303 吾(われ) (2009年12月01日)

1201ware1.jpg
1201ware2.jpg
1201ware3.jpg
毘沙門の横を入った「カンティーナ・フィレンツェ」が閉店し、新しい店ができるというので、見てきました。
まだ、オープンしてませんが、フレンチの店「TeMARI(てまり)」です。
ランチはやるのでしょうか。新しい店は楽しみですね。できれば1000円以下のランチであってほしい。

他にも新しい店が小栗横丁にできたというので行ってみました。

ビルの地下というか半地下になっています。ビルの上には、何度か夜にお邪魔した「レイサム」があるビルです。
サークルKの向かいの路地を入っていった角のビルです。

店内は、入るとすぐにカウンターがあります。

カウンターの中では、オーナーがなにやら野菜を向いています。向かいにお2人。

カウンターは8席、そのうち4席はちょうど4人掛けテーブルのようになっています。

その4人掛けの端にすわり、『牛スジ煮込み丼』950円を頼みます。

最初に、お新香、小鉢。家でふきを煮ると、もっと柔らかくなってしまうのですが、こちらは固すぎず柔らかすぎずしっかりしています。

その後、丼と赤出しが出てきます。

丼には、『こちらのやげんの七味をお好みでどうぞ』と女性店員さんが言ってくれます。さらに『奥にも席がありますので、お帰りにぜひご覧下さい』と。

まずは、丼を頂きます。卵に箸を突き立て、卵をくずし、ぐるぐるにかき混ぜ、お勧めの七味をかけて頂きます。

お肉がいい味出しています。おいしいです。

箸の他に、木のスプーンをあらかじめテーブルにセッティングされています。

赤出しも美味しいのですが、個人的な好みからすると、やや味が強いな。

オーナーさんと先客さんとの話を聞いていると、京野菜を直接農家から仕込んでいるとか。

食事を終える頃、奥からはお客さんがぞろぞろ出てきて精算しています。
女性店員さんは、それに取られていますので、オーナーさんが直接私のところにきて、『今コーヒーをお持ちします』と声をかけてくれます。
この声がなかったら、きっと帰ってしまったかもしれない。

そしてアイスコーヒーがでてきました。

1時に来客があるので、急ぎコーヒーを飲み、お勘定を頼みます。

ここも、ご主人がお勘定をしてくれます、そして『奥があるので見て行って下さい』と、奥に案内してくれます。

一段高くなっていますが、靴のまま奥へ進みます。

右側に、4人、4人、6人のテーブルがあります。テーブル3つを付けてしまえば、20人位は入れるでしょうか。ちょっとした宴会に向いているかもしれません。

左側はプライベートルームと称して、4人掛けテーブルが2つの部屋。

『おもてなし』を大事にしているようで、接客にも、その心があらわれています。

場所:新宿区神楽坂2−9 アルファタウン神楽坂B1
TEL:3266-5011
posted by たきお at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。