305 魚串 さくらさく (2010年01月23日)

0123uokusi1.jpg
0123uokusi2.jpg
0123uokusi3.jpg
0123uokusi4.jpg
0123uokusi5.jpg
0123uokusi6.jpg
0123uokusi7.jpg
やや風が冷たいですが、いい天気の神楽坂です。

土日しかランチ営業をしていない店へ行ってみる事に。

神楽坂6丁目にある「魚串 さくらさく」です。

店内に入ると、先客は男性一人で、なんだかがらんとしています。

ランチは、5本以上頼むと、サラダ、ライス、味噌汁が50円(税込)でつきます。

串の種類が約40種類くらいあるでしょうか。1本当りの値段は、150円、210円、280円の3種類(いずれも税別)と、特別に『まぐろほほ肉ねぎま』が99円(税込103円)となっています。

さあ、5本どれを頼みましょうか。

悩みたくない人、好き嫌いのない人には『おまかせ5本』980円というのもあります。
『野菜串盛り合わせ 5本』680円というのもあります。

さらに、メニューには『おすすめ串ランキング』というのも出ています。

まずは、このランキングからチョイスすることにしました。

1位 まぐろほほ肉ねぎま 99円
2位 穴子 280円
6位 本ししゃも 150円
9位 すずきのバジル 280円
番外 きびなご 210円

暗算が得意でないと、合計金額はすぐに出ませんね。

精算するまで金額はわからず、結局合計1110円でした。

料理は、まずサラダから。

サラダにも、じゃこが乗っています。

つづいて、味噌汁、串、ご飯と出てきます。

どれがどれというのは、わかりますね。

真ん中のすずきのバジルの匂いがかなり匂ってきます。

きびなごは、小さいけれど数で勝負ですね。

ほほ肉も、表面は焼き上がっていて、中はやや生で、いい食感です。
ただ、葱が辛かった。

どれもおいしかったです。

食べながら、他のメニューも見てみると、穴子より鰻がよかったかなとか、ししゃももさんまの方がよかったかな、ミニトマトもいいなと、あれこれ目が移ってしまいます。

ここは、一人ではなく、何人かで来て、串をわけて食べるといいですね。

串5本じゃお腹一杯にならないじゃないと、入る前は思っていたのですが、どうしてどうして、結構お腹が膨れました。

場所:新宿区神楽坂6−8
TEL:5206-8547

帰りにショップカードを頂きました。楽山ビルにある「つみき」の姉妹店なんですね。
posted by たきお at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。