端」のママさんが、おにぎりやが出来たりしてランチのお客が減ったと言ってたので見てみる事に。

なにやらいろんな種類のおにぎりがあり、お客さんも並んでいます。やはりランチも少しでも安い方を選ぶのでしょうか。

さらに江戸川橋方面へ歩きますが、あまり店がなさそうなので途中を左折し、「きん助」に行ってみました。

時刻的に遅かったのでランチは終了しているかと思いましたが、まだ看板はでています。

今日のランチは、『とり唐揚げ、かつお刺、めかぶポン酢』890円です。

すこしづつ、いろいろ食べられる和食の定食です。

みそ汁が、『ほうれん草と油揚げです』と、ママさん(?)が料理を持ってきた時に説明をしてくれます。

それ以外は看板に書かれていますから、説明は不要ですね。
めかぶが、さっぱりしていて、いいですね。
お新香も、しっかりしたお新香です。

しっかりした?、変な言い方ですが、居酒屋ランチなどでは、こんなお新香はでないですよね。

ごちそうさまでした。

前回の記事はこちら


場所:新宿区下宮比町2−7 西欧ビル1F
TEL:03-5228-1731


posted by たきお at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アンジェラ (2010年03月15日)

0315angera1.jpg
0315angera2.jpg
0315angera3.jpg
0315angera4.jpg
0315angera5.jpg
0315angera6.jpg
0315angera7.jpg
友人と、ほぼ1年ぶりの「アンジェラ」へ。
以前とシステムが替わったので、店に入る前に表のメニューで確認します。

なになに・・

サイドメニュー+主菜で1000円。
サイドメニューは5種類で、主菜は17種類とあります。
組み合わせると、そうとうな種類になりますね。

サイドメニューは、300円で追加が出来るそうです。

おおむね、注文するのを決めて、店の戸をあけます。

日本家屋を改造したお店で、玄関にはたくさんの靴が並んでいます。
はいれるかどうか、心配でしたが、なんとか入れそうです。

靴を脱いで、あがろうとしますが、靴を脱ぐ場所がありません。
毎回思うのですが、靴箱くらい用意して欲しいものです。

なんとかあがると、カウンター席に案内されます。
カウンター席は4席、先客の男性が、もくもくとサラダを食べています。シェフの気まぐれサラダでしょうか。

席に座り、注文をします。

私は、『デリ三品盛り合わせ』と『ホタルイカと春キャベツのトマトソース』、友人が『グリーンピースのポタージュ』と『アンチョビとうどもペペロンチーノ』です。

男性店員さんが、とりわけますかと聞いてくれましたので、お願いをして、二人で料理をシェアする事に。

最初に、グリーンピースのスープが出てきました。
なんだか、濃厚そうなスープです。冷製スープかな。
スープはシェアできそうにないですね。

そして、デリ三品盛り合わせです。
左から、名古屋コーチンの鶏ささみとアボガドのサラダ、ワカサギのエスカペッシュ、ブロッコリーとカリフラワーのペペロンチーノです。

ブロッコリーとカリフラワーは、それほどではありませんが、サラダとワカサギはおいしいですね。

次に、パスタがでてきました。

が、とりわけ用の皿は出てきません。すっかり忘れ去られたみたいです。

そのまま、パスタをいただきます。

こちらのパスタは、固めのゆで方です。ペペロンチーノは、見た目がかたそうで、そしてオリーブオイルがすごい量です。
底の方は、オイルの中にパスタが漂っています。

私の注文したトマトソースは、トマトの味が強いですね。ホタルイカってこんなに小さかったっけ。

食べ終わると、ドルチェと飲み物を聞いてきます。
これらは、それぞれ+300円です。

どちらも断り、店を後にする事に。
ところが、先客が帰り、その方達の靴がなくなっていたので、私たちの靴は、玄関のはるか向こうに。

店員さんに靴を取ってもらい、店を後に。

最後に、もう一回。靴箱!

前回の記事はこちら

場所:新宿区岩戸町23
TEL:3260-6422
posted by たきお at 16:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

亀井堂 (2010年03月12日)

0312kameido1.jpg
0312kameido2.jpg
0312kameido3.jpg
皆さん 使用済の乾電池どうしてます。

私は、神楽坂6丁目のスーパー「ヨシヤ」へ持っていきます。
入り口を入るとすぐにある、新宿区が設置している回収ボックス「夕日のマンガン」があるので、そこに投入します。

今日は、そこに乾電池を持っていきながら、そのままランチです。

坂をのぼり、「亀井堂」です。

店内にはいり、真ん中に2つある6人がけのテーブル席へ。
お一人様は、ほとんどがこの席で、相席ですね。

相席といっても、よほど混む事がない限り、隣あって座る事はありません。

『中華ランチ』900円を注文します。

今日の中華ランチは、『牛肉と芝海老の炒め物』です。
店に入る手前に、サンプルが置いてあり、そこには味付けまで書かれています。味付けは『醤油・ケチャップ・黒胡椒入り』だそうです。

注文後、すぐにスープとサラダがでてきます。

サラダのさらに乗っている四角のものは、ミニ厚揚げみたいなものです。

サラダもスープも途中の時にメインがでてきます。
メインの皿には、どっさりと牛肉と海老が乗っています。

いい味ですが、予想以上にボリュームがありますね。
やや、食べ進むうちに飽きてきてしまいました。

贅沢ですね。
しかし、こんなにあるとは。

周りを見渡すと、カレーらしきものを食べている人がいます。

そちらも、皿がでかい!

この値段で味も量も、十分ですね。

場所:新宿区神楽坂6−39
TEL:3269-0441

前回の記事はこちら


posted by たきお at 18:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

菜菜館 (2010年03月11日)

0311saisaikan2.jpg
0311saisaikan1.jpg
大久保通りにある「菜菜館」。

大久保通り沿いに、メニューの看板が立てかけられています。

時刻は、1時ちょっと前になってしまいました。
店内には、一人。

前回と同じ席、ちょうど店にはいり、突き当たりの席にすわります。

注文は、『牛肉ラーメン』600円を注文します。

ラーメンは、あんかけっぽいラーメンです。
野菜がいっぱい、1cm角の人参がごろごろはいっています。牛肉も5cmほどの固まりがごろっごろっといった感じではいっています。
スープは、なんでしょう。ややカレー味。でも、完全にカレー味ではありません。
かわった感じでおいしいんじゃないでしょうか。

味そのものは、だいぶ濃いので、最後にスープだけいただくというのは、無理のようです。

もやしがさっぱり感を与えてくれます。

そしてチャーハン。これは作り置きのチャーハンを器にいれ、レンジであたためて出したようです。
上のほうのご飯が乾いてます。そして器が熱くてもてない。
これは、いただけないですね。

まあ、600円なら安いか。

前回の記事はこちら

場所:新宿区岩戸町7

posted by たきお at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブルゴーニュ & あげづき (2010年03月11日)

もあさんのコメントがあったので、ブルゴーニュへ行ってきました。
といっても、表だけ。

ランチは、1000円と1800円の2通りのようです。
0311ageduki2.jpg

そして、ロワズィールの地下(一番やがあった場所)に、とんかつやがオープンしました。

1階にあるランチメニューを見ると ↓
0311ageduki1.jpg

『ロースかつ定食』が1400円、『ヒレカツ定食』が1600円、『地鶏ササミフライ』が1100円となっています。

どういう料理がでてくるかわかりませんが、うーん、この値段!!

そして、さらにその看板の下には、パートさん募集の広告が。

ランチタイムのパートさんを募集しています。

と、いうことはまだ人が足りない?

しばらくは様子見しましょう。


posted by たきお at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

イタリア食堂TOKABO (2010年03月10日)

0310itary1.jpg
0310itary2.jpg
0310itary3.jpg
いい天気になりましたね。
昨日の寒さから今日はかなり暖かくなるという予報でしたが、風がまだ冷たいですね。

神楽坂へ出たものの、さてどこでランチをしましょうか。

毘沙門の横を入り、「ゆかり」でまぐろ丼あたりと思って店の前まで行くと、シャッターがおりています。
定休日でしょうか。

そのまま、小栗横町へと抜けます。
「しふく」「阿ら井」「姿」「けん」「吾」と通ります。
ほとんどランチは1000円以上ですね。
そういえば、「加賀」「蕎楽亭」「海」「ブルゴーニュ」「Ala」あたりも1000円以上ですね。
神楽坂の裏通りには、デフレという言葉はないのでしょうか。


「一品香 新館」は、なにやら工事中のようです。

花屋の横から、神楽坂の通りに出てしまいました。

近くの「イタリア食堂TOKABO」の前のメニューを見ると、今日の日替わりが『ロースハムとアスパラのペペロンチーノ』850円になっています。

時刻が1時になろうとしていたので、こちらに決め、エレベーターで4階に上がります。

エレベーターを下りると、大勢の男性が席待ちしています。
こちら1組でしたので、まとまった席が空くのを待っているようです。

待っている間に、『日替わり』を注文、一人席が空くのを待ちます。

前の男性陣が席に案内されると、すぐに席に案内されます。

席につくや、すぐにサラダとパンがでてきます。
さらに、サラダを食べ終えないうちにスパゲッティが出てきます。

上に、ハムとアスパラがのっています。
スパゲッティをゆでた後、オリーブオイルにまぶし、あとからハムとアスパラをのせたような感じで、ハムが均等にまざっていません。

そして、唐辛子が粉になってまざっています。

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒め、匂いがついたところで・・・なんて作り方はしないんでしょう。じゃないと、こんなに早く提供できないでしょうね。

日曜に自宅で作ったスープパスタを思い出してしまった。(あれは、スープの量の割にパスタが多すぎて失敗作だったなー。)

食べ始めは、辛みが効いてますが、食べ進めるうちに、それも感じなくなってしまいます。

すごい油の量です。フォークとスプーンで油をあまりすくわないように、最後の1本、最後のハムの1切れをすくって食べます。

そして、食べ終える間際に、珈琲がでてきます。

じつにスムーズに食事が運びます。

これだとお客の回転が速そうですが、喫煙可なので、待ち行列ができちゃうんですね。

場所:新宿区神楽坂2−2 志満金ビル4階
TEL:3267-5761

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

川端 (2010年03月09日)

0309kawabata.jpg
寒いですね。
群馬あたりでは雪になっているそうです。神楽坂は雨ですが、このまま夜になったら雪になりそうな寒さです。

久しぶりに(ランチの店では最近この言葉が多くなっています)、「川端」へ。

前回の記事を見ると、前回は昨年の11月ですね。ほぼ3ヶ月ぶりです。

今日の日替わりは『生姜焼き』です。

店内は、先客が2人でテーブル席に一人づつ座っています。

店内にはいり、傘を傘立てに立てかけながら、『生姜焼き』を頼み、
いつものようにカウンター席に座ります。

目の前で、お肉が焼かれていきます。

焼き終わると、お盆の上に生姜焼きの皿と、おでん、お新香がのせられて、出てきました。
その後に、ご飯とみそ汁。

今日のご飯は、菜っ葉ごはん。

生姜焼きは、それほど生姜の味がしません。醤油の味が強いです。

おでんは、よく煮込まれていれ、大根などはとろっとろです。

最後に、お茶をお替わりして、両手で湯のみを持ちながら、いただきます。

少し、手が温まったところで戻ります。

ごちそうさまでした。

前回の記事はこちら


場所:新宿区下宮比町1−7
TEL:3260-3849
posted by たきお at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

心 (2010年03月08日)

0308kokoro1.jpg
0308kokoro2.jpg
0308kokoro3.jpg
0308kokoro4.jpg
久しぶりの「心」です。
前回の記事を見ると3ヶ月以上のご無沙汰です。

2階に上がると、ちょうど席が空いたところです。これで3階(あるいは4階)に上がらなくてすみます。

『満腹御前』780円を注文します。

サバの塩焼き、これも久しぶりです。
サバの塩焼きで、定食1000円とかのお店もありますが、サバ塩で1000円は出せませんよね。そんな事で、サバ塩焼きはあまり食べる事がなかったです。

しかし、こちらの「心」さんは、サラダも煮物もついて780円ですので、お得感があります。

サバは脂がのっておいしですね。やはり脂ののっている魚はいいですね。
ご飯、みそ汁、煮物も温かいです。
大根は、よく味がしみ込み、箸ですーと切り分けられます。しかも、赤唐辛子が味にアクセントを与えています。

ごちそうさまでした。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−1
TEL:3269-4495
posted by たきお at 13:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

311 想いの木 (2010年03月05日)

0305ikoinoki2.jpg
0305ikoinoki1.jpg
0305ikoinoki4.jpg
fromfranceさんからのコメントで、キーマカレーが食べたくなりました。

が、牛込中央通りまで行くのはちょっと。

で、神楽坂の坂上に新しくできた「想いの木」へ行ってみる事に。

急な階段を上って店内に入ります。

4人がけテーブルが2つと、2人がけテーブルが6つあります。

一番手前にある4人がけテーブルと、奥に2人がけのテーブルがあいていましたので、もちろん2人がけテーブルに案内されます。隣のテーブルは小学生くらいの女の子とお母さん。

ふと、周りを見渡すと、女性率100%でした。

店長さんらしき人がメニューも持ってきました。
『簡単にメニューをご説明しましょうか』というのでお願いする事に。

『ランチはAからDまであり、それぞれつく物によって値段が違います。』

では、950円のAランチを。

『カレーは5種類で、本日の日替わりは』と別のメニューを見せてくれます。

ちょっと忘れてしまったが、なんとかのチキンカレーでした。
やや辛いカリーだそうです。

それ以外は、『大地の息吹カリー』『やわらかチキンカリー』『ほうれん草とエビカリー』『マトンカリー』となっています。

『日替わりカリー』を頼みます。

『辛さはお好みによってかえられますが、いかがしますか』

いや、そのままで。

『ナンとライスがありますが』

ナンを頼んで、注文が終了しました。

その後、おしぼりとお水が出てきます。

さらにサラダ。

自家製の人参で作ったドレッシングです。

店内くらいので、サラダの写真がぼけてしまってます。
サラダの横に映っているのは、壁にかかっている照明がテーブルにうつっています。

サラダの人参は、やわらかく口にすると、溶けてしまいます。

サラダを食べ終えないうちにナンとカリーが出てきます。

ナンがこうばしい匂いを立てています。

カレーには、なにやら香草がたくさん入っています。最初のうちは辛さを感じましたが、食べ進めるうちに辛さはなくなってきます。

チキンの固まりがやや大きめです。

ナンの上に肉を乗っけて食べようとすると固い。

骨付き肉です。骨から肉がとれない。食べづらーい。

最初に口にした肉は、ほとんど骨です。他の肉も骨付きです。

結局、肉の固まりのうち半分近くは骨でした。

なんだか、物足りないランチになりました。

ドリンクがない分、ディップマハルより割高か。

残った骨↓
0305ikoinoki3.jpg

場所:新宿区神楽坂5−22 KS神楽坂2階
TEL:3235-4277
posted by たきお at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。