ディップマハル (2007年10月07日)

1007maharu1.jpg
1007maharu2.jpg
今日も神楽坂は人がよく出ています。兵庫横丁はカップルが手を繋ぎながら散策をしています。
今日もいい天気ですもんね。のんびり散歩でもしたい気分です。

もう一月位休んでいないなー。土曜に行っているスポーツクラブもご無沙汰です。体がなまってしまって、今度行くのがなんだか怖いですね。

神楽坂6丁目では、神楽坂通り商店街主催の青空市が開かれていて、大変な人出です。青空市を一通り歩きながら、さて何を食べようか。
開いている店は、ガスト、ピエトロ、コパン、三好弥・・どこも今イチだな。

よしカレーにしようと決めて、神楽坂上の交差点で曲がって「ディップマハル」へ。
おや、「まゆきら」もやっている。ちょっと迷うな。でも一度決めたから、えーい「ディップマハル」。「まゆきら」はまた今度。明日はやっているかなー?

さて、「ディップマハル」は混雑しているかと思ったら、ガラガラでした。

本日のスペシャルカレーは『ひよこ豆とチキンです』とインド人のお兄さん。かなり日本語は上手なのですが、それでも何回も聞き直してしまいました。いろいろ聞いた挙げ句に、結局注文したのは『スペシャルカレー』950円。
『お飲物がつきます』アイスコーヒー
『ナンかサフラン』ナン
『辛さは』辛さはハード。

??なんか 聞く順番がおかしくないかい?


最初にサラダ&アイスコーヒー。早くないかいコーヒーは。氷がみんな解けちゃうんじゃない。それとも聞いた順番に出てくる?そんなわけないか。

そんな心配も束の間、すぐにカレーとナンが出て来ました。おおーナンがデカイ。それでも前回はたしかお替わりをしたんだっけ。

カレーの辛さ、ハードは上から2番目、下から3番目の辛さです。
(さて、問題です。辛さの種類は何種類あるでしょう)

それなりに辛いですが、ほどよい辛さです。
チキンが2切れ、食べやすい大きさです。底の方に豆が沈んでいます。
豆をスプーンですくって、ナンにのせ、口に。最初は、手がカレーだらけになってしまったが、大分食べ方もうまくなったな。と、自分で感心。

ナンを8割方食べたところで、お替わりはどうしようかと考えます。
テーブルの上に固定されているメニューを確認すると、「ナン、サフランライスはお替わり自由です。」

よしっ!


しかし、・・・

その後に「但し、土日祝日は除きます」

無駄に考えるんじゃなかった。

コーヒーを飲み干していると、店員さんがすーとレジまで行きます。

ん?私が帰るのを準備しているのね。

と、いう事でお勘定して帰りました。

前回の記事&店情報はこちら


posted by たきお at 14:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

242南山 (2007年10月06日)

1006nanzan1.jpg
1006nanzan2.jpg
秋晴れのおだやかな日ですね。絶好の行楽日和で、神楽坂も人が沢山出てます。
土曜日になると、そういう人を狙ってか、土曜限定のランチがあるようです。中華の五十番は2000円、季京は1500円、葉歩花庭は2300円と普段より高めのランチです。

しかし、土曜といえども仕事の私は、普通にランチを探します。

最近できた盛岡冷麺の店「南山」。
ラーメン店の「日高屋」が入っているビルの2階です。3階から上はスナック等がはいっています。他の店の看板が少しけばいので、入りずらいですね。

1時過ぎに入店。お客は0。

入り口そばのテーブルに座ります。ちょうど神楽坂を行き交う人々を見やる事が出来ます。
なんか 以前この角度から神楽坂通りを見た記憶があります。前の店はなんだったんだろう。全く思い出せません。

ランチメニューがでてくるのを待っていたら、お決まりですかと男性店員さんの声。あれ!メニューは?と思ったら、テーブルのメニューを指差します。
私は、このメニューはてっきり夜のものだと思って見もしませんでした。
さっと眺めて、注文は、もちろん『盛岡冷麺』900円。

三毛猫さんの写真に載っているランチメニューは土曜日はないんですね。やはり、ここも土曜割高価格でした。しまったなー。

料理の味は、まあ、おいしいんですが、量が・・・

これじゃ夕方までもたない。

場所:神楽坂2−11−1 第83東京ビル2階
TEL:5228-4363
posted by たきお at 14:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

きときと (2007年10月05日)

1005kitokito.jpg
牛込中央通りにある「きときと」

牛込中央通りに来ると、まず第一にこの店が思い浮かびます。
店内に入ると、ちょうど食べ終えて帰る人がレジ前で行列。
間を縫ってカウンターにすわります。いつも一人なのでカウンター以外に座った事がありませんね。

メニューを見ずに『日替わり』750円を注文。店の入り口に看板が出ているので、チェック済み。
女性店員さんが、なにやら怪しい日本語で『ごはんはどうしますか』と聞いて来ます。ごはんの大盛りは無料ですが、ここは普通で。

中身はご覧の通り。写真には入っていませんが、小鉢付き。小鉢はもやしでした。

こちらの店は、安心して食べれます。
途中で海鮮丼のごはんのお替わりをしている人が。え! 丼でお替わり出来るの!??
ごはんだけ追加のようでしたが、おかみさんが、『何か乗せてあげて』と板場に話してるのが聞こえてきます。『いくらを乗せたらとか。』
いいですね。このサービス。

普通の店だったら、こうはいかないでしょうね。というか丼のお替わりなんか断られちゃうんじゃないでしょうか。やった事無いけど。

お勘定の時に、おかみさんから『久しぶりですね』と一言。覚えてくれてたのね。私ももっと通いたいんです。が、ちょっと遠いです。

前回の記事はこちら

前々回の記事とお店情報はこちら

posted by たきお at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

凛と (2007年10月04日)

1004rinto3.jpg
1004rinto4.jpg
店の前にお品書きが貼られています。
開店当初は1200円から1500円が中心でしたが、今度は1000円から1200円が中心のようです。1500円を除けば値段が全体的にさがったようです。
このくらいならいいですね。味と接客は前回確認済みですから。

階段をおり、靴を脱ぐ。ここが、少し狭いですね。
店内入ると、6席あるカウンターの端に先客一人。
反対の席に座ります。
『青魚の竜田揚げ』1100円を注文。

カウンターの向こうには、板さんがいますが、開店当初いた年配の板さんではなく、若い板さんです。他に男性店員さんが2人。皆忙しそうにしています。

しばらくして、竜田揚げが登場。

1004rinto1.jpg
1004rinto2.jpg
ずいぶん一杯竜田揚げが乗っています。
奥の板場で弁当と呼んでいるものも、皆おいしい。一番右にある煮しめが、大根、ごぼう、なすですが、味が良くしみています。

ご飯の量がすくないので、やはりお替わりをいただきました。

場所:神楽坂3-6-19 青柳LKビル地下1階
前回の記事はこちら

咳が止まりません。特にしゃべったり、夜布団に入ったりすると咳の連続です。
昨日休診だったお医者さんへ行って来ました。大層な混雑。1時間半も待たされました。風邪のウィルスが気管支で炎症をおこし、風邪は治ったが、炎症が治まっていないとの事。どうりで風邪薬を飲んでも一向によくならないはずですね。
皆さんもお気をつけ下さい。
posted by たきお at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

厨 (2007年10月03日)

1003kuriya1.jpg
1003kuriya2.jpg
なんだか雨が降りそうな天気ですね。

ますます風邪の具合が悪くなって来ました。神楽坂在住の友人に良い医者を教えてもらったら、水曜休診とか。なんてこった。

雨にふられるのが嫌なので、近場の「厨」。
こちらは、雨の時に出前を頼むのですが、お店に来たのは久しぶり。

いつもの通りに1階のカウンターです。
今日のメニューは
Aランチ 『帆立貝とイカの明太子ソーススパゲッティ』700円
Bランチ 『サーモンの柚子味噌焼き しいたけと挽き肉の合わせカツ』800円

迷わずにBランチを注文。
実は店に行く前から決めてました。このお店のメニューは2週間分が書かれた紙がいつも届けられています。これは有り難いですね。
特にこれからの季節は。
(なぜって? 牡蠣がきらいなんです。いやなシーズンだな)

お店は、出前で大忙しの様子です。
しばらくして、料理がでてきました。

こちらは、いつも想像していたものと見た目がことなります。
サーモンは、普通の鮭の切り身の大きさで西京焼きみたいになっていて、しいたけは、ピーマンの肉詰めみたいなのを想像していました。
勝手な想像ですね。

このメニューはAランチもそうですが、このままお弁当になりますので、一切れの大きさが限られてしまいます。
しかし、味はおいしいですね。

サーモンをもっと食べたい。(風邪でも食欲はばっちりです)

前回のお店の記事はこちら
前回のお弁当の記事はこちら
posted by たきお at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2007年10月02日)

1002syanhai.jpg
昼前から、お客と電話で打ち合せ。長々と1時間も話されてしまった。
終わったのが、1時過ぎ。さて、どこへ行こうか。

今日もまた、あまり考えずに「上海ピーマン」へ。

今日のサービスランチは『ラーメンと野菜炒め 小ライス』750円です。

けっこうなボリュームです。

風邪をひいてても、食欲は落ちません。完食!

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

菜菜館 (2007年10月01日)

1001saisaikan.jpg
もう10月ですね。今年もあと3ヶ月。
もう最近はずーと休みは家にいません。なんだか曜日の感覚がなくなってきています。昨日は仕事はしませんでしたが、高校の同窓会総会。実は高校の同窓会も役員なんです。朝から会場準備、総会、懇親会、役員反省会、そして同期の皆と飲み会。最後が余分だったかな。でも最後が一番楽しかったけど。

そんなわけで、今日は軽く昨日のワインが体に残り、しかも風邪で咳がとまらない状態で、朝早くから客先直行。最悪です。

あまり考えもせずに「ふせん隊」のテリトリーである「菜菜館」へ。
『日替わりランチ』600円。

店内の白板に料理名が書かれていたのですが、ろくに確認もせずランチを注文。一応忘れないようにメモしようとしたら、あら!白板が外されていました。どうやら、私が最後のようでした。
一体なんだろう?

たまねぎはわかりますよ。もちろん。しかし肉みたいなのは、一体なんだ。どこの部位なんだろう。ふせん隊教えて!

あとから入って来た人は麻婆豆腐を注文している人が多かった。

相変わらずミフィーちゃんは逆さま状態。

場所:岩戸町7

前回の記事はこちら

posted by たきお at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

三好弥 (2007年09月28日)

0928miyosiya.jpg
今日はまた暑さがぶりかえしてきましたね。

6丁目にある「三好弥」の洋食セットです。
今日の洋食セットは『ぽてと野菜サラダトンカツ』750円。

トンカツにポテトサラダがついているわけでは、ありません。
肉の肉の間にサラダが入っていて、トンカツとしてあげてあります。

こちらの店は、みそかつが定番ですが、このようにサラダやシソ、チーズを入れたトンカツもあります。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

インドール (2007年09月27日)

0927indool1.jpg
0927indool2.jpg
神楽坂は、ちょうど昼時に雨が!

傘を持たずに濡れた方もいるのではないでしょうか。

「インドール」の『しょうが焼き』550円+ライス普通盛り150円、あわせて700円です。


店内先客が一人のみ。おばさんと相撲協会の事件の事を話し合っています。

入り口そばの席にすわります。

生姜焼きのたれは、相変わらず少し辛め。
この店では、ほとんど生姜焼きしか食べた事が無い。

半分程食べたところで、例によってサービスがでてきた。
今日は奴と茄子、トマト。

途中で、若い人が来店。後ろを通って奥へ奥へと進み、一番奥まで入って行った。その間無言。席に着く前に『生姜焼き』。

この店はカウンターだけの席で、しかも座ると後ろを人が通るのには譲り合いの精神が必要。座っている人は、少し前屈みにならないといけない。もちろん私も前に体を傾けた。

しかし、この若者、何も言わずに通りすぎて行った。
一言『ありがとう』位言ったらどうなのさ!(おすぎ風)

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

241MINE (2007年09月26日)

0926mine0.jpg
上の画像を見れば、どこで何を食べたか、もう一目瞭然ですね。

「MINE」の『スープカレー』です。

1時少し前に店内に入ると、店内がらがら。誰もお客さんはいません。
一瞬お休みかと思いましたが、カウンターの中の女性が『お一人ですか、カウンターへどうぞ』と言うので、安心して(?)中へ入ります。

ランチはスープカレーのみです。
上の画像にはありませんが、2種類の味。
一つは和風、もう1つが新しく加わったトマトソース味。

そしてドリンク。コーヒーと思ったらコーヒーはありません。
生ビールもいいなー。でも、食事を終えたらお客とのアポイントが待っている。オレンジジュースを注文。

最初にオレンジジュース登場。
普通にお水とかはないのかな。

そして、しばらく後にスープカレー登場。
0926mine1.jpg
0926mine2.jpg

ライスは十穀米(もちきび、もちあわ、胚芽押麦、黒ゴマ、小豆、緑豆、黒豆(大豆)、黒米、アマランスとメニューに書かれています)

スープの中には、ドドーンと野菜が入っています。
手前の丸いのが、じゃがいも。

その向こうが鶏肉2つ。右側の白いのがゆで卵。
ブロッコリーに人参。人参は1本を縦に2等分したものがそのまま入っています。人参に寄り添うように、茄子とパプリカ。

底のほうに椎茸も沈んでいました。

みんな大きい。なぜナイフとフォークがついているのが、これでわかります。

まずはスープを一口。
おいしいんじゃない。それほど辛くはありません。
十穀米もいいんじゃない。

お好みで自家製スパイスをどうぞと出してくれました。
一つはラー油ベース、もう一つは黒胡椒ベースです。
とりあえずは、何も入れずに食べ進みます。

ジャガイモは4つに切っても、まだ大きいですね。
フォークにさすと、くずれるのでスプーンですくって食べます。
左手にフォークを持ったまま、右手でスプーンです。(たまにナイフの登場)

しかしスープの中で野菜を切るのは、むずかしいですね。ナイフを入れると、中に沈んでどこを切っているかわからなくなってしまいます。一旦皿にとってから切った方がいいのでしょうか。

肉も野菜もよく煮込まれていて、軟らかいので助かりました。
人参はすんなり切れました。茄子はちょっとやっかい。結局大口あけて食べてしまった。

最後にスープが残っている所に、先程のスパイスをいれて味見。
黒胡椒の方が、私は好きな味です。
入れ物の中を覗くと、やはり黒胡椒の方が減っています。
美人店員さんも、黒胡椒を注ぎ足す回数が多いですねということでした。

食べ終わって、いろいろお話。
『夜はバーなんですか』
そしたら夜のメニューを見せてくれました。
『ワインもあるんですか』
『あそこにおいてあるお酒なんですか』・・・

そしてメニューの裏にあるドリンクの制度(?)を説明してくれました。後払い1コイン(\500)で飲むか、後払い2コイン(\1000)か、前払い\2000円で飲み放題が選べるとの事。
飲み放題はビールと一部カクテルは除くそうです。
これがそのメニュー。
0926mine3.jpg
ちょっと見づらいですかね。
私たきおは、自宅ではもっぱらバーボンです。
500円コースのバーボンはブラントン、メーカーズマーク他
1000円コースはハーパー12年、フォアローゼズ プラチナ、ブッカーズ他、
2000円はジムビーム、オールドクロウ、エズラブルック他になっています。

やはりコースによって、飲める銘柄が違うようです。
まずは500円でビールを飲んで、1000円でおいしいのを飲んで、酔ったら2000円コースか。(そんなに飲めないけど)


家ではターキーが多いんだけど置いてないのと聞いたら、確かあったはずですと探してくれました。出て来たのは、私が飲まないやつでした。(飲まないじゃなく飲めない)何年ものだろう。私はせいぜい8年。どんなに頑張っても12年。これはどのコースに出てくるんだろう?

料理も接客も良し。ただし一つ難点が。
注意して食べてたんだが、やはりワイシャツにカレーのしみが。
赤ちゃんのよだれかけみたいのがあるといいですね。

皆さんもご注意あれ。
(私の食べ方の問題かな?)

場所:神楽坂3−2 桐信神楽坂エミナンス5階
TEL:5261-5227
posted by たきお at 19:18 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

軍鶏一 (2007年09月25日)

0925syamo1.jpg
0925syamo2.jpg
0925syamo3.jpg
0925syamo4.jpg
昨日軽子坂を上がっている時に気がつきました。「軍鶏一」?
以前は「あさくさ屋」だったのですが、見る限り店名が変わっただけのようです。
とりあえず確認のために行って来ました。
入り口のところに黒板が立てかけられています。

これでいいや。
店内に入ると、全く変わった様子はありません。以前と同じ「あさくさ屋」です。相変わらず換気の悪い店内です。

席に座って、オーダー。
店員さんが、『うどんつけますか?』と聞いて来ました。

???
うどん付きじゃないの?何か違うのを頼んでしまったのかなとちょっぴり不安。

よくよくメニューを見ると単品でも頼めるようです。
単品だと650円。うどん付きのセットが780円です。

お茶の湯のみが注文時に持って来られました。お茶はテーブルの上にあるポットに入っています。
しかし、湯のみを見ると、何やら汚れがついています。湯のみを交換してもらうと、またまた汚れが。お茶はあきらめ。

しばらくして、料理が運ばれて来ました。どうやら注文はあっていたようです。『さんまのしょうが煮としゃも炊き込みごはん+冷やしうどん』780円です。

ごはんが少しおこげ状態です。

煮汁が少し辛めです。やはり、秋刀魚は焼きに限る。
しゃもも、あまり軍鶏を食べている感じがしない。

また、しばらくはこの店からは足が遠のきそうです。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

bimbumbam (2007年09月24日)

0924bimbumbam1.jpg
0924bimbumbam2.jpg
0924bimbumbam3.jpg
祝日の神楽坂は、人が大勢出ています。しかし、ランチ営業している店は少なく、どこも行列状態です。
6丁目のスーパー「よしや」へ牛乳パックを持って行った後、神楽坂を下って店を物色します。
なかなか、入ろうあるいは入れそうな店がありません。

途中友人に遭遇。「上海ピーマン」や「BLDY」(今はガストになってます)でいいだろうと言いますが、やはり他の店を!

どんどん下って「紀の善」まで来てしまいました。こちらの店は現在改装中です。
神楽小路に入りますが、ほとんどの店がお休み。
軽子坂へ抜けると、映画館のギンレイは外堀通りまで長蛇の列。今日は『東京タワー』を上映しています。

そのまま直進、大久保通りへ出てしまいましたが、こちらもあまりやってません。外堀通りを渡り、ラムラへ。

さすがに、こちらの店は皆営業しています。

1階2階と回って、ようやく1階の「bimbumbam」へ。
一人なので、奥のカウンター席へ。
お隣のご婦人は、グラスビールを飲んでいます。
(いいなあー 仕事がなきゃなー。)
今日も仕事なんです。

メニューはランチパスタが1000円。
Aが エリンギとベーコン トマト味と塩味の2種類
Bが 明太子としらすです。

普通でしたら、たぶんAを注文したでしょう。が、今日はB。
特に理由はありませんが。

まずは、サラダ。

サラダを食べながら、中学の同窓会の記念文集の原稿を考えます。
締切は9月20日なのですが、末日までの猶予をもらってます。

もう何十年も前の事なぞ覚えてません。
480字または1200字。そんなに書けるかな。

150字程を書き上げた所で、パスタがきました。

味的には、普通でしょうか。
量が少なめ。3時過ぎには、何か補充をしないと。

最後にコーヒーで締めくくり。

場所:神楽河岸1−1 ラムラ飯田橋1階
TEL:5261-0760

前回の記事はこちら


posted by たきお at 14:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

240川香苑(せんこうえん) (2007年09月23日)

0922senkouen1.jpg
神楽坂通りに立て看板が。そのそばには、おじさんが一生懸命メニューの説明をしている。『おいしいですよー』。

日曜なので、土日祝日にランチをやっていて、今まで入った事の無い店を選んでます。今朝一通り歩いて、今日はこの店と決めていたので、すんなりビルの2階に上がる。
おじさんは『してやったり』と思ったかどうか?

店内10卓ほどのテーブル。2人掛けが6卓、4人掛けが4卓。奥にはカウンターがあるが、こちらは主に配膳用に使っている。

2人掛けのテーブルが3つ空いているだけ。そのうちの壁側の一つに席を取る。

座っても特に注文をとりにこない。メニューもなし。
しばらく後にメニューを持って来てくれた。

最初の店は、ほとんど日替わりを頼む事にしているので、すぐに決まるが、やはり注文をとりにきてくれない。

2人いる女性店員さんに声をかけると『少々お待ち下さい

そして、まだ何も頼んでいないのだが、サラダと漬け物がでてくる。
日替わりを頼むと、また『少々お待ち下さい

次に伝票を持ってやってきた。ようやく注文をする事が出来た。

今日の日替わりは『肉だんごの醤油煮込み』800円。

しばらくして、メイン料理が登場。そして『ごはんとスープは少々お待ち下さい

『少々お待ち下さい』が、どうやら店員さんの口癖のようになっているらしい。『はい』とか『わかりました』とかはないらしい。
なにか頼むとき、たとえばお茶のお替わりが欲しいときも『すいません』と店員さんを呼んではいけない。かならず『少々お待ち下さい』の言葉が返ってきて、その後聞きにくる。『お茶を下さい。』と頼めば、やはり『少々お待ち下さい』。
お茶が欲しいときは『すみません。お茶下さい。』と最後まで言い切った方が、この店ではよいようだ。それでも『少々お待ち下さい』の返事は返ってくるようだが。


肉団子がこんなに大きいとは思わなかった。よく居酒屋等でみかける特製コロッケのよう。皿が大きく、まとめて写真に撮れない。しかたなく、3枚に分けて撮影
0922senkouen2.jpg
0922senkouen3.jpg
0922senkouen4.jpg
味は普通というところだろうか。
スープは冷めている。

食事を終えようとするころ、タイミング良くデザートがでてきた。時々卓を回り、お茶を注ぎ足している。この辺は、よくお客に目配りをしている。
0922senkouen5.jpg


場所:神楽坂3−2−9 大川ビル2階(松屋の2階)
TEL:5206-5125
posted by たきお at 13:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

239ala (2007年09月22日)

0922ala1.jpg
0922ala2.jpg
0922ala3.jpg
0922ala4.jpg
9月もあと1週間ちょっとで終わりだというのに暑いですね。
熱中症で倒れる人もいるとか、皆さんお気をつけ下さい。

土日はランチがお休みになってしまう店が多いのですが、逆に土日しかランチ営業しない店もあります。

今日は、そんな店を狙っていきました。

「ala」。

階段をおりて行くと 全部で20名程がはいれる店内。
やや薄暗く、階段の段差に注意が必要です。

運良く奥のテーブルが空いていました。
4人掛けのテーブルで気がひけますが、時刻は1時過ぎなので
まあいいかな。

パスタランチ1200円を注文。
パスタランチは2種類ありますが、『那須鶏と長ネギのペペロンチーノ ゆずこしょう風味』を頼みました。
もう1種類は『自家製スモークサーモンのアラビアータ』です。

まずは 前菜。
白い器にはいっているのは『わさびのビシソワーズ』。
店員さんが説明してくれるのですが、わさびと聞いた所で、『え、わさびですか』と質問したため、あとの説明を聞き損なってしまった。

隣のテーブルのカップルに説明しているのを盗み聞いたところによると、左にあるのが『鰺と焼きなすのなんとか』

鰺の下に焼きなすが隠れています。というか焼きなすの上に鰺を乗せているんだな。
ちょっとなすの焼いた苦みがあって、鰺の味がわからなくなってしまった。
わさびはおいしい。

店員さんは厨房に男性2人、フロアに男性1人で、皆キビキビ動いています。
ちょうどタイミングが悪かったのか、2組5人がメインを食べ終わりデザートなので、パスタがなかなかでてきません。

しばし待った後のメインのパスタ、こちらもゆずこしょうのぴりりが効いていておいしい。

これは土日だけでなく平日も食べたいな。
家でも挑戦してみたい。(ゆずこしょうがないなー。)

メインを食べ終える頃、お客が次から次へと来店して来ます。
ことごとく断っています。
隣のテーブルを切り離せば2人は入れるのにと思ってしまいますが、食事中のお客(私)に気を使っているんですね。
商売っ気のある店なら、きっとテーブルを分けてお客を詰め込んでいるでしょうね。

最後にアイスコーヒー。お皿にガムシロップとミルクらしきものを乗せているのが見えますが、なんでわざわざ皿に乗せるんだろうと思ってましたが、きて納得。

この焼き菓子が効くんだなー。
これがあると1200円でもいいかとなってしまう。
逆にないと、微妙に高いかなと感じてしまう。
この辺が先日行った「サリータドルチェ」なんかと違いがでるんだろうな。

満足して店の外へ出ると、なんと10名程の行列ができていました。
神楽坂を通る人が、『なんか行列ができているぞ』と言いながら次々とやってきています。
よかった。入れて。


場所:神楽坂3−6 金井ビルB1F
TEL:3260-5747
posted by たきお at 15:02 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記

海老専家 (2007年09月21日)

0921ebi1.jpg
店の前の壁にデカデカと30%OFF!

これは来なくてはと火曜日から思ってましたが、ようやく今日行く事ができました。

入り口にある写真入りメニューで何を食べるか検討。
0921ebi3.jpg
どれも、あまり食指が動かないが、30%引きだからと思い入店。

時刻は1時過ぎでしたが、空いているのは入り口近くの4人掛けテーブルのみ。
Aランチを注文。『春雨と豚挽き肉四川風煮込み』800円。
それが これ。
0921ebi2.jpg
春雨がたっぷりです。

少し辛め。これが四川風という事なのか。

料理を食べながら、壁を見ると、感謝セールの中身が書かれた紙が貼ってありました。
ランチ全品200円割引。

なんだ 30%引きじゃないんだ。

さらに小さい字で「割引金額200円分のお食事券を差し上げます。」

えーーー 現金引きじゃないの。食事券だと、また来なきゃ行けないじゃない。期限はいつまで?

ちょうど、店の社長が通りかかったので聞いてみました。
社長曰く『1ヶ月です。100円券が2枚。来週からね。』

??? 来週から ???
よくよく紙を見ると、200円引きは25日から30日までとなってます。

やられた!
なんと 今日は普通に800円。

支払時に社長に『200円引きは来週からなの。今日はくるんじゃなかった』と言ったら

社長:『うれしいです』

私:『何が!』

社長:『私、うれしいです。』

ばかやろー。

社長:『来月は自家製点心がつきますから』

はいはい。


感謝セール内訳
特典1>ディナータイム海老料理30品 30%OFF
    9月18日から10月28日まで
特典2>人気コース 14%OFF
特典3>ランチ全品200円引き
    9月25日から9月30日
    自家製点心付き
    10月1日から26日

くれぐれも 私みたいに早とちりしないように!!

場所:津久戸町4−7 OSビル1階
TEL:3266-8758

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

たきおの脳内 (2007年09月20日)

たきおの脳内
nounai.gif

なんだか当っているようで怖い
posted by たきお at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

238Salita Dolce(サリータ・ドルチェ) (2007年09月19日)

0919salita4.jpg
0919salita1.jpg
0919salita2.jpg
0919salita3.jpg
ようやく行きました。
今年の7月25日にオープンして以来、何度かトライしたが、いつも並んでいて入れずあきらめていたお店。
今日は11時半に友人から電話。『今神楽坂にいるんだけど、一緒にお昼どう?』
はいはい、そりゃもう、すぐ行きます。

というわけで12時前に来店。入れました。
神楽坂3丁目にある神楽坂センタービル5階の「サリータ・ドルチェ」です。

同じエレベータに年配のご婦人2人が後から乗って来ました。行き先は一緒。まずい。先を越されて入れなかったらどうしようと危惧。しかし店内まだガラガラでした。

窓際の席へ案内され、1000円のランチを注文。
名前を覚えられないので、メニューを撮影。ちょっと日が差し込んでいますね、字が小さくて見えづらいかもしれません。

『自家製サルシッチァと茄子のトマトソース』
友人は『シラスと水菜 フレッシュトマトのスパゲッティ』です。

まずは サラダ、そしてパン。

サラダを食べ終えた頃にパスタ登場。

見た目普通です。食べた味も量もやはり普通でしょうか。
これで コーヒーがついて1000円。

友人のシラスのほうは、今一の味。
はっきり1000円は高いとの感想。
店の雰囲気もなんとなく暗い。
これでドルチェがついて1000円なら許せるけどね。
(ドルチェは+300円です)

帰り際に店内を見渡すと、4割ほどの客の入り。
今日が特別なのか、それとも一時の混雑のピークは過ぎてしまったのか。

場所:神楽坂3−5 神楽坂センタービル5階
TEL:3260-5137
posted by たきお at 15:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

まんなか屋 (2007年09月18日)

0918mannaka.jpg
3連休、皆さんはどう過ごされたんでしょうか。
私は日月どこにも出かけず自宅で仕事。辛いなー。

休み明け早々にadobiのセミナーです。
PDFを作成するACROBATの新バージョンの説明会。
なかなかいいんですが、使いこなせないんですよね。
12時を過ぎていたのですが、どうしてもやりたい事があったので、セミナー終了後説明員に質問。
返事が、『私もわからないので、ソフトを動かしてHELPを見て下さい』

あれっ!それなら行かなくてもよかったんじゃない!

やれやれ。ということで、お腹をすかしてJR飯田橋駅に帰り着きました。

もう時刻は1時過ぎ。久しぶりに千代田区側へ。
「福でん」は早々と準備中の札が。

ぐるりと回って「まんなか屋」へ。
こちらは、時刻が遅くても、お客は一杯。
テーブルは相席になります。
皆いい店は知っているんですね。

さすがにメニューの一部の品は終わっています。
『コロッケ定食』750円を注文。

この店は味も量も値段も文句ありません。
ただ、お茶の出るタイミングがおかしいんですよね。

席について、ちゃんと出るときもあるが、料理が運ばれてからお茶がきたりする。
始めての人は、ちゃんとオーダーが通っているか心配になってしまう。
でもご心配無用。お茶はあきらめてください。

玉子もサービス。テーブルの上の器にあるのだが、タイミングが悪いとなくなったりしている。
これは、しっかりアピールしないといけません。

私の座ったテーブルでは、先客の女性がきちんとアピールしてくれました。


場所:千代田区飯田橋4−6−7 河野ビル1階
TEL:3221-1848

前回の記事はこちら 前回もコロッケ定食だった
posted by たきお at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

松兵衛 (2007年09月14日)

0914matube.jpg
本を買いに神楽坂上にある「文悠」へ。
しかし、購入しようとしていた本がありません。
さて、どうしよう。後、本屋と言えば、ラムラか飯田橋駅方面さもなければ真っすぐ進んで矢来にある「文鳥堂」。
引き返すより前進。(猫は道路を渡り始めると引き返せないので、よく車に轢かれるというが、なんか似ているな)
というので、そのまま坂を上り、「文鳥堂」へ。
新刊の文庫なので、平積みされていました。なんで文悠になかったんだろう?不思議。神楽坂ものの本ばかりに注力して、文庫まで手がまわらないんだろうか。

地下鉄神楽坂駅の矢来口を出たところにある「松兵衛」


『とんかつ定食』750円を注文。
生卵か海苔がつきます。

やはりサラリーマン向け定食屋さん。
店内のお客さんはすべてサラリーマンらしき男性ばかり。
近く勤務先がある人の他に、神楽坂駅を降りて、ちょうど昼時なので入って来たという感じの客ばかり。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

くらよし (2007年09月13日)

0913kurayosi.jpg
なんだか久しぶりに雨がふっていないランチとなりました。
こういう日こそ遠出。しばらく飯田橋駅を越えて千代田区側へいってないなー。

しかし、今日は午後から出かけなくてはならないので、近場で済ます事に。

熊谷組のそばにある「くらよし」。こちらサラリーマンの味方。特に魚料理なので年配者向けかな。

メニューは煮付けと焼がそれぞれ2種類づつ。いずれも840円。

煮付けは 白身魚、銀ダラ 焼きは鮭、秋刀魚

焼き魚は昨日食べたので、今日は煮付け『銀ダラ』。

店内は、入ると小上がりの座敷。4人掛け用の卓が4つ。奥にテーブル席が2つ。

靴を脱ぐのが面倒なので、奥のテーブル席へ。

注文して、すぐに小鉢が並びます。
サラダはレタスの葉っぱのみ。しかも何もかかっていません。
まあ、へたにドレッシングがかかっているより、これはこれで良し。

中落ちはランチ全品につきます。

写真に載ってませんが、味噌汁付き。今日は蜆。

出し忘れていて後からでてきました。

おじさんサラリーマンには、こういうランチがいいな。

場所:津久戸町1−14
TEL:3267-4858

前回記事はこちら
posted by たきお at 13:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。