302 zagara (2009年11月07日)

1107zagara1.jpg
1107zagara2.jpg
1107zagara3.jpg
1107zagara4.jpg
1107zagara5.jpg
1107zagara6.jpg

昨日の「梟」の姉妹店「el Buho」が土日のみランチなので行ってみました。

店の前のメニューを確認。ランチ2900円です。

即パス。

今日からオープンの「李さんの台所」は並んでいるという情報をもらっていたので、そちらもパスし、6丁目に5日オープンした「ZAGARA」へ行ってみました。

店内は、うなぎの寝床のように奥に長〜い店です。店に入ると、太ったイタリア人が席に案内してくれます。
陽気ですね。

グラスなどをセットして、『ウオーター』と叫んでいます。

で、注文はというと、何も聞かずに去って行きます。

そして、・・・結局水は出てこない。

しばらく、待っても出てこないので空のグラスを持ち上げ催促します。
陽気なおじさん、無言で水を持ってきます。
そこでも注文出来ず。

日本人の男性(オーナーさんかな)が通りかかったので、呼び止めて注文をします。

友人と二人だったので『本日のパスタ』と『本日のピザ』を頼みます。

パスタは『ペストカーラ』950円、ピザは『ツナとタマネギ』1300円です。

最初にパンが出てきました。

一つには、オリーブオイルとトマトが乗っています。別の皿には、バルサミコとオリーブオイルが入っています。

パスタと一緒にパンを食べよう。

ところが・・

ところが・・・

料理が出てこなーい。

後ろに座っている、老夫婦が催促しています。
私より先に入店していた二人です。
こちらは、ご主人のピザは出ていて、もう食べ終えようとしていますが、奥さんの頼んだパスタが出てこない。こちらのお客さんに、隣の「花豊」のご主人が合流。

すると、女性店員さんが『お待ちしていました』と挨拶にやってきます。『お待たせしてすみません。生ハムの・・・でしたね』『いえいえ本日のパスタです』
『今すぐ作りますから』

おいおい。

それからすぐに2人分のパスタが出てきました。
お待たせしたので大盛りにしておきました。

(気が利くじゃない。こちらもサービスしてね。)と内心思ったのでした。

ところが、ところが・・

日本人男性が手ぶらで席にやってきました。
なんと!!!!

『オーダーの確認をしたいのですが』

もう馬鹿野郎と怒鳴りたくなりました。

だって、入店して30分経過していたんですから。

それから10分後、もう待てません。

女性店員さんに文句つけました。

そしたら『申しわけ有りません。開店して2日しかたってなくて・・・お飲物をサービスしますから、ワインはお飲みになりますか』というので、遠慮なくいただきます。赤と白ワイン。

が、このワインもなかなか出てこない。

すぐそばでイタリア人店員さん(陽気なおじさん以外の)が白ワインの栓開けに苦労しています。奥からは『赤ワインの開けたのなかった?』という声が聞けてきます。

とうとうワインがくる前に、パスタが出てきました。

そしてワイン。パスタを食べ終えた頃に、ようやくピザがでてきました。入店して1時間近く経過しています。

後ろの奥さんが声をかけてきます。『こんなに待たされちゃね〜。忘れられたと思っちゃうわよね。味はいいのに』

いえいえ。とんでもない。

待っただけの甲斐はあった。こんなにおいしい料理だった。

といえればよかったのですが、とんでもない。

まず、パスタ。

フォークの上に乗った具が見えるでしょうか。
これ、イカとエビです。この小さいのがパラパラとまざったパスタです。

友人いわく『自分で作ったほうがおいしい』。私も同感。何を食べているかわからない。海老のプリプリ感なんてものは全くなし。散々待たせたあげく、こんなパスタで金とるなよ。

で、ピザは。もちろん生地から作っています。
けど、具&チーズは全体の半分も乗っていません。
切り分けたピザを一口食べると、あとは生地部分しか残ってません。

最後は食べ飽きちゃいます。ピザを食べてるというか、何もないパン食べてるのと一緒ですから。

帰り際に看板を確認すると『ツナと玉ねぎ』とあります。

え〜ツナなんかあった?

サービスのワインはというと、甘〜い。赤ワインですが、『赤玉ポートワイン』のよう、タンニンなど全く感じられない。
これって、きっとハウスワインとして出すんだろうな。

あまりオープン当初の店は、入らないようにしているのですが、今日は最低。

店員さんの構成は、フロアが4人。
日本人男性、女性、イタリア人2人。一人は馬鹿陽気な太っちょイタリア人。きちんと仕事ができないなら、ただ気がきかないうざい親父。

料理担当は3人。
ピザ担当の男性、たぶんパスタ担当のしょっちゅうドリンクばかり飲んでる男性、飲み物担当(?)の女性。

洗い場担当の黒人男性。

で、計8人。

お店が広く、お客のキャパがあるだけに、この布陣では平日のランチタイムに食べ終えようとするのには無理がありそう。

くれぐれも、時間は用心して行って下さい。

私はもう行かないだろうな。行くとしても1年後とかかな。

場所:新宿区神楽坂6−66−1 宝生堂ビル1階
TEL:5261-4205
posted by たきお at 16:26 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
編集中の記事を楽しみにしていましたが、これはあんまりじゃないですか。
Posted by 齋 at 2009年11月07日 22:48
あらぁ、散々でしたね。

「開店して2日しかたってなくて・・・」というのは言い訳にもなんにもならんのだけど、最近はこういうことをしれっという新規店が増えて嘆かわしいかぎりです。

ちなみにたぶん、馬鹿陽気な太っちょイタリア人がオーナーだと思います。工事のときから何度も現場に来てましたから。ちなみにこの店のオーナーは、同業者のあいだでは「ちょっとした、やり手イタリア人」という評判らしいです(某イタリア料理店からの情報)。

イタリアンの新店、ちょっと楽しみにしてたのだけどな。味とかサービスの問題以前に、1000円程度のランチメニューがパスタかピッツァしかない時点で、自分の選択肢からはほとんど外れました。

Posted by もあ at 2009年11月08日 13:13
まち飛びフェスタの時に店先でミネストローネを売っていまして、私はすごくおいしいなぁーと思い2日続けて食べに行ってました。そうですか。残念ですね。
期待してました。少し経ってから行ってみることにします。
Posted by ロンド at 2009年11月08日 16:04
背の高い太めのイタリア人男性はただの支配人だそうです。オーナーさんは別のイタリア人みたいですよ!確かに、料理は美味しいし、雰囲気は面白い感じで私は好きです。ただ、オープンしたてで落ち着いていない感じなのは否めないですね。もう少し落ち着いたら、またお食事に行きたいと思っています。
Posted by パピコ at 2009年11月08日 21:00
むかしは、今より客観的に書けていたけど、最近(っつうか有名になったと思い違いしてから)横柄なレポートになってますね。
Posted by   at 2009年11月08日 21:37
太っちょイタリア人は支配人で、オーナーは別のイタリア人なんですか。とすると、オープン初日のランチ時間に入口の所に立っていた、比較的細みで、ちょっと気難しそうな表情をした人がオーナーさんなのかな。

Posted by もあ at 2009年11月09日 09:35
こんにちは。たきおさん、いつも楽しみにブログ見てます。新しいお店が続々とオープンしていますね。牛込通りもまた新しい中華やさんがオープンしました。ではでは(^-^)
Posted by 美咲 at 2009年11月09日 15:38
ごぶさたしてます。寒くなりましたね。
たきおさんの辛口コメント大好きですから。これからもランチブログお願いします。
Posted by クレオパトラッシュ三人娘 at 2009年11月09日 15:41
ちなみに今日のランチは「臨時休業」になってました。週末のバタバタを経験し、オペレーションの組み直し・立て直しをはかってるのかな。
せっかくオープンしたのだから、多くのお客様に愛されて、長く営業を続けられるお店になってほしいですね。
Posted by もあ at 2009年11月09日 16:15
皆様、お叱りやら、励ましのコメントを多数いただきありがとうございます。

実のところ、この記事を書くのはすごくためらいました。
12時15分頃店にはいり、結局出たのが1時半を回っていました。
すぐに記事を書くと、これ以上にひどい書き込みになると思い、16時頃に写真だけアップ、さらに冷静になるため、記事本文は夜に書き込みました。しかし、書いていると、だんだん腹が立ってきてしまいました。

ここに書いた他にも不快な事が多々あったのです。

一例をあげると、陽気なイタリア人のおじさんにジェスチャーで水を頼んだ時、わかったのかと思ったのですが、スーと来てそのまま横を通り過ぎ、他のお客のところに行ったと思ったら、その後、いきなり戻ってきたと思ったら、無言で水のはいった瓶をテーブルにドスンと置いていったのです。

まるで、『この野郎俺に指図しやがって』みたいに。入った時には愛想良く『グラッチェ』とか、『ありがと』とか日本語英語イタリア語チャンポンでしゃべってたのに。その後、彼は一度も私たちの席には来ませんでした。

他にも、あれやこれや。

で、つい強い語調になってしました。不快に思われた方がいらっしゃいましたら、どうかご容赦を。

Posted by たきお at 2009年11月09日 16:21
もあさん こんにちは

やはり開店早々の店には行かない方がいいかもしれませんね。
Posted by たきお at 2009年11月09日 17:26
たきおさん
ブログっていいことばかり書くところじゃないと思っています。正直な感想こそ価値があり、書くからにはこれから行ってみようと思っている人の参考にならなければ意味がありません。悪意のあるものはダメですが、たきおさんのブログは全くそうではありません。これからも参考にさせていただきます。
Posted by ロンド at 2009年11月09日 18:17
お店側が、少なくともひとりのお客様(たきおさん)を不快にしてしまったことは、事実。
それをきちんと受け止めるべきだと思う。
ひどい。言い過ぎとかコメントしている方は、飲食業界の方ではないですか。甘い。前もって、接客や料理の出し方等はプロとして、勉強、研修して開店に備えるのが当然。お客さまから、大事な、お金をいただくのですから。
繁盛している店は日々努力してますよ。甘くない。適当に営業していれば、お客様はわかります。そんな適当な店はお客様は来店しません。これからも、このブログを楽しみにしています。

Posted by 食べ歩き大好き at 2009年11月10日 10:09
ロンドさん ありがとうございます。

よく神楽坂のブログでも、お店によいしょしているような記事を見かけますが、それだけはならないように気をつけています。
これからも、よろしくお願い致します。
Posted by たきお at 2009年11月10日 10:28
食べ歩き大好きさん おはようございます。

不快になったのは私だけではありません。
一緒に行った友人もかなり憤慨していました。5丁目のXXの方がおいしいし、ここにはもう来ないと言ってました。

良く、『営業妨害だ』とか、その逆に初めての名前で『ここの店はおいしい』とか、あきらかにやらせのようなコメントが入ります。

そんな事より、よくコメントをいただいている「心」さんのように、悪い所は悪いときちんと対処してくれる店の方が、ずーと好感が持てますし、こちらもこの前悪かったけど、もう一度行ってみようかとなりますよね。

私も、お店が憎いわけでなく、安くて(最近はこれがキーポイントになっているなー)おいしくて、接客が気持ちよいお店が、神楽坂に増えてほしいですから。
Posted by たきお at 2009年11月10日 10:45
たきおさんに同感!
今日このブログの記事の存在を知らずに食べに行きました。

デザート付きと聞いて、
シェフズランチ(1500円)を頼みましたが、

四つに分かれている四角いお皿にパスタ少々、
おかず2種類少々、とティラミス少々

以上。

コーヒーも付いていません。これで1500円??
思わず、イタリア人の店員におししい?と聞かれたので 量が少ない!!と言ってしまいましたよ。

ちょっともう少し他店をリサーチしたほうが
よいのでは・・・

ここの経営者カルミネに行ってみてほしい・・・

同僚にはとても薦められませんね。

会社にもどって多喜男さんのブログをみたら
既に感想が!

さすが、たきおさんですね!
Posted by アディオ at 2009年11月10日 13:56
アディオさん こんにちは

あの四角い皿は、シェフズランチだったんですね。

そういえば、男性がオーダーの確認をしに来た時、『シェフなんとかですか』といってました。
きっとシェフズランチを頼んだと思ったんですね。
その時は、そんなのがあるとも知りませんでした。

最初に入る店は、お薦めとか日替りを頼む事にしています。その店のことが何となくわかりますからね。
Posted by たきお at 2009年11月10日 14:19
皆様のご指摘、まったくその通りで、弁解の余地もありません。
今後はこのようなことが起きないように、改善していきます。
ご指摘ありがとうございました。
Posted by 「ザガラ」より at 2009年11月20日 15:40
ザガラさん コメントありがとうございました。

期待しております。

もう少し量が多くて安いといいな。

ついでに、事務室の前のテーブルは狭いんですよね。後ろの人と椅子がぶつかりあってしまいます。
テーブルもガタガタしているし。

よろしくお願いします。
Posted by たきお at 2009年11月20日 18:31
初めまして。検索から来ました。

今働いてるお店が以前ザガラだったので
気になって調べていた次第です。

今はシェフもスタッフも店名もアルバに変わり心機一転営業中です。

ご指摘ありましたランチのコスパの悪さ、スタッフの無愛想さetc…今はそのような事はありません。

太っちょのイタリア人は今は本職のピッツァ担当で日々ピッツアマルゲリータを焼いています。

平日ランチは950円から
サラダ、スープ、パスタorピッツァ、コーヒーor紅茶がつきます。
ボリューム満点です。

以前ご来店いただいて不快なめにあわれた方もリニューアルの今ならご満足いただけると思います。

テーブルのガタガタの件了解しました。
オーナーにかけあってみます。

このような生の意見が聞けるサイトはとても貴重だと思うのでこれからもちょくちょくお邪魔させて頂きます。

長々と失礼致しました。

Posted by ナカヤマ at 2011年01月28日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。