220鳥しづ (2007年02月15日)

0215torisizu1.jpg
0215torisizzu2.jpg
0215torisizu3.jpg
本多横丁にある「鳥しづ」の『桜』1000円。

昨日からランチ営業を始めた店。
夜は、ほとんど満席になる店なので、昼間にここの焼き鳥を食べられるのはラッキー。

店内入ると誰もいません。お客だけじゃなく、お店の人もいません。
奥まで入ってお店の人に挨拶。
『昨日から始めたので、まだのんびりやっています。お好きな所へどうぞ。』というので6席ほどあるカウンターの真ん中に。奥にはお座敷も狭いながらもあります。

メニューは、通常の『梅』850円と裏メニューの『桜』。
これは、もう迷わず裏メニューで行かなくては。

焼き鳥屋のコース料理は、常に裏メニュー。もっとも、卵巣とか鶏冠が苦手な人は避けた方が無難だが。

はて、ランチで裏は何が出てくることやら、期待をもって目の前に焼かれているのを凝視します。

最初は、テール(写真中の右側)と焼き鳥写真中の左側)。テールがおいしい。
次は ナンコツ、手羽元、レバーと出てきます。

裏メニューは、このナンコツ。
この店で夜にナンコツを頼むと、「6種類ありますが、どれにしますか?」と必ず聞かれる。ほとんどの人は、全部頼むことになるのだが、どれがどこだか覚える間もなく食べ終えてしまう。
この日のように、1種類だけ出てくれば、覚えられるでしょう。
今日のは、膝だそうです。

焼き鳥は、おいしかったが、いかんせん量が少ない。

ランチを食べるより、昼から焼き鳥で一杯がお薦め。


今日も「拝啓、父上様」の撮影が。

軽子坂にある厨の前には、スタッフがいっぱい。
しかも、問題になっている14階建てマンションの建設現場にコンクリートミキサーが次から次へと来るので、道が混雑。

先週も木曜にロケしていたから、ひょっとして木曜がロケ日?
posted by たきお at 13:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
焼き鳥は大好きなんだけど、卵巣とかはちょっと・・・。量が少ないのも今のワタシなら大丈夫です。余談ですが今日は牛込柳町まで行く時に、たきおさんの指導通りにボルカンの前の道をずっと直進して途中で右に曲がりました。すると、道の右側に伝説のレストラン「ルマンジュトゥー」がありました!まあランチはやってないんですけどね。ココットはHP上では金曜〜日曜にランチやってるとありましたね。
Posted by 裕子 at 2007年02月15日 20:26
裕子さん こんにちは

鳥しづも、昼のメニューは卵巣は出ませんから、ご安心を。

ボルカンの前の道は、車が多いので歩くのには要注意ですね。
大日本印刷に向かう車や、大久保通りを避けて、裏道として利用する車が多いですね。
私も、タクシーで新宿とかに行く時は、この道を使います。
Posted by たきお at 2007年02月16日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。