MARIO (2010年02月06日)

0206mario1.jpg
0206mario2.jpg
今日の神楽坂は寒いです。

風が強く、路上の看板や自転車が倒れています。
気をつけて歩かないと、上から物が落ちてきそうです。

今日お伺いした「MARIO」も、店の前のイゼールに乗せた看板が倒れています。

店内に入ると先客3人、奥の2人掛けテーブルに座ると、店員さんが広いところでいいですよと言ってくれましたので、4人掛けテーブルに移動しました。

倒れた看板に書いてあった『ステーキランチ(ラムステーキ)』890円を頼みます。

壁には、パスタのメニューが書かれています。ずいぶん色々と種類があります。

『子羊のローズマリー風味煮込みパスタ』750円も魅力的です。
あとから入店した女性2人も、このパスタを注文していました。

料理が、お盆に乗って出てきました。

窮屈そうにコーヒーものっています。

あまり早くコーヒーがでると冷めちゃいます。
出来れば、食後にだして欲しいですね。

まずは、スープを頂きます。若布がはいっていますが、やや塩味が強いです。

ラム肉は、レアに近いミディアム、やや筋がありますが、なかなかおいしいです。

ご馳走さまでした。

店を出ると、強い風が!

また、看板が倒れた。

前回の記事はこちら

場所:新宿区矢来町
posted by たきお at 15:14 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

SEASONING SHUN閉店 (2010年02月06日)

0206shun.jpg
毘沙門の横を入ったところのビルの地下にあった「神楽坂seasondining SHUN」が閉店しました。

知らない間に、店が新しくなっていたりと、神楽坂はどんどん店が入れ替わりますね。

昨年の10月(?)頃、この「神楽坂seasondining SHUN」の閉店(撤退)するという情報を得ていたのだが、なかなか無くならないので、ひょっとしてガセネタ?と、思ってました。

契約関係で、すぐに閉店は出来なかったんですね。

前回行った時に、ちょっとひどかったので、それ以降行ってませんでした。

やっぱり、撤退でモラルがさがっていたんでしょうか。

他の系列店は、どうなるうだろう。

すでに新しくはいる店の看板ができていました。

上海飲茶の店のようです。何と読むんでしょう?

前回の「神楽坂seasondining SHUN」の記事はこちら
posted by たきお at 14:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

わがん (2010年02月05日)

0205wagan1.jpg
寒いですね。

神楽坂下の「わがん」です。
表にあるメニューを見ても決まらず、2階の店内に入ります。
入り口に、日替りの料理の見本が出ています。
魚のフライです。

なんとなくしょぼいので、日替りはパス。
再度、壁に貼ってあるメニューを見ます。

食券方式なので、先に料理を決めなくてはいけません。幸い後ろに続いているお客さんはいないので、ゆっくり決められます。

結局、温かそうな『豚しゃぶと温野菜』680円に決めました。

自販機で、肉料理の中から『豚しゃぶと温野菜』を選び、普通のご飯の普通盛りを選びました。大盛りとか特盛りとかもあります。

窓際のカウンター席に座ります。
ちょうど、向かいに「カナルカフェ」が見えます。

お客さんが続いて入って行きます。ほとんどは2人連れですね。
来月末あたり、桜の季節になったらかなり混むんでしょうね。

料理が、でてきました。

豚汁が冷えた体を温めてくれます。

豚肉が結構のっています。その下には、白菜、玉葱、人参がのっています。

自宅での豚しゃぶは、ゴマだれが多いのですが、ポン酢もさっぱりしていいですね。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂1丁目9 サカイビル2階
TEL:3260-2333

posted by たきお at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

まんま (2010年02月04日)

0204manma1.jpg
0204manma2.jpg
今日は立春、暦の上では春ですが、まだまだ寒いですね。

今朝起きたら、喉が痛い。昨夜、かる〜く飲み、雨(雪)にふられてせいでしょうか。
皆様も風邪には十分お気をつけください。

さて、寒いので温まるものというので、神楽小路にある「しなの」のけんちんそばも考えましたが、神楽坂の坂を下っていたら、急遽気が替わり、途中の「まんま」に入ってしまいました。

この店、ビルの4階にあるので、ちょっと入りづらいですね。

店内は、靴を脱いであがります。ブーツの女性は大変ですね。中は、比較的すいています。

カウンター席に座り、『ごーやちゃんぷるー』780円を頼みます。

隣の席では、就活中らしき学生ふたりが話をしています。
面接の時のネクタイの話をしています。業種によってネクタイを替えるんだとか。
紫は高貴な色だから銀行に行く時はそれにする。
え〜そんなの関係するか。でも、本人たちは大変な時期なので頑張って欲しいものです。

なんて、話を聞いていると、料理が出てきました。

提供時間が早いですね。

ゴーヤチャンプルーの上にかかっているかつお節がゆらゆらとゆれています。

味はいいのですが、肉が?

あれー肉はないのかなと探してみるとありました。豚バラ肉が3枚ほど。スパムではありません。

こちらのチャンプルーは、ゴーヤと厚揚げと豚肉の組み合わせです。

小鉢は、ひじきの煮物。ずいぶん短いひじきばっかりです。

食事を終え、コーヒーをいただきます。セルフサービスです。

そういえば、隣の学生さんたちは、コーヒーを飲まず、お茶だけで話をしています。
一人がトイレに立つと、もう一人が煙草を吸い始めました。見ると、私に背を向けて吸っています。そして、トイレから帰ってくると、煙草を消していました。きっと、もう一人は吸わないんでしょう。
結構マナーをわきまえていますね。
これなら、就活もうまくいくでしょう。
頑張ってください。

場所:新宿区神楽坂2−10 カグラヒルズ4階
TEL:3235-2590

前回の記事はこちら

posted by たきお at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ルコ (2010年02月03日)

0203ruko1.jpg
0203ruko2.jpg
0203ruko3.jpg
0203ruko4.jpg
今日はガッツリとランチ。
地下鉄飯田橋駅のB4bの出口にあるMNビルにある「ルコ」。

表に看板がないので、入り口はわかりづらいですが、ビルの中にはいるとすぐにお店があります。

ランチは1種類です。

肉料理が『チキン生姜焼き』、魚が『鮭の照焼き』、この二つがワンプレートにのってきます。これで890円です。

テーブルは、喫茶店のテーブルで、高さが低めですが、席と席との間隔がゆったりしています。

お一人様ですが、6人はかけられるだろうテーブルに案内されます。

広くても、こちらは相席はありません。

テーブルが広くても、けっこう料理がくると一杯になるんですよね。

席につくと店員さんが『お食事ですか』と聞いてきます。

その後、すぐにスープがでてきます。スープの写真を撮っている間に、サラダ。

ほとんど待つという事がありません。

さらに、サラダも食べ終えないうちに、メインの皿、ライス。そして、いつ持ってきたのかわからないが、カレーが置かれています。

あちこち皿を動かして写真を撮ります。

そして、まずはスープを平らげることに。

スープはわかめスープ、卵をといたのが入っています。
昨日のように、冷めてはいません。

空になったスープのカップを脇にどけ、手前にメインの皿とライスの皿を近づけ、ライスにカレーをかけてっと。

サラダは途中だけど、向こうへやってと。

ようやくメインを食べ始めます。皿にのったスパゲッティは、昔食堂で食べたナポリタンの味付けです。(わかるかな、ケチャップの味かな)

肉も魚も、それほどおいしいというほどではありませんが、一度にいろいろと、そしてたくさん食べる事が出来ます。

食べている途中で、カップを片づけにきてくれたかと思いきや、スーpのお替わりはいかがですかと、聞いてくれます。

おかわりは無しで。

カレーは、辛くはないです。チキンの固まりがごろんと入っています。

カレーライスを食べ終え、メインの残りを食べ終えようとしていると、今度は『ライスのお替わりはいかがですか』

これも無しで。そんなに食べられませんからね。

しかし、隣の席では、ライスのお替わりを頼んでいます。

すごい!太っている人は、やはり太っている理由がありますね。

今年は10kg減の目標なので、おかわりなど出来ません。

食べ終えると、さっさと皿が片づけられて行きます。

ゆっくり、水を飲んでいると、今度は水をすすぎに来てくれます。

なんだか、すごいですね。

これ以外に、+310円でデザートとコーヒー又は紅茶が付きます。

場所:新宿区揚場町2−1 軽子坂MNビル
TEL:3266-9311


前回の記事はこちら


posted by たきお at 14:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

芝蘭 (2010年02月02日)

0202chiran2.jpg
0202chiran1.jpg
0202chiran3.jpg
0202chiran4.jpg
道路の上の雪はほとんど溶けてなくなっています。

が、屋根から雪が溶けてポタポタと落ちてきます。

かくれんぼ横丁のような狭い路地を歩いていると、頭に水がかかります。

そんな中「芝蘭」へ。

入り口そばの2人掛けテーブルがあいていましたので,待つ事なく案内されます。

入り口に近いせいか、風が吹いて来て、少し寒い席です。

そして、席に座ると同時に『ホイコーロ』1000円を頼みます。

料理は、ほとんど待たずに出てきます。

人数が多いと,ご飯はお櫃に入ってきますが、一人の場合は茶碗にあらかじめ盛られてきます。

大きな釜がデザートの隣に乗っていますので、お替わり自由です。
グループによっては、お櫃を持ってお替わりをよそっている方もいます。

ホイコーロは、キャベツが炒めすぎず、シャキとしています。

ちょっとスープが冷めているのが、残念。

最後にデザートをいただいて終了です。

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−1 クレール神楽坂II
TEL:5225-3225


posted by たきお at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

骨(ランチではありません) (2010年02月01日)

0201honekumo.jpg
以前、ご紹介した骨蜘蛛↑(写真はこちらから)
この作者の前田幸太郎氏から、展覧会の案内が届きました。

昨年5月から8月までこの蜘蛛が展示された「21_21DESIGN SIGHT」での展覧会で、デザイナーの三宅一生氏が、この蜘蛛を購入。

そして、大阪の「ELTTOB TEP」で2月17日まで展示されているとの事。

詳しくは http://www.isseymiyake.co.jp/ELTTOB_TEP/

さらに、東京では2月15日から20日まで「RECTO VERSO GALLERY」で展覧会が開かれるそうです。

場所:中央区日本橋茅場町2−17−13 第2イノウエビル401
TEL:5641-8546

詳しくは http://www.recto.co.jp/verso/g-art8/


さらに、弟さんの前田 幸成さんの展覧会も今日から始まりました。

青樺画廊&KEY Galery

中央区京橋3−5−4 吉井ビル3階
TEL:6856-2006

期間 2/1〜2/6、2/8〜2/13

お近くに行く用事がおありでしたら、ちょこっとお寄り下さい。
posted by たきお at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

蛍の火(ほのか) (2010年02月01日)

0201honoka1.jpg
0201honoka2.jpg
0201honoka3.jpg
0201honoka4.jpg
寒いですね。今日は午後から雨か雪とか。

ランチに出かけるのに、傘を持って出ている人が多いです。

軽子坂にある「蛍の火」へ。

店内に入ると、カウンター席が半分程あいています。

店に入っても、誰も店員さんは出てきません。カウンターの中にもいない。

しばらくして、カウンターの中に板さんが出てきましたが、全然こちらに気がついてくれません。

仕方なしにこちらから声をかけ、席に座ります。

『お一人様ご案内』

すると、奥からフロア担当の店員さんが料理を持って出てきました。

『お待ちどうさま』と言って料理を置こうとします。

ええ、今来たばかりなんだけど。

その料理は、カウンターの端の方のでした。

その後注文を取りにきたので、『鰈煮付と鶏唐揚定食』900円を頼みます。
ご飯は、白米か十六穀米が選べますか、カレーなので白米を選びました。

お絞り、お茶、箸はセルフサービスで、前に置かれています。

しばらくして、カウンターの向こうから料理が差し出されます。

ほとんどのランチには、カレーがついています。

魚料理と肉料理、そしてカレーと、いろいろ食べる事が出来るぜいたくなランチですね。

鰈は、大根おろしがかかったみぞれ煮で、よく煮込まれています。
骨から簡単に身が剥がれます。

唐揚げは、大きめの固まりが2個。

カレーは、甘めのカレーです。

味噌汁は、白みそ仕立てで、これも甘めの味噌汁、具はしじみです。

店内のお客さんは、なぜか皆さんゆったりした雰囲気が流れています。
13時までは禁煙なので、煙草を吸うでもないのですが。

ランチタイムは16時までやってるとの事。ランチ難民になりそうな時はこちらもいいですね。

場所:新宿区神楽坂3−1 あさひこビル1、2階
TEL:5261-0845

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

mimasu (2010年01月30日)

0130mimasu1.jpg
0130mimasu2.jpg
0130mimasu5.jpg
0130mimasu3.jpg
0130mimasu4.jpg
いい天気ですね。神楽坂を散策している人が多いです。

こういう日はメインの通りでのランチは避ける事に。

軽子坂を下って行くと、「mimasu」が窓越しに店内を見ると、すいています。
休みかと思って恐る恐る(?)店内にはいります。
店内では、おばさん店員が掃除をしていました。

あれ?やっぱ休み?

でも、表にメニューが出てたし・・・

聞いてみると、営業しているということで、窓際の席にすわります。

店内を見渡すと、だ〜れもいません。

お客さんは私一人だけ。

『天婦羅膳セット』1000円を頼みます。

天婦羅盛り合せ、ご飯、小鉢、小うどん、サラダ、コーヒーのセットです。

これに、お刺身盛り合せとデザートがつくと『MIMASU膳セット』1280円になります。

奥の厨房の方から、板さんの声が聞こえます。料理ができたようです。

料理が運ばれてきました。

お盆一つに乗り切らず、うどんは別になっています。

グリーンサラダには和風のドレッシングがかかっています。

久しぶりに天婦羅をいただきました。

手前に見えるのが、はじかみの天婦羅です。珍しいですね。
海苔の天婦羅もあります。

ややコストを抑えている感じの天婦羅です。

うどんは、讃岐うどんで、量はちょっぴりです。

たっぷりの天かすが付いていましたので、それをうどんに投入し、汁まで完食しました。

食事を終えると、すぐにコーヒーがでてきました。

カップは小さめ、かわいいシュガーポットが置いてあります。

とうとう帰るまで、一人もお客さんは入りませんでした。

レジで聞いてみると、今日のお客は、まだ私一人だけ、2時までランチをやっているので、お客さんが来てくれるといいのですがと、言ってました。

こんな空いてるなんてめずらしいですね。

こいつも↓寂しがってましたよ。
0130mimasu6.jpg


前回の記事はこちら

もう1年も行ってなかったんですね。しかも同じものを頼んでるとは。

場所:新宿区揚場町2−1
TEL:3269-8782
posted by たきお at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

ala (2010年01月29日)

0129ala1.jpg
0129ala2.jpg
0129ala3.jpg
0129ala4.jpg
0129ala5.jpg
0129ala6.jpg
0129ala7.jpg
シニハラさんのブログで、平日ランチをやっているのを知ったので、早速行ってみる事に。

表にある看板で、メニューを確認、地下へおります。

階段途中で、お店から女性店員さんが顔を出したので、席が空いているか確認をします。

OKサインが出たので、店の中に入ります。

ちょうど、真ん中の2人テーブル×2つが空いていました。

Aランチが、パスタとコーヒーで1000円、デザートがつくと、1300円、肉か魚のメイン料理がつくと1600円となります。

もちろん頼んだのは1000円コースで『茄子・ボロネーゼ・モッツァレラ グラタン仕立て』。

最初に、パンがでてきます。

ふわふわした感じのパンですが、手にとるとずっしりと重みがあります。(オリーブオイルはついていないな?)

そして、サラダが出てきます。

水やお絞りが出てくる前に、奥の壁際の席が空きました。
店員さんに席を移りましょうかと打診をします。

4人席を占領しちゃ悪いですもんね。

大丈夫ですと、その時は言われたのですが、サラダを食べ終えた所で、やはり席の移動を頼まれました。

ほらねー、早く言ってくれれば、手ぶらで移れたのに。

席を移動して、仕切り直しです。

再度、お絞りがでてきて、パンのおかわりも出てきます。

そして、隣に座っていた女性2人に料理がでてきたと思ったら、こちらにも出てきました。同じオーブンに入ってたんでしょうね。

お隣では、二人とも写真を撮っています。そういえば、入り口近くの席に座っていた女性も、コーヒーカップや水のグラスを並べ替えて写真を撮っていたな。皆さんブロガーさんでしょうか。

他のブロガーさんとは、ニアミスはあっても、ご一緒する事はないですね。果たして皆さんはブロガーさんなのか、明日、検索してみよう。

パスタはおいしいですね。やや茄子が少ない気がしますが、旬の野菜じゃないですもんね。

昨夜、会社の帰りに本屋でパスタの本をずーと立ち読みしてたんです。
これも作り方が出てれば、作りたいな。

パスタを半分食べ進み、パンもお替わりをいただいているので、大分お腹がふくれてきたところで、ちょっとしたトラブルが発生。

で、パスタを食べるのをやめ、デザートを頂きます。

本来は、1000円コースはデザートはありませんが、お店からのサービスです。

チョコレートの上にのっているのは、ほうじ茶のアイス。

ここでも、ちょっとトラブル。

チョコを食べると味が強くて、ほうじ茶の味がしません。折角上に乗ってますが、これは別々に食べたほうがいいですね。

最後に、コーヒーとビスコンティーを頂きます。

ご馳走さまでした。

お店の外まで、店員さんに見送っていただき店を後にしました。

シノハラさんのブログはこちら

前回の記事はこちら

場所:新宿区神楽坂3−6 金井ビルB1F
TEL:3260-5747
posted by たきお at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

高林 (2010年01月28日)

0128takabayasi.jpg
今日は久しぶりに牛込中央通りに。

雨が降りそうで、風がやけに水っぽい感じです。

雨が降ったらどうしよう。誰かから傘を借りればいいか。

そんな中、通りを歩いていると、あら!いざという時に一番目に頼りにしていた人とばったり遭遇。出かけちゃうのね。

仕方なく、2番目の人の自宅の側の「高林」へ。

本当は「ぼくらのラッキー」に行くつもりだったんですが、こちらはまたにしましょう。

「高林」に入りかけると、ちょうどカウンターの2人が出る所でした。

カウンターの上には、4人分の食器が片づけられずに乗っています。

それでも構わずに席に座ります。

ちょうど第一陣が食事を終え、帰ったところのようです。

『カレイの煮付け』を頼みます。

ご主人は一人なので、先客に料理をだしたり、食器を片づけたりと忙しそうです。

ちょっとお待ち下さいというので、ウエイティング。

料理を出し終わり、食器を片付け終わったところで、『今日は鰈がなくて、赤穂になってしまうんですがいいですか』

はい、問題ありません。

しばらくして、料理が出てきました。

根菜の煮物、冷や奴、玉子焼きとお盆の上には、たくさん乗っています。
味噌汁は具たくさん。ご飯は、おかわり自由です。

魚は、よく煮込まれているが、醤油辛さはなく、おいしいです。

これで、1000円です。神楽坂では普通の値段ですが、牛込中央通りでは、やや高めかな?

前回の記事はこちら


場所:新宿区細工町1−2
TEL:5228-2224

posted by たきお at 14:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ビストロ・ル・ミディ (2010年01月27日)

0127midi1.jpg
0127midi2.jpg
0127midi3.jpg
今日の神楽坂は、気温は高いのでしょうが、やや風が強いです。
しかし、一時期のように刺すような冷たさの風ではありません。

大久保通りを、昨日と同じ新宿方面へ。

昨日の「サンテルミ」が入れなかったら、ここにしようと思ってた店へ。

「ビストロ・ル・ミディ」です。

表の黒板のメニューを確認し、店内に入ります。

先客は、年配の男女一組。

お一人様は、カウンターへ案内されます。

カウンターは、5席ありますが、なぜか両端だけにセットがされています。

席に座る前にトイレへ。トイレに行きがけに『Aセット すずきのムニエル』1050円を頼みます。

以前いただいたコメントで、トイレの状態も教えて下さいというご意見がありました。しかし、なかなかランチで店のトイレに行くことはありませんが、こちらのトイレは奇麗で、温水便座です。

なぜか、一本一本ビニールの袋に入ったつまようじも、トイレの洗面台に乗っています。

席に戻って、料理の再確認『すずきのムニエル(アメリケーヌソース』、パンかライスのチョイス、食後の飲物(コーヒー)を頼みます。食後は、ほとんどホットコーヒーを頼みます。

アメリケーヌソースって なんだ?
『フランス料理等で使われるオマール海老風味のソース。 オマール海老の殻と香味野菜を炒め、魚のダシ汁、フュメ・ド・ポワソンを加え煮詰めて漉し、海老ミソを加える。』だそうである。
出典はこちら

文庫本を読みながら、料理を待ちます。

カウンターの向こうでは、マスターが忙しそうに料理を作っています。
よく見ると、いつもいる若い男性がいません。
なんだか、体調を崩して今日はお休みとか。その分パートらしい女性が手伝っていますが、それでもマスターは大変そうです。

まず最初にパン、そしてちょっと後に料理がでてきました。

すずきが、皮はパリッと、しかし、身は固くならずに、ソースの上に乗っています。
あまり、オマール海老という感じはしないな。

付け合わせは、ポテトを焼いたもののほか、いろいろな野菜。

こちらの店は安定したというか、心配しなくてすむ料理を提供してくれるし、フロアの女性もなんだか優しい接客です。

途中でパンのおかわりも聞いてくれます。
お替わりででてくるのは、少し焼いてあたためたバゲット。焦げ目がいい風味となっています。

食後は、コーヒー(写真を撮り忘れました)。

ゆったりとコーヒーを頂いて、ランチ終了です。

前回の記事はこちら

場所:新宿区横寺町68 唐澤ビル1階
TEL:3267-8808
posted by たきお at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

パン・トライアル 金谷ホテルベーカリー (2010年01月26日)

0126kanaya1.jpg
0126kanaya2.jpg
ランチが足りなかったので、当初の予定通り、兵庫横丁にある「パン・トライアル」のパンを買う事に。

毎週、日光金谷ホテルから運んできて、火水木だけの販売ですが、カレーパンはほとんど火曜で売り切れてしまうようです。

先週、入った時に目をつけていたカレーパンです。
先週はかろうじて1個だけ残ってましたが、今日は、まだ少し残っているようです。

お値段は220円。

先週買いに来た時、こちらのカレーパンは油であげていないとかで、カロリーが控えめですと聞いてました。

中身を見てみると、ドライカレーっぽい具が入っています。

結構辛めです。油であげてないせいか、パンがふわっとしています。


場所:新宿区神楽坂4−2 三杉102
TEL:6324-8176
posted by たきお at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

306 デリ・サンテルミ (2010年01月26日)

0126sautelumi1.jpg
0126sautelumi2.jpg
もあさんの記事を拝見して、行ってみる事に。
開店当初は接客とかで不安があるので、少し落ち着いてから行くようにしているのだが、いまのが狙い目とか。

神楽坂上の交差点から新宿方面へ、ちょうど「カクヤス」の向かい側にあります。店の入り口は奥まっています。

螺旋階段を登り、2階にあがります。
ビルの中のエレベーターでもあがれます。ビルの中の階段は違うので要注意。

通りにメニューが掲載されていますが、女性が眺めていたので、メニューを見ずに店に入ります。

店の中は、新しいので清潔感があります。店内には、男女1名づつ、店長さんと奥さん(?)

店の中に入っても、まったく気がついてくれません。

あれ!まちがえっちゃた? 頭の中をよぎりますが、ちょっと間を置いて、ご主人が『いらっしゃいませ』と声をかけてくれました。

どこでもどうぞというので、窓際の席に座ります。

テーブル席が、窓際に10席、中程に8席で全部で18席あります。

先客は、窓際に女性2人組しかいません。

テーブルの上のメニューを拝見。

もあさんの時とメニューが変わった?

一体、何を頼んだらいいのだろう。

右上に書かれている『デイリー・ワンプレート』は1200円です。

1000円以下のものはと見ると、真ん中の列にクレープが載っています。クレープじゃなあ。

左に『グリルチキン』830円というのがあります。

もあさんが頼んだのもこれかな。というかこれしか頼むものがありません。

頼んだ後も、やや不安。パンとかライスとかつくんかい?

しばらくして、料理が出てきました。

ワンプレート。こんだけ?

どうやらそうみたいです。

スープもバゲットもありません。

真ん中に、ガーリックトーストの上にのったチキン。

ポテトフライ、グリーンサラダ、トマト、白いのはチーズです。

チキンは、皮がパリッとしておいしいです。スパイシーな感じで味はいいんですが、なんだかご飯も味噌汁もない和食と同じで、なんだか食べた感じがしない。

メニューの真ん中に、バゲットが別途のっています。350円です。

座った席からは、表のメニューの置いてある場所がよく見えます。

大勢の人が、立ち止まってみていますが、誰も入ってきません。

うーんそうでしょう。それが正解かもしれない。


場所:新宿区岩戸町16−2 メイジャー神楽坂201
TEL:3268-2646


もあさんの記事はこちら
posted by たきお at 15:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

葱屋みらくる (2010年01月25日)

0125negiya1.jpg
0125negiya2.jpg
0125negiya3.jpg
今日は暖かいですね。寒ければ、こちら「葱屋みらくる」のうどんと思ってたのですが、表の看板に出ている日替りに引かれて入ってしまった。

店内は、ピークをすぎたのか、すいています。

テーブル席に2組、カウンターには4人です。

もちろん、お一人様はカウンター。

時間的に日替りがあるかどうか心配でしたが、あるようです。

周りを見渡すと、やはりうどんを食べているお客さんが多いようです。

後から来たお客さんも、ほとんどがうどんか日替りを頼んでいます。

やや待ってから、料理が出てきました。

皿の上には、わらじのような鰯のフライが、その下に隠れて、チキンカツが4切れ乗っています。

端に骨のフライが乗っています。素揚げじゃなくて、衣が少しついています。骨がついてくるのって、めずらしいですね。

フライは、揚げたてではなく、すでに揚げてあったもののようです。

骨をあげるとなると時間がかかりますから、仕方ないですかね。

場所:新宿区津久戸町3−15
TEL:5206-8400

前回の記事はこちら
posted by たきお at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

305 魚串 さくらさく (2010年01月23日)

0123uokusi1.jpg
0123uokusi2.jpg
0123uokusi3.jpg
0123uokusi4.jpg
0123uokusi5.jpg
0123uokusi6.jpg
0123uokusi7.jpg
やや風が冷たいですが、いい天気の神楽坂です。

土日しかランチ営業をしていない店へ行ってみる事に。

神楽坂6丁目にある「魚串 さくらさく」です。

店内に入ると、先客は男性一人で、なんだかがらんとしています。

ランチは、5本以上頼むと、サラダ、ライス、味噌汁が50円(税込)でつきます。

串の種類が約40種類くらいあるでしょうか。1本当りの値段は、150円、210円、280円の3種類(いずれも税別)と、特別に『まぐろほほ肉ねぎま』が99円(税込103円)となっています。

さあ、5本どれを頼みましょうか。

悩みたくない人、好き嫌いのない人には『おまかせ5本』980円というのもあります。
『野菜串盛り合わせ 5本』680円というのもあります。

さらに、メニューには『おすすめ串ランキング』というのも出ています。

まずは、このランキングからチョイスすることにしました。

1位 まぐろほほ肉ねぎま 99円
2位 穴子 280円
6位 本ししゃも 150円
9位 すずきのバジル 280円
番外 きびなご 210円

暗算が得意でないと、合計金額はすぐに出ませんね。

精算するまで金額はわからず、結局合計1110円でした。

料理は、まずサラダから。

サラダにも、じゃこが乗っています。

つづいて、味噌汁、串、ご飯と出てきます。

どれがどれというのは、わかりますね。

真ん中のすずきのバジルの匂いがかなり匂ってきます。

きびなごは、小さいけれど数で勝負ですね。

ほほ肉も、表面は焼き上がっていて、中はやや生で、いい食感です。
ただ、葱が辛かった。

どれもおいしかったです。

食べながら、他のメニューも見てみると、穴子より鰻がよかったかなとか、ししゃももさんまの方がよかったかな、ミニトマトもいいなと、あれこれ目が移ってしまいます。

ここは、一人ではなく、何人かで来て、串をわけて食べるといいですね。

串5本じゃお腹一杯にならないじゃないと、入る前は思っていたのですが、どうしてどうして、結構お腹が膨れました。

場所:新宿区神楽坂6−8
TEL:5206-8547

帰りにショップカードを頂きました。楽山ビルにある「つみき」の姉妹店なんですね。
posted by たきお at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

めとろ (2010年01月22日)

0122metoro1.jpg
0122metoro2.jpg
今日は寒いですね。

神楽小路にある「めとろ」の『サービス定食』740円です。

コの字型のカウンターで、席が15位あります。

店内は、9割方の込みでしたが、入り口から一番遠い席の男性が精算していましたので、その席に座ります。

後からもぞくぞくと人が入ってきます。

聞いていると、皆サービスを頼んでいます。

客層は、男性100%で、しかも皆一人です。

立ち食いそば感覚で、食べられるからでしょうか。


あとから来た人達とまとめて料理ができあがります。

こちらの店はカレーが売りですが、サービス定食は生姜焼きです。

皿の上には、生姜焼きの横にキャベツが山盛り、そしてスパゲッティと目玉焼き。

小鉢は冷や奴です。

味噌汁は、肉なしの豚汁の味です。

前回の記事はこちら

場所はこちら
posted by たきお at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

藤や (2010年01月21日)

0121touya1.jpg
0121touya2.jpg
0121touya3.jpg
今日も暖かいですね。この暖かさも、今日まで。夜からは寒くなるそうです。風邪などひかぬように!!

こんな文言が店の前に書かれています。暖かいではなく『ぬるい』になっていますが。

毎日、この看板は書き換えられているんでしょう。
ちょっとした店主からのご挨拶です。

そんな看板のある「藤や」へ。
今日はなんとなく魚を食べたかったので、この店を選びました。

店内、ほどほどの入りです。お一人様はカウンター席へ。

生さんまみたいなのを食べたかったのですが、さんまはちょいと時期が違い、生ではなく干物です。

他には、さば、ぶり、鮭とあります。

『鮭西京焼き』750円を頼みました。

最初にもやしをいためた小鉢、おしんこ。

鮭が出てくるまで、本を読みながら待ちます。

この店の焼魚は、注文を受けてから焼き始めるので、やや時間がかかります。

そして、鮭と、ごはんがでてきました。

お皿の端に、ごぼうの煮たもの(きんぴら風)が乗っています。

鮭は、脂がのり、ふっくらとしており、そこに西京味噌の味がしみこんでいます。

しばらくして、味噌汁がでてきました。

具は、ご覧の通り、若布と油揚げ。具沢山ですが、やや量が少なめでした。

場所:新宿区岩戸町11
TEL:5227-1622

前回の記事はこちら
posted by たきお at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

304 次郎さんの餃子 (2010年01月20日)

0120jirou1.jpg
0120jirou2.jpg
0120jirou3.jpg
0120jirou4.jpg
0120jirou5.jpg
0120jirou6.jpg
今日は、大寒だというのに暖かいですね。4月中旬の陽気だそうです。風が吹いていますが、昨日までの身を切るような冷たい風ではありません。この暖かさも明日までで、明後日からはまた寒いそうです。風邪等ひかないように、ご注意ください。

昨日、神楽坂駅へ向かう途中で見かけたラーメン屋さん。

おもしろい名前の店ですね。「次郎さんの餃子」

さてさて、どんな餃子なんでしょうか。

店内に入ると、カウンター席が2列並んでいます。
テーブル席はないようです。

席に座る前に、カウンターの向こうから声がかかります。
『今日から野菜あんかけも始めました』

『餃子とのセットあります? じゃそれ』

ということで、手書きのメニューの『サンマー麺 Bセット』650円を頼みました。

写真を見てお分かりの通り、シンプルですね。
ラーメンがしょうゆ、塩、味噌、サンマー麺の4種類。
餃子が焼きと水、そしてチャーハン、ライスだけです。

セットは、麺と半チャーハンがAセット、麺と餃子(3個)がBセットです。

どうせなら、麺と半チャーハンと餃子のCセットも作ってしまえばいいのに。

などと思っているうちに『サンマー麺』が出てきました。

注文の時忘れていました。あんかけだと、麺がなかなか冷めずに熱いんですよね。

しかし、でてきた麺は、あまりあんがかかってません。どちらかというと、普通の野菜炒めがのっているかんじです。

麺はストレートな麺です。

お味はシンプル。

そして、餃子もでてきました。

餃子の具も、野菜たっぷりです。

やや、量的に少ないかな。やはりCセットが必要かもしれない。

場所はこちら
posted by たきお at 14:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

303 ソル・イ・ソンブラ (SOL Y SOMBRA) (2010年01月19日)

0119sombra1.jpg
0119sombra2.jpg
0119sombra3.jpg
0119sombra4.jpg
0119sombra5.jpg
0119sombra6.jpg
神楽坂5丁目にスペイン料理の店がオープンしたという、もあさんのブログを拝見して、先週の金曜(15日)に行ってみる事に。ところが場所がよくわからず、5丁目をグルグル。結局わからずに出版クラブへ行ってしまった。

今日はそのリトライ。

住所が、ファン神楽坂ビルというので、以前行った「梟」のあるビルと目星をつけ、階段をあがります。

見つけました。

店の入り口には「梟」の看板の下に「ソル・イ・ソンブラ」の看板がでています。

店内に入ると、中の内装は「梟」のまま。

テーブル席には、ご婦人方5〜6名が座っています。

奥のカウンター席の、奥の奥にすわります。
カウンターの中が、よく見えます。

ランチは3種類。

ピンチョス(フィンガーフード) ランチ 880円
タパスランチ(一品料理)ランチ 980円
パエリアランチ 2800円(2名から)

すべて、サラダ・スープ・コーヒー付きです。

まずは、ピンチョスとタパスって? と質問。

ピンチョスは、パンの上に、いろいろな具をのせたもので、ランチは5品付きます。タパスは一品料理で、2品がワンプレートででますとのこと。

どうも、ピンチョスはお腹がすきそうなので、タパスランチを注文。

最初のサラダとスープが出てきます。

サラダは普通のグリーンサラダ、そしてスープは熱々スープ。

日曜に唇を噛んでしまい、口内炎ができてます。
サラダドレッシングの酸っぱさは、なんとかクリアしたが、このスープの熱さは辛い。味はいいと思うんだけどな。

ついで、タパス登場。

ポテトサラダと蛸を串にさしたもの。下には薄くスライスしたトマト。

次に、主菜とパン。パンは2人分です。

主菜は、白いんげんと豚を煮たもの。人参もはいっています。

一見肉じゃがのようでもありますが、なにやら香辛料も入っています。

肉は角煮、よく煮込まれています。ナイフがついてきてますが、まったく必要としません。味もよいですね。

しかし、熱い。

ゆっくりゆっくり、そして少しづつ口に運びます。

パンをちぎって、スープに浸し、いただきます。

お水の入ったグラスがワイングラス。

あーワインが飲みたい。ランチタイム限定でワイン・ビールは300円です。

最後にコーヒーを頂いて、終了。
これで980円は、タパスがついている分、お得かな。
パエリアランチ 2800円は、2人分の料金だそうです。
3人だとどうなりますかと質問。料理も値段も1.5倍だそうです。
ようは、1人前1400円。「ぷらてーろ」より安いな。



食べている間、カウンターの中では、ピンチョスを作っています。
大量に並べられたパンの上に、いろいろ乗せていきます
遠くなので、何が乗っているかよくわかりませんが、彩りがとってもきれい。
女性にきっとうけるでしょうね。

できあがった皿を運んで行きます。どうやら、先程のご婦人方のよう。
楕円形の白いお皿に5個のっています。

続いて、赤ワインをついでいます。これも、先程のご婦人方かな。いいなー

精算時に「梟」はどうなったんですかと質問。

するとあっさり『つぶれました』

まあ、同系列の店なので、儲からないと思ったのか、撤退が早かったですね。確かに、どの客層を狙った店かはっきりしない店ではありましたが、早い。

場所:新宿区神楽坂5−30 ファン神楽坂IIビル2階
TEL:6265-0296

パエリアは25分かかるそうで。予約して行った方がいいです。

もあさんのブログはこちらです。



posted by たきお at 18:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。