Zensai-ya(山吹町) (2009年11月18日)

1118zensai1.jpg
1118zensai6.jpg
1118zensai2.jpg
1118zensai3.jpg
1118zensai4.jpg
1118zensai5.jpg
いい天気になりましたね。

6丁目のイタリアンの記事に対して、コメントではなくメールを頂きました。
その中で、お薦めの店として書かれていたのが、この「Zensai-ya」。
神楽坂ではありません。住所は山吹町、最寄り駅としては神楽坂駅の矢来口と江戸川橋駅の中間位でしょうか。早大通りにあります。

神楽坂から直接行くと、結構遠いので、高田馬場の用事の帰りに行きました。

混むので、12時半位がいいと聞いていましたが、着いたのが12時をやや過ぎた頃、それらしいお店を見つけました。店名がややわかりづらい店です。店の上の看板にローマ字で店名が書かれています。下から見上げると、店名がわかりづらいです。

店内に入ると、右側にカウンター席があり、こちらが空いていました。奥と左側にはテーブル席があるようです。

カウンターに座り、あらかじめ表に貼ってあったメニューで決めていた『真だこと青じそと竹の子のペペロンチーノ』890円を頼みます。
別にセットで『カイザーロール』というパンとドリンクのセットが150円でつけられます。

折角遠くまで来たので、ドリンクをコーヒーでセットをお願いします。

最初に、メニューでは気がつかなかったのですが、サラダが出てきました。
ドレッシングに混ざっている茶色の粒々が、アクセントになっておいしいです。

サラダを食べ終えると、パンが出てきます。
メインが出てくるまで、とりあえずお預けしときます。

後から来て、隣に座った男性はさっさとパンを食べきっています。アマトリチャーナを頼んでいましたので、パンはパスタのソースをつけて食べればいいのにと、人ごとですが思ってしまいます。(余計なお世話か)

お客さんが、次々と入ってきます。結構奥の方はキャパがあるようです。

フロアの男性が、テキパキと接客しています。いい感じです。

そろそろパスタが来るかなと思い、パンを食べ始めます。

と、いきなり左後ろからパスタが出てきました。

男性店員さんが、お客さんの精算をしていたので、まだ出て来ないと思ってたのですが、女性の店員さんが持ってきました。女性店員さんがいるとは気がつかなかった。

本来は男性が持ってくるようですが、忙しいとこの女性が持ってきます。この女性はサラダとかを奥で作っているのでしょうか。

パスタを作っているのは、カウンターの中の男性2人です。休む事無くパスタを作っています。

さて、パスタですが、麺が太い。メニューにも極太熟成生パスタとあります。

もちもちしていて、おいしいです。そして、青じそがサッパリ感を演出します。
大きめの竹の子と、真だこの食感がいいです。
ニンニクが結構効いています。唐辛子は見当たりません。

この味でしたら、他のトマトソース系、クリームソース系、ミートソース系と全種類食べてみたいですね。

パスタを食べ終え、少し残っていたパンを食べようとしているところで、コーヒーが出てきます。

実にいいタイミングです。

ゆっくりコーヒーをいただき、ご馳走さま。

混んでも回転がいいと聞いていましたが、確かにそうかもしれません。
しっかりした接客で好感の持てるお店でした。

味もよかったし。

ただ一つ問題が


それは


遠〜い。

この店が神楽坂にあったらいいのに。

この店を紹介してくれた方のブログです。
こちらもご覧下さい。
「美しいMONO発見!」
場所:新宿区山吹町81 コーポラス81ビル
TEL:3269-1565


『高原キャベツのペペロンチーノ』590円というのがあります。キャベツのペペロンチーノか、自宅で作ってみようかな。



posted by たきお at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

おまけ:事業仕分け (2009年11月17日)

ランチに出遅れてしまった文科省のHPはこちら↓です。

http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

『この事業仕分けを契機として、多くの国民の皆様の声を予算編成に生かしていく観点から、今回行政刷新会議の事業仕分けの対象となった事業について、広く国民の皆様からご意見を募集いたします。』

だそうです。

あまりに廃止が多いので、アンケートを募集しはじめた。
あせって資料をスキャンしてのせたので、黒く潰れて見えない資料も多々。

省庁の職員に内緒で自宅から意見をあげるようにしていたらどうなるんだろう。これが国民の意見ですってなっちゃうんですかね。
ま、職員も国民の一人ですけど。

女性の方々、「国立女性教育会館」なんてご存知でした。

「子どもの健康を守る地域専門家総合連係事業」なるものを見てみると、担当正職員人件費が40万6千円(0.1人)なのに概算要求は100万円と切り上げられている。それを含む事業費全体の概算要求は1億1千5百万。
事業費の中には職員旅費が53万9千円も含まれている。

事業の内容は別にしても、年収が約400万の人が、その仕事にかかわるのが年に約1.2ヶ月(約24日か?)、その間に各地に何日出張するのかわからないが旅費を53万かけて1億の仕事をするのです。

すごいですね。
まるまる24日出張するとして、民間企業で53万も旅費ってでますかね?
しかも事業費の大部分の1億円超は都道府県に委託して、明細等何もなしですからね。

事業の目的も内容も私の個人的意見ではまったく不要だとおもいますが、これは皆さんいろいろ意見がおありでしょう。

一度お時間のある時にご覧になる事をおすすめします。


くれぐれも、ランチに遅れてランチ難民にならないように、ご注意を。


posted by たきお at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

みそ神楽 (2009年11月17日)

1117misokagura.jpg
寒いですね。

文科省が、事業仕分けに対し、民間から意見募集をするためHPを立ち上げました。一部ニュースで取り上げられていますが、詳細はどうなんだろうと見ていたらランチに出遅れてしまいました。

表は雨がふりしきり、風がとっても冷たい。
これは温かいものを食べなくては。
そこで思いつくのが「葱屋ミラクル」のうどんですが、遅いとなくなってしまうので、大久保通りにある『みそ神楽』へ行く事に。

さすが時刻が1時近かったので、お客さんがどんどん帰って行く所でした。カウンター席には、2人しかいません。これが12時過ぎだと多分満席で入れなかったかもしれません。

こちらは、味噌ラーメンが12種類あります、カウンターに置かれたメニューの両面をしげしげ見て『胡麻みそラーメン』700円を頼みます。

ピッピッとタイマーがなり、その後しばらくして出てきました。
湯気が立ち上っています。

麺が太めの麺で、そこに味噌と胡麻が絡まっています。

ラーメンが2日続きになってしまいましたが、やはりラーメン屋さんのラーメンの方がおいしいですね。

コーン一粒も残さず、完食。

お腹が膨れ、体も温まりました。

ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら

場所:新宿区津久戸町3−12
TEL:3269-5282
posted by たきお at 13:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

アオキ (2009年11月16日)

【カメラの電池切れで写真はなし】

久しぶりに「DUMPTY」のオムライスを食べに行こうと、筑土八幡の交差点を新小川町方面へ。

以前ランチもやっていた「華もだん」は、準備中の看板が立てかけられています。向かいの「牛楽亭」にも準備中の看板がかかっています。こちらはどうしたんでしょうか。お休みかランチを止めてしまったか。
(また機会があったら調べてみます。)

「DUMPTY」の前まで来ると、反対側から来た女性が一足先に店内へ入ります。
その時点で満席になってしまったので、その並びにある「中華料理 アオキ」に入る事に。

店の戸に貼ってある『カレーラーメン』の文字に惹かれてしまいました。

お店は2つの店をつなげたような形で、入り口は右側にあります。
右側の店舗は、4人掛けテーブルが6つ並んでいます。左側の店舗は、奥から行くようです。

テーブルに座り、さっそく『カレーラーメン』800円を注文。

さて、どんなのが出てくるか。

しばらくして、お盆にのって出てきました。

すごくシンプルです。ラーメンにカレーがかかっている。

スープがカレー味とかではありません。
ライスカレーのライスをラーメンに替えたものです。

本来のラーメン部分には、ネギとチャーシューが一枚乗っています。

その半分くらいに、一晩置いたようなカレーがかかっています。

カレーのかかってないところのスープを一口。

ああ、ラーメンだねという感じ。でも、それほどおいしいというほどでも無い気がする。

ラーメン部分を味見した後、かき回してカレーを満遍なくラーメンの麺にからめていただく。

カレーの中には、肉が結構はいっている。溶けて小さくなった人参もはいっている。

食べながら店の壁を見ると、『ラーメン 小カレーライス付き』というのが、やはり800円となっている。

なんだ。ライス分そっちのがお得じゃないと、メニューを見ると、そこには小さな字で『小ライスサービス』とあります。

『カレーラーメン+小ライス』も、800円という事ですね。

精算時にお店のおばさんに確認。

『小ライスは無料なんですか』

『あ、そう。ごめんね言えばよかったね。』

『じゃ、小ライスを頼んでいれば、あのラーメンと小ライスカレーと一緒?』

『そう、カレーがラーメンにかかっているか、ライスにかかっているかだけの違い』

皆さんだったら、どちらを食べますか。

カレーラーメン+小ライスか、ラーメン+小カレーライスか?

場所:新宿区新小川町8−2
TEL:3269-0487

他のお客さんが、タンメンの大盛りを頼んで、大盛りはいくら増しと聞いていました。どうやら大盛りは無料のようです。
posted by たきお at 14:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

辰吉 (2009年11月13日)

1113tatuyosi.jpg
今日は風があって寒いですね。しかも昼時にぽつぽつと雨が降ってきました。傘を持たずに出たので、本降りになる前に戻りたい。

そして寒いので、なるべく温まるものを食べたい。

そこで「辰吉」の『かつ鍋』840円にしました。

店内に入りカウンターに座ります。

店の入り口の戸がきちんと閉めないとスルスルと開いてしまいます。
人によって、きちんと閉めて帰る人と、どんと閉めて10cm位開けたまま帰る人もいます。

すきま風が入って寒いので、開いているといちいち閉めて料理がでてくるのを待ちます。

カウンターに雑誌がのっています。「CG日本史」というシリーズで「江戸の遊び」というのを広げてみます。結構おもしろい。

読んでいる間に料理がでてきます。

湯気がモクモクとでています。

舌を火傷しないようにゆっくり注意して食べ進めます。わずかに柚子の風味がします。

体が温まりました。ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら


場所:新宿区津久戸町1−12
TEL:3267-8008
posted by たきお at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

川端 (2009年11月12日)

1112kawabata1.jpg
1112kawabata2.jpg
ある方からメールをいただきました。
例の6丁目のイタリアンのパスタより「PRONT」のパスタの方がまだましだと。

そういえば、「PRONT」はパスタもあるし、クーポン券も貰ったのを思い出し、クーポン券を持って行ってみました。
ランチ時のパスタは100円引きです。
例えば『ナスとベーコンのトマト』690円が590円です。安いのは『ツナと大根おろし』530円が430円です。他にホットコーヒー200円が150円になるクーポンもあります。

店に入ろうとすると、前を行く3人もクーポンを持って、中に入っていきます。

そして、店内に入るとびっくり。レジの前には店内の左方向にずらっと行列。そして店内は、ほとんど空き席無し。

今日は「PRONT」はあきらめ。

久しぶり「川端」へ行ってみる事に。

大久保通りを渡り、みずほ銀行の横の道を入って行きます。

店内に入ると先客一人、こちらも一人なのでカウンターに座り、今日の日替りを頼みます。

今日の日替りは『鶏肉の照焼き』700円です。

先客も、そして後からやってくるお客さんも、この日替りを頼む人が多いです。

ご飯は『梅ちりめんごはん』、お吸い物は『キノコと豆腐』、そして定番のおでん付きです。

照焼きのお皿にはポテトサラダがついています。

いつも『ひつまぶし』の日が多いのですが、この『鶏肉照焼き』もボリュームがあっていいですね。

午後は打ち合せがあるので、ごはんのお替わりを断って帰ります。

ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら

場所:新宿区下宮比町1−7
TEL:3260-3849
posted by たきお at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

出版クラブ ローズルーム (2009年11月11日)

1111rose1.jpg
1111rose2.jpg
1111rose3.jpg
1111rose4.jpg
今朝の雨はすごかったですね。坂道がまるで川のようになっていました。
その雨もランチ時には、小降りになってました。

先週、牡蠣でパスしたので再度今週トライしました。

「出版クラブ会館 レストランローズルーム」です。

あらかじめ11月のランチメニューを見ていきました。

今日の日替りは『ブリのソテー ーゆず醤油ソースー』1000円です。

この店は、一月分のランチメニューが書かれたものをくれるので楽ですね。牡蠣の時、メニューだけ貰って帰ってたものです。

一人の場合は、真ん中の席に案内される事が多いのですが、今日はそれらの席は満席、窓際の席に案内されます。落ち着く席ですが、サラダバーが遠い。

席に腰掛けもせず、日替り、ライスを注文してサラダバーに向かいます。

サラダバーの並びが変わりました。
以前は、右からスープ、サラダ、デザートと置かれていたのですが、今日はデザート、スープ、サラダとなり、左側から取って行く感じです。
でも、ドレッシングは左側にあるな?

ミニトマトが入れ物からこぼれ落ちるんじゃないかと思われる程、山のように盛られています。

サラダ、スープをとり、席に戻ります。早い日は、この時点でメインが提供されるのですが、今日はまだ出てません。

スープは、玉葱やらベーコンやら具がたくさん、ただいつものコンソメ味とはひと味違います。

サラダを食べ終える頃にメインが出てきました。

キノコがたくさん乗っています。ブリの下にはキャベツが置かれています。
上に乗っている赤いのはトマトです。

たんなるソテーではなく、ゆずの酸味がほどよく効いています。

食後は、デザートの杏仁豆腐とコーヒーをいただきます。

いつものように満腹です。

場所:新宿区袋町6
TEL:3267-6111

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ケンタス (2009年11月10日)

1110kentas1.jpg
1110kentas2.jpg
出勤途中でこの看板を発見。

期間限定! ならばさっそく行かなくてはと今日は朝からランチはここと決めていました。

1階のカウンターだけの店は以前入った事がありますが、2階にあがるのは初めてです。

店内、結構広くて明るい。(1階は暗くて写真を撮るのだが大変だった)

店に入ると、禁煙席か喫煙席かを聞かれる。

もちろん禁煙。

禁煙席は、入り口を入って右、喫煙席は左です。禁煙席は12名ほどの席があり、喫煙席の方が広々している。
最近は煙草を吸わない人の方が多いと思うんだけどな。

ま、どちらにしてもお客さんは一人しかいなかったので構わないが。

注文は、もちろん『牛丼』630円。

店員さんに『普通でよろしかったですか』と聞かれる。
ちょっと年配の女性だったので、この言い方にはびっくり。マニュアル通りなんでしょうか。

テーブルの上には、表の看板と同じ写真の載ったメニューがある。
大盛りっていくらなんだろうと、裏をひっくり返すと書かれてました。

大盛り+110円、温玉+100円、サラダ+100円

学生さんは、学生証などの身分証提示で中盛りが大盛りになるらしい。
特に中盛りというのがないので、普通の盛りが中盛りかもしれない。

最初にスープと、瓢箪型の入れ物にはいった七味が運ばれてきた。

その後、しばらくして牛丼が。

看板にある通り、肉が大きい。

「吉○○」や「松○」のように肉が縮れていて、汁だくさんというのとは、あきらかに違う。

玉葱もしっかりと肉に負けずに存在感を示している。

まずは、肉をいただく。

この時点で注文を失敗したことに気がついた。

肉が多い。肉が2段あるいは3段になってご飯の上に乗っているではないですか。

そりゃ肉が多いのはいいのですが、その分ご飯が少ない。

感じとして、肉とご飯が同じ位の量じゃないのと思う位。

あーあ、大盛りにしときゃよかった。
大盛りだと、ごはんも肉も増えるんだろうか?

温玉付きでもよかったな。サラダもあれば、もっとよかったな。

なんて付けると、値段が940円になってしまうのでパスだが、せめて大盛りにしとけばよかった。


肉の味は、ほんのちょっぴり甘味が感じられるが、いいお味。量が多くても飽きずに食べられます。

場所:新宿区神楽坂1−1 東邦ビル2階
TEL:3235-7669

前回行った1階のお店はこちら
暗かったので写真はよくないですが
posted by たきお at 14:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

Organica(富士見) (2009年11月09日)

1109organica1.jpg
1109organica2.jpg
今日は気分を変えて、富士見方面へ。

飯田橋プラーノを覗いてみました。

女性がチラシを配ってましたので、それを拝見、そのまま店の場所を聞いて店に入りました。

「Organica」、店の入り口に黄色いネオンで店名がありますので、この黄色を目印にするとわかりやすい。

ランチは4種類。
A 『国産若鶏のマスタードソテー』900円
B 『プレートランチ』880円
C 『アンチョビと白菜のトマトソーススパゲッティ』880円
D 『シーザーサラダランチ』860円

ドリンクを付けると、みな1000円になります。

入り口を入ると、カウンターがあり7席ほど、右に行くとソファー席があり14席、椅子席のテーブル席が4人掛け3つ。

先客は一人だったので、どちらでもどうぞというので、ゆったりソファー席に座ります。

チラシを見ていたので、速攻でAセットを頼みます。
ランチセットには、すべてスープ、サラダ、小鉢、ライスまたはパンがつきますので、パンを選択、ドリンクはなし。
(但し、Dセットにはサラダはつきません)

料理が来る前に、ちょっとトイレへ。
トイレは、店内にはなくて、店をでて左に行くと、ビルに入る自動ドアがありますので、そこをはいると右手にあります。
清潔なトイレで男性用は大1、小1です。

トイレから戻り、しばらくして料理が出てきました。

写真上がAランチです。下の写真は、店の前に出ているBランチです。

素材にこだわり、野菜は無農薬野菜の有機野菜、塩は長崎五島列島の天然塩、水はイオン活性水だそう。
但し、サニーレタスだけは入手困難なためオーガニックではないと、チラシに明記されている。

まずは、スープをいただく。塩味薄め。

パンは、甘くておいしい。

若鶏もあまりマスタードは感じないが、これはこれでおいしい。その下にあったのが、じゃがいもを千切りにして固めて焼いたもの。こちらは、おいしい。

小鉢は、じゃがいもを千切りにして揚げたものと、生の大根の千切りをあえたもの。ちょっとかわった感じ。

もう一つは、えりんぎ等の野菜を煮たもの。

接客の女性が、やわらかい感じの接客は好ましいが、1点気になったのが、お絞り。

私や、あとから入ってきた3組程のお客にはお絞りがなかったのだが、最後に入ってきた女性にはお絞りが提供されていた。
なんで?

場所:千代田区富士見2−7−2 飯田橋プラーノT111
TEL:6272-6508



posted by たきお at 15:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

302 zagara (2009年11月07日)

1107zagara1.jpg
1107zagara2.jpg
1107zagara3.jpg
1107zagara4.jpg
1107zagara5.jpg
1107zagara6.jpg

昨日の「梟」の姉妹店「el Buho」が土日のみランチなので行ってみました。

店の前のメニューを確認。ランチ2900円です。

即パス。

今日からオープンの「李さんの台所」は並んでいるという情報をもらっていたので、そちらもパスし、6丁目に5日オープンした「ZAGARA」へ行ってみました。

店内は、うなぎの寝床のように奥に長〜い店です。店に入ると、太ったイタリア人が席に案内してくれます。
陽気ですね。

グラスなどをセットして、『ウオーター』と叫んでいます。

で、注文はというと、何も聞かずに去って行きます。

そして、・・・結局水は出てこない。

しばらく、待っても出てこないので空のグラスを持ち上げ催促します。
陽気なおじさん、無言で水を持ってきます。
そこでも注文出来ず。

日本人の男性(オーナーさんかな)が通りかかったので、呼び止めて注文をします。

友人と二人だったので『本日のパスタ』と『本日のピザ』を頼みます。

パスタは『ペストカーラ』950円、ピザは『ツナとタマネギ』1300円です。

最初にパンが出てきました。

一つには、オリーブオイルとトマトが乗っています。別の皿には、バルサミコとオリーブオイルが入っています。

パスタと一緒にパンを食べよう。

ところが・・

ところが・・・

料理が出てこなーい。

後ろに座っている、老夫婦が催促しています。
私より先に入店していた二人です。
こちらは、ご主人のピザは出ていて、もう食べ終えようとしていますが、奥さんの頼んだパスタが出てこない。こちらのお客さんに、隣の「花豊」のご主人が合流。

すると、女性店員さんが『お待ちしていました』と挨拶にやってきます。『お待たせしてすみません。生ハムの・・・でしたね』『いえいえ本日のパスタです』
『今すぐ作りますから』

おいおい。

それからすぐに2人分のパスタが出てきました。
お待たせしたので大盛りにしておきました。

(気が利くじゃない。こちらもサービスしてね。)と内心思ったのでした。

ところが、ところが・・

日本人男性が手ぶらで席にやってきました。
なんと!!!!

『オーダーの確認をしたいのですが』

もう馬鹿野郎と怒鳴りたくなりました。

だって、入店して30分経過していたんですから。

それから10分後、もう待てません。

女性店員さんに文句つけました。

そしたら『申しわけ有りません。開店して2日しかたってなくて・・・お飲物をサービスしますから、ワインはお飲みになりますか』というので、遠慮なくいただきます。赤と白ワイン。

が、このワインもなかなか出てこない。

すぐそばでイタリア人店員さん(陽気なおじさん以外の)が白ワインの栓開けに苦労しています。奥からは『赤ワインの開けたのなかった?』という声が聞けてきます。

とうとうワインがくる前に、パスタが出てきました。

そしてワイン。パスタを食べ終えた頃に、ようやくピザがでてきました。入店して1時間近く経過しています。

後ろの奥さんが声をかけてきます。『こんなに待たされちゃね〜。忘れられたと思っちゃうわよね。味はいいのに』

いえいえ。とんでもない。

待っただけの甲斐はあった。こんなにおいしい料理だった。

といえればよかったのですが、とんでもない。

まず、パスタ。

フォークの上に乗った具が見えるでしょうか。
これ、イカとエビです。この小さいのがパラパラとまざったパスタです。

友人いわく『自分で作ったほうがおいしい』。私も同感。何を食べているかわからない。海老のプリプリ感なんてものは全くなし。散々待たせたあげく、こんなパスタで金とるなよ。

で、ピザは。もちろん生地から作っています。
けど、具&チーズは全体の半分も乗っていません。
切り分けたピザを一口食べると、あとは生地部分しか残ってません。

最後は食べ飽きちゃいます。ピザを食べてるというか、何もないパン食べてるのと一緒ですから。

帰り際に看板を確認すると『ツナと玉ねぎ』とあります。

え〜ツナなんかあった?

サービスのワインはというと、甘〜い。赤ワインですが、『赤玉ポートワイン』のよう、タンニンなど全く感じられない。
これって、きっとハウスワインとして出すんだろうな。

あまりオープン当初の店は、入らないようにしているのですが、今日は最低。

店員さんの構成は、フロアが4人。
日本人男性、女性、イタリア人2人。一人は馬鹿陽気な太っちょイタリア人。きちんと仕事ができないなら、ただ気がきかないうざい親父。

料理担当は3人。
ピザ担当の男性、たぶんパスタ担当のしょっちゅうドリンクばかり飲んでる男性、飲み物担当(?)の女性。

洗い場担当の黒人男性。

で、計8人。

お店が広く、お客のキャパがあるだけに、この布陣では平日のランチタイムに食べ終えようとするのには無理がありそう。

くれぐれも、時間は用心して行って下さい。

私はもう行かないだろうな。行くとしても1年後とかかな。

場所:新宿区神楽坂6−66−1 宝生堂ビル1階
TEL:5261-4205
posted by たきお at 16:26 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記

301 梟 (2009年11月06日)

1106fukurou1.jpg
1106fukurou2.jpg
1106fukurou3.jpg
昨日、牡蠣で入れなかった「梟」へ行ってみました。

今日のおまかせ酢飯丼は、『めんたいととろろ』です。

表から階段をあがります。下の階が半地下になっているので、こちらの店は階段をあがっても1階となっています。

赤い扉をあけて中に入ると、その先にまた赤い扉があります。その手前左には、待ち席がつくられています。
そんなに行列ができる店なのだろうか。

中扉の中から、『いらっしゃいませ』と女性の声がします。

店内に入ると、以前の「出島」の居抜きのままの内装のようです。

手前左にテーブル席が並んでいます。4人、2人、4人席の順番で、1卓だけ女性4人で埋まっています。

お一人様は、奥のカウンター席に案内されます。
カウンター席は10席あります。

『おまかせ酢飯丼と稲庭うどんセット』1000円を頼みます。

他のメニューは
『海鮮バラ鮨丼と稲庭うどんセット』1400円
『お刺身盛合せと焼魚セット』1600円
です。

カウンターの中では、板さんが料理を作っています。
作っているというか、盛りつけているだけですね。

丼のご飯はやや少なめです。その上に、とろろがのっています。ご覧のように、まわりに明太がとぐろを巻いています。チューブ入りの明太ってあるんですかね。チューブできゅーと絞り出して盛りつけた感じです。そして海苔が2枚。

とろろは、おろしたそのまま、出汁で割ったりしていないので、粘り気があります。

食べ終わった丼は、明太で真っ赤っかになります。

小鉢は魚の煮たもの。骨まで食べられます。

黄色いのは、味噌。味噌の中に、なにやら木の実が入っています。
これは、味的に他のおかずとまったく合わない。

内装も奇麗で、器もきれいだが、料理は味、量からすると700円くらいじゃない?

フロアに女性2人いるのだが、ちょうど、斜め後ろにいるので、なんだかずっと見られているようで落ち着かない。

食事が終わりに近づいた時点で、いきなり夜のメニューですと言って女性がやってきた。開店セールでコースが4800円だそうである。

通常は、季節会席コースが7800円、9500円、16000円だそうである。

私には全く縁がなさそう。

場所:新宿区神楽坂5−30 ファン神楽坂II 1階
TEL:6265-0296


posted by たきお at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

上海ピーマン (2009年11月05日)

1105piman.jpg
寒くなって、いよいよ牡蠣のシーズンですね。牡蠣好きの方には、たまらない季節でしょう。

ところが、私は牡蠣はダメ。ランチで牡蠣フライとかだと、他の揚げ物とかにも牡蠣の匂いがついて閉口してしまいます。

神楽坂5丁目に新しく出来た(10月20日オープン)スペイン料理の店を見に行きました。以前はALBERATAがあった場所です。

お店の名前は、「el Buho(エル・ブオ)」。こちらランチは土日だけのようです。

そして、その下の階にこれも新しくできた「梟」。エル・ブオと同じ系列のようです。以前は「鮨 出島」だった場所。こちらは和食の店で、ランチもやっています。
酢飯丼と稲庭うどんのセットが1000円、他に1400円、1600円の3種類です。
ところが、おかずが牡蠣でした。残念、また別の日にしましょう。

「鮒忠」の日替りもカキフライ、そのまま藁店をあがり、出版クラブへ。

ありゃ!こちらも日替りは、牡蠣とイカのフライでした。

このままだと、牛込中央通りまで店はありませんので、藁店をひきかえし、結局「上海ピーマン」に。

今日のサービス『ラーメンと唐揚げ5個、小ライス』900円→750円です。

こちらのラーメンは、昔ながらの味でおいしいです。そして熱々。
麺もたっぷり、それに唐揚げが5個にライスがついて、もうお腹いっぱいです。

場所:新宿区神楽坂5−35
TEL:5261-0481

前回の記事はこちら

神楽坂6丁目に新しく「ZAGARA」が本日オープン。以前は「宝生堂薬局」があった場所です。

神楽坂4丁目には「ワヰン酒場」がオープンしています。場所は毘沙門の前、以前はつけ麺の「醍醐」があった場所。土日祝日は12時からやっているようです。昼間から飲んだくれだ!
posted by たきお at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

紀吉亭 (2009年11月04日)

1104kiyosi.jpg
神楽小路に新しくできた店「日南館」が、オープンしているかどうか見てきました。開店はまだで11月10日オープンだそうです。チラシを見ると残念ながらランチはないようです。
続いて、「山路飯店」のあとに出来る「李さんの台所」、こちらはランチが有るようですが、7日オープンです。

大久保通りをわたり、みずほ銀行があるビルの地下にある「紀吉亭」へ入ったのは、すでに1時近くになってしまいました。

店内に入ると、お客さんは5、6人。閑散としています。

カウンター席に案内されるかと思いましたが、テーブル席に案内されました。

今日の煮魚『黒むつ』820円を注文。

誰も注文する人がいないので、すぐに料理が出てくるかと思いましたが、やや待ちです。

料理が出てきました。

第一印象、『魚が小さいな』

ご飯を食べると、冷めています。

いくら入るのが遅いといえ、まだ1時になっていない時間で、この冷め方はちょっと!

そして、大根が固い。少しは煮てありますが、箸ですーと切れる固さではなく、力を入れないと切れない固さです。

座った席が、入り口が見える席だったので、外を見ていると、お隣の「ひょうたん島」には、お客がどんどん入るが、こちらの店には誰も入ってきません。

皆さんわかっているのかな?

前回の記事はこちら

場所:新宿区下宮比町1-4 B1
posted by たきお at 14:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

300 玄品ふぐ 神楽坂の関 (2009年11月02日)

1102genpin1.jpg
1102genpin2.jpg
1102genpin3.jpg
1102genpin4.jpg
1102genpin5.jpg
今日は寒いですね。傘をさす程ではないですが、雨もポツポツと落ちてきている神楽坂です。
冬といえば、ふぐの季節。
ふぐと言えば、高級でランチなんかと思いますが、神楽坂毘沙門天の隣の「玄品ふぐ 神楽坂の関」では、期間限定のランチがあります。

限定期限が、終わってしまったか心配でしたが、限定期間が延長されたみたいで11月末まで安くなっています。

通常1280円の『とらふぐ雑炊』が980円です。

ランチは12時オープン。

店内に入ると、2階に案内されます。

高めの背で区切られた6人掛けテーブル席が並んでいます。奥にはお座敷があります。

ランチメニューは、『とらふぐ唐揚げ』がついた雑炊が980円、雑炊だけだと880円で、味が塩味の『ぞうすい極味』、唐辛子のはいった『ぞうすい赤味』の2種類です。

友人と二人で行ったので、それぞれの味の唐揚げ付きを頼みました。

12時ぴったりに入店したので、まだ準備ができてなかったのか、雑炊を煮るのに時間がかかるのか、どちらかわかりませんが、しばし待たされます。

そして、料理が運ばれてきました。

まずは、塩味の極味をいただきます。

味がさっぱりしています。お盆の真ん中には、ポン酢がのっています。他に、醤油差しの入れ物には、自家製の雑炊あんが入っていますので、食べながら適宜かけて味を調節していかないと、飽きてきてしまいます。

雑炊の中に、ごはんが固まっているのかと間違えそうなふぐが、意外とはいっている。

唐揚げは、皮1切れと、骨付きが2切れ。

骨付きは、おいしいですが、身が少ない。
皮は、あまり好みじゃないな。

もっと、がばっと食べたいが、これは無理だろうな。

味噌汁風のは、半田麺。

冷麦のやや太いのがはいった赤出汁の味噌汁という感じ。

雑炊の量が多いので、この麺は結構食べるのが大変。お腹が一杯になってしまう。

途中、友人と雑炊を取替え、赤味をいただく。

こちらは辛い。ふぐの味は、ほとんど感じない。

味が足らない人は、粗挽きの唐辛子も付いてくるが、これは私にはほとんど不要。

結構、お腹一杯になりました。

場所:新宿区神楽坂5−35
TEL:5225-3029
posted by たきお at 14:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

イタリア食堂TOKABO (2009年10月30日)

1030italy1.jpg
1030italy2.jpg
1030italy3.jpg
神楽坂下にある「イタリア食堂」へ。
こちらは、ビルの4階にありますが、前の女性2人が丁度上に上がった後でしたので、エレベーターがさがってくるのを待ちます。

待っている間に、後ろから男性2人、女性1人が並びます。

こうなると、先入後出で、後から来た人が店に最初に入ってしまう事が多いのですが、ご一緒した方達は実に礼儀正しい!

エレベーターを先に降りた方は、黙って横によけて私を最初に並ばせてくれました。

まあ、これが普通なんでしょうけど。

きっと、ご婦人方の団体だと、『ちょっとあなた、この方の方が先よ』とかになるんでしょう。

席が空いてないので、ウェイティングです。
『1名様、2名様、1名様ウェイティングです』と、フロアの男性が奥に告げてます。

待つ間に注文。『シラスと青菜のペペロンチーノ』普通サイズ950円です。

注文している間に席が開き、案内されます。

厨房が良く見える席です。皆忙しそうに働いています。

しばらく待たされて、料理が出てきます。

最初に、サラダとパン。

そして、パスタです。

シラスがおいしそうです。

食べ始めは味がちょっとと思いましたが、段々慣れてきました。

普通サイズは、200gのパスタですが、最後はやや飽きぎみに。

他の店では、普通サイズでこんなに量はありませんよね。

後少しで完食するところで、食後の飲物を聞いてきます。

そして、食べ終えたと同時に頼んだホットコーヒーが。

もう、まるでずーと見張っていたようなタイミングです。

場所:新宿区神楽坂2−2 志満金ビル4階
TEL:3267-5761

前回の場所はこちら
posted by たきお at 14:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

豚三昧(細工町) (2009年10月29日)

1029buta1.jpg
1029buta2.jpg
今日は細工町にある「豚三昧」へ。

友人から、新しく出来たので、ここに飲みに行こうと誘われてたので、ずっと気になってました。お店は10月16日オープンしたようです。
体調も大分良くなったので、ぶらぶらと。

店内に入ると、カウンター席が8席程並び、奥にはテーブル席があります。

先客はテーブル席に2人組が2組、カウンター席は誰もいません。

カウンター席のちょうどご主人の向かいに座ります。
ご主人はカウンターの中で、大きな肉の固まりをさばいています。
1mほどある大きな固まりです。

メニューに、週替わりとありますので、中身を尋ねると、今月はまだないそうです。

表の看板にあった『豚のネギ塩炒め丼定食』750円を注文。

肉との格闘を中断して、ご主人が料理にとりかかります。

フライパンに、肉と野菜をいれて炒めています。出来上がりが早いです。5分もかからない。炒め始める前にあらかじめご飯を盛った丼に、炒め上がった肉を乗せます。

その上には、女性店員さん(奥さんかな)が、胡麻をかけ、出来上がりです。

料理の味は、さっぱり、あっさりしています。

野菜は、ネギ以外に、モヤシ、ニラ、水菜が入っています。

味噌汁は、豆腐とわかめで、豆腐が2〜3mm角の大きさです。

小鉢は、ひじきの煮物。

こちらの店も、ご飯大盛り、お替わり可です。

店の入り口に、チラシが置いてあります。10月末まで生ビール300円だそうです。

焼きトンは持ち帰り可、刺身もあります。
チラシに載っている料理は、本当に豚ばかり。

豚が入っていないと思われるのは、『トマトとスイートコーンのフレンチサラダ』『丸ごと玉葱バター』しか書かれていません。

豚好きさんには、お薦めかもしれません。

場所:新宿区細工町1−15
TEL:3268-5919
posted by たきお at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

海 (2009年10月28日)

1028umi1.jpg
1028umi2.jpg
1028umi3.jpg
昨日は、皆様にご心配をおかけしました。
今日は、大分体調も戻りました。昨日の時点では、今日は休もうかと思ってたのですが、出てきました。

まだ病み上がり状態ですので、近場でのランチはどこにしよう。

ちょっと迷いましたが、魚料理にしようと「海」へ。

1階の表にメニューが書かれています。

今日の日替りは『チキンカツ』。

あら。魚を食べようと思ってたのにチキンカツとは。しかも今日は週に一度の肉の日だそうです。
そんな日があったんですね。

それでも、定番の焼魚、煮魚があるようですので、店の中に入ります。

カウンター席が両端に一人づつ座っています。

では、カウンターの真ん中に座ろうと思いましたが、窓際の2人席があいてました。一人でも構わないというので、そちらに座ります。

今日の焼魚は『鮭の葱味噌焼き』、煮魚は『金目』。

もう金目は定番ですね。何度も頂きましたが、今日もまた『金目』を注文。

しばし時間がかかって料理が出てきました。

窓から入る日差しがまぶしい。

日にあたっていると、ポカポカしてきます。

料理は、いつもながら美味しいですね。

とろろに入っている青のりがいい感じです。

金目は、一度揚げてから煮込んでいますが、今日の魚は衣が存在感を出してます。

味噌汁は、何で出汁を取っているのでしょう。おいしいです。

これで1000円なら、許せます。

あえて注文をつけるなら、割り箸をやめて欲しい。先が尖ってないので魚を食べるには不向きです。
今日はマイ箸を持ってなかったので、感じてしまった。

あと、醤油差し。お醤油がお尻にまわってしまい、豆腐にちょびっとだけかけようとするのが至難だった。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−6 神楽坂館2階
TEL:3266-0373
posted by たきお at 14:04 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

さくら水産 (2009年10月27日)

1027sakura.jpg

どうも体調がすぐれません。本当はお休みしようかと思ってたのだが、朝のまぶしい光りを浴びて、のこのこと出てきてしまいました。
雨だったら、きっと家でごろごろしてたでしょうね。

今日は何を食べても、味覚に自信がありません。(いつもも、そんなにありませんよ。念のため)

じゃ、いっその事お安くランチを済ませましょう。というので、大久保通りにある「さくら水産」。

今日の日替りは、Aランチが『まぐろの刺身』、Bランチが『豚の生姜焼き』、いずれも500円。

こちらの店は、もう味というより、ボリューム勝負です。

オカズは二の次にして、ご飯、味噌汁、生卵、味付け海苔、ふりかけと、お腹を満たすのには事欠きません。

しかし、刺身というか、生ものはあまり食べたくありません。

で、『生姜焼き』を選択し、食券を買います。

カウンター席が空いていたので、そちらに座ります。

座る前に、若い外国の女性店員さんと、目があいましたので、食券を取りにきてくれるのかと思ったら、なかなか来ません。

お茶を入れ、卵を割っても来る気配がないので、食券を渡しに行きます。
席に戻ると、まるで後ろから着いてきたかのように、先程の店員さんが料理を持ってきました。

そう!ここの店の特徴。ボリュームとスピード!

店内に入ると、人数を確認して、人数分のセットを作っているんです。
お盆の上に、ご飯と味噌汁をのせ、後はそれぞれの料理をのせるだけですから、出てくるのが早い事早い事。

料理は、この肉は一体どこの部位だろうとおもうほどの、クズ肉です。

味噌汁も、味噌の味?が、あまりしません。

ま、とりあえずランチを食べ終える事ができました。

前回の記事はこちら

場所:新宿区揚場町2−16 第2東文堂ビル地下
TEL:3260-7517

posted by たきお at 14:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

葱屋みらくる (2009年10月26日)

1026negiya.jpg
今日は寒いですね。
こう寒いと温かいものが食べたくなります。

熊谷組の横の道にある「葱屋みらくる」へ。

入り口を入ると、靴が脱ぎ捨てられています。笠も傘立てからあふれています。

満員かと思ったら、入り口側のカウンター席が空いているのがガラスの戸を通して見えます。
店員さんが出て来ないので、勝手に中に入ります。

厨房の人に確認してから、カウンター席に座ります。

『うどん』は終わってしまっているので、今日の日替りを注文。
今日は『黒むつのから揚げ 野菜あんかけ』950円です。

フロアのお兄さんが、厨房と注文を確認しています。なんだか、オーダーが通っていないものがあるらしくパニックに近い状態になっています。

大丈夫かな?と少し心配。

それほど待たずに心配も杞憂に終わり、料理が運ばれてきました。

黒むつには、熱々のあんがかかっています。こんな日は、こういう温かいものに限りますね。

そして、むつの量が結構あります。3切れも乗っています。

味は、やや塩が強いかな。風邪気味のせいなのか、喉に刺激があります。

場所:新宿区津久戸町3−15
TEL:5206-8400

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

八千代 (2009年10月23日)

1023yachiyo1.jpg
1023yachiyo2.jpg
今日は飯田橋ラムラの中にある「八千代」

店内にはいると、すぐ左にあるカウンターの中から『こちらへ』と声がかかります。

カウンターの中にいるのは、どうやら店長さんらしいです。

今日のランチというのが1050円でありますが、10貫というのもあります。
どう違うのか聞いてみると、今日のランチは、中トロを含んだ10貫で、10貫はそれがないものだそうです。

別に中トロはなくてもよいので『10貫』840円を頼みます。

順々に寿司が握られ皿に並びますが、写真を撮るため勢揃いするまで待ちます。

10貫並んだ所で、皿を手前に引き寄せ、カウンターの上にある容器からガリを取り出し、皿に盛りつけます。

ランチでも単品で注文できるようです。ちなみに中トロの値段を見てみると400円となっています。今日のランチは、中トロの替わりに何がなくなるのでしょうか。

味は、まあ普通です。

レジのところで、ラムラのグルメクーポンというのを頂きました。
11月1日から10日までの各店のクーポンです。

こしらの「八千代」さんは、ワンドリンクサービスです。但し17:00から22:00までです。

場所:飯田橋ラムラ2階
TEL:3235-1238

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。