珈瑠で (2008年05月02日)

0502karude1.jpg
0502karude2.jpg
来客があると、こちらで珈琲を飲んでいます。
最近のBGMは、ビートルズでなく、徳永英明。

店主曰く、『女性のお客が喜ぶんですよね』

やはり女性客を大切にしなくては。

今日は、珈琲ではなくランチでお邪魔しました。
やはりBGMは、徳永英明。

以前は、ナポリタンセットとかだったんですが、今はスパゲッティセット980円。
どんなスパゲッティがあるかわからなかったのですが、メニューにはかなりの種類がありました。
しかし、名前は古めかしい。
XXとXXのアラビアータとかではなく、ナポリタンとかミートソースとかです。カレースパゲッティや焼うどんもありました。

そこで、注文したのが『カルボナーラ』。

最初にサラダ。そしてスパゲッティ。

結構ソースがゆるめで、スープスパゲッティのようになっています。
胡椒がアクセントで良く効いています。

店内には、他のお客さんは一人(しかも常連さんらしき人)なので、ママさんもこちらに目が行き届いています。

食べ終えると、すぐに珈琲が出てきます。

そして、『サービスで珈琲ゼリーがつきますが、召し上がりますか?』

もちろん『はい』。

珈琲ゼリーをいただき、珈琲をゆったりと頂きました。

ご馳走さま

場所:津久戸町3−17
TEL:3269-8424

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ここは結構ディープな店ですよね。
ところで、カルボナーラというのは、炭焼き職人の意味があるそうです。黒胡椒が炭の粉に見えるから?
Posted by 炭焼き職人 at 2008年05月02日 22:00
炭焼き職人さん こんにちは

へーそうだったんですか。カルボナーラが炭焼き職人とは。

この店確かにディープといえばディープですが、落ち着くんですよね。珈琲もおいしいし。

私が座るのは、いつも道路に面した席なのでカウンター内からはやや死角で、のんびり本を読みながら珈琲を味わってます。
Posted by たきお at 2008年05月03日 16:26
初めまして、sakura と申します。

いつも、楽しみに来ていましたが、「珈瑠で」大変懐かしく、
思わずこの場にお邪魔してしまいました。
30年ほど前、友人がバイトをしていたお店です。
今でも通りすがる度に、不思議な安堵感を憶えておりました。

今度は是非、想い出の扉をたたいてみようと思います。
Posted by sakura at 2008年05月05日 11:41
sakuraさん はじめまして

是非 入らしてみて下さい。
扉を開けると30年前にタイムスリップするかもしれませんよ。
Posted by たきお at 2008年05月05日 13:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。