天鴻餃子房(富士見) (2009年04月18日)

0418tenkou1.jpg
0418tenkou2.jpg
0418tenkou3.jpg
0418tenkou4.jpg
0418tenkou5.jpg
神楽坂を歩いていると、チラシ配りのお兄さんが。
よく見ると昨日の「えちご」のチラシでした。昨日はカラーコピーだったのが、白黒になっていました。昨日行ったからと断って、そのまま坂を下ります。

天気がよいので、ふらりふらりとJRの改札を過ぎてしまいました。
交番を左折してみると、なにやら黒い建物が。
餃子店です。「天鴻餃子房」神田を中心に展開している餃子屋さんです。

ラーメン餃子でいいか。と店先のメニューを見ると、定食もあるようです。

店内にはいると、2人掛けから6人掛け位の大きなテーブル席があります。大きなテーブル席でも一人でぽつんと座っていて、どのテーブルも満杯。

一番手前の大きなテーブルに相席します。

相席といっても、テーブルが大きいから隣は気になりませんし、その先客もすでに精算モード。

『ニラ玉炒め定食』を頼みます。折角餃子屋さんですので、『元祖餃子4個付き』で950円。

餃子を頼むと、ついビールを飲みたくなってしまう。ここは我慢我慢。

フロアは、若くてかわいい女性店員さん。奥に行くと流麗な中国語を話している。あれ!日本人じゃなかったのかな。日本語も上手だったけど、中国語の方がもっと上手だった。

しばらく経って、ニラ玉が出てきます。

ニラ玉はいい味してます。

下手なところに行くと、塩が固まってたりする事があるが、ここはそんな事も無し。
スープもさっぱりしている。

あとから餃子も出てくる。
中身は野菜の具。これが元祖なのか。餃子は他にも黒豚とかある。

餃子アラカルトで食べ比べてみたいものだ。

土曜日は、あまりランチは食べないのだが、今日はガッツリといただいた。

あとから来た学生風のお客の注文した品を見てびっくり。
ご飯の大盛り。

すごい!!

よくあれだけの量を盛り上げたと感心してしまう程、ご飯が高々と盛り上がっている。

ちょうど、2つの茶碗にご飯を盛り、その2つをかぶせ、一つに合体したようだ。
じゃなきゃ、あんなに見事にもれないよ。

大盛りは+100円だそう。

精算時に女性店員さんに尋ねるとやはり中国人だそう。日本語がとっても上手でした。

レモンサワーか50円の食事券どちかに使えるサービス券をくれました。

場所:富士見2−9−3 日本歯科大の前
TEL:3263-3309
posted by たきお at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。