源治 (2010年06月24日)

0624genji1.jpg
0624genji2.jpg
昨日と変わって、よく晴れ上がった神楽坂です。

大久保通りにある「源治」へ。

やはり、今日もランチは1時近くになってしまいました。

店内は、カウンター席に2人、テーブル席に2人しかいません。

お一人さまはカウンターかと思ったら、テーブル席に案内されます。

今日の週替わりを頼みます。

今週の週替わりの丼は、鶏そぼろ丼です。これにちゃんぽんか皿うどんがついたセットとなります。

『鶏そぼろ+ちゃんぽん』880円を頼みます。

カウンターの向こうでは、おじさん一人が忙しそうに料理を作っています。

しばらくして、カウンターで待っていた外国人の方の分と、私の分とが出来上がりました。

カウンター席の方は、焼き魚ですね。魚はやはり少し時間がかかるようです。

私の頼んだものですが、思ってたのと違う。

勘違いで、皿うどんを頼むつもりが、ちゃんぽんを頼んでしまった。

来たものをみて、なんでちゃんぽんを頼んだんだろうと自問自答。

ま、きたものを食べましょう。

鶏そぼろは普通でしょうか。

ちゃんぽんが、やや塩味が強いですね。

麦茶をごくごくと飲んでしまいますが、コップがからになるとすぐに注いでくれます。

時刻は1時を回って、お客も少なくなっていますが、慌ただしさが感じられず、ゆったりと食事をすることができました。

場所:新宿区岩戸町16
TEL:3268-3389

前回の記事はこちら


posted by たきお at 15:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

北海道グルメ大使 (2010年06月23日)


北海道グルメ 北海どんどん 海産物 かに ほっけ 魚 蟹 全額返金


北海道グルメ大使になってしまった。

といっても、そんな大それたものじゃないんです。

北海道の知事さんから、『北海道の海産物を紹介してくれ』

と依頼されたわけでもないんです。

この店のすごいところ、『もしも美味しくなかったら全額返金します!』

何度か、通販でカニを頼んだことはあるが、最近身がなかったりとかで、とかく問題が起きているので、しばらく頼まなかった。通販で、この美味しくなかったら返金というのはすごい。

美味しい、美味しくないというのは、主観が入るのに、お客のいいなりで返金しちゃうなんて。

というわけで、皆さんにもご紹介。

さて、どれを頼もうか。
posted by たきお at 15:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

海老専家 (2010年06月23日)

0623ebisenka.jpg
午前中、一度雨があがった神楽坂ですが、昼前からまた雨が降り出しました。しかもかなりの土砂降りです。

こういう天気は宅配のお弁当を頼めばよかった。

しかたないので、ランチに出ます。

「海老専家」に入ると、店内すいていますが、お一人さまなのでカウンター席に。

こちらの店はあまり来ることはないのですが、来るたびに新しい顔の店員さんがいます。

今日も、厨房には見かけたことのない顔の店員さんが。

店の前にあった新しいメニューと出てた『豚肉野菜焼きビーフン』700円を注文します。

フロアの女性店員さんと、厨房とでメニューの確認をしています。
焼きビーフンは、海老と豚の2種類あるので、その確認のようです。
女性が、もう一度メニューを持ってやってきます。

やり取りを見ていたので、すぐさま『豚肉』と答えます。

しばらくして、料理がでてきます。

たくさんのビーフンですが、他にスープと杏仁豆腐しかないので、食べていて飽きがきてしまいます。ざーさいか何か欲しいですね。

味的には、おいしいというわけでもなし、まずくもないといった感じです。

フロアの女性が余裕がなく、テンパって仕事をしている感じです。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

KUON (2010年06月22日)

0622kuon1.jpg
0622kuon2.jpg
0622kuon3.jpg
0622kuon4.jpg
0622kuon5.jpg
午後には一時雨の予報でしたが、どうやら雨は降らないようです。しかし、蒸しますね。

1時半から麹町で打ち合わせなので、ランチ後そのまま行くつもりで出かけます。

大久保通りのみずほ銀行により、信号をわたろうとしましたが赤信号なので、角にある「KUON」へ。

今日の日替りプレートランチは、『若鶏のグリル なすと枝豆の夏トマトソース』です。サイドディッシュとして『オイルサーディン アスパラのソテーマリネ』です。

サラダ食べ放題、ライス・スープ・デザート付きで840円です。

地下にある店内に入ると、結構客がひけた後でした。

真ん中のテーブル席はあいていますが、壁際にならんだカウンターのような席に案内されます。

プレートランチを注文。ドリンクは別料金で150円ですが、多分飲んでいる時間がなくなりそうなので、パス。

サラダとスープはセルフサービスでサラダバーへ取りに行くシステムに変わりました。
以前は、たしかサラダもワンプレートにのっていた覚えがあります。

サラダは、さすがに時間が遅かったせいか、残り少なくなっています。
トマトは一切れしかありません。

キュウリは、おもしろい形で切られています。なんという切り方でしょうか。ざるのような形です。
そして、人参がでかい!

スープは、やや塩が強い。煮詰まってしまったかな。

サラダを食べている途中で、メインが出てきました。

メニューには、なすと枝豆とありますが、あまり茄子がわかりません。
もっとも注文した時には、枝豆とトマトしか覚えてなかったので、違和感はありません。

鶏の端が、やや焦げていますが、全体にトマトソースが覆いかくしています。

ご飯は、やや固め。これは時間が経っているせいでしょう。もす少し早く来て、炊きたてを食べなきゃいけないですね。

隣の女性が、デザートを取りにいき、2つ持ってきました。

何個でもいいのかな?

私もまねして、デザートを2つ。
もっとも、残っているのは、コーヒーゼリー風のデザートとこの2つの3種類しか残ってませんでしたが。

デザートを食べる時間を計算に入れてなかった。

1時半には遅刻です。

以前のプレートランチより、取りに行く手間はかかりますが、サラダ食べ放題、デザート付きの今回の方がずっとよくなりましたね。

場所:下宮比町1−1 相澤ビル地下1階
TEL:5261-3451

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

320 大翔 (2010年06月21日)

0621daisyou3.jpg
0621daisyou4.jpg
0621daisyou5.jpg
0621daisyou2.jpg
0621daisyou1.jpg

神楽坂の三菱東京UFJ銀行の前の楽山ビル。しばらく2階と4階があいていたが、2階に新しく「大翔」が入りました。

以前、この2階にはカレーの「古奈屋」が入っていました。
結局「古奈屋」には一度しか入らなかった。

エレベーターで2階にあがります。
ちょうど上に上がって行ったばかりで、しばらく待たされます。

これなら階段が早かった。

店内は、大勢の人が清算を待って行列しています。その人ごみを抜けて、中にはいります。

お一人さま、窓側の席に案内されました。

今日の日替りは、
A『チキンの和風キノコソース』B『チキンのホワイトクリームカレー風味』です。

と、説明を受け、A『チキンの和風キノコソース』1050円を頼みます。

ついで、パンかライスを聞かれ、次に大盛りかどうかを聞かれます。

ライス、普通でお願いします。

パンの大盛り、あるいはパンのおかわりは無料です。

やや待って、メインが出てきました。大きな肉ですね。

食べごたえがあります。きのこは、それほどのってはいません。

鶏肉とサラダとご飯、これで終わりか。味噌汁が欲しいなと思ってたところに遅れて若布のスープがでてきました。

よかった。スープなしで、肉ばかり食べていては、飽きてしまいます。

ランチは、日替りだけだと勘違いしてましたが、メニューの裏側にもハンバーグやらドリアやら何種類かあります。

場所:新宿区神楽坂4−3 楽山ビル3階
TEL:5227-3939
posted by たきお at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ぷらてーろ (2010年06月18日)

0618puratero1.jpg
0618puratero2.jpg
0618puratero3.jpg
0618puratero4.jpg
久しぶりのランチ日記です。日記も久しぶりですが、ランチも実は久しぶりです。

なんだか、ここ水曜木曜と2日間あまりお腹がすかず、お昼を食べに行かなきゃと思って時計を見ると2時くらいになってしまった。そして、大してお腹もすかず。二日間昼食抜きの生活になってしまいました。

今日は、しっかり(?)11時過ぎにはお腹がすいてきました。
あの二日間はなんだったんだろう?
少しはやせたかな。

大久保通りの「さかのうえ」が入っていたところが、日本酒の店に変わっているという情報で見に行ってきました。

そのまま、「プラテーロ」へ。

入り口の看板で、今日のメニューを確認。

よし!

今日は選べるランチのA&Aにしようと決め、店の中に入ります。

店内、ほぼ満席。真ん中の大きなテーブルの、一番入り口そばを示されます。なんか、落ち着かなさそうです。

さもなければカウンターでというので、カウンターに座ります。

A&Aを頼もうとした時、だされたメニューにおまけみたいにくっついているのに目がとまりました。

週代わりランチ『サーロインステーキ丼』900円です。

急遽A&Aから丼へ変更。

カウンター席につくと、すぐにサラダがでてきます。

葉っぱとトマト2切れ。

このカウンター席はいいですね。

目の前でお兄さんが一生懸命料理を作っています。手が休むこと無く動いています。もう一人女性も何やら作っていますが、メインはこのお兄さん。
他に皿洗い専門のお兄さんがいます。

こういう料理を作っているのを見るのは楽しいですね。しかも、この席はフロアの人が皿を片付けたり、料理をとりにきたりするたびに、見てくれているので、食事の進み具合や、水がなくなっても、すぐに気がついてくれます。

しばらくして、丼が出てきました。

梅風味の赤ワインソースとあります。

全体的に味が濃いですが、これが肉の下のご飯と絡まっています。

上に乗っている大葉がよいアクセントになっています。

お肉も柔らかい。

丼を食べ終えて、すぐにドリンクの注文を聞いてくれます。

いつものようにホットコーヒーをいただき、ひさしぶりのランチ終了でう。

前回の記事はこちら

場所:新宿区岩戸町19
TEL:6657-1621
posted by たきお at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

蛍の火 (2010年06月15日)

0615honoka1.jpg
0615honoka2.jpg
0615honoka3.jpg
今日は、予報と違って、さわやかな日ですね。

どうも最近ランチに出る時間が遅くなっています。今日も気がついたら12時半を回っています。

昨日は、「くらよし」へ行ったらランチ終了、そして「鳥栄」へ行ったら最後の一人でした。

今日も危ない。

軽子坂の「蛍の火(ほのか)」に行ってみました。

おう、こちらも危ない。カウンター席にしかお客さんはいません。それも4人だけ。
でも、こちらのお店のランチは4時までやっているので、時間を気にせずゆっくり食べられます。

カウンターの上にメニューが乗っています。

メイン6種類とご飯6種類の組み合わせです。

同じチェーンの「霽月」も同じシステムですね。

値段は、やや違いますが。

『鮭柚香焼』+『いくら丼』で、親子にしようか
『豚ロース味噌焼』+『鶏肉味噌丼』で味噌味噌にしようか
と思いましたが、

『豚ロース味噌焼』+『白米、とろろ』850円にしました。

『まかないカレー』にも惹かれます。「霽月」と一緒のカレーでしょうか。

料理の提供は早いです。もっとも、他のお客は皆食べているので早いのかもしれません。

出てきた料理を見て、ややがっかり。

肉の皿に、少しは野菜が欲しいですね。
あるいはお新香とか。

味噌汁はわかめたっぷりです。

「霽月」の過去記事を見てみると、「霽月」の方に軍配があがりますね。

「霽月」の過去記事はこちら

「蛍の火」の過去記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−1 あさひこビル1、2階
TEL:5261-0845
posted by たきお at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鳥栄 (2010年06月14日)

0614toriei.jpg
いよいよ梅雨入りでしょうか。
雨がよく降ります。

本多横丁にある「鳥栄」へ。

店の前に出ているメニューは雨で濡れてよく読めませんが、大海老2本と赤く書かれた天丼がかろうじて読めます。

店内に入ると、カウンター席に一人。もう店じまいの雰囲気ですが、どうぞどうぞと言われ、中に入ります。

カウンターの上には、鰈の煮たのが乗っています。

ちょっと、心惹かれましたが、『天丼』800円を注文。

料理がでてくるまでテレビを見て時間をつぶします。

この店のテレビは、両サイドがずいぶん欠けています。
『離婚同居』という番組の宣伝が、『婚同居』になっています。
このように文字がでないと、意外と気がつかないものですね。

しばらくして、料理が出てきました。

たしかに大海老ですが、頭も尻尾もついているので、食べられる部位は少ないですね。他にししとう2本とかぼちゃです。

全体に天つゆが、いい案配にかかっています。

もう少しご飯が多めでもよかったかもしれない。

味噌汁は、あさりです。
こちらは、熱々。ちょっと温め過ぎでしょう。

なんとなく、一人だと落ち着かないので、さっさと食べて店を後にします。

場所:新宿区神楽坂3−2

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

五十番 (2010年06月11日)

0611gojyuban1.jpg
0611gojyuban2.jpg
0611gojyuban3.jpg
久しぶりに、ゆっくりランチです。
写真を撮るのも久しぶりです。

一昨日一緒に飲んだ知人、久しぶりに会ったので、『名刺ちょうだい』とおねだり。『変わってないよ』といいながら、お尻のポケットから出してくれました。

で、名刺のこれおもしろいから見てと、ホームページのアドレスを指差します。

午前中に、ちょっと見てみることに。

どこがおもしろいんだ?と思いながら見ていると、確かにおもしろいところがありました。
Galleryの中のMovieに。

中でも『ブタマンマン』。なんだーこりゃという動画。
やたらと、ブタマンマン、ブタマンマンと歌っている。

これに刺激されたわけではないが、今日のランチは「五十番」

実は、最近担々麺も食べたいなと思ってたのです。

店内に入り、2階に上がります。

1階から『お一人さま』が、告げられていて、2階にあがるとすでに席に水が用意されています。

注文する品は決まっていますが、一応メニューをチェック。

そして、2番『半担々麺セット』900円を頼みます。

注文して、すぐに1階から肉まんが持ってこられました。

店頭で販売していて、すでに蒸かされているので、早いですね。

さっそく、一口いただくと、なんだか以前より中の具が少なくなったような気がする。もう少し、量が多く、ふっくらしていたような覚えがある。今日のは、中で具が固まっている感じ。

肉まんをいただいている間に、担々麺が出て来ました。

胡麻の味がする中、辛みもあります。

しかし、なんだか物足りない。

テーブルの上の壷の中に、ザーサイがあったので、小皿に取り出し、味を変えて完食です。

途中で、デザートが出てきました。
ぶどう味のゼリーです。

前回の記事はこちら

ブタマンマンはこちら
他にもLiftやShoseなんかが笑える。
posted by たきお at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新橋で (2010年06月11日)

ここのところまともにブログが書けません。
昨日(10日)は、1時半に新橋で打ち合わせ。

ランチを食べる時間もなく、新橋駅に着いたのが1時28分。

昨日遅くまで飲んだので、あまり食欲がないが、新橋の後に東京駅で3時に人とあう約束。ここで食べないとランチ抜きになりかねない。


そこで、昨日は烏森口を出たところにある立ち食い蕎麦の『コロッケそば』350円でした。
2分で完食。
posted by たきお at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ラドウニ(神保町) (2010年06月09日)

九段下のお客さんとランチです。

少し歩いて、神保町のカレー屋さん「ラドウニ」へ。

ビルの地下にあり、結構盛況です。

カレー1品、ドリンク付きが900円、カレーが2品だと950円です。

『茄子とトマトのカレー』900円、アイスコーヒーを注文。

カレーが出てくる前にアイスコーヒーが出てきました。

隣のテーブルがカレーを食べ終えて、そこにアイスコーヒーが出されていますが、ついでにそれと一緒に出されたようです。

しばらくして、カレーが出てきました。

ナンがでかい。そして、やや甘い。

ナン、ライスはおかわり自由ですが、1枚で充分です。

カレーの辛さは、normalを頼んだのですが、茄子とトマトの甘さでしょうか、もう少し辛いのを頼めばよかった。

タンドリーチキンが1個ついています。

お店を出ると、サイレンの音が。

そして、赤い色の消防車がたくさん、そして緑色の機動消防隊と書かれた車がそこいら上の路地まで停まっています。

やじうま根性を発揮して、しばらく見てしまった。

長いランチでした。

場所:千代田区神保町2−4−7 九段富士B1
TEL:5275-6699
posted by たきお at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

川に転落 (2010年06月09日)

今日の1時過ぎから、上空をヘリコプターがたくさん舞っています。

これは高速の西神田ランプをおりてきた(多分)車が端の欄干を飛び越え川に転落したためです。

あたりには、おびただしい消防や警察の車で、交通規制も引かれています。

道路上には、ゴムボートが置かれ、潜水服を着た消防士が、これから川に入ろうとしています。

そばに近づけないので、詳しくはわかりません。

日本テレビとか、報道陣も大勢きていますので、詳しくはテレビや新聞で
posted by たきお at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

富中 (2010年06月07日)

今日は、ランチで外に出るときから決めました。

『親子丼』を食べに行こうって。

行ったのは、大久保通りのみずほ銀行の横の路地を入ったところにある「富中」。

表から見ると、結構お客さんが入っています。ビルの横にある入り口から一人食べ終えて出てきましたので、私も横から中に入ります。

中に入ると、ご主人が丁度、器を片付けるところで、『今、片付けるからちょっと待って』と声をかけられます。

片付けが終わり、席に着きます。

ご主人は、何もいわずに鍋を火にかけ、作り始めます。

以前は、限定でヒレカツ丼もあったのですが、今はないようです。

なので、メニューは1種類、親子丼のみ。

注文する必要がないですね。

奥さんが、お茶を出してくれ、ご飯の量を聞いてきます。

普通700円を頼みます。大盛りは800円です。

すぐに料理が出来てきます。

写真を撮ろうとすると『カードがありません』

あれ?メモリカードをはずしてしまった?

仕方なしに今日は写真なし。

前々回の記事に写真が載っていますので、こちらをご覧下さい。

玉子がとろっとろっでおいしいです。

鶏肉も、玉子の中で存在感を持っています。

こちらは手軽にランチができていいですね。

前回の記事はこちら

場所はここ

追:ホリエモンの動画、ご覧になりましたか。
1日から公開して、昨日ですでに3万人が見たとか。
すごいですね。

本当に月商3000万の飲食店なんかできるんだろうかと思ってしまいます。そこが凡人と違うところなんだろうなー。

見るときは、メールアドレスが必要です。アドレスを知られたくない方はヤフーなどのフリーメールアドレスと仮名の名前でご覧下さい。

posted by たきお at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

たんたん (2010年06月04日)

今日も暑いですね。

こう暑いとなにかさっぱり系が欲しくなります。
大久保通りの筑土八幡の交差点にある「たんたん」へ。

店の前でメニューを見てみると、『週末サービス まぐろ丼 500円』とあります。

もう、これに決めて店内に入ります。

結構混雑しています。週末は安いのを皆さん知っているのでしょうか。

4人すわれるカウンター席には、2人がすわっています。そして、残り2つは食べ終わった食器が片付けられずに残っています。

『今、片付けますから』という言葉で、マグロ丼を注文しておとなしく座って待ちます。

次から次へと料理が提供されて行きますが、目の前の食器はなかなか片付けられません。作るので精一杯のようです。

ようやく、一区切り付いたところで片付けられ、お茶が出てきました。

そして、すぐに料理が出てきました。(今日は写真なしです)

ご飯の上にまぐろが6切れ。薄い!

こんなに薄かったでしたっけ。それとも、500円だから薄く切ったのでしょうか。まぐろの下の海苔が透けて見えます。

これに、冷や奴、インゲンと竹輪の煮物、味噌汁、お新香がつきます。

食事をしている間に、どんどんお客が帰っていきます。

まぐろがないので終わりと、ご主人が奥さんに告げると、表のメニューが片付けられてしまいました。

まだ、12時45分だというのに、今日はやはりお客さんが多かったようです。

支払いは500円なので、皆さん、まぐろ丼か。

通常の日のマグロ丼は630円です。

前回の記事はこちら

場所:新宿区筑土八幡町2−1
TEL:3260-2738
posted by たきお at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

一品香 新館 (2010年06月03日)

0603ippin1.jpg
0603ippin2.jpg
0603ippin3.jpg
0603ippin4.jpg
0603ippin5.jpg
今日は暑いですね。

昨日に続いて小栗横丁へ。
今日は久しぶりに「吾」に行ってみようかと、神楽坂下の花屋の方から入ります。

入ってすぐに出てた今日のサービスランチの看板をなにげなく見ていると、弁当を売っているおじさんにつかまりました。
「一品香」のおじさんです。
その声につられて、2階にあがってしまった。

ちょうど、上から男性が何人か出てきました。
階段の上で、私があがるのを待っていてくれたので、急いであがり、店の中に入ります。

先客は、もう1組しかいません。

席は、どこでもいいのでしょうが、真ん中にある2人用テーブルに座ります。椅子は2つありますが、卓は狭いので実質一人用テーブルでしょうね。

サービスランチ『広東麺』を頼み、置いてあった週刊誌を読みます。
なんと古いものばかりで、1月とか4月のものです。
ぺらぺらめくっていると、料理が出てきました。
早いですね。

野菜がたっぷり入った麺ですが、ややぬるめ。火傷をする恐れも無く、すいすいと食べることが出来ます。
海老が、強調されてトップに乗っていますが、これ1匹だけ。

チャーハンは、表の写真とずいぶん量が違います。写真は、丸く山のように盛ってありますが、こちらは平です。

そういえば、杏仁豆腐も白一色ですね。

600円で、味もそこそこですので、まあ満足。

他のメニューを見ると、ラーメン半チャーハンが750円、大盛りが+100円と、理科大生が多く通る路地にしては、やや高めじゃないかな。

場所:新宿区神楽坂1−11
TEL:3269-2620

前回の記事はこちら




posted by たきお at 18:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

潮騒 (2010年06月02日)

0602siosai1.jpg
0602siosai2.jpg
0602siosai3.jpg
0602siosai4.jpg
0602siosai5.jpg

神楽坂から、小栗横丁へ入り、さらに先へ進んだところにある「潮騒」。

店の中に入ると、カウンターが並び、左奥に座敷があります。
座敷の壁には大型テレビが架かっていますが、座敷には誰もいないようです。

カウンターの一番右手にすわります。窓が開いていて、時たま、さわやかな風が入ってきて気持ちよい。

ランチは、いずれも850円。

『ゴーヤチャンプル』を注文します。

目の前に鉄板があり、まずはその上でスパムが切られ、炒め始めます。その後、ゴーヤを含む各種野菜が投入さえ、徐々に出来上がってきます。

料理は、スパムの塩味がほどよくきいておいしいです。

場所:神楽坂2−21 サンアセント木村ビル
TEL:3235-2822

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:39 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

319 九頭龍蕎麦 (2010年06月01日)

0601kuzuryu1.jpg
0601kuzuryu2.jpg
0601kuzuryu3.jpg
0601kuzuryu4.jpg
0601kuzuryu5.jpg
芸者新道に新しくオープンした「九頭龍蕎麦」。
そばと福井の郷土料理の店。

お昼のサービスメニューとして蕎麦6種類、丼6種類からそれぞれ1種類づつ選べる。基本は980円だが、ものによっては+100円とかになっている。

『松前おろし蕎麦』+『ソースカツ丼』を注文。

結構、早く料理は提供される。

まずは、蕎麦をいただく。

結構おいしい。

最初は、薬味を葱だけ入れて食べ、終わりの方に鰹節をいれていただく。味が、変わっておいしい。

ソースカツは、福井が発祥とか。
これは、別に福井でなくてもよかった。

注文時に、舞茸天丼にしようか迷ったのだが、後から来店した女性2人客のを見ると、やはり舞茸の方がよかった。

あるいは、蕎麦2味というのがあるので、そちらで蕎麦を堪能するのも手かもしれないが、男性にとっては、量がやや少なめ。

最後に、おしゃれにそば湯が出てきた。
白いグラスに入ったのが、そば湯、奥にある黒いグラスはお茶です。

女性客が、大半を占めていた。

場所:新宿区神楽坂3−3
TEL:6228-1886
posted by たきお at 17:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

串亭 (2010年05月31日)

0531kusitei1.jpg
0531kusitei2.jpg
0531kusitei3.jpg
0531kusitei4.jpg
いよいよ、今日で5月も終わりですね。
月末なので、銀行も混んでいるかと思いましたが、それほどではありません。

以前、「凛と」へ行った時にメニューを確認してあった「串亭」へ。

開店当初は、とんかつとか、串揚げとかの定食が1000円でしたが、今は大体が900円になっています。メニューを工夫したようで、ありがたですね。

階段を下りて地下へおります。狭い階段なので、店から出たお客さんが、上に上がり終わるのを待ってから階段を下りて行きます。
ここは、非常口があるのでしょうか。ちょっと気になりますね。

入り口を入ると、右にカウンター席、左に座敷があります。

カウンターの一番奥へ案内されました。

1階の入り口にあるメニューを確認してありましたので、すぐに『金目鯛煮付け定食』900円を頼みます。

こちらは、串揚げ屋さんなので野菜の串が2本付きです。

目の前で串を揚げているのが見えます。
ときたま、振り返って金目の入った鍋の温まり具合を見ています。

串も上がったところで、前から料理がでてきます。

金目がよく煮込まれています。骨もなく、食べやすくなっていますが、やや煮込み過ぎか。

突き合わせの椎茸と葱が、汁がしみ込み、やや辛いです。
串は、椎茸とヤングコーンです。コーンが甘くておいしいですね。

小鉢は、しらすともやし、水菜をあえたものです。

ご飯、味噌汁はお替わり自由で、先客の男性たちは、皆お替わりをしています。

串揚げ屋さんで、煮魚定食というのは、おもしろいですね。

やはり、ここは串揚げ定食を食べるべきだった。

場所:神楽坂3−2 ナカノビル地下1階
TEL:5261-1117

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

とりしん (2010年05月28日)

0528torisin1.jpg
0528torisin2.jpg
0528torisin3.jpg
0528torisin4.jpg
ラムラの本屋に立ち読みしに行く途中でランチです。

こちらは、ほぼ1年半前に入ったお店、今日で2回目です。
階段を下りていくと、食事を終えて出てきた男性とすれ違います。

ここは安くて量が多いだろ。帰りの階段を上がるのが辛いんだよと同僚らしき人に話しかけています。

そんなに量が多いんだ。

店内に入ると、右側の方へ案内されます。
右側が禁煙席、左が喫煙席のようです。

一人ですが、4人がけのテーブル席に座ります。
そこしか空いてなかった。

よしずを挟んで、隣側はお母さんたちの集まり、幼児が2人います。
小学校のPTA仲間でしょうか。子供は学校に、親と幼児はランチでしょう。食べているのが、なにやら鍋風で皆で取り合って食べてます。
通常のランチメニューではないようです。頼めば、こういうのもありなのでしょうか。

『ねぎ塩タレ きじ皿定食』750円を頼みます。

しばらくして料理がでてきました。

鶏の揚げたものの上に、カラフルにソースがかかっています。
その横には、キャベツやら水菜などのサラダ、ブロッコリー、トマト、マカロニが、皿からあふれんばかりに乗っています。

料理はまあまあじゃないでしょうか。
ご飯が、ややマズです。



前回の記事はこちら

場所:新宿区揚場町2−27 
TEL:5228-2497
posted by たきお at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

源太郎 (2010年05月27日)

0527gentarou1.jpg
0527gentarou2.jpg
ずーと気になってたお店にようやく行ってきました。

ずいぶん昔に入ったことがありますが、最近はとんとご無沙汰の店です。

昔の記事を見てみたら、前回はなんと4年半前です。

階段を下りて、地下の店に入りますが、階段が濡れているので、滑りそうで怖い。

店内に入ると、誰もいません。

一番奥の席に案内され、メニューを見て、焼き魚定食+卵を頼みます。

ランチの定食は8種類で全品600円、それに卵、海苔、冷や奴、納豆のいずれかを付けられます。

厨房で、親父さんが魚を焼いています。

料理が出てきました。

まずは、みそ汁をいただきます。

うーん、やっぱり。
こちらのみそ汁は特徴があります。なんと表現していいかわからない味です。
具は、たくさん入っています。ホルモンも入っています。前回は、たしか魚のあらだったような覚えがあります。

大根の皮のようなものも入っています。

魚は、さんまですが、皿に一緒にのった大根おろしの水分が、さんまの下に流れ込んでいます。
さんまの裏側は、かなり焦げて黒くなっています。

さんまの味は、いいのですが、もうちょっと丁寧にしてほしいです。

気になっていたみそ汁の味は、以前とあまり変わっていなかったので、しばらくは、また行くことはなさそうです。

普通に、若布とか蜆とかのシンプルなみそ汁にしたら、もっと行くと思うのですが。
きっと、この味噌汁は店主のこだわりなんでしょうね。

前回の記事はこちら

場所:新宿区揚場町1-13 ミヤコビルB1
posted by たきお at 15:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。