115神楽坂エミール (2006年04月21日)

0421emiru.jpg
0421emiru2.jpg0421emiru3.jpg
今朝は朝から客先に直行です。大手町から九段下とまわって、テクテク歩きで神楽坂へ戻りましたが、なにやら雲行きが怪しい。降り出す前にどこかにランチをしてしまおうかとも考えましたが、まだ時間は11時半になっていません。うーん残念 もう少しあとなら「LA FEVE」あたりに、と思ってたら雨が降り出しました。頭上だけ雲があり、ほかは青空が広がっています。少し小走りから、だんだん雨の勢いが強くなってきたので、最後は走って飯田橋駅前を通過。20台前半の男性も走っていますが、休み休み。この辺で日頃運動しているかどうかが出てしまいますね。
事務所について一休み。空は青く澄み渡っています。さっきの雨はなんだったんだ。

ランチは、お茶葉を買うついでがあるので、神楽坂六丁目方面へ。赤城神社の入り口の手前につけそばの店やお寿司屋さん、さらに神社境内に赤城亭もあるなと思いつつ、赤城神社の方へ右折。曲がって思い出しました、神社入り口の右にある「神楽坂エミール」を。ここは財団法人東京都福利厚生事業団がやっているところ。新宿区にお住まいの人は赤城社教がある所といった方がわかりがいい。
どうせたいしたことはないだろうなと思いつつ、日替わりランチ「きじ焼き丼」700円を注文。お客さんは3組ほど。皆コーヒーを飲んでいます。店員さんが水を持ってきました。テーブルに置く寸前であわやお盆からコップを落としそうになる。これで水をかけられたら、今日は水難。なんとか落とさずにコップがテーブルの上へ。店員さんと苦笑い。なにかなごやかなムード。
700円だから丼にみそ汁かなと思っていたが、料理がきてびっくり。プチケーキまでついている。さらにサラダバーもどうぞとの事。だがサラダバーのサラダはあまり残っていない。時間が遅いから仕方なしと、残ったサラダをよそっていたら、『こちらにもありますから、どうぞ』と、先程の店員さんが、もう一カ所あるサラダバーから、大きなトレー毎サラダを持ってきてくれた。いやー親切。他の店員さんもみなやさしい。お店の評価も店員さんの接客でおおいに変わりますね。ここ二重丸。
料理もおいしい。きんぴらの味もほどよい。これで700円は何か得した感じ。
会館のロビーにあるので、お店も明るく開放的だが、会館に来る人が少ないので、のんびりゆったり出来る。ランチタイムは2時までだが、ランチ以外にコーヒーがホット250円アイス260円と割安。へたな喫茶店行くより、この店がずっと良い。
最初の懸念はどこへやら、今度お茶しにまた来ようと思いながら、帰りました。
この店 お薦め。
posted by たきお at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16849590

この記事へのトラックバック

神楽坂エミール閉店
Excerpt: 最近、「拝啓父上様」の影響で神楽坂ブームな私。ホームページ「たきおの神楽坂ランチ日記」を見て研究して神楽坂探索。 東西線神楽坂駅を出て、せっかくなのでメイン通りではなく一本入ってみると、神楽坂エミー..
Weblog: 今日はパパとどこ行こう
Tracked: 2007-03-04 10:30

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。