丸屋 (2009年11月25日)

1125maruya.jpg
今日は「丸屋」。

ミシュランの星には程遠い、ごく普通に昔からある町中のお蕎麦屋さんです。神楽坂には、お蕎麦屋さんが結構ありますが、普通のお蕎麦屋さんといえば、こちらと「翁庵」でしょうか。

『鍋焼きうどん』を食べたくなると、こちらへ来ます。

4人掛けのテーブル席が8つありますが、それぞれのテーブルは、ほとんどが一人客です。

空いているテーブルに座り、一応メニューで確認してから、『鍋焼きうどん』1000円を頼みます。

料理が出てくる間にも、お客さんがどんどん帰って行きますが、席が空く事無く次々と来店しています。ほとんどが、やはり一人客です。

料理がでてきました。おばさんが、蓋をあけると、ぐつぐつと煮えた鍋焼きが登場します。

具がたくさん入っています。目につく所では、海老の天婦羅、鳴門、カマボコ、昆布、しいたけ、三つ葉、葱がのっています。

舌を火傷しないように、慎重に食べ進めます。

海老の横にかくれて、卵がのっていました。
箸でつついて、黄身をだし、半熟状態にして、うどんをからめていただきます。

お麩が、熱々の汁を吸っています。これは要注意。

底の方には、鶏肉が。

あまり感じなかったのですが、柚子も一切れ入っています。

うどんも具もなくなった時点で、鍋台をかたむけながら、汁をいただきます。卵の黄身が半熟から固ゆで状態になっています。

ほぼ完食。

体が温まりました。

前回の記事はこちら


場所:新宿区神楽坂3−6
TEL:3269-0431
posted by たきお at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。