mimasu (2008年02月06日)

0206mimasu1.jpg
0206mimasu2.jpg
神楽坂は雪が降っています。
ランチに出る時は、降ってなかったのですが、食事をしている間にどんどん降るようになりました。天気予報では、積もるほどではないとの事でしたが、今のまま夜まで降ると積もりそうです。

寒いので、やはりランチは温かいものを求めてしまいます。

今日は讃岐うどん。軽子坂にある「mimasu」の『しゃけいくら丼と讃岐うどんのセット』980円です。

コーヒー付きで、1000円以下のランチは、神楽坂ではめずらしくなってきました。

隣のテーブルで同じような会話がされています。
『コーヒーを入れて、1000円以下だと居酒屋の定食位だけど、昨日の残り物のランチは食べたくないし・・・』

店内、奥の窓際に案内されました。
天井が高い分、なんだか壁を伝って冷たい風が降りてくる感じで、背中が寒いです。

料理が出てくるのが、待ち遠しいです。

それほど待たずに料理がでてきました。

マイ箸をセットしてから、いただきます。

うどんの温かさに救われます。

量もちょうどよい感じです。

少しイクラが辛いかな。

それでも、ご飯を食べ、うどんのつゆをすするとちょうど良い塩梅になります。

食後のコーヒーも、すぐに出て来ました。
コーヒー以外に紅茶も可だそうです。

シューガーポットもかわいいですね。猫好きの方には、きっとうれしい容器ですね。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ゑーもん (2008年02月05日)

0205emon.jpg
「ゑーもん」のランチです。
『豚トロ竜田揚げと茄子の甘辛みそソース』880円。

前回と同じものを食べていますね。

前回の記事はこちら

お肉は、やまと豚を使用しているとか。きめが細かいのだそうだが、確かに柔らかい。みそソースが甘辛となっているが、どちらかというと辛め。辛めの中に、少し甘めがある。そして肉も甘い感じがする。

ごはんは、おかわり自由。ソースの辛さが食欲をさそい、めったにお替わりはしないのだが、半分お替わりした。

いやー。満腹。
posted by たきお at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

大戸屋 (2008年02月04日)

0204ootoya.jpg
神楽坂は、昨日の雪は道路からは消えましたが、屋根の上には残ってます。屋根からぼたぼたと解けた雫が降り注いでいます。ときたまどさっとまとまって落ちて来ますので、路地を歩くのは要注意です。

「大戸屋」の『炭火焼き鶏の梅あんかけ土鍋ご飯』693円です。

雑炊に焼き鳥が入ったようなものでしょうか。
熱々で体があたたまります。

おいしいのですが、やや味が濃いような気がします。
が、梅肉がそれをやわらげてくれます。

前回の記事と店情報はこちら
posted by たきお at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マイ箸 (2008年02月03日)

0119hasi1.jpg
0119hasi2.jpg
最近私はこれ!昨年の暮れから使っています。

そう、割り箸のかわりにマイ箸持参です。
今まで見たマイ箸は、短いものや、2本を差し込んで長くしたものだったのですが、こちらはねじ込み式で繋ぎ合わせます。
しっかりと繋がるので、ぐらぐらしたりせずに使いやすいです。

友人と「ふろしきや やまとなでしこ」を訪れた時に見つけました。

毎日ランチをするなら、これを持参しなきゃと言われ、プレゼントしてくれました。


袋の柄は1種類ですが、色は3色あります。箸も3種類の中から選べます。

毎日外食する方は、いかがですか。1300円でした。


場所:神楽坂6−49
TEL:3266-1641
posted by たきお at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

宮城道雄 (2008年02月01日)

宮城道雄って、ご存知ですか。

若い人は、知らない人もいるのでしょうか。

盲目でありながら、琴の作曲、演奏、そして新しい琴(十七絃や八十絃、短絃など)の開発も行った人です。
彼の偉業を讃えて、晩年迄住んでいた中町に宮城道雄記念館があります。
宮城道雄記念館に飾ってある八十絃の琴はすごいですね。
どうやって演奏するんだろうと考えてしまいます。
一度尋ねてみてはいかがでしょう。

場所:新宿区中町35
TEL:03-3269-0208


で ここから本題。

そちらの宮城門下の「新春研究発表会」が来週の2月9日11時半から行われます。
場所は浅草公会堂(台東区浅草1−38−6

普段、琴の音など聞く事はあまりない現代人にとって、一服の清涼剤になりますよ。

入場無料です。皆さん行きませんか。

0129miyagi.jpg

上の写真はプログラムで、宮城道雄記念館の受付でいただきました。

追加です。

演奏曲目(古曲以外は宮城道雄作曲)

1.花園
2.御代の祝
3.まりつき・かくれんぼ
4.砧
5.春の訪れ
6・楫枕(古曲)
7.千鳥の曲(古曲)
8.遠砧
9.ながらの曲(古曲)
10.楓の花(古曲)
11.瀬音
12.越後獅子(古曲)
13.五十鈴川・祭りの太鼓
14.八段(古曲)
15.こほろぎ
16.萩の露(古曲)
17.秋の流れ
18.残月(古曲)
19.新娘道成寺(古曲)
20.さしそう光
21.高麗の春
22.吾妻獅子(古曲)
23.虫の歌
24.花紅葉
25.うぐひす
26.春の曲(古曲)
27.編曲 八千代獅子
以上

終演17時15分予定だそうです。
ずいぶん長いですね。

最後の27.八千代獅子は、琴が40台以上での演奏です。
posted by たきお at 19:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

月の雫(上野) (2008年02月01日)

0201tukinosizuku.jpg
今日は上野迄。上野はあまり食べるところを知らないので、いつものようにアトレの中で探します。

こちらの店は何度かお邪魔しています。
意外と空いていて、待たされないので助かります。

オーダーしたのは、今日の魚料理『あじの開き』935円。

あじの他にコロッケがついてきます。

ちょっと魚が固め、もう少しふっくらとしてれば良かったのですが、そうそう文句はいえません。

途中お茶も注いでくれたりと、サービスはいいですね。

posted by たきお at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ひょうたん島 (2008年01月31日)

0131hyoutan.jpg
はやいもので、もう1月も終わりです。

月末なので、銀行へ、そしてそばの「ひょうたん島」へ。
大久保通りのみずほ銀行のあるビルの地下です。

時刻は1時10分前。
まだ、ちらほらお客は残っています。

「焼き魚のさんま」を頼んだら、『焼くのに少々時間がかかります。』

じゃあ『ニラレバ』。こちらは終わってしまってました。

仕方ない、他のメニューは、うどんかそばの定食、日替わりがフライ盛り合わせ、他に刺身定食。

もうさすがに刺身定食は食べたくありません。

まあ、少し時間がかかってもいいからと『さんま』820円を頼みました。

まわりを見渡すと、ほとんどのお客が食べ終わり、帰ろうとしています。これなら10分位の待ち時間かな。

ところが、ところが。


なかなか出て来ません。

まわりのお客はすべて帰ってしまいました。

後から2人組が、左隣のテーブルに座り、フライ盛り合わせを注文。

その後からも、ポツポツとお客がはいります。刺身定食やらそば定食やら注文し、次々に料理がでてきます。

とうとう、隣の2人組も食べ終わってしまいました。

右隣のテーブルには、人がいないのに料理が運ばれて来ました。

????なんだ????

なんと店員の賄い料理です。

賄いより、お客の料理をなんとかしろ。それとも忘れられてる。

不安がよぎります。

店の中は、後から来て、そば定食を頼んだ人と私だけ。しかも、そば定食は、出て来てます。

さらに、一人お客さん。どこでもどうぞの声に、私の隣に座ります。
そして、そして・・・

煙草を吸い始めました。

最悪!店の中はガラガラなのに、なんで隣に座って煙草を吸うんだ。

もうイライラ状態です。

そして、『お待たせしました』と、ようやくさんま登場。

お待ちしましたよ。30分待ちです。

2時からのお客とのアポは完全に遅刻です。
あわてて、料理を口に流し込みます。

とんだ、ランチでした。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

福ちゃん(渋谷・夜) (2008年01月30日)

神楽坂でもランチでもありません。
この日は、渋谷である集まりがあったので、その後気心のしれた仲間と飲みに行きました。

渋谷の福ちゃんといえば、有名な店ですね。
6人で行ったのですが、そのうち5人迄もが来た事がありました。
私も以前はよく行ったのですが、最近はいってなかったので、久しぶりです。

この店、少人数ではいきづらいんです。

なぜって、下の写真をご覧頂ければわかる通り、ボリュームがすごいんです。

ほとんどの魚が、まるまる一匹さばかれて出て来ます。
そして時間制限が1時間半。

食べきれないと、お持ち帰りできます。


まずは ウニ。

箱毎どーん!!

これは調理しませんから、でてくるのが早いです。
海苔にウニとキュウリをのせていただきます。
0130fukucyan1.jpg

次は鯖。

誰だ こんなの頼んだのは。

0130fukucyan2.jpg

次が、生タコ、貝の盛り合わせ。

0130fukucyan3.jpg

そして、この日のお薦め。

ヒラメの活き造り。

まだ、ぴくぴく動いています。

それにしても、すごい量です。

0130fukucyan4.jpg

1時間半で終了。予想通り、料理はあまりましたので、お土産にしてもらい、独身2名が持ち帰りました。

6名で、お値段は3万円ちょっとでした。

場所は、このへん
posted by たきお at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ARMOIRE (2008年01月30日)

0130armoire1.jpg
0130armoire2.jpg
「ARMOIRE」のランチです。

モアさんのブログで、新メニューの情報を得ていたので、行ってみました。

モアさんのブログはこちら

サラダとスープはいつものです。
今日はそれほど寒くはありませんが、それでも温かいスープをいただくとホッとします。

Bランチは『マナガツオと帆立の衣揚げ』900円です。
モアさんの時と違うメニューでした。
(いなだの方がよかったな)

ガルニはお馴染みの人参のグラッセとほうれん草です。

こちらの料理は安心して食べられるのですが、今日は今イチでした。

ソースが少し辛め。食べ終わった時にやたらと水を飲みたくなってしまいました。
そして、マガガツオに帆立の匂いと味が移ってしまっています。一緒に揚げているのでしょうから、やもえないかもしれませんが。

前回の記事とお店情報はこちら

posted by たきお at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お年玉くじ (2008年01月29日)

0129kitte.jpg
皆さん、年賀はがきのお年玉くじは当ってましたか。今年の切手は↑です。

私はもちろん1等などは当らず、上の切手シートが6枚。
引換は昨日からですので、さっそく取り替えて来ました。

こういうのって、置いとくと忘れてしまうんですよね。
そうならないように、すぐ交換。

1等の液晶テレビが欲しかったな。

posted by たきお at 15:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2008年01月29日)

0129piman.jpg
昨日は、別にランチ抜きだったわけではありません。ブログのサーバー障害でアップした記事が見れなかったようです。障害報告によると昨夜の2時頃復旧したようです。

今日は、年賀状のお年玉くじの引換をした後、昨日の店「鳥竹」のほぼ向かい側にある「上海ピーマン」のサービスランチへ。

今日のサービスランチは『もやしラーメンと半チャーハン』750円。

ラーメンの上に、熱々のもやしを餡掛けにしたものが、のっています。
今日のラーメンのスープは、やや辛い。いつもの味とは大分違います。
普段はこんなに醤油辛くないのですが、どうしたのでしょうか。

チャーハンは、いつも通りの味です。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鳥竹 (2008年01月28日)

0128toritake1.jpg
0128toritake2.jpg
寒い日が続きますね。
月曜のオフィスは、ビルそのものが冷えてしまっていて、なかなか暖かくならないですね。
暖房をつけても体の芯から冷えきってしまった感じです。

これは温かいものを食べなくては。

ランチの前に、お年玉年賀はがきの当選番号の紙をもらいに郵便局へ。
ま、それだけじゃなく郵便を出すついでもありましたが。

近場で温かいもの。

うーん?どこがあるんだろうと考えた結果、「鳥竹」の石焼びびんばにしました。

店内カウンター席と、4人掛け×2のお座敷です。

入り口そばのカウンターへ。

こちらの店のランチは、石焼びびんばと石焼うどんの2種類です。

びびんばのつもりでいたのが、急遽うどんに変更。いずれも850円です。

出来上がりまで、少し待たされて、出て来ました。

ジュージュー音をたてています。
写真をとっている間にも、うどんが焦げ付いてしまうのではないかと、気があせります。

スプーンで、下からかき混ぜます。

いろんな具が隠れています。

混ぜ終わって、小鉢に取り分けます。卵がほどよくまぜあわさって、いい塩梅にできています。キャベツもしんなりとしてます。

おいしい。その上熱くて体が温まります。
野菜もたくさんとれて、満足でした。

場所:袋町2 鈴木ビル1階
TEL:3267-6401

前回の記事はこちら

(ロンドさん 石焼うどんもなかなかですよ)
posted by たきお at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

生粉打ち亭(きこうちてい) (2008年01月24日)

0124kikouchitei1.jpg
0124kikouchitei2.jpg
牛込中央通りに昨年オープンした「生粉打ち亭(きこうちてい)」

変わった名前で、蕎麦をはじめ本物にこだわっています。
店内には、そば打ちの機械が見えるように置かれています。

ランチセットは、3種類。
『江戸せいろ』『田舎せいろ』『津軽そば』いずれも1000円です。おそばには、火薬ごはんがつくとありました。

どう違うのか食べてみないとわからないので迷いましたが、説明書きに『津軽そば』は、こんな事が。

『製法が複雑なため消滅した幻の蕎麦を復活しました。東京で提供できるのは当店だけです。(許諾特許)』

それなら、これを食べてみなくては。

ご飯の上に乗っているのは、焼鮭のほぐしたものです。
おそばは、確かにおいしい。
ご飯の横になにやら見慣れないものが。
つぶつぶは、お蕎麦の実のようです。実が2種類入っているような感じです。それに人参。味噌汁ではありません。
最後のお勘定の時にお聞きしたら、蕎麦雑炊とのこと。
量は少ないのですが、これもおいしい。
(もっと欲しい)

牛込中央通りにしては、1000円のランチは高めですが、このおいしさなら許せますね。

場所:納戸町10
TEL:3235-7177
posted by たきお at 16:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

芝蘭 (2008年01月23日)

0123chiran1.jpg
0123chiran2.jpg
東京にも、かなりの雪が降りました。今年2回目ですね。

雪の中のランチはなかなか出ずらいので、1時近くになってしまいました。
「mimasu」のうどんにするか、こちら「芝蘭」の麺にするか迷いました。
寒い時は、やはり麺類が恋しくなります。

しかし、入り口のメニューを見て、心変わり。
1000円ランチの『若どり唐辛子香り炒め』にしました。
唐辛子でも体が温まるでしょう。

店内、窓際に案内されます。

席につくと、時間のせいか、次々とお客さんが帰って行きます。
2人組のお客が2組になってしまいました。

さすがに待たずに料理が出て来ます。

お皿の上の赤く見えるのは、唐辛子です。なんという種類なのでしょうか。随分大きいです。

辛いですが、おいしいですね。

こちらの店は前回もそうでしたが、なかなかいけますね。

隣の席では、男性2人が辛い辛いといいながら、麻婆豆腐を食べています。こちらも、おいしいようです。

隣がご飯をお替わり。私もお替わりを取りにいきます。
セルフサービスで、大きな釜からご飯をよそります。ついでにデザートも、持って来ます。こちらもセルフサービス。杏仁豆腐です。

前回は店の人が持って来てくれたのですが、本来はこのスタイルなのでしょう。

今回は、追い出されるような感じは受けず、お茶のお替わりも2度程注いでくれた。
のんびりとランチを満喫して、3度目のお茶のお替わりを断り、店を後にしました。

前回の記事とお店情報はこちら
posted by たきお at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

火事騒ぎ (2008年01月22日)

昨日 「広島っ子」で火事騒ぎがありました。

一時は消防車が駆けつけ騒ぎになりましたが、被害はありませんでした。

6時頃、お店にお伺いしたのですが、煙がすごかったとかで、お店のご主人夫婦が、店内を大掃除しておりました。建物、人とも被害は無く、却って店の中がきれいになったのではないでしょうか。

筑土八幡町にある「牛楽亭」がランチ営業をやめていました。
posted by たきお at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

和raku (2008年01月22日)

0122waraku1.jpg
0122waraku2.jpg
隠れ家的な場所にある「和raku」のぼんぼり弁当1000円。

以前お邪魔した時に、カウンター席から作っていたのを見て一度食べようと思ってた料理です。

今日の席は縁側に置かれたテーブル席です。
テーブル席の後ろにはストーブが、そして足下には座布団が敷かれていますので、寒くはありません。

窓の外に見える昔ながらの庭に心和みます。

最初にお刺身が登場。これだけ食べたらすぐ終わってしまいそうなので、全部が運ばれるまで待ちます。

籠、味噌汁、ご飯、香の物が運ばれてきます。

籠の中は、カラフルにいろんなものが入っています。
衣がかぶさっているのは海老です。やや衣が固い。
おばんざいが、筍、カブ、かぼちゃ、魚などなど。
かぼちゃが、味が濃かった以外は、おいしかったです。

最近、この店もそうですが、ご飯はこの手のものが多いですね。

庭を通して、人が入ってくるのが見えます。次から次へとよく入ります。店に入った時に、『ご予約ですか』と聞かれました。日によっては入れない時があるかもしれないようです。

予約をした方が確実そうです。

場所:筑土八幡町1−3
TEL:5227-6731

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

SOPRA ACQUA (2008年01月21日)

0121sopra1.jpg
0121sopra3.jpg
0121sopra4.jpg
0121sopra5.jpg
今日は寒いですね。雪が降らなかったのが幸いですが、風は刺すように冷たいですね。こう寒いとランチへ行くのも躊躇してしまいます。
それでも頑張って少し遠出。ロンドさんのブログ「ロンドの日記」に掲載されていた「SOPRA ACQUA」へ行って来ました。

矢来町交番のお隣です。
パスタランチは4種類。『いろいろ野菜のトマトクリームソースのスパゲッティ』1050円です。

店の表にメニューが掲載されています。
他のパスタランチは、『渡り蟹入りトマトソース』『するめいかのラグー』『カブの入ったカルボナーラ』です。
パスタランチの他に、コースで2860円と4200円のコースがあります。

店内18席だそうだが、4人組と年配のご夫婦らしき人、女性2人の3組が先客としていらっっしゃいました。

開店間もないので大きな胡蝶蘭が飾られている隣の席に案内されます。

まずは、チキンとレタスのサラダ。ドレッシングはなんだろう。あまり酸味がありません。かかっているかいないか位の味加減です。

サラダの次に、真ん中の陶器の皿にパンが一切れ置かれます。

(ここまではロンドさんのブログでチェック済みです)

そしてメインのスパゲッティ。

1cm角に切られた野菜がたくさん入っています。味はまろやか。
女性に人気がでそうです。

食後はコーヒーか紅茶。コーヒーをいただきました。

場所:矢来町43 ライオンズマンション矢来町1階
TEL:5228-4567


posted by たきお at 14:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

源平 (2008年01月18日)

0118genpei1.jpg
0118genpei2.jpg
昨日に引き続き、みずほ銀行のビルの横を入りました。
「源平」。入り口に掲げてあるメニューを見て、キングサーモンフライと決めて入店しました。

ところが、中にある白板のキングサーモンの字には横線が引かれていました。もう終わってしまったようです。

店のおばさんに、他のメニューを聞いてみました。
ねぎとろ&炙り丼?鮪を軽く炙ったものと、ねぎとろが乗った丼。
和定食は十穀米におかずがこれだけついてますと、白板を指差します。

うーん。迷った末、『鮪ねぎとろ&炙り丼』850円に決定。
先に食券を買ってピンクの札をもらいます。

別に札を貰わなくても、店内には先客が3人しかいません。
どこでも好きなところへどうぞと言われ、一人では定番の席のセンターにある大きなテーブル席へ。

座るとすぐに湯のみ茶碗と香の物、もずく酢がでてきました。
お茶はセルフサービスでテーブルの上のポットから注ぎます。

マイ箸をセットして、本を読み始めたら、すぐに料理が出て来ました。
写真手前が炙ったもの、奥側に、キュウリに隠れてねぎとろがのっています。

『炙ったのは味がついているけど、好みによって醤油とかかけてね。
ねぎとろは、この小皿に醤油をいれて、つけてたべてね。』と、先程のおばさんが親切に教えてくれます。

炙りは、確かに塩味がちょうど良くなっています。同じ鮪でも、2種類の楽しみ方ができますね。

もずく酢も、口の中をさっぱりさせてくれます。

味噌汁も見た目以上に具が入っています。

おばさんの親切なあたたかさと、お料理をいただきました。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

川端 (2008年01月17日)

0117kawabata.jpg
大久保通りのみずほ銀行のビルの横をはいったところにある「川端」。
お店のご主人から年賀状をいただいたので、行って来ました。
最近の居酒屋はほとんどチェーン店化していますが、こちらの
お店は昔ながらの居酒屋。
ご主人一人が切り盛りしています。

ランチメニューは、定番の『おでんととろろ』。そして日替わり。
本日の日替わりは『生姜焼き』700円。

前回の時は、おでんだったのだが、おかずに物足りなさを感じていた。
生姜焼きで、ちょうどよい量です。

味は、梅ちりごはん、おでん、生姜焼きともおいしい。

年賀状には、『伝統のおでんの味を守り、長年のテント生活で培った「山賊料理」に磨きをかけ、』とあります。

夜の山賊料理というのも、食べてみたいですね。

こちらの店は、現在のご主人が引き継がれてから1周年だそうで、
明日18日まで、夕方行くと薦被りの酒が振舞酒として出されるそうです。

前回の記事とお店情報はこちら
posted by たきお at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

藤や (2008年01月16日)

0116touya.jpg
前回『まぐろぶつ』を注文して、後から来た女性が『たこぶつ・まぐろぶつ』を注文したので、少し後悔した店「藤や」。

前回の記事はこちら

今日はしっかり『たこぶつ・まぐろぶつ』750円を注文。

+で納豆80円をつけました。

こういう定食屋さんっぽい店が、もっと神楽坂に有るといいんですが・・・
posted by たきお at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。