源平 (2009年12月14日)

1214genpei1.jpg
1214genpei2.jpg
1214genpei3.jpg
大久保通り、みずほ銀行のあるビルの横を入ったところにある「源平」。
半地下になっているので、やや入り口はわかりずらいかもしれません。

店に入り、先にお勘定。以前は、おじいさんがレジの後ろに座ってましたが、今日は若いお兄さんが立っています。

メニューは店に入るための階段を下りた所と、店に入ったすぐ正面に書かれています。

『鮪ねぎとろ&炙り丼』900円を注文、ピンクの札を貰い、席に着きます。お兄さんが奥の厨房に大きな声で注文を伝えます。

後から来た人は、みんな何を頼んだかわかってしまいます。
(私の後から来た人は生姜焼きでした)

奥から、湯飲み茶碗、お新香、小鉢をもったおばさんがでてきます。

お茶はセルフサービスで、卓の上のポットから注ぎます。

その後、丼と味噌汁がでてきます。

丼の半分に鮪を炙ったもの、半分にねぎとろがのっています。中央には、わさびが沢山。
小皿にわさびを移し替えると、3分の1はわさびに占領されてしまいます。

炙りは、やわらかです。
ねぎとろも胡瓜に隠れていますが、結構量があります。
そして、ごはんも意外と多い。

味噌汁は若布と豆腐。と思ったのですが、この白いのは豆腐でなく高野豆腐?
食感が、油揚げや厚揚げの感じです。めずらしいですね。豆腐より安いんだろうか。

ご馳走さまでした。

前回の記事を見てみると、同じものを食べてますね。
値段が50円上がってました。

前回の記事はこちら


場所:新宿区下宮比町2−31
TEL:3267-8374
posted by たきお at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135601835

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。