心人(地蔵通り) (2009年11月21日)

1121sinto1.jpg
1121sinto2.jpg
1121sinto3.jpg
1121sinto4.jpg
今日は穏やかな日です。神楽坂では、福井祭りが開催されています。

あちこちで福井の特産品を売ったりしています。
ぶらぶらと見たり、鯖鮨の試食を頂いたりしながら神楽坂を上がります。

そのまま神楽坂駅まで来てしまいました。さらに赤城神社の坂を下り、ずんずんと行きます。

何を食べようかなと思いつつ、地蔵通りのお店を覗きながら歩きます。
昔ながらのお店が多く、皆さん頑張って営業しています。

地蔵通りの入り口まで来てしまい、子育て地蔵にお参りをしてから、Uターン。

と、変わった店構えの店がありました。

うどん屋さんのようですが、店の看板の前にある黒板にはいろいろ書かれています。

なんだかよくわからずに店の中に入ります。時刻は1時をすぎていたのですが、店の前に立てかけてある看板『今、やっとんがやっちゃー』がありますから、まだやっているんでしょう。

店内に入ると、突き当たりにカウンター席が5つ、すでに4つ埋まっています。
右側には、テーブル席が2人用一つ、4人用が2つあります。

カウンターは窮屈そうなので、2人掛けテーブルに案内されます。

フロアのおねえさんに、『セットって、あのメニューにうどんが付く訳?』

『はい、うどんは温かいのか冷たいので、たぬきか若布が選べます』

なるほど

『温かいのには柚子もあります』

では『カンパチとヒラメ丼セット』で柚子うどんを頼みます。850円です。

最初に薬味だけでてきました。そしてしばらくして、出てきました。

うどんは、手打ちで、こしがあります。
上にのっている柚子がいい香りを放っています。

汁は薄味で、もう少し味があってもいいかな。

丼は、予想と大きく外れました。

カンパチとヒラメなので、刺身が乗っかっているものと思ってました。いわゆる海鮮丼のカンパチとヒラメしかのってないやつ。

ところが出てきたのはご覧の通り。

こうなると、カンパチかヒラメかはわかりません。しかし、身が柔らかくて、これはこれでおいしいです。

食べている間に、お客さんは皆帰って行きました。すると、ご主人が饂飩を打ち始めました。

店は、ご主人と女性の2人でやっているので、お客さんに手がかからなくなると、饂飩を打つようです。


お腹いっぱい。

場所:文京区関口1−12−2
TEL:3260-5558
posted by たきお at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133517075

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。