リサイクル (2009年09月18日)

0918ricycle.jpg
ランチには関係ありませんが、今回は新宿区のリサイクルセンターのご紹介。
高田馬場にあるリサイクルセンターの「もいちど倶楽部」では、個人が無料でリサイクル品を出品する事が出来ます。

出品するための資格は、在住・在勤の方。センターに利用登録をし、出品予約をすると指定された日に20品まで出品する事ができます。(衣類は7品まで)

それで、今日が予約の日だったので、高田馬場まで行ってきました。

出品方法は簡単。

出品したい品物を持って指定された日に行きます。
受付で登録証を見せると、出品申請書と品物につけるタグ、タグに貼るバーコードが印字されたラベルが渡されます。

あとは、申請書に品名、対象者(女・男・子)、色柄、希望価格を記入して行きます。申請書には、日付、署名、合計金額も書き入れます。
番号が1から20振られていますので、それにあうようにタグにもバーコードシールを張り、品名、色柄、希望価格を書き、品物に付けます。

全部終わったら係の人を呼び、チェックしてもらいます。

チェックが終わると、申請書のコピーを受け取って出品作業は終了。


値段は自分で付けますが、わからない時は素直に係の人に相談。あるいは、事前に2階の売り場で他の人の値段を確認するのも手です。

後は売れ残らないのを願いつつ、精算の日まで待つだけ。

ね、簡単でしょ。

あとは、指定された精算日時(4週間後)に売れた代金を取りに行きます。

フェアとかで貰った文房具とか机の中でたまってませんか。
使わないけど捨てるのももったいないというものは、どんどん出してしまいましょう。

小さい文具が詰め合わせになったような、絶対使わないだろうなと思われるのが、意外と売れたりするのはびっくり。

以前、洋服の青山とかでもらったハローキティのお皿とか、みんな出してしまった。

リサイクルセンターのサイトをご覧下さい。

http://www.shinjuku-rc.org/

で、ここに出ている写真はというと、1階で包丁研ぎとかもやっています。洋服の直しも出来ます。こちらの担当者は神楽坂在住の方、地元中学の先輩です。

さらに、家具の再生したものを販売しています。

自宅で使っている家具よりずっと奇麗で、しかも安いんですよね。

さて、次回行くのは4週間後ですね。
posted by たきお at 17:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

ゑーもん (2009年09月17日)

0917emon.jpg

今日は朝からお客との行き違いでイライラ状態、そんな中「ゑーもん」へ。

注文したのは、『豚バラ肉と彩り野菜のせいろ蒸しランチ』890円です。
以前食べておいしかった記憶があります。

豚肉と野菜が一緒に蒸されています。
まずは、豚肉をポン酢につけて頂きます。

いい味です。といっても味付けをしてある訳でなく、ただ蒸してあるだけですが。

野菜も、じゃがいも、カボチャなどなど、豚肉の下には大量のキャベツ。

結構野菜でお腹一杯になりました。

前回の記事はこちら

場所:神楽坂5−32 中河商事ビル1階
TEL:5206-8841
posted by たきお at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

庵庭 (2009年09月16日)

0916antei1.jpg
0916antei2.jpg
今日は暑いですね。

コメントで鍵さんお薦めの「庵庭」へ行ってきました。

場所は、牛込中央通りで、ラ・ヴォルパイアさんの隣の建物です。
店内に入ると、まずカウンター席で椅子が6個あります。
奥には、4人掛けのテーブル席、そして小上がりの座敷。

先客は、誰もいません。

カウンターに座り、ロールキャベツのメニューを見ます。

店の入り口の戸にロールキャベツのAセット、Bセット、Cセットとあり、詳しくは書かれていません。
カウンターの上に、その違いが書かれています。

Aセットは、ロールキャベツ1貫(トマト又はコンソメ)500円
Bセットは、ロールキャベツ2貫(トマト又はコンソメ)850円
Cセットは、ロールキャベツ2貫(トマト1貫、コンソメ1貫)850円です。

ご飯の大盛り、お替わりは+50円。

最初にサラダ、小鉢が出てきます。

サラダドレッシングは、やや酢が多く、酸味が強い。

サラダを食べ終える間もなく、ご飯とロールキャベツがでてきます。
注文したのはCセットですので、ロールキャベツがそれぞれの器に入ってきます。
Bセットの場合は、一皿に乗ってくるようです。

ロールキャベツは、やや大きめ。

トマト味は、ケチャップの味が強いです。
コンソメは、やや味が弱い感じ。
カウンターの上には、ブラックペッパーの瓶が置かれていますので、お好みにより自分で味を調整するんでしょうか。

ご飯は、少なめです。女性向けで、男性には物足りないかもしれない。

ロールキャベツが残っている状態で、ご飯がなくなってしまいました。

後から入店したご婦人2人、『ご飯少なめで』と言ってますが、最初から十分少なめです。

場所:新宿区細工町1−20
TEL:3260-7989
posted by たきお at 14:15 | Comment(22) | TrackBack(0) | 日記

花かぐら (2009年09月15日)

0915hanakagura1.jpg
0915hanakagura3.jpg
0915hanakagura2.jpg
なんだかはっきりしない天気の神楽坂です。

ほぼ2年ぶりのお店「花かぐら」へ。

以前は接客も悪く、料理も冷め冷めだったので、あまり行く気が起きなかったお店です。
今回はどうなることやら。

店内に入ると、奥に案内されます。

段差のある廊下を進むと階段があります。
その階段を上り案内された席、まるでロフトというか屋根裏部屋というか。まともに立つ事のできない天井の低さ。
階段を上がった左側にはすでに2組のお客さん。
右側は2人テーブルと4人テーブルがあり、いずれも空いています。

手前2人テーブルに座ろうとすると、奥へどうぞと言われる。

しかし、この間は梁があり、一段と低くなっている。
背をかがめても、頭をぶつけそう。

しらふの時はいいが、酔っぱらった場合はどうなる事やら。きっと大勢の人が頭をぶつけているに違いない。

なんとか席にすわり『旬菜ランチ』900円。

料理がでてきました。が、お茶はでてきません。

またか!前回来た時もお茶は忘れ去られていました。

しばらくして、お茶とお絞りがでてきました。

順番違うだろ!

料理はというと、左上にあるのがハンバーグ トマトソースかけ。
トマトソースの上には、茄子を輪切りにした上にパルメザンチーズがのっています。皮付きのじゃがいも2切れと水菜が脇にのっています。
トマトソースが多くて、ハンバーグの味はよくわかりません。形からすると冷凍物のハンバーグか?

右奥にあるのが、さんまの竜田揚げ みぞれあえ。

もう大分前に作りおきしたもの、冷めきっています。

サラダはなんだかベチャとしています。メニューを後で見ると、シーフードとクレソンの胡麻サラダとなっています。へーそうだったんだ。

味噌汁は、具がキャベツとニラ。

デザートは、みかんのゼリー。

店の前のメニュー見ると、いろいろ食べられそうでおいしそうな感じを受けます。

が・・・

次に行くのは、また2年後かな。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−1
TEL:3260-0767
posted by たきお at 14:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

インドール (2009年09月14日)

0914indool1.jpg
0914indool2.jpg
0914indool3.jpg
外堀通りの「インドール」です。

カウンターが10個ほどのお店で、先客はお一人。
お客が多いと食べづらいので、お一人は有り難いですね。

奥のお客さんが帰る時は、全員体を前に傾けないと、後ろを通れません。

譲り合いの精神がないと、この店ははいれません。

カウンターの真ん中、オヤジさんの目の前にすわり、『生姜焼きとライス普通』700円を頼みます。

生姜焼きは550円で、ライス普通が150円です。
(ライス少なめは100円、大盛りは200円です)

味噌汁系が欲しい方は、別に豚汁が50円となっています。

目の前では、オヤジが黙々と焼いています。
この店で愛想なんぞを期待してはいけません。

料理が出来て、ライスを受け取ります。

普通盛りでも、結構量があります。大盛りだと、きっと皿に山のようになるんでしょう。

半分程食べ終えたところで、オカミさんが小声で『サービス』と言って小皿を渡してくれます。

皿の上には、冷や奴、茄子、トマト。

このサービス、いつも出てくるタイミングが微妙です。もう少し早く出てきて欲しいものです。

ひょっとして忘れているんじゃないのと思う事も有りますが、忘れられた事はなく、きちんと出てくるんですね。

で、必ず出るのになんでサービスなんだろう?全品小皿付きとでもしておけばいいのに。

後から入店し、『カレー』を頼んだオヤジさんには、レタスやキャベツがたっぷりのサラダ系のサービス。

その後の『生姜焼き、普通ライス、豚汁』の若い彼は、『冷や奴、ほうれん草の2品』。

どうも隣の彼が、ちらちら私の方も見ると思ったら、サービスが1品私の方が多かったんですね。

ここは、そんな事は当たり前、人のは見ない見ない。

だって、私の前の人はピーマンが乗ってたもん。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂1−14 東邦ビル1階
posted by たきお at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ラ・カパンナ (2009年09月11日)

0911capanna1.jpg
0911capanna2.jpg
0911capanna3.jpg
救急方法を教わって後、大久保通りを新宿方面へ。

お目当ては「プラテーロ」の前にある「ろびん」へ。
店の前にメニューが掲示されています。

メニューみて入るのをやめ、大久保通りにある「ラ・カパンナ」へ。

窓際の席にすわり、『ビーフシチュー』850円を頼みます。

まずは、熱々のわかめスープ。熱くてなかなか飲めません。

そしてサラダ。スープをようやく飲み終え、サラダを食べ始めた頃、ビーフシチューが出てきました。

パンはガーリックトースト。

シチューは、やや冷め。スープがあまりに熱かったので、よけいこちらが冷めた感じがします。

肉はよく煮込まれていますが、味がなにか今一つ。
『イカとオクラとアスパラのペペロンチーノ』にしとけばよかった。

食事を終えて、店のママさんと絵画談義。

ちょうど店の壁に神楽坂をスケッチした絵が飾られ、販売もしています。
2階にある絵は、どれも1万円。

え〜1万。お店を写生したものもあります。カパンナさんは、いただいたそうですが、他の店ではとても買う気にならないと言ってました。確かに、私もこの絵は買わないだろうな。

前回の記事はこちら

場所:新宿区岩戸町19−9
TEL:5228-3656
posted by たきお at 17:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

救急フェア (2009年09月11日)

091qq1.jpg
0911qq2.jpg
0911qq3.jpg
朝方、厚生年金病院の前を通ると、消防士の人がなにやら配っています。
そのそばの立て看板に『牛込救急フェア2009』と書かれています。

開催時間を聞くと、午後1時くらいまでというので、さっそくランチ前に行ってみました。

先客2人。病院にいらした人に皆声をかけて体験してもらってるようです。外からわざわざ来たのは私ぐらいか。

いよいよ私の番。若い消防隊員さんが教えてくれます。

まずは、倒れている人の意識があるかないか確認。

次は息をしているかどうか確認。

他の人に指示。
『あなた119番通報して下さい』
『あなたAEDを持ってきて下さい』

この『あなた』 大事です。
社会心理学の本を昔勉強しましたので、わかります。
誰か119番して下さいと言ってはいけないんです。
言われた人は、誰かがするだろうと思ってしまい行動を起こさないんですね。あなたと名指ししなきゃいけません。

さすが消防士さんわかってます。

次に気道確保。

人口呼吸を2回。
そして心臓マッサージ。1分間に100回のペースで30回、胸が4cmほど沈む位で行います。

AEDが、到着したらAEDをセットし、音声ガイダンスにしたがい操作を行います。

それでもだめなら、再度人工呼吸、マッサージを繰り返し、救急隊がくるまで続けます。

救急隊は平均で大体6分くらいで到着するそうです。

一通り説明を聞き、いざ心臓マッサージをやってみました。
1、2、3・・・30。結構疲れます。

これを6分間やったらこちらが倒れてしまいそう。

いい体験になりました。

皆さんも、こういう機会があったら、ぜひ参加してみて下さい。


posted by たきお at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Royal Host (2009年09月10日)

0910royal1.jpg
0910royal2.jpg
0910royal3.jpg
0910royal4.jpg
0910royal5.jpg
先日ご紹介した兵庫横丁のパン屋さんの前にご婦人方の集団が。
お店の説明に聞き入ってます。

なんか邪魔だなと思って良く見ると見知った顔が。
月に2回程、陶芸を習いにきている奥様方で、教室の終わったあとでランチをしている人達です。

以前は「桃仙峡」で食事をしている時に遭遇した人達でした。
「桃仙峡」の記事はこちら

これから「葉歩花庭」で食事をするというので、道を教えて別れます。
(結局、葱屋みらくるにしたと後からメールがきました)

そんな彼女らと別れ、「ろばたの炉」へ。

ところが満員。しかたなしに向かいにある「ロイヤルホスト」へ。

こちらの店は3割くらいの入りです。

さて、何を食べるか。

こういうファミレスはメニューが一杯あってどれを頼むか迷いますね。

結局日替りになってしまいました。

今日の日替りは『海老フライ&グリルチキンの南蛮ソースとコロッケ』997円です。

最初にドリンクバーで飲物を。

グラスを取ると、汚いですね。なんだかどれもこれも汚い感じがします。

何個かチェックして一番まともそうなグラスを選びます。
もっともカゴに伏せておいてあるのを一つ一つ手にしてみるわけにいかないので、底がきれいそうなのを選んだだけですが。

ドリンクを飲んでいる間にスープそしてその後に料理がでてきました。

スープはコンソメスープ。料理はなんだかごちゃと乗ってます。
昔のまちの西洋レストランにでてくるようなスパゲッティナポリタンがついてきます。やや乾燥気味で、ぐるぐるフォークで巻き付け、ぼそぼそと食べる感じです。

料理自体も、まあ大して期待してなかったので、こんなものか。

最後にコーヒーをいただき、店を後に。

ドリンクを沢山飲めるのはいいが、これで997円か!

場所:新宿区神楽坂3−2 
TEL:5228-4415

前回の記事はこちら

posted by たきお at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2009年09月09日)

0909piman.jpg
「上海ピーマン」へ。

今日のサービスランチは『ラーメンと半炒飯』800→700円。
通常800円が700円となっている。

でも、通常ラーメンセットは750円なんだが?

店内に入り、一番手前のテーブルに座る。ちょうど5つある4人掛けテーブルにそれぞれ一人づつの状態。
これは、後から入ってくる人は必ず相席になるな。

席に座りながら、奥のおばさんにサービスを頼みます。

お茶はテーブルの上のポットにあるので、わざわざおばさんは出てきません。待っていると、なかなか注文ができなくなります。

しばらくして、料理が出てきます。

シンプルなランチです。

こちらのラーメンは、昔ながらというか、中華そばあるいは支那そばというのがピッタリのラーメンです。

隣の席の人の会話だと、こちらで炒飯を単品で頼むと、ラーメンのスープがでてくるとか。

なんとなく想像できるでしょうか。

具には、支那チク3本、チャーシュー1枚、海苔1枚が入っています。

炒飯は、いつもはおいしいのだが、今日は何やら塩が足りない感じ。

お客さんは、途切れる事無く来店。しかし、うまいことに次々と入れ替わり、相席になったのは、某宅配便のお兄さんと女性の席だけ。

回転がいいですね。

場所:新宿区神楽坂5−35
TEL:5261-0481

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

兵庫横丁にパン屋さん パン・トライアル (2009年09月08日)

兵庫横丁で内装工事していた家にパン屋さんがオープンしました。

名前は「パン・トライアル」

日光金谷ホテルベーカリーのロイヤルブレッドとチーズロードを、9月17日から販売。(販売は11時から)

それに先立ち、今日8日から予約受付が始まりました。

ロイヤルブレッド 1斤半 525円
チーズロード 1斤半 630円

他にも、冷凍パン生地も販売されるようです。

400g生地 460円(食パン1斤)
200g生地 230円


10月からはパン教室も開催されます。(定員4名)

1回2時間 2500円(冷凍生地2個付き)

お店の人によると男性も歓迎。焼き上がったパンでワインを飲む。

いいねー。引かれます。申し込んじゃおうかな。

場所:新宿区神楽坂4−2 三杉102
TEL:6324-8176

posted by たきお at 13:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

つみき (2009年09月08日)

0908tukusi1.jpg
今日も暑いですね。

三菱東京UFJ銀行向かいにある楽山ビルの3階「つみき」へ。

店内は空いています。窓際のテーブルに一組、中の2人掛けテーブルに1組しかいません。

本来ならカウンター席に案内されるとこでしょうが、これだけ空いているとので2人掛テーブル席に案内されました。

今日の日替りは『鰺』。

昨日魚料理だったので、今日は肉に。

『肉御膳 鶏の唐揚げ』980円を注文です。

小鉢は、『茄子の煮浸し』が、今日は『旬の野菜の煮浸し』になっているというので、それを頼みました。

『お待たせしました』という声とともに出てきたのは『鰺』。

あれ?肉を頼んだんだけど。それに小鉢は豆腐がのっています。

どこかと間違えたようです。

鰺が引っ込んで、しばらく時間がたってようやく料理が出てきました。

肉の注文は通ってなかったのかな?


旬の野菜の煮浸しが気になります。野菜は、トマト、おくら、パプリカです。
トマトもおくらも、結構大きめです。薄味がおくらによくしみ込んでいます。トマトもおもしろいですね。

パプリカも、他の野菜にあわせて、もう少し大きめにカットされていればバランスいいのに。

唐揚げは、衣が固くなく、とってもジューシーです。

サラダは和風のドレッシングが、たっぷりかかっています。

ご飯をお替わりしたくなりますが、やはりやめておこう。

場所:新宿区神楽坂4−3 楽山ビル3階
TEL:5206-8647

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

新富寿司 (2009年09月07日)

0907sintomi1.jpg
朝夕は涼しいのですが、昼は暑いですね。
ただ、暑いといっても夏真っ盛りの暑さとは違い、どことなく秋を感じます。

本多横丁から路地を入った「新富寿司」。
本多横丁から路地を覗くと、男性3人が出てきました。

これで満員で断られないでしょう。

店内に入ると、カウンター席は男性客で満杯。皆さんなぜか『ちらし寿司』900円を食べています。

奥の座敷も一杯です。
ちょうど4人掛のテーブル席があいていますが、また片付けが終わっていません。

ちょっと待ってから席に着きます。

いつものように『和定食』900円。今日は『えぼだい』です。

魚は、いつも通りの大おかみの煮付け。おいしいですが、やや小さい。

お新香も、古漬けで酸っぱい。味噌汁は、これも定番の蜆の味噌汁です。

最後にフルーツが出てきました。今日のフルーツは梨2切れ。

こちらの和定食ははずれがないですね。

前回の記事はこちら

場所:神楽坂4−4−17
TEL:3268-2644
posted by たきお at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

GRATO (2009年09月04日)

0904grato1.jpg
0904grato2.jpg
0904grato3.jpg
0904grato4.jpg
0904grato5.jpg
0904grato6.jpg
今日はちょっと足を延ばして、線路向こうへ。
JR飯田橋駅東口を越えたところの角にある靴屋さん「鈴忠」で買い物。
以前から靴はここで買っています。
結構安いんですよね。

その前に新しく出来た飯田橋プラーノモールへ。

ビルの案内掲示をみても、どの店がどこにあるかよくわかりません。
1階、2階となっていますが、そもそも1階がどこ?

道路沿いにある店は1階でしょうが、中の方はちょっと降りたところは地下なのか1階なのか?そして2階は?

とりあえず周りをぐるっとしてみることに。

と、イタリアンのお店が。

本当は掲示板で目星をつけていた店は違うのですが、ランチ850円にひかれて入店してみる事に。

店内新しく、店員さんもおしゃれ。

こちらの店は分煙されているようで、最初に『お煙草は』と聞かれます。

『お客様ご案内しまーす』の声とともに席に案内されます。
道路側の窓に面した2人掛テーブルにすわります。

日替りパスタを注文。今日の日替りは『ベーコンとアスパラガスのトマトソース』です。

ランチのパスタは、大盛りかパンのどちらかが無料です。

大盛りを頼んで外れだったら厭なのでパンを注文。

ドリンクも付きます。これで850円です。

注文後、すぐにサラダとパンがきます。

サラダは、普通のドレッシングですが、ラタツーユが上に乗っています。

パンは一見食パンを四つ切り、しかし、ミルクが多いおいしいパンです。
最後にトマトソースをつけてパンを食べようと思ってましたが、どうやらそのまま食べた方がよさそうなパンです。

サラダを食べ終え、それほど待たずにメインが出てきます。

これで普通盛り、近くの男性は大盛りを食べています。
見渡すと、男性はやはり大盛りが多いみたいですね。

味は、まあ普通でしょうか。これなら大盛りを食べても大丈夫です。

最後にコーヒーをいただいて終了。

こちらの店はフロアの店員さんの動きがいいですね。

料理が提供される間隔もいいし、水も半分ほどなくなるとすぐに注ぎ足してくれます。

神楽坂だと、これで1000円取られてしまう店がありますが、それと比べると850円はお得です。

場所:千代田区富士見2-7-2 飯田橋プラーノモールBゾーン108
   線路沿いの道に面しています。
TEL:6268-9062

posted by たきお at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

焼豚足 (2009年09月03日)

3日放送の日本テレビ『ケンミンショー』で福岡県民が親しむ料理として焼豚足が紹介されていました。

その焼豚足が食べれる店が東京にできたというので、「ぶ吉」が紹介されていました。

ランチメニューは『焼豚丼』800円と『炊き豚足膳』900円の2種類です。

テレビ放送されたので、暫くは混雑するのでしょうか。

「ぶ吉」の記事はこちら

posted by たきお at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

だいこんや (2009年09月03日)

0903daikon1.jpg
0903daikon2.jpg
0903daikon3.jpg
今にも雨が降ってきそうな空模様の神楽坂です。

三菱東京UFJ銀行の斜め向かい、みずほ銀行のATMがあるビルの2階の「だいこんや」へ。

店内は8割方の入り。大きなテーブルが、一人客などの相席用になる場合が多いのですが、そのテーブルは満席。窓側の2人掛けテーブルも満席ですが、4人がけテーブル2つのうち1つがあいていました。

もう一つは女性客一人だけ座っています。きっと混んでくると相席になるんでしょう。

その席に相席?あるいは空いている4人掛けテーブル?

入り口で躊躇していても、店員さんは誰も気がついてくれません。

入り口近くにいる女性店員さんは、一心不乱にお盆を拭いています。
もう一人は奥のテーブル席に行っています。

暫くして、ようやく奥にいた店員さんが気がついてくれました。

あいているテーブルに案内されました。

速攻で注文しようとしても、店員さんはすぐに離れて行ってしまいます。

次にお茶を持ってきてくれて、そこでも注文を受けてくれません。

もう!!

注文する料理は外にあるメニューを見て決めてあるのに!

で、ようやく注文を取りにきてくれました。

ようやくの事で『本日の肉御膳』1000円を頼みました。
今週初の肉料理だな。

お肉は『牛ロース網焼きの豆枝葱だれ』です。

ごはんは、白米、玄米、炊き込みごはんのうちから選択できます。
今日の炊き込みご飯はしめじ。

昨夜の自宅もしめじの炊き込みごはん、味噌汁の中にもしめじだったので、炊き込みご飯はやめて白米にします。

料理は、割と早く提供されます。この位だとお客の回転もいいんでしょうね。但し、魚料理はどうだかわかりませんが。

料理そのものは、まあ普通でしょうか。これで1000円はちょっぴり高い?

場所:神楽坂4−3−15 煉瓦塔ビル2階
TEL:3235-2520

前回の記事はこちら


『首都高と阪神以外の高速道路が無料に』

これって他の高速は皆無料だと思ってたら、違うんですね。
一部有料のところもあるそうで。
posted by たきお at 15:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

藤や (2009年09月02日)

0902touya1.jpg
0902touya2.jpg
0902touya3.jpg
今日は涼しいですね。

久しぶりに「藤や」へ行ってみる事に。

その前に銀行へ寄って記帳してから、大久保通りを新宿方面へ向かいます。

途中の「源治」でもいいかなとか考えましたが、初志貫徹。

店に入ったのは、すでに12時40分ほど。

まだ、お客さんは結構います。

入り口側のカウンター席に座り、今週は魚が続いていたので『メンチカツ』730円を注文。

『メンチカツ終わっちゃいました』

んー、あと肉というと『ヒレカツ』と『生姜焼き』しかありませんが、ヒレカツや生姜焼きという気分ではありません。

そこで『まぐろぶつ』730円を注文。

ところが、『まぐろもないんです』

仕方なしに『新さんま』850円を頼みました。

秋刀魚は新さんまと開きと有りますが、やはり新さんまでしょう。

冷や奴とお新香はすぐ出てきましたが、秋刀魚はなかなか出てきません。

一度焼いてあるのを温め直すのではなく、生の状態から焼いているようです。

時刻が1時になって、ようやく出てきました。
約20分の待ちです。

店員さんの『焼くのに少々お時間がかかります』この一言欲しいですね。

秋刀魚は、焼きたて熱々でじゅうじゅういってます。

おいしいですね。やはり旬のものはいいです。

味噌汁はわかめと油揚げ、具は沢山はいっているが、汁が少なめ。



あとから来た男性がカウンターの隣の席に座り、『ヒレカツ』を注文。ところがこれも無し。

なあんだ、ヒレカツもなかったんだ。

そして、私と同じで『まぐろ』を注文。はい、これも無し。

さあ、次は何を頼むんだ。内心『メンチカツ』を頼んだらおもしろいなと思いながら耳を立てます。

期待に反して(?)、『鯖』を頼んでました。


ちょっとランチに時間をとられました。

場所:新宿区岩戸町11
TEL:5227-1622

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

蛍の火 (2009年09月01日)

0901honoka1.jpg
0901honoka2.jpg
0901honoka3.jpg
今日は昨日とうって変わって暑いですね。

軽子坂にある「蛍の火」へ。

店の前にメニューがでています。
以前あった二段重とか三段重とかは、なくなったようです。

『鶏と野菜の煮おろし定食』900円にしようと決めて店内に入ります。

店内はカウンターは一杯ですが、奥のテーブル席は2組ほどしかいないので、空いています。

奥のテーブル席に案内されました。

女性店員さんが注文を取りにきますが、メニューを示して、『一番下のは終わってしまいました。』

え〜。それにしようと思ってたのに。


終わったのなら、消しておいて欲しいな。
他は、あまり興味を引かれないですね。

それでも仕方なしに『鯖煮付け定食』900円を注文。

料理がでてきました。なにやらお盆の上にたくさん乗っています。

鯖は、味噌煮と思ってましたが、醤油で煮てあります。

それほど辛くなく煮付けられています。切り身も小さいながら2切れ。

小鉢は、根菜を中心に煮たもの。魚のアラらしきものが入っています。

もう一つの小鉢も、こちらも魚を煮たもの。

ちょっと同じものがかぶっていますね。

以前は、サラダやフルーツが付いていましたが、これはなくなり生卵がついています。

ごはんは白米か十六穀米かが選べるようですが、私が注文した時は何も聞いてくれなかった。

お重がなくなり、「心」や「てけてけ」などと、似たような定食になってきましたね。

場所:新宿区神楽坂3−1 あさひこビル1、2階
TEL:5261-0845

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:32 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

たんたん (2009年08月31日)

新小川町交差点にある「たんたん」。

他には、海鮮丼1300円、肉高菜丼730円とあるが、ちょうどポケットには700円。
それでは、定番の『まぐろ丼』630円。

安いですね。

いつものように小鉢2つとお新香、味噌汁がついています。

小鉢の一つは冷や奴、もう一つは高野豆腐と糸コンニャクの煮物。薄味で仕上がっています。

前回の記事はこちら

場所:新宿区筑土八幡町2−1
TEL:3260-2738
posted by たきお at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鮒忠 (2009年08月28日)

0828funacyu1.jpg
0828funacyu2.jpg
暑いですね。昨日は日差しが強かったのですが、風が爽やかでした。しかし、今日は暑い。夏に逆戻りした感じです。
昨日は神楽坂を下の方に行ったので、今日は上に行こう。

と、歩いていると鮒忠の看板が道路端に立てかけてあるのに目がいきました。

『ヒレカツと大海老フライ』880円。

それでいいやと、店の前まで行くと、今日の日替りのサンプルがでていました。こちらも海老フライ、鰺フライ、そしてなにやら丸いもの。

店内に入り、席に座ると、さっそく店員さんに質問。

『日替りとヒレカツのとはどう違うの?』

『ヒレカツはカツにジャンボ海老フライが2尾、日替りは海老フライとアジフライとメンチカツです』

なるほど!日替りは普通に海老フライ、もう一つはジャンボと強調していた。どの位大きいのか、やや興味はある。

が、日替りを注文。

だって700円で、値段が180円も違いますから。

料理を待つ間、こまめに麦茶を注いでくれる。

けっこう気の付く店員さんである。

料理が出てきました。店内、薄暗いので写真がうまくとれるか心配。他の人の迷惑になるといけないので、フラッシュは焚かない。

ややボケぎみだが、まあなんとか撮影できた(かな?)

揚げ物は、衣がからっと揚がっている。以前食べた竜田揚げのように油がベシャということはない。
アジフライも比較的大きく、骨もあまりなく食べやすい。

メンチカツが、やや柔らかい。もう少ししっかりして噛みごたえのある方が好みではある。

海老フライもジャンボでなくて、この大きさで充分。

味噌汁は、お麩とわかめ、小鉢はひじきでした。

場所:新宿区神楽坂5−34−1
TEL:3260-6323

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

南山 (2009年08月27日)

0827nanzan1.jpg
0827nanzan2.jpg
今日は日差しが強いですね。

盛岡冷麺の店「南山」へ。

エレベーターで2階にあがります。
店内に入ると、どうやら席がありそうです。

が、店員さんが出てきません。

ずんずん中へ入り、ようやく店員さんに見つけてもらえました。

なかほど左側に6人掛けのテーブルが、ちょうどお客さんが帰ったようで、片付けをしていました。
奥にも4人掛けテーブルがあり、2人すわっています。そこの相席でも構わないのですが、どうやらこの6人掛けのテーブルに席を用意してくれるようです。

席が片付き、奥の席にすわり、『盛岡冷麺』950円を注文します。

その後、すぐに女性客が来店相席となります。
女性は『盛岡冷麺大盛り』を頼んでいます。

そうでした。この店が出来た頃来店して量が少なかったのを思い出しました。あのころはあまり知られていなくて、ほとんどお客さんがいなかったのに、今はどんどん人が入ってきます。
女性の比率が7割くらいでしょうか。

女性一人だけでも入りやすいお店なのでしょう。何人かは、一人客です。

料理が出てくるまで、しばらく時間がかかります。

お隣さんとほぼ同時に料理がでてきます。

大盛りと普通とどう違うのかが、よくわかりません。
麺が少し多いのかな。

麺は丸くまとまり、女性の髪の毛のお団子のような形をしています。
上にゆで卵半分、葱、胡麻がかかっています。

すみには、薄い西瓜が。

以前と違い、サラダ、小ライス、そしてデザートがついています。

さっぱりして、この暑い日には最適ですね。
盛岡冷麺は、他ではあまり食べませんが、麺の太さはどうなんでしょう。少しばかり太めのような気がします。

デザートの杏仁豆腐には、桃かなにかのフルーツのソースがかかっていて、さわやか感を演出しています。

それほど、量は少ないとは感じませんでした。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂2−11−1 第83東京ビル2階
TEL:5228-4363
posted by たきお at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。