文楽 (2009年06月26日)

0626bunraku1.jpg
0626bunraku2.jpg
0626bunraku3.jpg
ひさしぶりになつきさんから海老専家の記事にコメントが。

それを見て、中華ならやはりこちらだな。と隠れんぼ横丁の芝蘭へ。

ところが、満員。私より前に2組のお客さんが待っています。

芝蘭あきらめ、仲通りに出ようと思いましたが、同じビルの1階の「文楽」の日替りの看板が目に入りました。

午後に外出の予定があるので、ふらふら迷わずにここに決めました。

店内に入ると入り口側は満席。奥のテーブル席に案内されました。こちらの席は初めてです。格子戸を閉め、すだれをおろすと個室になるんですね。

混んでいるので、店員さんがテンパっています。こういう時は速攻で注文しないと。あれこれメニューを見て悩んでいると出遅れます。

座るとほぼ同時に日替りの魚を注文。今日は『赤魚の開き』1000円です。

混んでいる割に、料理は早く出て来ました。

お盆の上にいっぱい乗っています。赤魚の横には茄子の田楽が一切れのっています。

蕎麦の汁は?と、蕎麦をかき混ぜてみると、そこに少しありました。汁をからめて頂きます。

やはり、いくら魚料理といえ、こちらは蕎麦屋さんですから、蕎麦は付きもんなのでしょう。

お刺身は、サーモン2切れとイカ1切れ。

小鉢は、大根とオクラの和え物。

そして、とろろとお新香がつきます。

ごはんと味噌汁、お新香、魚で700円という居酒屋定食もいいですが、こうして、少しづついろいろのっている御膳もいいですね。

食べ終えると、さっさと片付けられてしまいます。

やけに早いなと思ったら、まだコーヒーが出てくるんですね。

そのための準備で、お盆を片付けたんでした。グッド!

前回の記事はこちら

posted by たきお at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122284336

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。