311 想いの木 (2010年03月05日)

0305ikoinoki2.jpg
0305ikoinoki1.jpg
0305ikoinoki4.jpg
fromfranceさんからのコメントで、キーマカレーが食べたくなりました。

が、牛込中央通りまで行くのはちょっと。

で、神楽坂の坂上に新しくできた「想いの木」へ行ってみる事に。

急な階段を上って店内に入ります。

4人がけテーブルが2つと、2人がけテーブルが6つあります。

一番手前にある4人がけテーブルと、奥に2人がけのテーブルがあいていましたので、もちろん2人がけテーブルに案内されます。隣のテーブルは小学生くらいの女の子とお母さん。

ふと、周りを見渡すと、女性率100%でした。

店長さんらしき人がメニューも持ってきました。
『簡単にメニューをご説明しましょうか』というのでお願いする事に。

『ランチはAからDまであり、それぞれつく物によって値段が違います。』

では、950円のAランチを。

『カレーは5種類で、本日の日替わりは』と別のメニューを見せてくれます。

ちょっと忘れてしまったが、なんとかのチキンカレーでした。
やや辛いカリーだそうです。

それ以外は、『大地の息吹カリー』『やわらかチキンカリー』『ほうれん草とエビカリー』『マトンカリー』となっています。

『日替わりカリー』を頼みます。

『辛さはお好みによってかえられますが、いかがしますか』

いや、そのままで。

『ナンとライスがありますが』

ナンを頼んで、注文が終了しました。

その後、おしぼりとお水が出てきます。

さらにサラダ。

自家製の人参で作ったドレッシングです。

店内くらいので、サラダの写真がぼけてしまってます。
サラダの横に映っているのは、壁にかかっている照明がテーブルにうつっています。

サラダの人参は、やわらかく口にすると、溶けてしまいます。

サラダを食べ終えないうちにナンとカリーが出てきます。

ナンがこうばしい匂いを立てています。

カレーには、なにやら香草がたくさん入っています。最初のうちは辛さを感じましたが、食べ進めるうちに辛さはなくなってきます。

チキンの固まりがやや大きめです。

ナンの上に肉を乗っけて食べようとすると固い。

骨付き肉です。骨から肉がとれない。食べづらーい。

最初に口にした肉は、ほとんど骨です。他の肉も骨付きです。

結局、肉の固まりのうち半分近くは骨でした。

なんだか、物足りないランチになりました。

ドリンクがない分、ディップマハルより割高か。

残った骨↓
0305ikoinoki3.jpg

場所:新宿区神楽坂5−22 KS神楽坂2階
TEL:3235-4277
posted by たきお at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
このお店先日行って来ましたが、カレー屋としては(個人的には)抜群においしいと思いました。ただ、込んでいる場合、店のドアを開けた狭いスペース(結構テーブルに近い)で、立って待ってないといけないんで、待ってるほうも食べてるほうも、落ち着きません。
Posted by mau at 2010年05月22日 02:42
maruさん こんにちは

そうですね。確かにこの店は狭いですね。
満員で入れないと、また階段を下がらなきゃいけないので、ついつい待つことになっちゃいますね。
Posted by たきお at 2010年05月24日 14:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。