278レトワール(l`Etoile) (2009年01月30日)

0130etoile1.jpg
0130etoile2.jpg
0130etoile3.jpg
今日は、よく降りますね。

雨の中を、中町に新しくオープンした「レトワール」。

店内は広々しています。

入り口から2人掛のテーブル席が4つ並び、さらに4人掛けテーブル(2人掛けを付けたのかもしれません)、そして奥にもテーブルがあるようですが、見えませんでした。

『ランチAコース』1000円を注文。
Aコース以外に、2000円のBコースもありますが、もちろんこちらはパス。

Aコースはオードブル三種盛り合わせとメインの組み合わせです。
別料金+200円でデザート(今日はココナッツのブランマンジュ)、
+300円でコーヒーがつきます。

今日のオードブルは『グジュールのタップナード詰め、ポークリエット、ローストした野菜のマリネ』の3種です。

メインは3種類からチョイス。
・魚のポワレ オレンジソース
・手羽先のクスクス詰め ココナッツカレーソース
・若鶏のソテー マスタードソース

知人によると、ボリュームが物足りないという噂を耳にしていましたので、なるべくボリュームのありそうな『若鶏のソテー』をチョイスしました。魚のポワレは、カンパチだそうです。

メニューからすると、フランスの家庭的なレストランといったところなのだろうか。

最初にオードブルとパンがでてきます。

パンは足りなかったらお替わりして下さいとの事。

いかにも足りなさそう。最初から2枚乗せて欲しい。

リエットを塗ったら、すぐに無くなっちゃいそうです。

若鶏は、マスタードソースとなっているが、あまりマスタードの味はしない。鶏の上にのっているのは、レモン。

レモンの酸味がさわやか。

昨日の鶏とは大違い。

食後は、コーヒーを飲みたくなるが、300円じゃ。


場所:中町3 海野マンション1階
TEL:03-6457-5920

斜め前のお宅でガレージセールをやっていました。
posted by たきお at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鮒忠 (2009年01月29日)

0129funacyu1.jpg
0129funacyu2.jpg
今日は寒いですね。

ほとんど何も考えずに「上海ピーマン」へ。
今日のサービスランチは、『ラーメン、餃子、ライス』でしたが、戸を開けると満員でした。

あきらめて、神楽坂通りに戻るも、あまりあちこち行きたくないので、角の「鮒忠」に入ってしまいました。

日替りランチは『ミックスフライ』でしたが、カキフライが入っているので、それはパス。

『鶏の竜田揚げ』800円を頼みます。

前回、油ギトギトで今一だったのですが、他に頼むのも思い当たらなかったので、仕方なしに頼んだのですが、やっぱり失敗だった。

どうして、こう油まみれなんだろう。

揚げておいたのを、提供する直前に、レンジでチン?、あるいはもう一度揚げ直し?

そして、味噌汁が濃い。煮詰まっちゃたのか。

小鉢は、おからと豆。メニューを見ると、小鉢の替わりにデザートを頼めると書いてある。どんなデザートなんだろう。

あまり期待は出来そうにないが。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

金の蟹(神谷町) (2009年01月28日)

0128kinkani1.jpg
0128kinkani2.jpg
0128kinkani3.jpg
今日は朝から客先で打ち合せ。

1時間程で終わる予定が長引き、そのままお客さんとランチ。
神谷町の城山取らすとタワー内にある「金の蟹」。

店の前は何度も通るのですが、入ったのは始めてです。
店の前にあるメニューは、2000円とか2500円なので、とても一人で入る気にはなりません。

11時半だというのに、すでに先客が入っています。

店内は、カウンターあり、テーブル席あり、奥にはお座敷もあるようですが、我々はテーブル席。

テーブルの上にあるメニュー、いろいろ載っています。

その中で、見栄えの良い『蟹弁当』1500円を頼みます。

お盆の上に2段になった弁当が乗ったものが運ばれてきます。

弁当の蓋を開けると、結構豪華です。

しかし、場所をとる。

上の段を、お盆の横に縦にしておきます。(2枚目の写真)

おかずは蟹づくしの感じです。

魚の焼き物(鰆かな)、刺身(はまちか鰤2切れ)と蟹の刺身(3本)
野菜の煮物。

下の段には、炊き込みご飯(こちらにも蟹がはいっています)、天婦羅(蟹、さつもいも、ししとう、白身魚(キス?))

お吸い物も蟹の身入り。

デザートは白玉のようなもの。ちょっともちっとしているものにきな粉がかかっている。

いろいろあると、どれから食べていいかわからないですね。

『いやー不景気ですね。売上が・・・』などと、話をしながら完食。

食後に別料金でコーヒーをいただいて終了。

ご馳走さまでした。

場所:港区虎ノ門4−3−1 城山トラストタワー2階
TEL:5425-1101
posted by たきお at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Royal Host (2009年01月27日)

0127royal1.jpg
0127royal2.jpg
今日は「Royal Host」。

店内は、喫煙席と禁煙席に別れていて、喫煙席は、入って奥の左側。手前の広々したところは、みな禁煙席だが空気はなんだか淀んでいる感じがする。わずかに煙草の匂いも感じるのは、喫煙席から流れてくるのか。

メニューは、どこにでもあるファミレスのメニューだが、やや高いような気がする。

そして、これもどこのファミレスでも一緒だが、種類が多くて、選ぶのに時間がかかってしまう。

結局、メニューの最初に開いたページにある『イタリアンランチ』1102円を頼む事にした。

これは、サラダ2種類とスープのうちから1つ、メインのパスタ4種類から1つ、そしてドリンクかデザートを選ぶ。
デザートを選んだ場合は、+200円でドリンクが頼める。

選択したのは、『7種類の野菜スープ』と『茄子のトマトソーススパゲッティ』そして『コーヒー』。

別にドリンクは、飲物を指定しなくても、ドリンクバーなので何でもよかったようだ。

最初にドリンクバーで『カフェラテ』を頂く。

それを飲んでいる間に、スープとスパゲッティが同時に出てきた。

スープは野菜盛りだくさん。

そしてスパゲッティは、食べ慣れた味、すなわち自宅でも作れる味。

茄子が薄いのを除けば、さして特徴のない普通のスパゲッティです。

食後はドリンクのお替わりでエスプレッソをいただき、終了。

会計時にくじを引ける。

空くじ無し、最高500円券。

しかし、引いたのは100円券、有効期限は2月28日。

きっと、これが末等なのだろう。

いくら券があっても、2月までには行かないだろうな。

これなら、50円でもいいから、最初から引いてくれ。

場所:神楽坂3−2−20
TEL:5228-4415

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ぷらてーろ (2009年01月26日)

0126puratero1.jpg
0126puratero2.jpg
0126puratero3.jpg
0126puratero4.jpg
今日は最初から『雑炊』と決めてました。

別に理由はないんですけど。

そんな事で、「プラテーロ」へ。

最近混んでいて入れない事が何度かあり心配だったんですけど、今日は入れました。

しかも、あまり混んでいない。

どうしたんでしょうか。

ほとんどのイタリアンやフレンチが月曜日は休みなので、こちらも休みと勘違いをして皆さん来なかったんでしょうか。

お客の入りは、半分にも満たしてません。

余裕ですね。これだけ空いていると接客も心配はありません。

予定通り『魚貝の雑炊』850円を注文。


まずはサラダ、そしてサラダを食べ終えるとすぐにお待ちかねの雑炊がでてきます。

熱々で、これまた気をつけないと舌を火傷してしまいます。

中のご飯とスープをかき混ぜ、上に乗っている貝やイカ等を混ぜながら頂きます。

いい味しています。

これに食後にコーヒーか紅茶がついて850円ですから、お得感充分です。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

芝蘭 (2009年01月23日)


090123chiran1.jpg
090123chiran2.jpg
090123chiran3.jpg
090123chiran4.jpg
今日はだいぶいい天気になりましたね。

予報では15度にもなるとか。

久しぶりにかくれんぼ横丁です。
「芝蘭」のランチ『茹で豚肉のガーリックソースかけ』1000円。

女性に人気のこの店、今日も女性客が半分以上をしめています。
そして、賑やかな(けたたましいといった方が適切な表現かも)笑い声に包まれています。

注文して、ほどなく料理が運ばれてきます。
最初に、ライス、スープ、ザーサイ。
そしてメイン。

茹で豚肉は、自宅でもやるが、胡麻だれが多い。
このようなガーリックソースはあまりやらない。

ガーリックというより、ラー油がけのような、かなりの辛さ。
鼻の頭から、じんわりと汗が滲みだしてくる。
でも、辛くても味はよい。

辛さにつられ、思わずご飯お替わり。

最初にデザートの杏仁豆腐を持ってきておけばよかった。

デザートには、いつもの杏仁豆腐の他にオレンジがある。

両方いただき、満腹です。

ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

出張 (2009年01月23日)

0122sanba1.jpg
0122sanba2.jpg
昨日まで群馬に出張。
昨日は雨がふりやまず寒かったですね。

ランチは客先でお弁当を注文してもらった。

社員用食堂はあるらしいのだが、私は一人応接室でランチ。

一見蓋をみると中身が期待されたが、開けてがっかり。
丸いのはイカリング、その下にオムレツ、スパゲッティなどなど。

昼休みに入っても、打ち合せが終わらず、ランチを口にした時は、冷めきってしまっていた。

やはりランチは、お店で熱々を頂いた方がおいしいですよね。
posted by たきお at 13:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

mimasu (2009年01月20日)

0120mimasu1.jpg
0120mimasu2.jpg
0120mimasu3.jpg
0120mimasu4.jpg
今日は寒いですね。昨日が暖かかったので、余計感じます。

寒い時は温かい物が欲しくなります。

軽子坂にある「mimasu」へ。
こちらには讃岐うどんがあります。

店内に入ると、ママさんが前の人の会計で忙しくしてます。

『空いている席へどうぞ』
そして『右側の窓際の席へどうぞ』と立て続けに声がかかります。

窓際の4人掛けのテーブル席に座ります。

ランチは、小丼とうどんのセットが980円です。
その他に、天婦羅御膳が1000円となっています。

どれもサラダ、コーヒーが付きます。

20円違いなので『天婦羅御膳』を頼みます。食後はホットコーヒー。

最初にお盆に乗った天婦羅とご飯が出てきます。
そしてあとからうどん。

量が多いので一度に持って来れないようです。

天婦羅の具は、ししとう、はじかみ、海苔、茄子、海老、えりんぎです。
はじかみは珍しいですね。

海老の身がけっこうしっかりしてボリュームがあります。

天婦羅の前に、揚げ粕が乗っています。こちらはうどん用。

すべて食べ終えると結構お腹が一杯になります。

最後に食後のコーヒーをいただきます。

味も量も満足ですが、分煙になってないので店の中が煙いのが難点ですね。
隣のテーブル席の男性が吸っている煙草の煙がこちらにただよってきているのがわかります。

せめてランチ時は禁煙にして欲しい。

前回の記事はこちら


posted by たきお at 14:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

龍公亭 (2009年01月19日)

0119ryuukoutei1.jpg
0119ryuukoutei2.jpg
0119ryuukoutei3.jpg
今日は暖かいですね。

今日は「龍公亭」のランチセット『若鶏のスパイシー唐揚げ』1000円です。

店の中に入ると、1階はほぼ満席。前回座らされた階段下のテーブル席も埋まっています。

ダメかと思いましたが、おかみさんが『上へどうぞ』というので、2階に上がります。

2階は、半分程の入りで、ちょうど真ん中にある2人用テーブル席に案内されます。

残りの席は、すべて4人掛けテーブルなので仕方ないですが、真ん中の席はあまり落ち着かないですね。

店に入る前に決めておいた唐揚げを注文。ドリンクが無料で付きますので、コーヒーをチョイス。
+300円で、デザートがつきますが、もちろんデザートはパス。

それほど待つことなく料理は出てきます。

唐揚げは確かにスパイシー。

それ以外は普通でしょうか。

ご飯は、やや少なめの盛りだったので、半分お替わりをお願いします。

このご飯のお替わりは無料です。

スープの入れ物が小さく、一緒に付いてくるレンゲでは飲みづらい。結局、器も持ってスープを飲む。

これは「アンジェラ」のスープにも言える事だが、スープンの量を少なくするために、小ぶりの器に盛るのだろうが、食べ易さも考えて欲しいな。

コーヒーを飲み終えると、カップの底には、中国らしい模様があった。

場所:神楽坂3−5
TEL:3260-4848

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

PATIO(高田馬場) (2009年01月16日)

0116patio1.jpg
0116patio2.jpg
今日は高田馬場でのランチ。

高田馬場へ行くと、ランチは決まってここ「PATIO」。

店内に入り、いつも座るレジ横の席へ。

今日は荷物を持っていたので、やや狭く、ママさんがこっちでいいわよというので、4人掛けテーブルに座ります。
厨房の斜め前、これでまたママさんとのお話が弾みます。

『インドカリーセット』900円を注文。

注文後、サラダ他、カリーも出てくるのが早い。

カリーを持ってきた時に、『今度『タコライス』も始めたのよ。』

そんなのは、注文する前に言って欲しい。
単品で700円。写真を見ると、ライスの上にレタスが乗り、なにやら赤い物が乗っている。

『タコスの中に入っているのと同じよという解説。』
うーん、ライスに乗るとどんな感じなのだろう。

『じゃ今度ね。』

『昨日からデザートも始めたのよ。』

今日はやけに売り込みが多い。

『じゃ、ランチセットで安くしてよ。』

『今度考えておくわ。』

マンゴプリン(だったかな?)が単品で450円。あまり写真映りのよくない品。これをセットに追加すると、カリーセットが1200円位になってしまうのか。

次回行った時に『言われた通りにしたわ』とか言われたら、頼まざるをえなくなっちゃうな。余分な事をいってしまった。

『30年前は、喫茶だけだったのよ。周りのいろいろお店が出来たから考えなくちゃ』だそうです。

私は、今のメニューになる前のメニューが、もっとボリュームがあって好きだったよ。

そんな会話をしながらカリーをいただく。
今日のカリーは辛い、そして熱い。
汗が出てきます。

食べる合間合間に、いろいろお話。

食べ終えると1時になってしまった。

セットで、コーヒーがつくが、1時から予定があるのでコーヒーはおあずけ。

とりあえず料金900円を払います。

用事が終わったら、セットのコーヒーだけ飲みにくるからという約束で店を後にします。

そして2時過ぎ、再度来店。

先程のコーヒーを頂きます。

ママさんは隣のテーブルで賄いを食べています。
そこへ、常連のオーストラリア人が来店。
彼は、ピザセットでアイスコーヒーを先、あとでピザの注文。

しばし、3人で歓談したのち、店を後にしました。

前回の記事はこちら



posted by たきお at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

モナコ洋菓子店(牛込中央通り) (2009年01月15日)

0115monako1.jpg
0115monako2.jpg
0115monako4.jpg
0115monako5.jpg
久しぶりに牛込中央通りの「きときと」でも行ってみようと思い立ち、毘沙門天の横の道を入り、右折した後、そのまま道なりに進みます。
宮城道雄記念館の前を通りすぎ、ずんずん進みます。
牛込中央通りに出たら、左折しまし、きちきとへ向かいます。
少し歩き出があります。

と、「モナコ洋菓子店」の前を通りかかると、ガラスの窓に『ロールキャベツ』の文字が。

あれ、ランチをやっているんですね。

今まで、何度も店の前を通りましたが、ランチをやっていたとは知りませんでした。

さっそく「きときと」は止めて、中に入る事に。

店の入り口付近は、普通の洋菓子屋さん。
ショーケースにはケーキが並んでいます。

奥に進むと、4人掛けのテーブルが6つ、2人掛けテーブルが2つあります。

2人掛けテーブルが一つ空いていました。

なんだか、誕生日席のような場所にあり、店に入ってくる人がよく見えます。(逆に見られてもいるんでしょうね)

メニューを渡され、見ると結構いろいろ料理があります。

でも、初志貫徹『ロールキャベツ』850円を注文。

最初にサラダが出てきます。

ドレッシングは自分でかけるようになっています。

こちらは、普通のサラダです。

そして、暫くして、メインのロールキャベツ。

色的に結構味が濃い感じがしましたが、やや薄い感じ。

ロールキャベツを切るとき、なまくらナイフだと、筋が残って切ったつもりが皆つながってたという事があるのですが、こちらのナイフはすごい。
サーと切れます。

これはいいですね。

途中で、スープがでてきました。

こちらは、やや塩味がキツい。

最後にコーヒー。コーヒーまたは紅茶で、アイス・ホットを選べます。

ケーキ屋さんのコーヒーなので、おいしい。

ケーキをつけて1000円という値段設定もあるといいですね。

場所:この辺
TEL:03-3260-0324



posted by たきお at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

凛と (2009年01月14日)

0114rinto1.jpg
0114rinto2.jpg
0114rinto3.jpg
今日も寒いです。
日陰に入ると、風が身にしみます。

大戸屋の解体工事が行われている青柳ビルの地下にある「凛と」。
狭い階段を降り、入り口で靴を脱ぎます。

中に入ると、かなり空いています。
カウンター席には2人座っています。

奥へどうぞというので、真ん中のお座敷へ。

こちらは誰もいません。

『大山鶏唐揚げ御膳』950円を注文。

料理が出てくる間になにやら非常ベルが鳴り始めました。

ええ〜!火事?

板さんが、警報機をみています。
どうやら、2階の工事で誤って警報がなったようです。

こんなとこで火事になったら、逃げようがありません。

もしもの場合を考えて、お店を選ばなきゃいけないですかね。

警報が、ようやくなり終えた頃、料理がでてきました。

お盆の上には、ポン酢がのっています。お好みでどうぞ。

ごはんのお椀は小さいですね。お替わり必須かな。

小鉢は、玉子焼き、赤かぶ漬け、切り干し大根、冷や奴、煮物(こんにゃく、里芋、筍など)

玉子焼きとかは、それほどでもなかったが、里芋はおいしかったな。

唐揚げは、大山鶏となっているが、正直XX鶏といわれても、あまり区別がつかない。
まあ、普通の唐揚げですね。

場所:神楽坂3−6−19 青柳LKビル地下1階

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

葱屋みらくる (2009年01月13日)

0113negiya1.jpg
0113negiya2.jpg
0113negiya3.jpg
0113negiya4.jpg
今日は寒いですね。関東地方は今冬一番の寒さだそうです。

寒い時は、やはり温かいもの。

何度か行って満員で入れなかった店「葱屋みらくる」へ今日も挑戦です。

戸を開けると、靴が少ない。ほとんどが女性の靴ですが、男性の靴が一つ。相変らず、女性に人気があるようです。

店内は、カウンター席が半分程の入り、4人掛けの席が、1つだけ埋まった状態です。

今日の日替りが鯖味噌だったので、不人気なのでしょうか。
さば味噌で950円は、ちょっと割高な感じがしますからね。

私は、うどんが目当てなので、日替りが何だろうと関係はありません。
前回は確か味噌を食べたので、今回は塩、『九条葱鶏塩煮込み饂飩』900円です。


うどんは、味噌煮込みと同じく上に葱の緑の部分が大量にのっています。
汁は、白い。

最初の方は、上に乗った葱の味が強く感じられます。
だんだん、葱が減るにつれ、汁の味がしてきます。

これ、なんだろう。

最初に出てきた時は、ミルクが入っているのかと思いました。

うーん。何だろう。

何となく酒粕のような味も少しします。

味噌と変わってこちらもいいですね。

体も温まりました。

今度はカレー味に挑戦。カレーは、ヨーグルトカレーとなっています。

これまた、どんな味なんだろう。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

辰吉 (2009年01月09日)

0109tatukichi1.jpg
0109tatukichi2.jpg
今日の神楽坂は寒いです。
雪ではありませんが、細かい雨が降り続いています。

こんな寒い日は、うどんでしょう。

という事で、「葱やミラクル」へ。

戸を開けると、前に女性、男性の2人。
それぞれ、お一人様のようです。

女性が案内され、次に『男性お一人様カウンターへどうぞ』と、店員さんに案内されています。

そして、店員さんが、『次の方、満席です』

がーん。間一髪でアウトでした。

それではと、「辰吉」の『かつ鍋』へ。

もう、ひたすら温まりそうなものを食べに行きます。

「辰吉」の中は、カウンターがあいていましたが、奥の座敷でもいいですよという事で、奥の座敷にあがります。
カウンターだと、入り口そばで、人が出入りする度に寒い思いをしますからね。

座敷に上がり、すぐに『かつ鍋』840円を注文。

テーブルの上に湯飲みが置かれていましたので、セルフサービスかと思い、お茶を入れようとしたら、おばさんがお茶を持ってきてくれました。

混んでいる時は、きっとセルフなのでしょうが、徐々に客がひき始めていたので、入れてくれたのでしょう。

しばらくして、熱々のかつ鍋登場。

そーと、かつを口に運びます。
急いで食べると、舌を火傷しますので、慎重にフーフーいいながら口に入れます。

ほんのり、柚子の香りがします。

いい感じ。

お肉は、量も厚みも今回はちゃんとあります。
(前回はちょっと少なく感じた)

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

新富寿司 (2009年01月08日)

0108sintomi1.jpg
0108sintomi2.jpg
今日は日本食を!

と、本多横丁から路地を入った「新富寿司」へ。

店内に入ると、奥のお座敷に5、6人程のお客さん。

カウンターも、その前の2つあるテーブル席も空いています。
どこでもどうぞというので、テーブル席に座ります。

そこで、和定食を頼もうとしたら、『今週までは定食はありません』

え!。和定食目当てだったのに、定食がないと本当の寿司屋になってしまいます。

座って、お茶まで出てしまったので、しかたなしに『ちらし』900円を頼みます。

いつも和定食なので、こちらで、お寿司を頼むのは初めてです。

奥のお客さんも、ちらしかにぎりです。

にぎりは1000円、1.5のにぎりは1300円です。

思っていたより待たされずに出てきます。

うーん。いろいろ種類が乗ってますが、なんだかそれぞれの具がしょぼい。

これは、失敗。

デザートは、みかん。

帰り際に、新しいお客さんが2人。

馴染み客らしく、年始の品(湯飲みかな)がお茶とともに出されます。

もちろん年に2、3回しかこない私にはそんなもの貰えません。
湯飲みなど貰っても必要ないので欲しくありません。

が、お客を見て差別された感じがして、嫌な感じです。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アンジェラ (2009年01月07日)

0107angera1.jpg
0107angera2.jpg
0107angera3.jpg
0107angera4.jpg
今日は、午後から打ち合せがあるので、早めにランチ。

それではと、いつも満員で入れない「アンジェラ」へ行ってみる事に。

戸を開けると、女性の店員さん(店長?)が、予約の方ですかと聞いてくる。

え!予約じゃないと入れないの。

確かに、最近混んでいるので、予約した方が無難。
でも、ダメならまだ時間的に「プラテーロ」という選択肢があるので、かまわない。

店員さんが、予約ノートを見て、『1時までに食べ終えて頂ければ、大丈夫です。』
予約ノートには、あと2組あるらしい。

1時まで食べていたら打ち合せに間に合わないので、もちろんOKです。

2階に上がってくださいというので、狭い階段を上る。
2階は初めてあがった。

2人掛けテーブルと4人掛けテーブルの2つしかない。
こじんまりとした部屋。
予備の椅子が置いてあるところを見ると、テーブル席をくっつけて、8、9人は座れるのだろうか。

この位の人数なら、2階を予約するといいかもしれない。
きっと1時過ぎのお客もそうなのだろう。


パスタランチ1000円を注文する。パスタは5種類、そのうちから『白菜のオイルベーススパゲッティ からすみのせ』を注文。

前回までは、接客が今一だったが、今回はまとも。
大分慣れたのだろうか。

まずは、サラダとスープ、そしてパン。
スープはオニオンスープです。
いい味だしてます。
やや、バター(?)の味もする。

味はいいのだが、どうやって食べるんだ?
木のスプーンがついているので、それで食べる。しかし、残りがすくなってくると、困り者。

下に残ったオニオンがすくえない。
え、何で。

よくよく見るとスプーンが大きくて、底まで届かないのです。
グラスの下の部分の直径より、スプーンが大きく、途中でひっかかってます。

仕方なしに今度はフォークですくいます。

前回も確か舞茸で苦労した覚えがある。
味はいいのにおしいですね。

パンも香草が入っていて、こうばしい。

サラダも食べ終え、メインのパスタが登場。

白菜がどんな味になっているか、興味津々。

すると、結構味がついています。
上に、白っぽいのがからすみ。
この塩味がちょうど良い。それ以外にも何かの味付けがされている。
唐辛子も効き、塩味と辛味がミックスしていて、おいしい。

麺は、やや固め。少し芯が残っている感じ。
好み的には、あと10秒茹でてほしい。

パスタを食べ終えても、何も出てきそうもないので、帰る事に。
テーブルの上には伝票もなく、玄関で支払。

そういえば、デザートとドリンクは別料金だった。
2階なので、それも聞いてくれなかった。それとも、長居されては困ると判断したのだろうか。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

わしょくや (2009年01月06日)

0106wasyokuya.jpg

昨年末に閉店した「大戸屋」がどうなっているか見るついでに、その向かいにある「わしょくや」へ。

ビルの2階、3階にお店はあり、前回は3階へ上がったが、今日は2階。

入り口には、電気ストーブが置かれ、待つ人が寒くないように配慮されているが、待たずに入店できた。

席は、4人掛けの個室風のテーブル席。
入り口が、かなり低くなっている。

頭に気をつけて下さいと、店員が注意してくれる。

なんで、こんなに低いのだろう。きっと、夜は多くの酔っぱらいが頭をぶつけるに違いない。
暖簾でもぶら下げた方が、よっぽどいいと思うが、店舗設計したデザイナーさんには、なにか思惑があるのだろう。

日替りの肉料理は終わっていたので、魚料理の『黒むつのから揚げ 野菜あんかけ』800円を注文。

それほど待たずに料理が出てきます。

結構ボリュームがあります。御飯もたっぷり。
サラダは、上にじゃこが乗っかっている。
メインの黒むつはやや寂しい3切れ。

写真左上にあるのは温泉卵、その下は白菜の漬け物。

いつもようにヤクルトがついてくる。
食後のコーヒーとかの替わりなのだろう。

どちらがコスト的にあうのだろう。
コーヒー椀は、このお盆には乗らないだろうから、再度運ぶとなると店員さんに負担がかかる。
きっと、ヤクルトの方があうのかな。

さて味だが、黒むつがやや塩が効きすぎている気がする。
それ以外は、味もボリュームもOK。

帰りに、上ばかりを気にして、足下の段差を危うく踏み外すところだった。

酔っぱらいは、足も捻挫しているかもしれないな。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

藤や (2009年01月05日)

0105touya1.jpg
0105touya2.jpg
明けましておめでとうございます。
今年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。

今日は、よく消防車のサイレンが聞こえます。
神楽坂も、消防車と救急車が止まっていました。
何事もないと良いのですが。

今日から、多くの会社が仕事はじめのようです。
毘沙門天や筑土八幡には大勢の初詣の人が訪れています。

新年一番のランチは、「藤や」です。

ちょっとランチに出遅れました。
店内は、ほとんど食べ終えた人ばかり。

カウンターに座り、『鮭西京焼き』750円を頼みます。
普通に焼魚の鮭は630円です。

先に、お絞りとともに、冷や奴とお新香が出されます。
すべて揃ってから写真を撮るつもりで、手を付けずに待ちます。

カウンターからは、鮭が焼かれているのがよく見えます。

まだまだ時間がかかりそうなので、高校サッカーをみて出来上がりを待ちます。

店の人も皆サッカー観戦。



そのうちに鮭が焼き上がりました。

油揚げと若布の味噌汁、御飯とともに運ばれてきます。

焼きたてでおいしいですね。
腹身の部分が脂がのり、味噌のほのかな味とマッチし、いい味を出しています。

まずは、和食で今年はスタートをしました。

前回の記事はこちら



posted by たきお at 14:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

イタリア食堂 (2008年12月29日)

1229itary1.jpg
1229itary2.jpg
1229itary3.jpg
もうほとんどの会社はお休みに入ったのでしょうか。
それにあわせて神楽坂のお店もランチお休みのところが多いようです。

無難なところで「イタリア食堂」へ。

Aランチの『粗挽きミートスパゲッティ』850円を注文しました。

注文すると麺の量をきかれます。普通盛りは200g、中盛りは300g、大盛りは400gです。
中盛り、大盛りは、どちらも950円となっています。
大食漢にとっては、ありがたい値段設定でしょうね。

でも、400gって、普通の倍じゃない。すごい。
お店で提供されるスパゲッティって、200gでも多いほうだと思う。

自宅で買っているスパゲッティの袋が確か400g入り。あの袋を丸々茹でてしまうのか。ひょえー。

私はもちろん普通盛りを頼みます。

最初に、セットのサラダとパンが出てきます。

パンはたっぷりのバターが塗られています。

最後に残ったパスタソースを、パンですくって食べたいのだが、パスタが出てくる前に食べ終えてしまった。

パスタは、辛めのソース。いいですね。この辛さ。

確か名前にも辛いという文字がはいっていたと思ったが、忘れてしまった。ピリ辛トマトソースだったかもしれない。

スパゲッティの最後の一口をほうばろうとしていた時に、食後の飲物を聞いてきた。なんと、タイミングの良い事。

ホットコーヒーをいただき、多分今年の神楽坂ランチを締めくくりました。

今年一年皆様有り難うございました。

よいお年をお迎え下さい。
そして、来年もよろしくお願い致します。

前回の記事はこちら

あれ?前回より30円値上がりしてる。
posted by たきお at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

汐路(みずほ台) (2008年12月28日)

1228sioji.jpg
またまた、みずほ台です。

別に仕事ではないんです。みずほ台に一人暮らしの知人がいて、金曜に様子を見にいったのです。
すると、なんとあまり歩けなくて、食事もままならない様子。
とりあえず昼は何とかなったのですが、親類もいないので、その後が心配。

さて、どうしようかと悩み、駅前の交番に相談。

親切な相談員さんが役所に連絡をしてくれて、民生委員さんが様子を見てくれる事になりました。良かったと思ってたのも束の間、金曜の夕方緊急入院。

そんなで、今日はお見舞いに病院まで。

面会時間は2時からなので、その前に駅前でランチを。

ところが、みずほ台って、なんにもないんですね。
駅前ロータリーを1周。

金曜にはいったカレー屋、松屋、マクドナルド、ドトールくらい。

ちゃんと食事をしたい。

で、前回も行っている「汐路」。

この店、接客がいいので、結構気にいってますが、やや駅から歩くのが難点。

日曜なのでやっているかどうか心配でしたが、それでも仕方なしに
行ってみました。

良かった。やってました。

店内に入ると、お客さんは一人。

ゆったりと4人掛の卓に座り、今日の日替り『穴子天丼』750円を注文。

おばちゃんが、食事を運んで来てくれました。

ついで、無くなりかけてたお茶を差し替えてくれました。

丼の後ろに、キュウリの酢の物が隠れていました。

天婦羅は、穴子が半分の大きさになったものと、カボチャとししとう。
カボチャが、やや固めだったが、そこそこおいしい。

2時までに時間があったので、のんびり時間を過ごして、お店を後に。

精算の時にも、おばちょんと少し会話。

ホント、気さくでいい感じのお店です。
posted by たきお at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。