イタリア食堂TOKABO (2010年03月10日)

0310itary1.jpg
0310itary2.jpg
0310itary3.jpg
いい天気になりましたね。
昨日の寒さから今日はかなり暖かくなるという予報でしたが、風がまだ冷たいですね。

神楽坂へ出たものの、さてどこでランチをしましょうか。

毘沙門の横を入り、「ゆかり」でまぐろ丼あたりと思って店の前まで行くと、シャッターがおりています。
定休日でしょうか。

そのまま、小栗横町へと抜けます。
「しふく」「阿ら井」「姿」「けん」「吾」と通ります。
ほとんどランチは1000円以上ですね。
そういえば、「加賀」「蕎楽亭」「海」「ブルゴーニュ」「Ala」あたりも1000円以上ですね。
神楽坂の裏通りには、デフレという言葉はないのでしょうか。


「一品香 新館」は、なにやら工事中のようです。

花屋の横から、神楽坂の通りに出てしまいました。

近くの「イタリア食堂TOKABO」の前のメニューを見ると、今日の日替わりが『ロースハムとアスパラのペペロンチーノ』850円になっています。

時刻が1時になろうとしていたので、こちらに決め、エレベーターで4階に上がります。

エレベーターを下りると、大勢の男性が席待ちしています。
こちら1組でしたので、まとまった席が空くのを待っているようです。

待っている間に、『日替わり』を注文、一人席が空くのを待ちます。

前の男性陣が席に案内されると、すぐに席に案内されます。

席につくや、すぐにサラダとパンがでてきます。
さらに、サラダを食べ終えないうちにスパゲッティが出てきます。

上に、ハムとアスパラがのっています。
スパゲッティをゆでた後、オリーブオイルにまぶし、あとからハムとアスパラをのせたような感じで、ハムが均等にまざっていません。

そして、唐辛子が粉になってまざっています。

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで炒め、匂いがついたところで・・・なんて作り方はしないんでしょう。じゃないと、こんなに早く提供できないでしょうね。

日曜に自宅で作ったスープパスタを思い出してしまった。(あれは、スープの量の割にパスタが多すぎて失敗作だったなー。)

食べ始めは、辛みが効いてますが、食べ進めるうちに、それも感じなくなってしまいます。

すごい油の量です。フォークとスプーンで油をあまりすくわないように、最後の1本、最後のハムの1切れをすくって食べます。

そして、食べ終える間際に、珈琲がでてきます。

じつにスムーズに食事が運びます。

これだとお客の回転が速そうですが、喫煙可なので、待ち行列ができちゃうんですね。

場所:新宿区神楽坂2−2 志満金ビル4階
TEL:3267-5761

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュは850円くらいでワンプレーとランチがあったはずですよ。数か月前まで、ときどき食べに行ってました。それとも、最近はやめちゃったのかな。
Posted by もあ at 2010年03月10日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。