翁庵 (2009年02月25日)

0225okina1.jpg
0225okina2.jpg
0225okina3.jpg
田中角栄が愛した神楽坂芸者だった辻和子さんがなくなったという新聞記事を友人が見て、その記事の中に出てくる翁庵ってどこだというので、一緒に行ってきました。
ずいぶん久しぶりです。

表は霧雨が降っています。歩く人の半分ほどが傘をさしています。



この店へ行くと、天婦羅そばとおいなりさんが定番だったのですが、入り口前にある白板に、本日の定食がでていました。

『鰈の煮付け』と『おでん』900円。

鰈もいいな。

迷いながら店内へ。

店内に貼られたメニューを見て、決めました。

『鰈の煮付け』です。


だって〜。天婦羅そばは1100円だったんです。

ずいぶん値段が上がってます。原材料高騰のせいでしょうか。

お稲荷さんは、1個100円になっています。
以前は、一皿に2個乗って150円位で、天婦羅そばとあわせて1000円ちょっとだった記憶があります。

友人は、ニシンそば950円。

まず、最初に冷や奴。こころなしか小さくなったような?

そして、お新香とサラダ。サラダは、出来合いのものかな。

サラダ、豆腐を食べ終えたころ、鰈登場。

尾のほうでした。ということは卵なしですね。

鰈の卵も好きなんだけどな。残念。

そして、ご飯は結構大盛り。

味噌汁は、油揚げと豆腐。

鰈の煮付けは、見た目程辛くはなく、ちょっぴり味醂かなにかの甘い味がします。

しかし、味噌汁の塩がきつい。

こちらの店の味付けは、そば等を食べると昔ながらの東京の味を感じます。なんとなく三丁目の夕日に出てきそうなイメージの蕎麦つゆです。
(こんな事を感じるのは私だけかな?)

前回の記事はこちら

しかし、最近のお蕎麦屋さんって、皆高いですね。
もりそばが600円ですって。
posted by たきお at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ゑーもん (2009年02月24日)

0224emon1.jpg
0224emon2.jpg
0224emon3.jpg
今日は寒いですね。

冷たい風が、肌につきささる感じです。

神楽坂の毘沙門の前で、どこへ行こうかと考え、久しぶりに「三好弥」あたりと考え、歩き出しましたが、寒くて途中の「ゑーもん」に入ってしまいました。

案内されたのは、奥の奥。

6人がけのボックス席が4つあります。
そのうちの1つでは、食事を終え、煙草を吸っています。

ちょっと換気が悪い。

注文したのは、『豚バラ肉と彩り野菜のせいろ蒸しランチ』890円です。

豚肉と野菜が一緒に蒸されています。
まずは、豚肉をポン酢につけて頂きます。

お!意外といけます。

肉を1枚1枚はがすようにとりわけて、その下に敷かれたキャベツと一緒に頂きます。

キャベツも、甘さがにじみ出ています。

その他の野菜も、野菜本来の味が引き出され、どれもおいしくいただけました。

何の味付けもなしに、ただせいろに並べて蒸しただけなので、家庭でも充分できそうな料理ですね。

ご飯は、お替わり自由です。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

葱屋みらくる (2009年02月23日)

0223miracle1.jpg
0223miracle2.jpg
今日は寒いですね。しかも 雨。

こういう日は、やはり近場で、体が温まるものを摂取しなくては。

熊谷組の横にある「葱屋みらくる」のうどんに決めました。

店の前につくと、ちょうど男性二人が出てきました。
この店は、結構入れないときが多く、これなら入れますね。

店内、カウンターとテーブル席ですがありますが、空いていたのはカウンター席のみ。

一番奥のカウンター席に座ります。

カウンターの中が一望できます。

中では、板さんが包丁を持って、天井の空調の向きを変えています。

すごいな!包丁で風向きまで変えてしまうとは。

暫くして、うどんが出てきます。

今日頼んだのは『九条葱カレー鶏煮込み饂飩』900円。


カレーが熱々です。

これは、気をつけないと舌を火傷する。

取り椀に、うどんを移します。

うどんが、なぜか短い。皆5cmほどの長さになっています。

これは、食べ易いし、取り易い。

長いうどんだと、鍋から移す時に、途中で鍋にジャボンと落下して、ツユを跳ね返し、服を汚すことがある。あなたもそんな経験ありませんか。

しかし、これならそんな心配もありません。

そのためにわざと短くしているのでしょうか。

そうだとすると、心憎いですね。

カレーの味も、まろやかでおいしいですね。

普通の、蕎麦屋さんなどのカレーうどんやカレー南蛮よりまろやかな感じがします。

体が、ほかほかしてきます。

最後は、残ったカレースープをお椀に移し、ご飯をいれて頂きます。

満腹、しかもほかほかでした。

これで、この店のうどん3種類全部いただきました。

前回の記事(塩煮込み饂飩)はこちら

前々回の記事(味噌煮込み饂飩)はこちら
posted by たきお at 14:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

香炉 (2009年02月20日)

kouro1.jpg
ランチ記事ではありませんが、以前このブログでご紹介した陶芸の「四人展」。
昨年の5月に行われた時に、香炉が展示されていました。
この香炉の話を、一昨年の「四人展」の出品者にお話ししたら、いつになるかわからないけど作ってあげると言われました。

そして昨日、その作品が届きました。

梱包を開けると『お歳暮』という紙が。

お歳暮のつもりだったけど、大分遅くなっちゃったと作者の言葉。

遅くなってお歳暮じゃなくてもうれしいですね。

早速、香を焚いてみました。

お香は、これも別の方からの頂き物。

『石の庭』というもの。1本の長さが14cmあり、入りきらないので半分にしたものを、中の香炉立てにさします。

kouro2.jpg
kouro3.jpg

部屋の中を、香の煙がたなびき、なかなかのものですね。

昨年の「四人展」の記事はこちら

一昨年の「四人展」の記事はこちら

ロンドさんの紹介記事はこちら

三毛猫さんの紹介記事はこちら
posted by たきお at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

川端 (2009年02月20日)

0220kawabata1.jpg
0220kawabata2.jpg
今日はひつまぶしの日。

そんな事はありませんが、ひさしぶりに「川端」へ、ママさんの顔を見に。

確かランチは、今年始めてかな。

夜に一度来たっけ? 前回来たのがいつ頃かわかりません。

金曜のランチは、いつものように『ひつまぶし』700円、そして定番の『麦とろ定食』650円。

先客は、テーブル席に男性2人のみ。

カウンターに座ります。

今日は出遅れて、ママさんがお店に来たのが11時で、ランチ時間に間に合わず、大分お客さんに帰ってもらったそうです。

その分、お釜の中にはひつまぶしがたっぷりと残っています。

お茶碗の中のひつまぶしの上には、わさびがたっぷり。

これは、かなり効きそうですので、横にどけてからいただきます。

ご飯が、やや緩めですが、それはそれでおいしいです。

おでんが、やや冷めてしまっていたのが残念。

ご飯のお替わりをしましたが、最後の方は、ややお腹が苦しくなってしまった。

大分、ひつまぶしが残っているようですから、夜きても食べられそうですね。

帰り際に、『ボトルが残っているので、また来て下さいね』


何のボトルを入れたか覚えていないが、そうか、まだ残っているんだ。

では、そのうちに!

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

内緒話 (2009年02月19日)

神楽坂在住で、銀座にお勤めの方から【たきおへの内緒話】へ投稿いただきました。

メールで返事を送ったところ、うまく送信できずエラーになってしまいました。

この場で、御礼申し上げます。

次回は、是非コメントもお願い致します。
posted by たきお at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鳥栄 (2009年02月19日)

0219toriei1.jpg
0219toriei2.jpg
今日は、お魚料理。

本多横丁にある「鳥栄」の『煮魚定食』800円です。

今日の魚はきんめ。

見た目は、辛そうですが、それがそうでもない。

とってもおいしいです。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2009年02月18日)

0218syanhai.jpg
今日は唐揚げが食べたいな。

どこにしよう。

そうだ、「上海ピーマン」に、唐揚げと麻婆豆腐セットがあったっけ。

というので、行ってみると、

なんと!

今日のサービスランチは、『ラーメンと唐揚げ5個と小ライス』と入り口に張り紙があるではないですか。

通常価格900円がしかも750円。

これは、決まり。

麻婆豆腐は、脇にやり、サービスランチを頼みます。

お店には、若い男性が入っています。

いつもは、フロアはおかみさん、厨房はご主人でしたが、どうやら変わったようです。

おかみさんの声も、奥から聞こえてきます。

注文して、それほど待たないうちに、チンと音がして、その後料理がでてきます。
あのチンは、何の時間を計っているのだろうか。麺の茹で時間かな?



ラーメンも、シンプルな昔ながらの味。
ラーメンというより支那そばといったほうが、合うような感じです。

やや厚めのチャーシューに支那チク、海苔、そして葱がはいっています。

しかし、なんかいつものラーメンとは、少し味が違うような気がします。

なんだろう。

少しスープが薄い? ラーメンで熱いので、変な表現になるが、なんだか水っぽい。

胡椒をたっぷりといれても、その薄い感じがぬぐえません。

昨日の飲み過ぎが影響しているのか?

唐揚げは、揚げたて熱々で、おいしいです。これは、いつもの味です。

うーん。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

サリータドルチェ (2009年02月17日)

0217salita1.jpg
0217salita2.jpg
0217salita3.jpg
0217salita4.jpg
昨日までの暖かさと違い、今日は風がとっても冷たくて寒いですね。

これが、本来のこの時期の気温なんでしょうが、こう寒暖の差があるとこたえますね。

今日は、なんとなくイタリアン。

神楽坂の中程にある「サリータドルチェ」。

ランチは1000円のAコースから各種あり、パスタは3種類から選ぶ形です。

神楽坂通りに大きな看板が出ていますので、それを見て確認、ビルの5階にあがります。

店内に入ると9割くらいの席が埋まっています。

入って右の窓際の席に案内されました。

あらかじめ、表で決めてあったAコースの中から『子牛と野菜の白ワイン・煮込ソーススパゲッティ』1000円を注文。

ドリンクは、ホットコーヒーを頼みます。

さらにメニューの下の方に書いてあった『大ポーション(140g)』を頼みます。無料です。

最初にサラダとパン。

こちらは、普通。

そして、スパゲッティ。

おお!たっぷりの量です。見た目は、140gより多い感じがします。

味もまあまあです。しかし、昨日に引き続き、食べ過ぎがちょっと心配。

最後にコーヒーを頂いて終了。

満腹です。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ローズルーム (2009年02月16日)

0216rose1.jpg
0216rose2.jpg
0216rose3.jpg
0216rose4.jpg
0216rose5.jpg
「出版クラブ会館のレストラン ローズルーム」です。

今日の日替りランチは『豚ロースのハム・チーズ入りカツレツ』1000円です。

週替わりは『タイ風挽肉辛みライスと豚トロ串と海鮮春巻き』1500円 ワンプレートで出てきます。

もちろん、注文したのは日替りの方。

いつもどおり、サラダバーでスープとサラダを取ってきます。

スープはオニオンのスープです。

今日は茹で卵はありませんね。

窓際の席に案内されてしまうと、サラダバーが遠いのですが、今日の席はサラダバーの近くなので、楽ですね。

いつもは、サラダバーから戻ると、すでに料理が出てたりするのですが、今日は出てません。

サラダを半分程、食べ終えた時に、ようやく料理がでてきました。

隣の席の人は、週替わりを頼んだらしく、料理がなかなか出てきません。サラダとスープのお替わりをしていました。

サラダだけでお腹一杯になっちゃうだろうな。

カツレツは、かなりのボリュームで、お皿の半分を占めています。

カツだけでも、結構な厚さがありますが、カツの肉の間に、さらにハムとチーズが挟み込まれて揚げられています。

ポテトも、皿の上にドサドサとのっています。

もう、これだけでかなり満腹状態ですが、最後はやはりコーヒーとデザートを頂かなくては。

今日のデザートは杏仁豆腐。今日はやけにシロップが水っぽいです。

それでも、完食、満腹。

今月のメニューを頂いて帰ります。

前回の記事はこちら

場所:袋町6
TEL:3267-6111
posted by たきお at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

BARCO(水道橋・東京ドーム) (2009年02月13日)

0213barco1.jpg
0213barco2.jpg
0213barco3.jpg
0213barco4.jpg
0213barco5.jpg
今日は、神楽坂がある飯田橋駅のお隣、水道橋駅へ。

東京ドームシティ内のミーツポートの2階にある「BARCO」。

このミーツポートは、建物が飲食店街になっており、神楽坂の茶寮も3階に出店しています。

「BARCO」は、スパニッシュ・イタリアンとなっています。

本日のランチは、それぞれ肉料理と魚料理があり、肉が『豚ロースのグリル バルサミコソース クリーミーマッシュポテト添え』、魚が『カジキマグロのカツレツ ラタトゥーユソース レモン添え』、いずれも1050円です。

本日のパスタが『たっぷりタラコのスパゲッティ』1260円、『スパゲッティ ボロネーズ』1050円となっています。

魚料理を注文しました。

まずは、サラダがでてきます。
少し酸味の効いたドレッシング、なかなかいい味出してます。

そして、パンとメインのカジキマグロ。

カジキの切り身の厚さがすごいですね。

よく和食等で、カジキの焼いたのとかは、厚さが1cmほどですが、こちらのは、その倍以上の厚さです。

そして、カジキの淡白な味をラタトゥーユが、おいしく包み込みます。


ちらっと、お隣さんの豚グリルを見ると、そちらも肉が厚いです。
結構食べでがありそうです。

最初は、スパゲッティを食べようと思って入ったのですが、本日のランチを選択して正解でした。

最後に、コーヒーか紅茶がでてきます。

味も量も接客もいいので、これで1050円はお得感があります。

水道橋に来たときは、ここにしよう。

場所:文京区後楽1−3−61 東京ドームシティ ミーツポート2階
TEL:03-5805-3167
posted by たきお at 18:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

281 ウチナータイム (2009年02月12日)

0212uchina1.jpg
0212uchina2.jpg
今日は暖かいですね。
ぶらりぶらりと散歩日和。

どこまで行きまひょか。

と、道でチラシを配るお兄さん。

以前から気にはしていたお店「ウチナータイム」。

折角だから、入ってみる事に。

お兄さんとしては、やったーという感じかな。

エレベーターで4階へ。2階にある居酒屋「天草」へは、2、3度お邪魔しているが、その他の階は始めて。

店内は、カウンターが3列。

夜は、ガールズバーらしいので、それぞれのカウンターの中に女性が入るのだろうか。

メインのカウンターには、お客さんが5名程。

その反対側のカウンターに座る。

『ゴーヤチャンプルー』800円を頼む。

100円引きの割引券があるので、700円。

ゴーヤチャンプルーは、お店によって、ゴーヤと卵いがいは具がまちまち。

こちらは、肉がスパムになっており、正統(?)ゴーヤチャンプルーか。

ゴーヤ以外に、モヤシ。

味はまろやか。途中で、少し飽きがきたので、島唐辛子を泡盛につけた調味料をかける。

これで少し味に変化がでた。

自宅のベランダで栽培した唐辛子が、ずっと網の袋にいれ、ベランダの物干にぶら下がっているが、こうしちゃえばいいのか。
オリーブオイルでもいいな。今度の休みにそうしようなど考えながら食事終了。

ご馳走さまでした。

場所:神楽坂3−2−4 万平ビル4階
TEL:03-5228-5287(問合せ用)
  0066-967-41716(予約用)




posted by たきお at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

みそ神楽 (2009年02月11日)

0211misokagura.jpg
今日は休日出勤。

といっても社内のレイアウト変更。
朝10時から開始。

もう午前中だけで、なんだかフラフラ。
書棚を移動するのに、重たくて移動できないので、中の本を全部出す。

この量が結構あること。
仕事関係の本以外に、美術展の図録が多い。一体何冊あるんだろう。90cm幅の書棚1段を完全に占領している。

そして池波正太郎の小説。全部文庫版だが、これも1列に並べると完全に1段占領してしまう。

とりあえず、中身をすべて出し切り、書棚を移動し、下のカーペットを張り替えてランチに。

時刻は、もう1時少し前。

今日中に終わるのかなと危惧しながら、「みそ神楽」へ。

こちらは、みそラーメンの店。

しかし、新たに扉に塩ラーメンの張り紙が貼ってあり、前から気になっていた。

店内、がら空。

カウンターに一人で座り、塩ラーメンを注文。

さて、どんな器で出てくるか。


そう、ここは、器に料理の名前が入っている。

胡麻みそラーメンなら『胡麻』みたいに。

カウンターの中で、タイマーがチンと時を告げる。

麺が茹で上がったようだ。

そして、出てきたのが、写真。

期待していた器は、なんと無地だった。

まあ、みそラーメンの店だから、塩は例外か。

味は、さっぱりしていて、これもおいしい。

早く、手軽に食べられるので、ラーメンはいいですね。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ふくの鳥 (2009年02月10日)

0210fukunotori.jpg
飯田橋みずほ銀行向かいにある「ふくの鳥」。

店内結構埋まっています。
ちょうど真ん中あたりにあるテーブル席のみ空いてました。

今日の日替りはカレー。

カレーか。先週から自宅も含めてカレーを良く食べているので、日替りはパス。

竜田揚げも魅力だけど、以前食べたしということで、今日は『みそかつ丼』850円。

こちらのランチは、ほとんどが800円から850円となっています。

それほど待たずに料理がでてきます。

なるほど、確かにみそかつ丼ですね。

ソースがたっぷりかかっています。

丼の中にも野菜が、そしてサラダとして野菜がたっぷりです。
ちょっと見栄えはよろしくないようですが。

丼にかくれているのは温泉卵。

サラダと温泉卵は、毎度のものですね。

メインは、ややソースが強くて、さほど味噌の味はしません。

わざわざ丼にする事はないような気がします。

食べ始めて、隣のテーブルの男性陣が煙草を吸い始めました。

幸いな事に1本吸っただけで帰ってくれたので、助かりました。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

280siosai海の家 (2009年02月09日)

0209siosai1.jpg
0209siosai2.jpg
0209siosai3.jpg
今日は寒いですね。

暖かかったり、寒かったりして、だんだん春になっていくのでしょうか。

先週の金曜に入ろうかと迷った「siosai海の家」へ。

入り口を入ると、すぐにカウンター席が9席あります。
左には、小座敷が。

カウンターの向こうには、おじさんと若い男性が黙々と料理を作っています。
店内に入っても、気がついてくれません。
入り口で立っていると、若者が気がつき、カウンターを薦められます。

フロアの女性も、気がつかなかったようです。

しばらくして、女性がお茶を持ってきてくれましたので、『ホルモンのピリ辛炒め』850円を注文。

先に入ってたカップルや、あとからきたお客さんの注文を聞いていると『ゴーヤチャンプルー』850円が多いですね。その次が『五島うどんとあご飯』800円、『あじのみりん干し』850円が一つ、ホルモンを頼んだのは私だけでした。

『ゴーヤチャンプルー』もよかったな。飲みに行って、お店に『ゴーヤチャンプルー』があると、大概は頼むのですが、今日はホルモン。

最近の新聞にホルモンが人気がでているというのを、読んだ記憶があったのです。

窓際の鉄板で、おにいさんが、炒めています。

最初に出来たのが、やはり『ゴーヤチャンプルー』3人前。
次に『あじのみりん干し』。

そして、『ホルモン』。

ようやく出来上がりました。

なんだか、量が少なめ。

お新香は白菜が2切れ。

味噌汁は、やたらでかい器にはいっています。右側にあるので、ちょっと邪魔。途中でお盆から外してしまった。

メインは、ホルモンが少し。
まあ、よく辛味がついています。

ご飯は、やや水分が多い気がする。ちょっとべっちゃり。
あまり、多くは食べたくないご飯です。

煙草は、誰も吸ってなかったので、禁煙かどうかは不明。

場所:神楽坂2−21 サンアセント木村ビル
TEL:3235-2822

ビルの1階(半地下?)には「写楽」。以前はよく飲みに行ったな。


posted by たきお at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

279 Drop (2009年02月06日)

0206drop1.jpg
0206drop2.jpg
今日の神楽坂はいい天気ですが、やや風が強いです。
風がなければ、おだやかな日で散歩日和でしょうね。

午前中に、友人の沖縄土産の「ピーナッツ黒糖」をポリポリと食べていたら、昼になっても食欲がでません。

そんなわけで神楽坂をぶらぶら。そして小栗横丁へ。

「しおさい」か「姿」か「研」か、それとも久しぶりに「トレド」か。悩みながら、結局、神楽坂通りから小栗横丁へ抜ける道にある「Drop」へ。

店内は、丸いテーブル席が、ぽつんぽつんとあります。
それぞれ2つづつありますが、皆一人づつ座って黙々と食事をしています。

どの席も埋まっていたので、カウンターに案内されます。

こちらのメニューは、カレープレートのみ3種類です。

挽肉カレープレート 500円。
エビフライカレープレート 650円。
カツカレープレート 750円。

大盛りは+200円。

『カツカレープレート』を注文しました。
エビとカツは揚げるのに、少々時間がかかるそうです。

料理がくるまでに、店内の壁にかかれたメニューを拝見。

軽くワインを飲むのによさそうな店ですね。

15名から貸し切りで、3000円と3500円のコースがあるそうです。

順番にカレープレートが出来上がっていきます。

私の前に来ていた男性2人とも、やはり『カツカレー』です。

そして、次が私の番。

あらら!

皿には「morimori屋」の文字が。

と、すると、ここはSHUNの系列店?
神楽坂のあちこちに、SHUNの系列店がありますね。


さて、料理は?

カツが、思ったより小さいな。

そして、味が? なんだか、今イチの味。

これは、カレーをまぶして食べてしまいましょう。

ごはんは、けっこうモッチリした感じ。

量は、少なめ。これで、大盛りを頼むと、ごはんが倍。そして、値段が950円。うーん、これじゃ高いな。

軽くスープがつくとよいかもしれないな。

場所:神楽坂3−4
TEL:3266-5955

posted by たきお at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

わしょくや (2009年02月05日)

0205wasyokuya1.jpg
0205wasyokuya2.jpg
今日は「わしょくや」へ。

こちらビルの2階3階とお店があります。
まずは2階へ。

入り口には先客の女性2名が待っています。
待つなら別の店にしようかと思いましたが、店員さんから『片付けるだけですので、すぐあきますから』と声がかかりました。

先客2名さんは3階に案内されてます。

待っている間に、メニューを渡され、注文します。
『厚切りベーコンスライス』850円を注文。

注文して、すぐに3階に上がって下さいと声がかかります。

こういう時、階段かエレベーターか迷いますね。

階段で3階に上がると、男性4人が靴を履いているところです。
皆さんが出終わるまで入り口で待機。

靴を下駄箱にいれると、ちょうど中2階風の席に案内されます。
ここは天井が低いので要注意。

(昨日の心といい、ここといい、酔うと危ない店が多いな)

以前、3階に上がったときは、奥のテーブルでした。
そして、この中2階にいたお客さんの煙草の煙に嫌な思いをしたのを思い出しました。
今日は、だれも煙草を吸っていません。
テーブルに灰皿が置かれているので、禁煙ではないようです。

しばらくして、料理が運ばれてきました。

どどーんとボリュームがあります。

ベーコンも大きいです。
(豆腐は小さいな)

サラダにはドレッシングがかかっていません。
ソースをつけて食べるのですが、ソースの入った入れ物が小さいので、なんだか食べて行くうちに皿の上がぐしゃぐしゃになってしまいました。

ベーコンは味付けがうすいです。
もうちょっと塩とか胡椒とかなにかしら味があった方がいいな。

食べ進めて行くうちに、なんだか飽きてきてしまいます。

味噌汁もビッグ。里芋がまるのまま3個入っています。

ボリュームありますね。お腹が一杯になります。

最後に、馴染みのヤクルトをいただいて終了。

前回の記事はこちら


posted by たきお at 16:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

心 (2009年02月04日)

0204kokoro1.jpg
0204kokoro2.jpg
0204kokoro3.jpg
昨日のランチ帰りに見たメニューで、この店にしてはめづらしいメニューを見ました。

そこで、早速今日行ってみました。

本多横丁にある「心」。

そして気になったメニューは、『豚キムチ小鍋御膳』850円。

こちらの店は、魚料理を食べたくなった時に行くのが多いのですが、今日のメニューで魚は『さば味噌焼き御膳』しか見当たりません。もっとも心御膳にも魚はつくでしょうが。

そして、値段が以前は980円均一だったのが、メニューによりまちまちの料金になっています。

店内に入ると、3階に案内されます。

3階は靴を脱いで上がりますが、中には4階(?)にあがる螺旋階段があります。

ここで飲んで帰る時は、よほど階段に注意しないと落ちそうですね。

テーブル席につき、まよわず『豚キムチ小鍋御膳』を注文。

料理がくるまで、しばし店内を眺めると、飲み放題3時間という張り紙に目がいきます。3時間なんて、長いですね。
1500円コースと2000円コースがあります。どう違うんでしょう。

と、店員さんが、そのコースのメニューを見せてくれました。

1500円コースは、やはりお酒の銘柄指定は無し。2000円コースは、いくつかの銘柄を指定できるようです。

1500円で、八海山あたりを、ぐいぐい飲まれたら、お店もやってられないでしょう。

3階の店員さんは、高田馬場店から応援に来ている人。高田馬場では飲み放題時間は2時間半とかで、3時間は神楽坂だけのようです。

そんな話をしている間に料理が来ました。

鍋の中には、結構肉がはいっています。

かなり熱くなっているので、豆腐などを食べるときは要注意です。

キムチが、やや古いのか?少し酸っぱ味を感じます。
そして、もう少し辛い方が、私は好みです。

ご飯は、いくらでもお替わり自由ですと、さきほどの店員さんがいってくれましたが、お替わりはなし。
ご飯食べ放題でもなー、お腹の許容量というのがありますから。

でも、お替わりして、鍋の中にご飯を入れてオジヤ風にしてたべてもよかったかな。

前回の記事はこちら

禁煙・分煙なし
(煙草の状態とトイレの情報も入れてくれというご要望がありました。
トイレはあまりランチでは入らないので煙草情報だけなるべく入れるようにします)

posted by たきお at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

五十番 (2009年02月03日)

0203gojyuban1.jpg
0203gojyuban2.jpg
0203gojyuban3.jpg
今日はおだやかな日ですね。なんとなく春が近いような感じがします。

神楽坂通りから本多横丁へ曲がる角にある「五十番」へ。

前回は、確か肉まんを食べた記憶があるが、その時の麺が好みではなかった。
今日は定食を選択。6種類ある定食からAの『牛肉とピーマンの炒め』900円を選ぶ。
これが、一般的な青椒肉絲(チンジャオロース)ではないんだな。(と、後でググってわかる)


青椒肉絲は、ピーマンと肉の細切りを炒めたものだが、一般的に漢民族は肉といえば豚肉を指すらしい。(Wikipediaより)
今日のランチは牛肉なので、青椒牛肉となっている。

料理が1階から運ばれてきた。
どれも熱々。

ご飯はお替わりして下さいと言われる。
確かに見た目は少なそう。

『牛肉とピーマンの炒め』も味はいいですね。

結局お替わりせずに食べ終わった。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

たんたん (2009年02月02日)

0202tantan.jpg
昨日までの強風がおさまり、今日はおだやかな日ですね。

大久保通りの新小川町交差点にある「たんたん」へ。

店内は、カウンター席と4人掛けテーブル席2つ、そして4人が座れる小座敷があります。
すでにテーブル席は3人の女性組、3人の男性組が入っています。

テーブルの上には灰皿が置いてありますが、だれも煙草をすっていません。
狭い店なので、一人でも煙草を吸っていると、煙が気になるでしょうね。

日によっては、まぐろ丼+何とかというのが、あるのですが、今日はなし。素直に『まぐろ丼』630円を注文。

小鉢は、冷や奴と、コンニャクの田楽です。
コンニャクは白と黒の2種類、味噌がいい味だしてます。

まぐろ丼もいつものようにおいしい。
まぐろとご飯の間にあるジャコが、アクセントになっています。

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。