301 梟 (2009年11月06日)

1106fukurou1.jpg
1106fukurou2.jpg
1106fukurou3.jpg
昨日、牡蠣で入れなかった「梟」へ行ってみました。

今日のおまかせ酢飯丼は、『めんたいととろろ』です。

表から階段をあがります。下の階が半地下になっているので、こちらの店は階段をあがっても1階となっています。

赤い扉をあけて中に入ると、その先にまた赤い扉があります。その手前左には、待ち席がつくられています。
そんなに行列ができる店なのだろうか。

中扉の中から、『いらっしゃいませ』と女性の声がします。

店内に入ると、以前の「出島」の居抜きのままの内装のようです。

手前左にテーブル席が並んでいます。4人、2人、4人席の順番で、1卓だけ女性4人で埋まっています。

お一人様は、奥のカウンター席に案内されます。
カウンター席は10席あります。

『おまかせ酢飯丼と稲庭うどんセット』1000円を頼みます。

他のメニューは
『海鮮バラ鮨丼と稲庭うどんセット』1400円
『お刺身盛合せと焼魚セット』1600円
です。

カウンターの中では、板さんが料理を作っています。
作っているというか、盛りつけているだけですね。

丼のご飯はやや少なめです。その上に、とろろがのっています。ご覧のように、まわりに明太がとぐろを巻いています。チューブ入りの明太ってあるんですかね。チューブできゅーと絞り出して盛りつけた感じです。そして海苔が2枚。

とろろは、おろしたそのまま、出汁で割ったりしていないので、粘り気があります。

食べ終わった丼は、明太で真っ赤っかになります。

小鉢は魚の煮たもの。骨まで食べられます。

黄色いのは、味噌。味噌の中に、なにやら木の実が入っています。
これは、味的に他のおかずとまったく合わない。

内装も奇麗で、器もきれいだが、料理は味、量からすると700円くらいじゃない?

フロアに女性2人いるのだが、ちょうど、斜め後ろにいるので、なんだかずっと見られているようで落ち着かない。

食事が終わりに近づいた時点で、いきなり夜のメニューですと言って女性がやってきた。開店セールでコースが4800円だそうである。

通常は、季節会席コースが7800円、9500円、16000円だそうである。

私には全く縁がなさそう。

場所:新宿区神楽坂5−30 ファン神楽坂II 1階
TEL:6265-0296


posted by たきお at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。