辰吉 (2009年11月13日)

1113tatuyosi.jpg
今日は風があって寒いですね。しかも昼時にぽつぽつと雨が降ってきました。傘を持たずに出たので、本降りになる前に戻りたい。

そして寒いので、なるべく温まるものを食べたい。

そこで「辰吉」の『かつ鍋』840円にしました。

店内に入りカウンターに座ります。

店の入り口の戸がきちんと閉めないとスルスルと開いてしまいます。
人によって、きちんと閉めて帰る人と、どんと閉めて10cm位開けたまま帰る人もいます。

すきま風が入って寒いので、開いているといちいち閉めて料理がでてくるのを待ちます。

カウンターに雑誌がのっています。「CG日本史」というシリーズで「江戸の遊び」というのを広げてみます。結構おもしろい。

読んでいる間に料理がでてきます。

湯気がモクモクとでています。

舌を火傷しないようにゆっくり注意して食べ進めます。わずかに柚子の風味がします。

体が温まりました。ご馳走さまでした。

前回の記事はこちら


場所:新宿区津久戸町1−12
TEL:3267-8008
posted by たきお at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132794951

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。