304 李さんの台所 (2009年12月04日)

1204risan1.jpg
1204risan2.jpg
1204risan3.jpg
1204risan4.jpg
1204risan5.jpg
1204risan6.jpg
昨日の雨もあがり、よく晴れた神楽坂です。
11月にオープンした「李さんの台所」へ行ってみる事に。

ランチ時は行列ができてることもあり、やや早めに行ってみました。

1階に入ると、2人が座れる丸テーブルが4つありますが、どのテーブルも一人づつ座っています。

今日は友人を誘ったので、2人なので2階に上がります。

陽が差し込み、ロールカーテンをおろさないとまぶしいです。

どうも韓国料理は名前がわからず苦手だったのですが、こちらのメニューには料理の内容が書かれています。

店長のオススメという『ダッカルビチーズ丼』850円を頼みました。

『地鶏をふんだんに使った旨辛丼』と書かれています。
写真と説明から、何となく内容がわかります。

友人は、『チャンポンクッパ』800円を頼んでいます。

お店の自信作という『スンドゥブチゲ』。

なんだか聞いた事がありませんので、店員さんに聞いてみました。
スンドゥブとは、本来おぼろ豆腐だそうですが、こちらの店は絹豆腐を使ってなめらか感を出しているそうです。

そうか、ドゥブって豆腐なのね。

このスンドゥブチゲは、いろいろ種類があります。
餃子入りカレー風味、プルコギ入り、ホルモン入り、殻付きエビとズワイガニ入り、イカチーズ、豚キムチ、トマトチーズ、白みそバターとあります。それぞれで値段が違いますが、924円から1139円の値段付けになっています。ライスのついたシンプルな定食も800円であります。
トマトチーズなんて、どんな味なんだろう。

最初に、小皿に乗ったモヤシが出てきました。
モヤシを茹でて、ごま油と黒ゴマをかけたものです。
さっぱりしています。自宅では、モヤシを茹でてかつお節というのがありますが、この風味もいいですね。


しばらくして、熱々の丼が出てきます。

熱いうちにかき混ぜなきゃとスプーンを入れてから、写真を撮ってないのに気がつきました。

写真左側は、かき回しはじめた状態です。最初は、右側のようにチーズがふんだんに乗っていました。

写真を撮り、かきましかきまし、そしていただきます。

熱っ!

なかなかおいしいです。地鶏が存在感を放っています。

簡単に言うと、キムチの雑炊にたっぷりと地鶏をいれ、石鍋で熱くしたもののうえにチーズをのせたものですね。

途中、『チャンポンクッパ』も味見をさせてもらいました。
こちらは、具沢山。海老あり、ムール貝あり、イカあり、そして野菜たっぷりです。ちょっと味が濃いかな。でも、これもおいしいです。

熱いので汗も出てきましたが、なかなか食べ進みません。

さっさっと食べる事が出来ないので、一人当りの食事時間が長いので、待ち行列ができるのかもしれません。

ランチ時間は、余裕をもって行った方がよいかもしれません。

場所:新宿区揚場町1−16
TEL:5206-5897

地図はまだ山路飯店になっていますね。

posted by たきお at 14:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは。おひさしぶりです。私も行ってみたいです。やはり、韓国の方が店員さんですか。
Posted by 美咲 at 2009年12月04日 20:35
美咲さん こんにちは

2階にいた男性店員さんは日本人でしたよ。

やはり女性のお客さんが多いですね。
Posted by たきお at 2009年12月05日 10:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134686728

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。