牛楽亭 (2008年11月06日)

1106gyurakutei1.jpg
1106gyurakutei3.jpg
1106gyurakutei2.jpg
今週はニューの店に行こうと思い、今日は「軍鶏郭」を予定していました。
ところが、『料理がぬるい、味噌汁がぬるい。』と、今一つ評判が芳しくありません。

ここは、ちょっと延期。

そして、再ランチ開始をした「牛楽亭」へ。

店内にはいると、ガラガラ。
一人もお客さんはいません。

大きなテーブル席に案内されます。6人または8人位座れそうです。

テーブルの上のメニューを見ると

むむ! あれ! 焼肉は?

店の女の子に聞くと、『8名様からで、予約のみです』

あら!

ジュージューと焼肉を食べるつもりで来たのに。

で、注文したのが、『カルビ丼定食』900円。

自分で焼くかわりに、お店が焼いてくれるから、これでいいでしょう。

注文後、さらにメニューを検討。

どうも、韓国料理はわかりません。

ビビンバって、なんだろう。

石焼ビビンバはわかるけど、石焼でないのは、どうやって出てくるんだ。しかも、石焼より150円も安い。
ユッケもやはり石焼とそうでないのがある。こちら100円の差。

さらに水冷麺って。冷麺とどこが違うのかわからない。

そんな事を思っていると出てきました。

大きめの丼に肉が沢山乗っています。

あ、これで正解でしたかね。

肉ダレも、甘すぎず、ほどよい味です。
そして、一切れが意外と大きい。

箸とスプーンで切り分けないと、口にはいりません。

ご飯の量も、適量です。

サラダドレッシングも私好みです。

そしてキムチ等の付け合わせも、いいですね。

肉だけだと飽きてしまいますが、これだけあれば、それも心配無し。

こちらの味噌汁は、熱くはありませんが、ぬるくもありません。

満腹です。

あとから一人、二人組、三人組と女性客が来店。

女性に人気があるようです。

場所:筑土八幡町2−22 丸信ビル1階
TEL:3260-6676

前回の記事はこちら

posted by たきお at 13:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

神喜屋 (2008年11月05日)

1105kamikiya.jpg
こちらはランチではありません。

兵庫横丁にある「神喜屋」(喜ぶの字は、七が三つです)さんが、
抹茶セットというのを始めました。和菓子付きで1000円だそうです。

夜はバーですが、昼間の観光客相手でしょう。意外とお客さんが入るかもしれないですね。

場所:神楽坂4−2
TEL:5261-5255
posted by たきお at 18:02 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

275 蛍の火 (2008年11月05日)

1105honoka1.jpg
1105honoka2.jpg
1105honoka3.jpg
コタさんからの情報で行ってきました。
軽子坂の「蛍の火」です。

新規オープンした店と違い、こちらは長く夜の営業をしています。
その分、接客は大丈夫でしょう。

私も何度か夜はお邪魔しています。

店の入り口には、黒板にメニューが書かれています。
一見したところ、よくわかりません。
食事の後で、見直して初めて書かれている事が理解できました。

メニューは全部で3点、いずれも1000円です。
『2段お重ランチ』これの内容が黒板の左半分を占めていたんですね。
『海鮮丼』
『玉トロ丼』

店内に入ると、大きくカウンターがあります。

夜は、このカウンター席に座ると、目の前で焼かれた料理が出てきます。
カウンター席は、2人掛の椅子(ベンチ?)が並んでいます。

すでにカウンター席は一杯。

一人の客でも、2人掛の席に一人です。

知らない人と、この2人掛の椅子に相席はちょっとなー。

で、奥のテーブル席に案内されました。

お重ランチは終わってしまってましたので、『海鮮丼』を注文。

6人が座っていたと思われるテーブルには、お重ランチの跡が。

中身は見てませんが、結構いいかもしれない。

お茶は、セルフサービスのようです。


最初にサラダとお惣菜がでてきました。

お惣菜は、牛のしぐれ煮のようです。

あれ!箸は?

周りを見渡すとありました。箸箱が。

これもセルフサービスです。


サラダを半分も食べ終わらないうちに丼がでてきました。

すごい!

海老がどどーんと。ヒゲがはみ出して乗っかっています。

女の子が小皿を渡しながら、『これに醤油を入れて掛けるか、つけて食べて下さい。』

要は、醤油の皿ですね。

店内に入り席に案内される時や、この説明の時といい、すごく感じの良い女の子です。

さすがに夜の営業で接客は慣れているんでしょう。


醤油は直接かけずに、刺身を一切れ一切れつけて食べる事にしました。

それにしても海老がでかい。

海老をよけながら、他の切り身を食べます。


どんどん刺身を食べていくと、あら!刺身が多い。


海老に隠れていましたが、その下にはしめ鯖や帆立、それ以外にもいろいろなものがのっています。

何種類あるか数えればよかった。

タコの下に隠れている玉子も入れると9種類か10種類位かな。

これは、お得感がありますね。

『夜も来てくださいね』という言葉で店を後にしました。

場所:神楽坂3−1 あさひこビル1、2階
TEL:5261-0845


posted by たきお at 17:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ネオ屋台村 その後 (2008年11月04日)

ネオ屋台村が、その後常設されるかどうか、本部に問合せをしていたら、ようやく返事をいただけました。

以下、頂いたメールです。

『たきお 様

お問い合わせありがとうございます。
ネオ屋台村村を運営しております潟潤[クストア・トウキョウドゥのXXと申します。

日交神楽坂村のご利用ありがとうございます!!

ご質問頂きました、神楽坂村の今後ですが、今年中に継続開催をスタートできるように現在土地オーナーさんと調整中です。

継続開催が決定しましたら、HPなどで告知させて頂きます!!

では、今後ともネオ屋台村をどうぞよろしくお願い致します!!』
posted by たきお at 16:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

274 Hide Margherita (2008年11月04日)

1104hide1.jpg
1104hide2.jpg
1104hide3.jpg
1104hide4.jpg
先月25日にオープンした「Hide Margherita」。

オープンして10日も経てば、店内も落ち着く頃でしょう。

時刻は、すでに1時近かったのですが、店内は混んでいます。
オープン当初から人気がありますね。

2階に案内されました。こちらは、まだ若干の空席がありました。

こちらのランチメニューは、ピザが5種類、パスタが5種類。

友人と二人で行ったので、ピザとパスタを1種類づつ頼んで分ける事にしました。

まずは、ピザ。

マルゲリータかローマサラミかどちらにしようか思案。

ローマサラミにしようと決めたが、友人が間違ってマルゲリータを注文。
いやいや、ローマサラミにしようよ。

と、マルゲリータをキャンセルし『ローマサラミ』1200円。

パスタは『茄子・バジル・モッツェレラ トマトソース』1000円を注文。

ところが、女性店員さんが、なにやら端末と格闘中。

マルゲリータのキャンセルがなかなか出来ないようです。

まだ、慣れてないのね。アブノーマルなオペレーションまではなかなかか。

しばらくして、ようやく『マルゲリータのキャンセルですね。』

ようやくうまくいったようです。

はい、後はピザの4番とパスタの3番ね。



注文後、すぐにスープがでてきました。

こちらは、すべてのランチメニューに付く温かいスープです。

大きな深皿にたっぷりとミネストローネが入っています。

ピザが焼き上がるまでに、たっぷりのスープで時間をかせぎましょう。



スープを飲み終えたころ、メインが登場。

パスタとピザが同時に出てきました。

パスタを見て、一瞬白い玉が何かわかりませんでした。

なんだ。モッツェレラじゃないですか。

取り皿にとりわけますが、だんだんチーズがフォークにからまって取りづらくなってしまいます。

茄子が、やや小ぶりですね。

友人は、ピザを切り分けています。

最初にパスタをいただきます。

トマトソースの味がよくします。
モッツェレラの白は、パスタにからまり、姿を隠しています。

茄子が小ぶりで、あまり存在感がありません。茄子は時期的に終わりなのかな。
茄子以上にバジルは、感じません。

トマトソースの味の印象が口に残ります。



半分程食べた後にピザのほうへ。

こちらもトマトソースがたっぷり。酸が強めのトマトですね。
サラミも、やはりトマトに負けてしまっています。

ピザそのものは、もちっとしています。

ピザもパスタもトマトソースだったのは、選択ミス。
せめて、パスタを『きのことパルミジャーノ 黒コショウスパゲッティ』にしておけばよかった。
口の中がトマト味になってしまいました。

周りを見渡すと、年配の方がビールを飲んでいます。

やはりビールと一緒に食べるのがいいな。
あるいは、ワインが欲しい。

もし一人だったら、このメニューはつらいだろうな。


場所:神楽坂5−27−2
TEL:3513-8824


posted by たきお at 16:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ネオ屋台村 (2008年10月31日)

1031neo1.jpg
1031neo2.jpg
常設になるかもしれないという噂はあるものの、とりあえずは今日で最終日のネオ屋台村へ行ってきました。

テンさーん、ロンドさん 行ってきましたよ。

日替りで、いろいろな店がでますが、
今日は
ワンダーディッシュさんのオムハヤシ・ミネストローネ。
マルシエさんのビストロバーベキュー。

肉を食べたいなら、マルシエさん。いろいろな種類があるようです。

お客さんの人気も、ややマルシエさんに軍配があがるか。
(別に二店が競争している訳ではありません)

私は、オムハヤシの車の方へ。こちらは男性店主。

マルシエさんは、表に女性(写真に写っている方、車の中に人がいるかはわかりません)

オムハヤシは600円、ミネストローネは250円、両方のセットは800円で50円お得。

入れ物に、御飯をよそり、玉子をのせ、その上から、たっぷりのハヤシライスを乗せます。そして最後はクリームをかけて出来上がり。

こちらは、このオムハヤシしかありませんから、出来上がるのが早い。

そして、ミネストローネを別の器にいれて終了。

エコバッグを持って行ったのですが、バッグがやや大きくて、こぼれてしまうかもしれないというので、結局お店のバッグに入れてもらうことに。

バッグも、器ぴったりのサイズを用意してあるんですね。
ちなみに、スプーンも器のふたのヘッコミ部分にピタッとあわさる。

1031neo3.jpg

さて、まずはオムハヤシから。

結構、御飯が詰まって入っています。
味もなかなかいいですね。

ミネストローネの中には、コーン、グリーンピース、大根、豆などなど入っています。そして熱々。

ちょっと失敗。こんなに熱いとは思わなかった。舌が〜。

体がぽかぽかしてきます。

おいしかったですが、生野菜やお新香的なものがあると、もっとよかったな。

マルシエさんのお肉料理に、こちらのスープ単品という手もあったな。

場所:日交神楽坂ビル前
   大江戸線牛込神楽坂駅A3出口

posted by たきお at 13:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

鳥栄 (2008年10月30日)

1030toriei1.jpg
1030toriei2.jpg
今日のランチは「軍鶏郭」と思われました?

いえいえ、今日は本多横丁の「鳥栄」です。

『焼魚』か『豚角煮』か迷いましたが、『焼魚』に決めて店内に入ります。

カウンター席にいた2人のお客さんは、ちょうど帰るところ。
座敷は、皆さん食べ終えています。

カウンターの真ん中に座り、焼魚を頼もうとしたら、目の前に貼ってあるメニューには、焼魚はキングサーモンになっています。

あれ?

焼魚はサーモンですか。と、尋ねるとサーモンは終わっちゃたんですよ。

はいはい。よかった。ほっけの方が良かった。

料理が出てきました。

小皿に紅葉おろしが入っています。それにアサツキか万能葱かわかりませんが入り、醤油がはいっています。

ほっけに、この組み合わせはめずらしいですね。

ほっけを紅葉おろしにつけて食べるとアクセントになっていいですね。

でも、だんだんつけるのが面倒になって、ほとんどは何もつけずに食べました。
脂がほどよくのって、おいしいです。

ほっけ好きです。ほっけ>サーモン ですかね。

味噌汁は蜆です。

いい出汁がでてます。

この値段800円で、この料理なら文句無しですね。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

軍鶏郭 ランチ開始 (2008年10月30日)

今朝 軍鶏郭前でチラシを貰いました。

ランチをはじめるそうです。

『しゃもかく厳選地鶏どんぶり 定食』900円
本日の地鶏どんぶり(軍鶏笹身と香味野菜のかき揚げ丼、せせりのそぼろと根野菜の三色丼など)

『しゃもかく厳選地鶏焼き 定食』950円
本日の地鶏焼(地鶏の照焼き、地鶏のきのこの香味焼き、地鶏のにんにく醤油焼きなど)

『しゃもかく厳選地鶏揚げ 定食』950円
本日の地鶏揚げ(地鶏のから揚げしぐれあえ、地鶏のカツレツ柚子味噌ソースなど)

いずれも
二種のお野菜小鉢
十穀米ごはん
香の物
野菜たっぷりの味噌汁
が、つくそうです。

地鶏が好きな方は、いいかもしれません。

場所:揚場町2−1 軽子坂MNビル1階
TEL:5225-1531
11:30-13:30
posted by たきお at 09:52 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

マクドナルド&コカ・コーラ (2008年10月29日)

1029cola.jpg

日本コカコーラから、こんなメールが届きました。

『【早い者勝ち!】限定Coke glassがもらえる!』。

10月31日からスタートだそうです。

コーラの瓶の上半分をちょん切ったようなグラスですね。

マクドナルドも行ってないし、コーラも飲まないし・・・

ちょっと縁がなさそうだな。


posted by たきお at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ビストロ・レ・ミディ (2008年10月29日)

1029lemidi1.jpg
1029lemidi2.jpg
1029lemidi3.jpg
1029lemidi4.jpg
久しぶりの「ビストロ・レ・ミディ」

店の前には黒板に書かれたメニューがある。
細々と色々書かれている。
店の前で立ち止まってみていると、店の中の厨房から見られている。というのを前回気がついたので、なかなか注視することができなくて、チラッとみては素通りしてしまっていた。

今日は、表のメニューを見る事なく、店内に入る。

入り口横の狭いスペースに2人掛けのテーブルが2つ、奥には2人掛テーブルが6つ。あとかカウンター席がある。

一番奥のテーブルには一人の男性が、ハンバーグにワインを飲んでいる。

窓際と、入り口横のテーブルには、女性2人組がそれぞれ座っている。

どこでもどうぞという女性店員さんに言葉で、2人掛けテーブルに座る。ほぼ、中央付近。

店内にもある黒板のメニューを見せてくれる。
オードブルやメイン、デザートの組み合わせにより各種コースがある。
全てのコースにはパンとドリンクが付いている。

メインだけだと1050円、
メインにデザートがつくと1260円、
オードブルとメインだと1570円、
オードブルが盛り合わせになり、メインとデザートは2100円。

一番シンプルなメインのみのAコース1050円を選ぶ。

メインは5種類の中からチョイス。
1)ソイとマトウダイのムニエル ケッパーソース
2)子羊のロティ 香草ソース
3)魚介のアンチョビクリームソースパスタ/ミニサラダ
4)カモとレンコンのハンバーグ 赤ワインソース
5)チキンの香草パン粉焼き トマトソース

男性が食べているのは、4)だな。
2)は以前食べたような記憶が。

なんとなく、パスタの気分でないので、魚か肉のどちらにしようか。

結局、ソイを選択。確か白身の魚だったはず。

料理が出てきました。
どっちがソイでどっちがマトウダイかわかりません。

女性の店員さんに聞くと、左にあるのがソイだそうです。
ソイの向こうにスペインオムレツ。隣にいんげん、人参、ブロッコリー。その右のブツブツはよくわからない。

まずは、ソイからいただく。
ソースがおいしく、皮がパリッとしていておいしい。
(皮が下になっていたので、皮は最初気がつかなかった)

続いて、マトウダイ。こちらもおいしい。

ソイとマトウダイの区別はあまりつかない。


パンは自家製パン。きちんと温められている。こちらもおいしい。

パンのお替わりを頼む。

頼んだ時点で、お客さんが来店。

4人組、そして後から2人組。

店員さんは、そちらに追われ、パンは後回しの模様。

ちょっと休憩。

そのうちチンと、レンジの音。

そしてパンがでてきました。

今度は普通のバゲット。きっと、市販だろうな。でも、きちんと温められている。

確か、先週どこかで食べたパンは、冷めていたけど、こういうところで差がでてくるんだろうな。

ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら


先週、【たきおへの内緒話】に、『女性4人でランチをするのに、食事がおいしくて、ワインもそれほど高くなく落ち着くお店を紹介して』というメールをいただきました。

この店もいいですね。
posted by たきお at 15:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ネオ屋台村 (2008年10月28日)

「藤や」の帰り道に屋台を発見。

日交神楽坂ビルの前、ちょうど大江戸線牛込神楽坂駅の出口のところです。

10月20日から、2週間限定だそうです。

ということは、今週一杯。

車が2台です。

明日からのメニューは

水)ミートカレー&トッピング(Jungle Foods)
  だだ汁・チキン南蛮・とり丼・高菜ごはん(UMACAR)

木)ロコモコ・ビーフシチュー(ポポペク)
  カオマンガイ・ベトナムひき肉ごはん・日替りエスニックおかず(スパイスキッチンモティ)

金)とろける風味のオムハヤシ・ミネストローネ(ワンダーディッシュ)
  ビストロバーベキュー(マルシエ)

値段はわかりません。
()の中は、屋台の名前です。

詳しくは こちらのページをご覧下さい。
posted by たきお at 14:45 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日記

『鯖とたまねぎの白ワイン煮』 (2008年10月28日)

ついでに『鯖とたまねぎの白ワイン煮』のレシピ

フライパンで、ニンニクとタマネギを軽く炒めます。
その上に、鯖の切り身を皮が上になるように乗せます。
白ワインとブイヨンを入れます。
さらにバージンオリーブオイルを入れます。
クッキングペーパーを落としぶた替わりに乗せて煮ます。

大体こんな感じ。

音声が聞こえなかったので、若干違っているかもしれません。

テレビのチャネルはわかりませんでしたが、1時から放送していました。


鯖の皮が、生のままのように見えますが、きちんと煮えているそうです。

鯖っていったら、塩焼きか味噌煮が定番ですが、こんな料理もあるんですね。

どなたかチャレンジしてみてください。
posted by たきお at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

藤や (2008年10月28日)

1028touya.jpg
昨日の夕方、神楽坂は雷が鳴り、すごい雨でした。
なんでも雷の日の新記録だとか。

それとは一転して今日は気持ちの良い天気ですね。

先日閉店した「ARMOIRE」の後がどうなったか、見てきました。
まだ、看板はそのままでシャッターが降りていました。
次の店はどうなるんですかね。

そのまま、「藤や」へ。

時刻は1時少し前、店は空いています。

カウンターにすわり『メンチカツ』730円を頼みます。
味噌汁、小鉢、お新香とついてこの値段です。
もうサラーリマンの味方です。
値段といい、味といい、ちょうど良いのではないでしょうか。

いろいろメニューがありますので、きっと常連さんも多いと思います。

料理が出てくる頃になると、お客がどんどん帰っていきます。
いつの間にか、誰もいなくなりました。

誰もいないと落ち着かないですね。

テレビでは、料理番組をやっています。

テレビを見ながら、食事をいただいていると、お店の人も一生懸命みています。

なかなか、おもしろい料理です。
『鯖とたまねぎの白ワイン煮』です。

精算時に、お店の人との会話。

私:作るんですか。

面白そうだから作ってみようかと。

私:ちょっと味が薄くないですかね?

ブイヨン入れてたから、それで味がつくんじゃない。

次に行った時に、お店のメニューに乗ってるかも。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鳥どり (2008年10月27日)

1027toridori.jpg
大久保通り、紳士服屋さんのあるビルの地下にある「鳥どり」へ。
こちらも1年以上ご無沙汰です。

1階に見本がありますので、先に何を注文するか選ぶ事ができます。

店内に入ろうとすると、次から次へとお客さんが出てきます。

ちょうど皆さん食べ終わった時間帯のようです。
こちら、食後のドリンクフリーなので、比較的お客さんの滞留時間が長いようです。

靴を脱いであがっても、店員さんが精算に忙しく、なかなか案内されません。

ようやく案内されたのが、2人掛の席。掘り火燵風になっていますが、一人分の幅が狭い。そして、隣の席がやけに近いです。

よくもまあ、こんなに詰めて作ったものだと感心してしまいます。

お隣さんは、すでに煙草を吸いながらアイスコーヒーを飲んでいます。

しまった。禁煙席でお願いしなかった。聞かれもしなかった。

まあ、もうコーヒーですし、それもほとんど飲み終わっていますので、すぐ帰られるでしょう。しばし、我慢。

料理は『炙りサイコロステーキ膳』880円。

100円プラスすると、うどんセットになります。

しばし、料理が出るまで間があります。
隣は、なかなか帰ろうとしません。

反対側の隣卓は、すだれ越しに女性が2人すわっているのがわかります。こちらは煙草なし。よかった。
これで、煙草を吸われたら、この狭い空間でたまらなかったでしょう。

料理がでてきました。

サイコロステーキというと、牛肉が四角に切られているのを想像しますが、こちらは鳥がメインの店なので、若鶏のサイコロステーキ。

形はサイコロ状ではなく、ただ小さく切られているだけです。

なんか、他に的を得たネーミングはないものだろうか。
皆さんなら、なんと名付けますか。

お品書きの解説には
「食べやすい大きさにカットした鶏肉を特製オニオンソースで召し上がってくださいませ。ごはんもすすんで午後も元気いっぱい。」となっています。

お味は、まあ居酒屋さんの料理で、普通でしょうか。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

海老専家 (2008年10月24日)

1024ebi1.jpg
1024ebi2.jpg
今日の東京は大雨です。

こう降るとランチへ行くのも一苦労ですね。

「イコブ」の弁当の出前を頼めば良かったと後悔。
今日はAランチ『そぼろ御飯』かBランチ『ツナクリームコロッケ 牛肉とオニオンの生姜炒め』でした。

まあ、後悔先に立たずで、仕方なしに雨の中を出かけます。

が、表に出た途端に雨脚がひどくなりました。

これじゃ仕方なしに「海老専家」へ。
この店は、最近では雨の日にしか来ません。

店内は混んでいます。

4人掛テーブルに相席になりました。

周りを見渡すと、半分ほどの人にまだ料理が運ばれていません。

これは待つぞ。

Cランチの『もやし豚肉ラーメンセット』750円を注文。

注文してから15分ほでで料理が出てきました。
相席の人より早く料理が運ばれてきました。

こういう時は『なんで後から来た奴のが先にでるんだよ、この野郎』と相手の人は思うんでしょうね。
私なら、当然そう思います。

でも、続けて相席の方にも出てきました。よかったよかった。

さて、まずはラーメンをいただきます。

豚肉、モヤシの他に、ニラが結構入っています。そして、唐辛子の輪切りがたくさん入っています。でも、それほど辛くはありません。

そしてチャーハン。見た目はおいしそうです。

一口食べると、ベチャとします。

なんでこんなにベチャとしているんだ。

おまけに、チャーハンについていた春巻き。
もう油のかたまりのようです。

おえー。

あわてて杏仁豆腐を口に流し込みます。

この店、結構繁盛しています。入れないでレジ前の椅子にすわって待っている人もいます。どこが、こんなに混雑する理由なんだろう。

それとも、皆、雨の日だから来ているんだろうか。

前回のチリソースといい、今回のラーメン、チャーハンといい・・・・・

どなたか、この店のお薦め料理を教えて下さい。

前回の記事はこちら

精算の時に、社長さんに『コックさん変わった?』と質問してみました。

『一人は2年前から、もう一人は9月から』

うーん。。
posted by たきお at 14:05 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

LUNATICS (2008年10月23日)

1023lunatics1.jpg
1023lunatics2.jpg
1023lunatics3.jpg
今にも雨が降り出しそうな神楽坂の空模様です。
「アンジェラ」へ。

ところが、大久保通りから路地を覗くと、ご婦人方3人が店の前で待っています。
あきらめて、道路を渡り「さかのうえ」へ。
ビルの上を見ると、階段に男性の姿が。これは2階を待っているのか3階なのかわかりませんが、とりあえず2階の「さかのうえ」へ。

男性は店の前にはいませんでしたので、ドアを開けて店内に。
なんだかシーンとしています。奥から店員さんがでてきて『満員です』

残念。

つづいて3階の「LUNATICS」へ。

ドアを開けると、カウンター席が空いているのが見えます。奥が混んでても、カウンターで十分なので、ずんずん中に入ると、こちらはガラガラ。お客さんは2組しかいません。もう一回転したのでしょうか。

こちらの店は、店内に段差があり、上の段に一組、下の段に女性2人組。
下の段はテーブル席が6つあるのに、その女性2人組の隣の席に案内されました。

そんなに詰めないでほしい。

平日限定パスタ1000円のうち、2種類パスタ盛り合わせを頼みました。デザートとドリンクは別料金で+500円です。
以前はコーヒー付き1200円でした。
別々の料金になったんですね。カフェ・エスプレッソ・紅茶は200円、カフェラテ・カプチーノは300円となっています。

女性2人は、すでにコーヒーを飲んでいます。


今日の平日限定パスタは3種類

A 2種類パスタ盛り合わせ
B 手打ち生麺 フェットチーニ
C 4種米のリゾット
です。

2種類のパスタ盛り合わせを注文。

まずは、サラダ。そしてパン一切れ。

前回と同じように、サツマイモあり、人参あり、トマトあり(今回は普通のトマト)と下にいろいろ隠れています。何がでてくるのか楽しみですね。

サラダと一緒にパンも食べ終えます。

その後、メインが登場。パンのお替わりをお持ちしますかと聞いてくれました。もちろん ハイ。


あれ?パスタは1種類?

???と思いながら、食べ進みます。

パスタは、ソースがおいしいですね。とてもクリーミー。
結構ボリュームがあります。+100円でスパゲッティ大盛りを頼めますが、私は必要なし。

そしてスープ。野菜たっぷりです。
中にアサリが入っています

そうか、パスタが2種類でなくて、パスタとスープで2種類なんですね。

注文したあと、クリームソースとアサリというのが頭に残り、パスタをクリームと絡ませたものと、ちょっとボンゴレ風の2種類が皿に乗ってくるものと勘違いしてました。

精算の時にメニューの写真を撮らせてもらいました。
確かに、『挽肉とエリンギ茸入りかぼちゃクリームソース & アサリとたっぷり野菜のスープ』になっていました。

前回パンがおいしかったが、今回はそれほど感激しない。ちょっとでもいいから温めて出してくれるとありがたかった。
パスタの皿に乗っていたのは、ややしけった感じがした。

スープ、パスタともにおいしかっただけに残念。

食事を終えると、さっさと皿を片付けられてしまった。デザートをたのんでいたわけでないので、なんだか追い出される気分。確かに、もう誰もお客がいないので、さっさと片付けて休みたいのはわかるけどなー。

なんだか。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Hide Margherita (2008年10月23日)

1023hide.jpg
神楽坂5丁目に新しくオープン予定のイタリアン「Hide Margherita」。

25日(土)にオープンだそうです。
posted by たきお at 14:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

福でん (2008年10月22日)

1022fukuden1.jpg
1022fukuden2.jpg
今日もいい天気ですね。

久しぶりに千代田区側へ行ってみました。
最近は、お店が増えたようです。大分入ってない店が目立ちます。
今度、入ってみましょう。

「福でん」の前までやってきました。

こちらのランチメニューは、一品しかありません。
今日は『和牛の柳川鍋』1000円です。

店内に入ると、まだ12時半だというのに空いています。
カウンター席に一人、奥のテーブル席に一人、座敷に3、4人ほどの靴が脱いであります。

カウンター内のご主人が、カウンターの隅を無言で指差します。

毎度の事ながら、あまり愛想はよくないですね。

『いらっしゃいませ。どうぞこちらの席へ』くらいは言って欲しいものだ。

待つ事しばし、料理がでてきました。
ぐつぐつと煮えています。

舌を火傷しないように、そっと口に運びます。
いい味ですね。甘すぎず辛すぎず。

タマネギが生煮えですが、これがシャキシャキ感となり、肉と調和しています。

ご飯は少なめ。お替わりは出来るのだろうか。

味はいいのだが、1000円という値段は、やや高い?

周りにいろいろなお店が出てきたので、やや客が減っているようだ。

この辺の事情は、「くいだおれ道場」のもちこさんがきっとコメントしてくれるかな?

以前いただいた『ばらちらし&にこごり』だったら、文句なく1000円払うのだが。

前回の記事はこちら

『ばらちらし&にこごり』の記事はこちら
posted by たきお at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

プレミアム・インセンティブショー (2008年10月21日)

1021premium.jpg
ランチでも神楽坂でもありません。
昨日行った「プレミアム・インセンティブショー」で頂いたサンプル品の数々。

どれも、皆よく考えているものばかり。

・写真奥の青いバックは、不織布バッグ。
・その手前はCDサイズカレンダー 押すと向こうに倒れ、書き込みが出来る。手を離すと元通りに立つ。
・その手前 赤い小さいのは携帯式ミラー
・茶色のは手帳、中にはカレンダーと付箋が入っている。
・扇子
・扇子の右奥は、不織布のポーチ
・ポーチの手前は、紐のついたボールペン&蛍光ペン
・緑色のペンは植物分解性ボールペン
・その手前 日の丸とスイスのものは、ステンレスの入った台紙とマグネット。台紙を貼ると、そこにマグネットが使え、紙を挟んでおけるもの。
・毛のついた赤いボールペン。頭に自動車がついていて、ペン先を押すとそこが光る。
・その左が、スイッチをいれると光る。コンサートなどで振る。
・黒いボールペン(9円)
・大判金貨はティッシュペーパー
・ピンクのはルーペ(虫眼鏡、上代1260円)
・その左が、電子レンジ用調理袋とそのクリップ。(通路を歩いていて無理矢理くれたもの)
・それと扇子の間にあるのは消しゴム。
・ベージュ色は、紙製シャープペンと紙筒
・その上左がウェットティッシュ
・右が付箋紙

写真以外にも、お茶葉、袋の口を止めるクリップ、檜の間伐材で作った写真立て、1GBのUSBメモリ、携帯用LEDライト、携帯ストラップにつけるミニボールペン、エコバック2枚などを貰ってきた。

こんなもの貰ってどうするんだというようなものから、これは良く考えたなという商品までさまざま。

このショーに行くと、本当にいろいろアイデアはあるものだと考えさせられる。

名刺型のメジャーもあった。厚さが2mmほどの名刺型でメジャーになっているもの。これは、何年か前にあったが、今回はそれに水準器までついていた。

頭にライトを付けなくちゃ。
1021premium2.jpg1021puremium3.jpg

おもしろかったのは、USB乾電池。
最初は何だかわからなかった。単純に単3の乾電池かと思ったら、パカッと蓋があき、なかからUSBの端子が。
説明を聞いて、ようやく納得。
普段は乾電池として使用して、電池が切れたら、USB端子を出し、パソコンにつなげて充電するという乾電池と充電器が一体になったもの。
これから市販されると言う。容量の大きいので2個パック2200円。
来月あたりには店頭に出るでしょうから、皆様もご覧下さい。

携帯が出始めた時は、携帯ストラップが、やたらと沢山あったが、今回のショーはマイ箸が目立った。

時代とともに、商品も変化していくので、たまに行くとおもしろい。

皆さんも、お時間があったら行ってみてはどうでしょう。

東京ビックサイト 東1号館
入場無料

公式サイトはこちら
posted by たきお at 19:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

大戸屋 (2008年10月21日)

1021ootoya1.jpg
1021ootoya2.jpg
1021ootoya3.jpg
今日も神楽坂はいい天気です。
あいかわらず毘沙門天前の韓国つけ麺の「醍醐」には行列ができています。大分前に入りましたが、その頃はこんな行列はなかった気がします。何か変わったのでしょうか。

坂を下り、「大戸屋」へ。

1階に大きなメニューが貼ってあったのですが、「ムンバイ」のメニューが貼り出されるようになった関係からか、メニューが小さくなっています。
店に入ると、先に注文ですので、店の外で決めておきたいのですが、なんだか見づらくなっています。

仕方なしに階段を上に上がります。
2階に揚がる手前にも、今日のお薦め料理が貼ってあったのですが、それもありませんでした。

店内に入ると、お客は少なく、後から続いて入るお客もいないので、じっくりレジで料理を選びます

これが、後ろに人が並んでいると、なかなか選ぶのに時間をかけてしまうのは、申し訳ない気になってしまいますね。

結局、メニューの中心、一段と大きな写真の『炭火焼き熟成豚ロースと鶏の盛り合わせ定食』を選んでしまいました。750円、税込で787円です。カロリーは887Kcal。

カロリーに気をつけなくては。メタボというより布袋様になってしまいます。

しばし待った後に、料理がでてきました。

サラダのドレッシングは、別の小さな器にはいっています。
あらかじめ野菜が皿にセットされているので、ドレッシングをかけとく訳にいかないんでしょうね。

肉のソースは淡路産オニオンペッパーソースとなっていますが、なかなかいけるんじゃないでしょうか。
肉は小さく食べやすいように切り分けられています。

味噌汁が、もっと具がたくさんあるといいのですが、これはインスタントでしょうから、仕方ないですかね。

コーヒーは別料金で食事をした人は63円で飲み放題となっています。

私が入った12時35分頃には空いていたのですが、12時45分を過ぎた辺りから、次々とお客さんが入り始め、ついにはウェイティングになってしまいました。

待たされなくてよかった。

前回の記事はこちら

昨日の記事も、文章追加しました。
posted by たきお at 14:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。