321 PICOLIT (2010年07月16日)

0716picolit1.jpg
0716picolit2.jpg
0716picolit3.jpg
0716picolit4.jpg
0716picolit5.jpg
0716picolit6.jpg
0716picolit7.jpg
0716picolit8.jpg
暑いですね。もう梅雨が明けた感じの空模様です。

友人からランチのお誘い。

あまり、一人では入る気がしなかった店に行ってみる事に。

神楽坂5丁目の第一勧業信用金庫の横を入り、寺内公園に面した「PICOLIT」です。
先月からランチ営業をしていましたが、表にあるメニューをみて敬遠してました。
ちょっと高いので。

今日、表のメニューを見てみると、本日のピザが980円、パスタが1280円となっています。

思い切って(1000円を超えると、もう思い切らないと入れない)中にはいります。

店内はL字にカウンターがあり、席が7席、テーブル席が2人掛けが5つあります。

店内には、お客さんは0。どこでもどうぞというので手前壁際にすわります。

内装はおしゃれ、テーブルの上にも花一輪。

本日のパスタを頼みます。友人はピザ。

最初にサラダが出てきます。

サラダは、アイスプランツとイタリア産のルッコラに生ハムのチップを乗せたもの、スープがタマネギのスープ。パンは、トマトの自家製パン。ピザには、このパンはつきません。

サラダには、バルサミコ(?)を使ったのか黒いソースですが、やけに酸っぱい。
風邪ぎみの喉にしみます。

スープは、タマネギをすった後のつぶつぶが残っています。食べた後に口の中にタマネギの辛みが残ります。

これは、喉が正常な時にこないといけない。

パンは、トマトのパン。どれどれと手に持つとアチ!温めてあります。ちょっと熱い。

サラダを食べ終えると、タイミングを見計らったようにメインが出てきました。

カッペリーニの麺の上に、トマトがのせてあります。『スープは透明ですがトマトのスープなんですよ』との事。

まずは、スープを頂いてみる。あまりトマトという感じはしない。全体的に味は薄め。もう少し味があった方が、好みだな。

友人のピザを一口いただく。

こちらはミラノ風ということで、ピザ生地がまるでパン。うえに乗っているのは、タマネギのスライスとズッキーニ。そしてトマトペーストの味が、こちらは強い。
食べ終えるまでに飽きてしまうような味でした。

メインを終えると、コーヒーとパイナップルのタルト。

ドリンクは、コーヒーの他にエスプレッソか、カモミールティが選べます。

タルトはおいしい。コーヒーは、ややぬるめ。

料理は、いろいろ工夫して頑張って作っている感じがして、好感が持てるのだが、ランチだからなー。

なんか、メインが物足りない。

ランチ営業を開始して1月経つのに、お客の入りが少ないのはわかるような気がする。

また来ようという気にならない。なんだか、もったい。

場所:新宿区神楽坂5−7 山升ハウス1階
TEL:3516-6977

夜はワインバーだそうである。
posted by たきお at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。