329 Arrivee (2010年11月04日)

1101ARRIVEE1.jpg
1101ARRIVEE2.jpg
1101ARRIVEE3.jpg
1101ARRIVEE4.jpg
1101ARRIVEE5.jpg

もあさんのブログで知った「Arrivee」へ。
神楽坂6丁目の中華「宝龍」の横を入り、「HAP」のお隣です。

店内は、民家を改造したお店で、カウンター席が4つの他に、壁際、窓際に2人がけのテーブル席があります。

カウンター席に座ります。

昼間はお母さんがランチを、夜は息子さんがショットバーをやっているそうです。
そのためか、スツールがやや小さめ、なんだか滑り落ちそう。

壁には、洋酒が並んでいますが、照明のせいか瓶がやや細めに見えます。

ランチメニューは1種類で650円。

黙って料理が出てくるのを待ちます。カウンターの中を覗くと、すでに皿に盛られた料理が見えます。

ご飯と料理が出てきました。野菜中心のいろいろなバリエーションがあります。

料理に使われている野菜は、全部、市川の自宅で栽培している自家製との事。

手前にルッコラのサラダがあります。私もベランダでルッコラを栽培していますが、ルッコラの収穫時期とか、何の料理に使うのがいいのかなど聞いてみました。

そこからお母さんとの会話が始まります。

皿の上のルッコラは、ドレッシングにマスタードを混ぜ、隠し味に蜂蜜をいれている。これがポイントよ。そして塩胡椒で味を整えているとの事。確かにおいしいドレッシングです。
これは、自宅でも真似して作ってみよう。
ルッコラの他にも、何とかという野菜を間引きしたものも入れてあるそうです。
(名前を聞いてもわからなかった)

真ん中には、人参と大根かと思いましたが、実は大根ではなかった。
さて、何でしょう。

この黒いの何かわかる。苦瓜よ。と指摘されたのが苦瓜の佃煮。

自宅の近所で、家庭菜園で苦瓜を栽培している人がいるが、この苦瓜、あまり出来すぎると消費するのが大変。こうして佃煮にしてしまえば大分消費できますね。苦みもほとんどありません。

お母さんは、苦瓜のレシピを80種類ほど知っているそうで、いくつか教えてもらいました。

聞けば、お母さんは沖縄出身とか。

皿の端に乗っているモズクも沖縄から送ってもらっているそうです。

他にもいろいろなおかずがのっています。メインは鮭でした。

後から遅れてでてきた沖縄そば。こちらは、熱々。撮影した時には湯気でぼやけてしまっています。

最初は、そのまま、後から島唐辛子を少しいれて頂きます。

いろいろなおかずと、いろいろな話で楽しいランチでした。

最後にコーヒーをいただき、これで650円は安いですね。

見た目は量が少ないかと思いましたが、結構お腹はふくれました。

場所:新宿区神楽坂6−24
TEL:090-4012-5710


posted by たきお at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。