やまあい (2008年04月22日)

0421yamaai1.jpg
0421yamaai2.jpg
0421yamaai3.jpg
今日は事務所に荷物の搬入。赤帽さんにお願いしたのですが、路上駐車で駐禁の取締があるといけないので、近所の主婦の方に見張りをお願いしました。
結局は、コインパーキングが空いていたので、問題は無かったのですが、お礼をかねてランチをごちそうする事に。

以前、丁寧なコメントを店主さんからいただいた「やまあい」さんに伺います。

店内は、窓際の4人掛けテーブル席に1組だけ。
カウンターの真ん中にすわらさせていただきます。

今日は『特上にぎり』1890円。

最初にサラダが出てきます。
色合いも奇麗ですが、ドレッシングもおいしいです。

カウンターの隅に白ワインが置かれています。いいですねー。
思わず飲みたくなってしまいますが、ワインはボトルのみとか。

現在、グラスワインを出すか、ハーフボトルを出すかと、いろいろ検討中とか。こちらの店はご夫婦でやられているのですが、ワインは、奥さんの担当だそうです。

あまり頼む人がいないと、余ったワインをどうするかとか、値段をどうするかとか、いろいろ考えなきゃいけないんでしょうね。個人的には、あるとうれしいですね。

お寿司ですが、写真の左下が空いています。

すみません。食べてから写真をとりました。ここには、手巻き寿司がありました。

『海苔がしけますので、巻物からお食べ下さい』という店主の言葉に、写真を撮るのを忘れ食べてしまいました。
半分程食べた時に気がつきました。いかんなー。

食材にこだわっているだけあって、寿司ネタもみんなおいしいですね。

特に私は、サーモン、イクラが絶品でした。
サーモンは脂がのっていて、大トロ状態。
イクラも普段食べるイクラと、なんだか味が違います。
他にも、さばや、カンパチなど、いずれもおいしいですね。

味噌汁には、白いものが。最初見たときは、白身の魚かと思ったのですが、筍でした。

茶碗蒸しは、具がありません。茶碗蒸し本来の味を楽しんで下さいという事です。

はい、充分堪能しました。

場所:神楽坂4−3 近江屋ビル3階
TEL:3269-7595

前回の記事はこちら
posted by たきお at 22:25 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

まゆきら (2008年04月21日)

0421mayukira.jpg
今日は「ぷらてーろ」へ。

と、大久保通りから路地をはいり、店の前まで来ると、中から結構な人の話声が聞こえます。
戸をあけると、中は満員。1名でも潜り込めるかと思いましたが、それもダメでした。

仕方なしに、大久保通りに戻ると、道路の向かい側にあるビルの前には「まゆきら」の看板がでています。

時刻は12時30分を過ぎているのに、まだ看板が片付けられていないのはめずらしい。
信号が青に変わるのももどかしく、青になった途端、急いで店まで行ってみます。

ちらっとメニューを確認。
限定10食の週替わりは無理でしょうから、鮮魚かハンバーグかな。
エレベーターが降りてくるのを待ちます。

1階のディップマハルも入り口で2人席が空くのを待っています。

店員さんが、看板を片付けに降りてきたらどうしようかなどと考えながら待っていると、エレベーターからはビルのオーナー一家が降りてきました。

やれやれ店員さんではなかった。なんとか間に合いそうです。
最近ずーと「まゆきら」には、入れなかったので久しぶりです。

3階の店内に入ると、『魚しか残っていないんですが』との声。

まあ、予想通りでしょうか。

一応中身を確認。『目鯛のフリッター・・・』

『はい、それでいいです』

店の奥に入ると、誰もいません。

暫し待った後に、厨房からジュージュー音が聞こえてきました。
どうやら出来上がったようです。

熱々の石の上で魚が温められています。
トマトは、看板に写っているほど量はありません。

魚熱々、そして、トマトが冷たい。微妙なバランスを保っています。
トマトの酸味が良いアクセントになっています。

味噌汁は、豆腐となめこ。これは、最後の客なので具が少なくなっているようです。

全体的にバランスのとれた料理で、こちらの店は安心して食べる事が出来ます。

帰りに、エレベーター前に片付けられた看板を発見。
最後の客だったようです。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

心 (2008年04月18日)

0418kokoro1.jpg
今日はすごい雨ですね。
なるべく近場でランチをすませましょう。

本多横丁の「心」。

こちらのランチはすべて980円。そのうち、『目鯛かまの煮付け』を注文。

メニューには、ご飯がすすみますと書いてあります。

煮付けは辛くも甘くもなく、ちょうどよい味付けです。

ご飯のおかわり自由ですが、ちょうど食事中にお客さんから電話がかかり、頼み損ねました。

食事を終えるころ、隣のテーブルに若い男性。
近くのテーブルへ灰皿を取りに行ってます。

煙草を吸われる前に退散。

前回の記事はこちら

前回も同じものを食べてますね。
posted by たきお at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ローズルーム (2008年04月16日)

0416rose1.jpg
0416rose2.jpg
0416rose3.jpg
0416rose4.jpg
今日は暖かいですね。
相変らず、神楽坂は地図を片手にしたご婦人方が多く、路地ではすれ違うのが大変です。
店先に名刺を置いてある店では、皆さん立ち止まり、名刺をお土産にもって帰っていきます。
きっと、夜はこないんだろうなと思われる方も持って帰りますが、どうするんでしょうか。神楽坂散策の記念でしょうか。

そんな人ごみを抜け、今日は「出版クラブのローズルーム」へ。
今日の日替りランチは、『地鶏の味噌漬け焼きと白身魚のフライ』1000円です。

いつものごとく、サラダバーからスープとサラダを取ります。
今日はゆで卵はありません。
デザートは、コーヒーゼリーです。

時間が経つと、デザートの種類が変わる事があるので、先に確保しておこうかと思ったのですが、とりあえずやめておきました。

サラダを取り終え、席に戻るとすでに料理が運ばれてきています。

これだけで、ボリューム満点です。

まわりを見渡すと、人によってサラダの取り方が様々です。
好みがわかりますね。
私は、葉ものが多いですね。あまりに緑が多かったので、プチトマトを少し多めに。転がって皿から落ちてしまうんじゃないかと心配でしたが。

マカロニを山のように盛っている女性がいましたが、大丈夫かしら?
そんなに食べられるでしょうか。

メインディッシュには、カボチャ、ふき、細い筍(?)もあります。
地鶏は、なかなか良い味をしています。
白身魚も柔らかく、ナイフも必要としません。

一時期、この店の料理の味が落ちたような気がしたのですが、今日は良い感じです。

メインを食べ終わり、デザートを取りにいきます。
やはりコーヒーゼリーですが、先程の皿ではなく、新しいものと取り替えられてました。

コーヒーを頂いて終了。



前回の記事はこちら
posted by たきお at 15:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

AUX AMIS(有楽町) (2008年04月15日)

0415auxamis1.jpg
0415auxamis2.jpg
0415auxamis3.jpg
0415auxamis4.jpg
今日は仕事を抜け出し有楽町へ。

時刻は12時15分ころ、少し遅くなってしまいました。
やはり、この時刻では店前で行列です。
他の店を探すのは、少し時間が足りません。1時から用事があるんです。間に合うかどうかヒヤヒヤしながら順番を待ちます。

しかし、大分お客の回転が早く、すぐに席があきました。
こちらの日替りランチは、前菜3種類、メイン2種類、それに飲み物があり、前菜+メイン または メイン+飲み物で1050円。前菜+メイン+飲み物で1200円です。

飲み物をゆっくり飲んでいる時間は多分なさそうなので、前菜+メイン。

メインは、行列している時に食べてた人のをみていたので、ソーセージ。
前菜は『有機バーモンセロリのポタージュ』
メインは『吉田豚自家製ソーセージ シュークルート添え』

ポタージュは微妙。
キッシュにすればよかった。

ソーセージは、おいしい。
シュークルートってなんだい?と思ってたので、家で検索してみました。どうやらサワークラウトのフランスでの呼び名。
シュークルート添えではなく、皿の上に大量に乗っています。

テーブルの上にはマスタードの瓶が置かれています。
できれば粒マスタードがよかった。

手前に見えるのが、ベーコン。これは油っぽくて、おいしくなかった。

ソーセージはよかったけど、『真鯛のオーブン焼き』のほうが良かった感じ。

今日はちょっとチョイスを間違えたかな。

場所:丸の内3−3−1 新東京ビル1階
   (東京国際フォーラムから東京会館に向かったところにあります)
TEL:6212-1566



で、1時からどうしたかって。


切符を貰ったんです。帝劇の。


『ラ・マンチャの男』

なんとS席。前から10番目の席。買うと12500円。
しかも、この日の昼の公演は1100回記念。
普通に買いたくても手に入らない切符です。

いやー 感謝感謝。

最後に出演者が勢揃いして挨拶。客席にはブロードウェイの初回の演出家の方とブロードウェイでのアルドンサ役(日本では松たか子さん)の女性が観劇。私と同じく10列目。

お二人のスピーチがあり、松本幸四郎さんの挨拶で幕を閉じました。

感激!!
posted by たきお at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

VEGA(麹町) (2008年04月14日)

0414vega1.jpg
0414vega2.jpg
朝から、麹町のお客さんへ。


昼も1時近くになって、ようやくランチです。
神楽坂に戻っては、ランチ難民になりそうなので、お客さんと一緒にランチです。

お客さんの案内で、イタリアンがこの辺にあったはずだけどとの事でしたが、それらしい店を見つけたら、スペイン料理でした。

店頭には、メニューが掲示されていますが、やや高め。

パスタランチの『トリソーとジャガイモのアマトリチャーナ』950円。

最初にサラダ。

ほどよい酸っぱさでおいしい。
中には、茗荷もはいっていました。

サラダを食べ終えると、ほぼ同時にパスタがでてきます。
熱々です。

トリソーの辛味と、とうがらしの辛さ、そして熱さを、じゃがいものホクホク感がやわらげてくれます。
よくマッチしています。

おいしかったです。
次回麹町に来るときは、また来たい店ですね。

場所:平河町1−3−10
TEL:3264-5990

posted by たきお at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鴻興楼(こうしんろう) (2008年04月12日)

0412kousinro.jpg
荷物を発送するので、牛込郵便局まで。そのついでにランチです。
土日の神楽坂は、ランチメニューが少し値段が高くなるので、このへんでランチを済ませてしまいます。

牛込郵便局の向かいには、牛込警察署がありますが、その隣のビル。
手前は、駐車場があり、店の入り口が奥まったところに有ります。

通りから見ると、メニューや看板がでているわけではないのですが、扉が開いているので営業しているようです。

中に入ると、4人掛けテーブル席が5つに、先客が一人。
空いている席に座ろうとすると、わざわざ別の席に案内されます。

なんで??何故だかわかりません?

席に座ろうとすると、店員さんが、『ランチは麻婆豆腐だけ』と、ちょっとたどたどしい日本語。

まあ、それでも構わないので、『じゃあ、それで』。

すると、ちょっと時間。

ちょっと理解するのに時間がかかったようです。
お客さんは、きちんと、わかりやすく返事をしなくてはいけません。

『では、その麻婆豆腐をお願いします』このように。

注文も値段を聞いていないのですが、ランチというからには、それほど高くはないでしょう。

結局は、880円でした。

しばらくして、先客に続いて、ランチが運ばれてきました。

麻婆豆腐の中には、鷹の爪がまるごと3本はいっています。
なにやら黒い豆もはいっています。

味は、まあおいしい部類でしょうか。

左上の皿には、モヤシとビーフンの炒めたもの。
さっぱりしていて、いい感じです。

後から、親子3人が来店。先程私が座ろうとした席に座ります。
そして、メニューが先程の店員さんから渡されます。

『ランチは麻婆豆腐だけ』というのは、ランチ用のメニューが土曜日はこれだけという意味だったんですね。てっきり、土曜の昼は、一品しかないのかと勘違いしてました。

平日は、もっと種類があるのでしょう。

場所:南山伏町1−18 ハイホーム市ヶ谷1階
TEL:3260-3188



posted by たきお at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

めとろ (2008年04月11日)

0411metoro1.jpg
0411metoro2.jpg
今日はいい天気になりましたね。

神楽坂小路を入ってすぐのところにある「めとろ」へ久しぶりに行きました。

カウンターは、いつもより空いています。

『サービスメニュー』740円を注文。サービスは『焼肉定食 目玉焼きと冷や奴付き』です。
以前は、よく『ビッグ』950円を食べていたのですが、今日は少し控えめ。

カウンターの中では、男女一人づつ忙しそうに働いています。
確か兄弟と聞いたような記憶があるのですが、定かではありません。

カウンター内の忙しさとは対照的にカウンターに座ったお客(すべて男性でした)は、ゆったりした雰囲気で本を読みながら、料理が出来上がるのを待っています。

そんな中、私だけはずーと料理が出来上がるのを見つめています。
料理を作るのは男性の方、女性は洗い方やご飯の盛りつけをしています。

動きに無駄がないですね。

2つあるコンロに小さいフライパンを乗せて目玉焼きを焼き、もう一つは肉を炒めてます。肉がある程度炒まると、別のフライパンに移し替え、ソースをまぶします。

すでに女性店員さんが、キャベツをのせた皿を用意済み。
キャベツの横には、スパゲッティがとぐろを巻いてのっています。

そこに目玉焼きがのり、肉が乗せられて出来上がりです。

先に来ていた冷や奴、そして肉のお皿、ご飯、豚汁がきて完成。

肉のソースが、甘いのですが、甘すぎると言うことがなく、おいしい味付けになっています。その汁がキャベツにしみ込み、キャベツもおいしい。

冷や奴でさっぱり感を味わい、アクセントでスパゲッティをいただく。
最後に豚汁を飲み干し、終了。

他のお客さんの注文を聞いていると、ほとんどがサービスか、焼肉カレーですね。

ビッグを頼む人は、いないのかなー

前回の記事はこちら(ビッグです)
posted by たきお at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

グロッタ (2008年04月10日)

0410gurota1.jpg
0410gurota2.jpg
今週はよく雨が降りますね。気温も低いし。

今朝はそのせいか、電車が遅れ、グルッと振替でやってきました。
飯田橋に着くと、なんだかJRからの振替云々とアナウンスされています。
中央線もストップしていたんですね。

ランチは、なんだかがっつり食べたい気分だったので、「グロッタ」へ。

テーブルに座ると、新しく入った感じの店員さんが注文をとりにきました。
『薄切ステーキ』950円を注文。

すると、レジにいた年配の店員さんから、大きい方ですか、小さい方ですかと聞かれます。

何だか、わかりません。しかし、この店、量が多いのはわかっていますので、無難に小さめをお願いしました。

最初にサラダとスープ。

そして、1皿に目一杯のった料理。

これって、小さいの???

確かに、メニューには『バターライスとスパゲッティ添え』とありますが、これは添えてあるとは言わないんじゃない。

皿の上に、普通の店より少し多めのバターライスがのり、その上というか横というか、これまた普通の店の一人前のスパゲッティがのり、その山(そうまさしく山の上)に、ステーキが2枚のっています。

はたして、食べきれるんだろうか。

食べても食べても、なかなか減らない。
ようやくスパゲッティを食べ終えても、まだライスが残っています。

肉は柔らかく、味もよいので、少しづつ切り分けながら、バターライスのアクセントとして食べていきます。
肉の下にあったライスには、ほどよく肉汁がしみ込んで、ちょうどよいおいしさになっています。

あとからやってきた男性が、ステーキの大きい方&ライス大盛りを注文しています。
もう、どんなのが出てくるか興味津々で見守ります。

とうとう出てきた料理を、遠目で見ると、確かに肉がでかい!
しかも厚みもありそう。
そして、ライスは白米だが、皿の上に山になっています。

すごいな、若いという事は。

小食な人は、注文の時は、かならず『控えめ』の言葉をお忘れなきように。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Assisi (2008年04月09日)

0409assisi1.jpg
0409assisi2.jpg
0409assisi3.jpg
昨日と打って変わって、いい天気になりましたね。
今日も神楽坂は入学式帰りらしい親子連れがいますが、どこの入学式なんでしょうか。

今日は「Assisi」のランチ『サクラ鯛のプロバンス風』890円。
ライスは十五穀米を選択(玄米もあります)。

4人ほど座れるカウンター席は、すでに一人座ってたので、2人掛けのテーブル席へ。他には入り口付近のテーブルに女性2人、奥の座敷に2、3人いるようです。

最初にサラダ。上にのっているのは、ツナです。
サラダを食べ終えた頃、小付きとして2つの入れ物が。
量はちょびっとですが、箸休めになりますね。

続けて味噌汁。

サラダを食べる時にフォークをとったのですが、箸に変更。
こちらの箸は割り箸ではないので、マイ箸の出番はありません。
最近はマイ箸の出番が少ないな。

豆をつまんでいると、メインのサクラ鯛と十五穀が出てきます。
出来上がりが早いですね。

鯛の皮がパリッとしている。トマトのソースも甘過ぎたり、濃すぎたりということはなく、ちょうどよい味にしあがっています。

十五穀も意外とボリュームがあります。

味噌汁を一口、ちょっと変わった感じがしたので、よく見ると中には海苔がはいっていました。色的に若布だと思ってました。

こちらは、この値段でお得感があります。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鮨処 八千代 (2008年04月08日)

0408chiyoda1.jpg
0408chiyoda2.jpg
今日は大荒れの天気ですね。
中学高校は、この日入学式が多いらしく、駅等で真新しい制服をきた子供の親子連れをみかけます。しかし、あいにくの雨で可哀想ですね。
地下鉄飯田橋駅の定期券売り場でも長蛇の行列ができています。

傘を開いても、横からの雨であまり役立ちません。
こんな日は出前がいいのですが、ランチの約束があったので出前をとらずにいました。ところが、昼前にランチは延期。そうですよね、この雨風ですから。

そんなで、どこに行こうか。

先日「First Kitchen」へ行った時、見ていた「八千代」へ。

カウンターに案内され、『今日のランチ』1050円を注文。
『大トロもはいって10貫』と書かれています。

他にもバリューセット10貫とかがあり、割とお得です。

カウンターの中では、見事な手さばきで、次々と握られていきます。
お椀3番さん9番さんと声がかかります。
カウンターの端から数えて3番目と9番目かな?

はい、当りでした。ちょうど3番目(私)と9番目が待っていました。
私の番ですね。

下4つと言って、目の前にいる職人さんとは、別の人が握った鮨がまずは置かれます。その後残りの6貫は目の前にいる方が握ってでてきます。ネタによって分業制で効率よく作業しています。

ネタも新鮮で、この値段で食べられるのはうれしいですね。

場所:ラムラ2階
TEL:3235-1238

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

京華茶楼(麹町) (2008年04月07日)

0407kyoka1.jpg
今日は麹町でランチ。12時からお客さんと打ち合せ。こういう時間は困り者。飯田橋でランチをするとなると11時には食べないと行けない。仕方なしに11時半に麹町でランチ。

さて、どこにしようかと迷いながら歩いていると中華の看板が。
看板を見て、ここに決めました。
「京華茶楼」の『タンタン麺と半チャーハンセット』850円。
辛さはどうしようと思いながら店の扉を開けます。
店内に入ってからは、階段を下りて行きます。階段からは店内が見渡せます。最初に目に入ったのが、女性店員3人がテーブルに座り、盛んにおしゃべりをしている姿。

まだ、11時半でお客が誰もいないから開店前にくつろいでいるのかと思ったら、片隅に一人お客さんがいました。

お客がいても関係ないんですね。

一番若い店員さんが注文を取りに来ます。その間、他の2人は相変わらず大きな声でおしゃべり。しかし、中国語(?)なので、何を話しているかわかりません。さすがにテーブルからは離れ、厨房の前で話しています。
厨房には男性2人、そのうちの1人は、まだ食事中。麺を食べながら、厨房から顔を出し、話に加わっています。

注文でメニューを見ると、表の看板にあった『タンタン麺と半チャーハンセット』というのが、ありません。『タンタン麺』というのに、小さくチャーハン、お新香付きというのが、ありました。多分これ?と思われたので、これを注文。辛さをどうしようなんていう考えは不要。全く聞きもしないで行ってしまいました。
表には『普通・中辛・激辛』とあるんですけど・・。

注文を受けた子は、厨房に『タンタン麺』と伝えると再び話の輪の中へ。
厨房では、男性一人が作っているのが、見えます。

一人で麺とチャーハンを作るのか?それとも、注文を間違えて、『タンタン麺』だけ?


やがて、麺ができあがり、お盆にセットされ運ばれようとしています。
やっぱりチャーハンは、ついてないか!

しかし、運ばれてきたのは、しっかりチャーハンがついていました。もう作り置きされており、あらかじめお盆の上に置かれていたのですね。

チャーハンは熱々では、ありません。が、まだ時間が早いので冷めてはいません。
時間が遅かったら、きっと冷め冷めでしょうね。

しかし、しょぼい。

中に入っているのは、よくもこれだけ細かく刻めたなと思う程の人参がちょぼっと。玉子も少なく、油がご飯粒をおおっています。
量も、半チャーハンではなく、本当におまけ程度。

表の看板と大違い。

これが、表にあった看板。
0407kyoka2.jpg

違うでしょう!全然!!

タンタン麺も味はこんなもの。麺の量はきわめて少なく、すぐ終わってしまう。

店内は、12時に近づくにつれ、お客が入り始めたと思ったら、あちこちで煙草の煙が立ち上り始めます。

早々に退散。しかし、アポイントの時間まで、まだ間があります。

困った。

posted by たきお at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

たきおへの内緒話 (2008年04月05日)

右にある【たきおへの内緒話】に、こんなメールをいただきました。

『お初にメールさせていただきます。当方、神楽坂「厨」でときどきランチしていた者です。2月に行ったときに、急遽休業のようで、気になっていたのですが、3月末に行ったら解体中で、どうなったのか心配していました。あなたのブログで従業員さんたちは藤見町のイコブに吸収されたとありましたが、どういうことなのでしょうか?もし、ご存知でしたらおしらせいただきたいのですが…。よろしくお願いします。』

で、これに対する私の返事です。

他にもお知りになりたい方もいらっしゃるかもしれませんので、あえて公開させていただきます。
(と言っても私も詳しくは知りません。いろいろご事情があるのでしょう。)

『XXさん はじめまして

『たきおの神楽坂ランチ日記』をご覧頂きありがとうございます。
私も、当初お店の壁に解体の案内が出た時はびっくりしました。
どうなったかわからずにいたのですが、ある日「厨」の配達をしていた人が解体中の店の前にいらしたので話をお聞きしました。
その方曰く、『会社でいえば吸収合併ですよ。配達は今まで通りやってますからメニューを郵便受けに入れときますね』との事でした。
それ以上詳しくは聞けませんでした。

さらに、イコブの富士見町店(天神町にもイコブはあります)へ、行ってみると、主に店内にいた店員さんがいらっしゃいました。
その方曰く、『姉妹店なので、従業員の一部は皆こちらで働いています』とのことでした。
「厨」がなぜ閉店して、折角大々的に改装した店を解体してしまったのかは不明です。(聞けません)

厨房にいらした方々はどうしたかわかりません。もっと詳しくは、店員さんにお聞きするのが一番だと思います。

お店に行かれるか、出前を取ってみて下さい。
場所:千代田区飯田橋4−4−16
TEL:3237-0847
です。』

こちら↓が、来週、再来週のメニューです。
0405ikobu1.jpg
0405ikobu2.jpg

たきおの日記はこちらです。

「厨」の跡地は、現在更地になっています。
posted by たきお at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

264First kitchen (2008年04月05日)

0405first1.jpg
今日は休日出勤。
相変わらず神楽坂は人出が多い。兵庫横丁にはパンフレットを片手に多くの人が歩いてます。

以前、飯田橋駅前で配ってたFirst Kitchenのクーポンを持って、比較的すいている軽子坂を通ってラムラへ。

お店はすいており、待ち行列も2組だけ。店内も空いています。混んでたらテイクアウトをしようと思ってたが、店内でいただくことに。

クーポンを切り取っている間に順番がきました。
『チーズベーコンエッグバーガーセット』と『チキンビッツ』を注文。

実はFirst Kitchenに入るのは初めて。
『セットは、ポテトかサラダをお選び下さい。』と言われ、じゃがバターを選択。ポテトがいろいろ種類があるんだよーと娘に聞いていたので、これはクリア。

セットの選び方がわからずサラダも選ぶんですかと店員さんに質問。

答えは、ポテトかサラダの選択で、ポテトの替わりにサラダを頼むと+70円だそうです。ポテトもセットではMサイズだが、+30円でLサイズになるそうです。

なーるほど!

で、ポテトとコーヒーをつけ、チキンビッツはすぐに出来ないので、席に運んでもらいます。

合計金額740円。クーポン無しだと910円だから170円安い勘定ですね。

まあ、味はみなさんご存知の方が多いでしょう。
ポテトがMサイズにしては、結構量がありますね。

しかし、全体的には量が少なめですが、最近太り気味なので、今日は少し抑えましょう。

店の前で看板を再確認。
そこへ、女子大生らしき2人。一人の子が、もうひとりにポテトがいろいろあって・・と説明しています。
こうやって先に説明を受けると、カウンターの前で聞かなくてすみますね。
余ったクーポン券を彼女らにあげて、今日のランチ終了。

場所はラムラ2階です。

posted by たきお at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

さくら水産 (2008年04月04日)

0404sakura.jpg
今日はあまり時間がないので、さっとランチをすます事が出来るお店へ。
「さくら水産」のAランチ『サーモン中落ち』500円です。

こちらの店は、ほとんど待ち時間がありません。

席にすわり、お茶を注いでいたら、もう料理が運ばれます。

玉子をわって、小皿に醤油を注いでと、なんとなくせわしない。

ま、時間がないから、この店に来た訳なので仕方なし。

ごはん、味噌汁お替わり自由です。

味わうというより、お腹を満たすランチでした。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新富寿司 (2008年04月03日)

0403sintomi.jpg
今日は暖かいですね。5月の連休の陽気だとか。

今朝は千代田区の合同庁舎へ。
朝ではなく昼に行って、合同庁舎の食堂でランチをしようかと思ってたのですが、朝一番で用事を済ませてしまいました。

これが正解だったかもしれない。

九段下の駅には、親子連れの姿がたくさん。

ひょっとして!と思ったら当りでした。

大学の入学式でした。
そういえば息子も今日入学式に出かけましたっけ。うちは親は付いて行きません。

武道館では法政大学、九段会館では二松学舎が入学式です。
ランチ時は、混雑するでしょうね。

しかし、昼時の神楽坂も人出が多いです。
神楽坂の通りに出るのも嫌だったので、本多横丁の路地を入ったところの「新富寿司」。

この路地でも、10人程の人が歩いています。

混んでなければいいけど、と思いながら戸を開けようとすると、するすると開きました。格子の戸ですが、自動ドアでした。

中に入ると1階には誰もいません。どちらでもどうぞと言われても、4人掛けのテーブル席(2つあります)には、さすが座りづらいのでカウンターにすわります。

本日の和定食『むつ』800円を注文。
煮魚はおばあちゃん担当。料理が出てくるのが早いですね。

まずは、サラダ。ドレッシングが私好みです。

魚は、薄味ですがしっかりと煮てあります。

小鉢は、なんでしょう。つみれ団子風。

お新香もたくさん乗ってます。

後から、デザートとしてフルーツがでてきます。


これで800円は、超お得ではないでしょうか。

前回の記事とお店情報はこちら

最近亡くなる方が多くて、お葬式でお茶をたくさんいただきます。
いただいたお茶を会社に持ち込んで飲んでいますが、おいしくない。

やはり、お寿司屋さんのお茶はおいしい。
posted by たきお at 15:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

BRIGE (2008年04月02日)

0402brige1.jpg
0402brige2.jpg
以前から気になっていたお店。
飯田橋駅から交番のある交差点を富士見の方に渡りすぐのところ。
ビルの上の方に、ビリヤード場があり、以前は何度かきています。
今もビリヤード場はあるのかな?

店は奥まっていますが、手前にテラス席があり、何組か食事しています。
店内に入ると、結構混んでいましたので、無理かと思ったのですが、男性店員さんが「禁煙で我慢できますか?」

もちろん 禁煙席の方が有り難いので、依存はございません。

奥まで行くと、ガラスで仕切られた禁煙席がありました。
4人掛けテーブルが10個ほどあるうち、5組ほどしか埋まっていません。
喫煙席の混み具合とは、別の店のようです。

店員さんは、禁煙席の手前までしか案内してくれなかったので、どこに座っていいかわかりませんが、こんだけ空いていればどこでもいいのでしょう。
混み合って、相席にはならないようです。

『鶏もも肉と野菜の軽いトマト煮込み』のプレートランチ900円。

こちらのランチは、すべてサラダ付きで900円です。
すでに明太子のスパゲッティは売り切れのようです。

待っている間に携帯のメールチェック。

すると、いきなり、皿がドンと置かれました。

びっくり!

なんとか言えよ、この野郎!などと思ってみると、もう店員さんはさっさと行ってしまってます。

普段は、こんな事はないんですよ。この野郎なんて!

でも、この時は、本当にビックリしたんです。
店員さんが近くに来たのに全く気がつかずにいて、いきなりドンと音がしたのです。

何事が起きたのかと思ったら、テーブルに皿が置かれていた状態です。

『お待ちどうさま』くらい、言ってほしいですね。



料理は、真ん中に鶏の固まり。ちょっとトマトソースの味が濃い感じ。
全体的に、これで900円?
ちょっと高めですね。




posted by たきお at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

天下一 (2008年04月01日)

0401tenkaichi.jpg
お昼休みを利用して、六本木の客先へ。
軽く打ち合せをして帰ろうと思いきや、別の担当者がランチから戻ってきて、帰る前に少し話をしたいって。

おいおい、こっちはランチ前なのに。

仕方なしに話をして飯田橋についたのは、2時。
こりゃランチ難民になってしまうかも。

というので、急ぎ大久保通りにある「天下一」へ。

『肉と野菜のブラックペッパー炒め』700円。
こちら新メニューだそうで、通常は800円、ランチ時だけ700円です。

女性店員達が、仲間内で楽しそうにおしゃべりしています。
まあ、こういう店だから許されちゃうのかな。

表では、2階にある「ふくの鳥」が、看板を片付けています。
もう少し早い時間なら、「ふくの鳥」でもよかったかな。


料理がきました。
店内のあちこちに貼られている写真と随分色合いが違います。
写真には、ブロッコリーやピーマンの緑、人参の赤が目立ちますが、こちらは、タマネギと肉の炒め物のような感じです。

ブラックペッパーが効いていて辛い。
ご飯がすすみます。

たまねぎに隠れて、ブロコッリーが2切れありました。写真に嘘はなかったようですが、盛りつけ方が違うと、こうも料理の味が変わってしまうようになるのかと思います。

ご飯茶碗に隠れているのは、ポテトサラダと沢庵2切れがのった小皿です。

スープは、中華風のスープですが、この料理にはあいません。

まあ、ランチ難民にならなくてよかった。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

加賀 (2008年03月31日)

0331kaga1.jpg
0331kaga2.jpg
改装で休んでいた「加賀」へ。門を入ると、梅、桃、桜の枝がどーんといけられてます。玄関に入ると、たくさんのお祝いの花が飾られています。

部屋に案内されているとき、どこを改装したんですかと、ちょっと意地悪な質問。

『絨毯とかいろいろです。メニューも変わりました』とのお答え。

確かに、赤い絨毯はおニューのようです。

料理も、少し値段がアップしたよう、しかも秋刀魚の塩焼きがメニューから消えました。

一番奥の大部屋に案内されました。
テーブルの下は、30cmほど下がっていて、堀ゴタツ風。
しかし、足を完全におろせる深さはなく、なんとなく中途半端。

男性は、座椅子に寄っかかって、足を前に投げ出せばいいけど、スカートを履いた女性は、座りづらいんじゃないかな。

料理は、『おろしトンカツ定食』1200円と、『天婦羅うどん定食』1200円と、どちらにするかちょっと迷いました。

結局『おろしトンカツ定食』は、以前も食べた事があるので、『天婦羅うどん定食』を選択。

しかし、メニューには『ボリュームたっぷり』とあります。

この店、秋刀魚の塩焼きが、丸々2本出る程なので、ボリュームたっぷりとなると、どれだけの量が出てくるんでしょうか。
果たして食べきれるのだろうかと、心配。

しばらく待たされた後、料理が運ばれてきました。

この店、ちょっと時間がかかるので、急ぐ人はご用心。

見た瞬間、ボリュームたっぷりというほどではないなと感じます。
うどんは、おもいしろい器に入ってます。

うどんそのものも、ツルッという感じではありません。
ツルッと入らないので、途中でボソッと噛み切って、もぐもぐ食べる感じです。

普段、ロンドさんのブログにでてくる讃岐うどんがいいなー。
ロンドさんのブログ「ロンドの日記」はこちらです。

うどんを、もぐもぐ食べ進めると、器の中に何やら白いものが。

ええー!

な、なんと、すごい上げ底。

0331kaga3.jpg

これで、1200円か!

まあ、こちらの店は料理より場所の雰囲気代でしょうか。

場所:若宮町11
TEL:3260-1482

前回の記事はこちら
posted by たきお at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2008年03月28日)

0328piman1.jpg
0328piman2.jpg
昨日のもあさんのコメントを見て、「よし!今日はステーキだ」と思ったのですが、やはり出遅れてしまいました。
店の前には、それでもメニューが置かれてましたが、週替わりは外されていました。

どうしようと、迷っていると店の人が出てきて、さっさと片付けられてしまいました。

それでは、「ARMOIRE」へと。しかし、こちらも店の前のメニューを見るといつもと代わり映えしません。
気乗りがせず、「藤や」へ。やはり、メニューを見ても食べたいものがピンと来ません。

えい!出版クラブへ。
しかし、今日の日替りは牡蠣。そくざにパス。

そのまま藁だなを下り、お馴染み「上海ピーマン」へ辿り着きました。

今日のサービスランチは『ラーメンとミニ中華丼』
うーん。

で、頼んだのは『鳥唐揚げとマーボトーフ』750円。

この値段で、この味、この量はいいですね。

前回の記事はこちら

場所:神楽坂5−35
TEL:5261-0481
posted by たきお at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。