282 久露葉亭 (2009年03月12日)

0312kurobatei1.jpg
0312kurobatei2.jpg
一昨日チラシをもらったので、行ってきました。

毘沙門天の横を入り、道なりに進み、「加賀」の先の左側にあります。

一度、夜にもお邪魔している店です。

靴を脱いで、1階の座敷に案内されます。

先客は2組4人だけで、空いています。

一番窓際の席にすわり、『春天丼』880円を注文。

卓の上には、グラスがすでに置かれ、すぐに水の入ったピッチャーが持って来られました。

水を注いでいると、あらら今度はお茶が出てきました。



料理を待つ間にも、先客は皆帰ってしまいました。

なんだか寂しいので、室内写真を撮って、料理を待ちます。

以前来たときは二階で、和室二間が続いてたと思います。

大人数だと二階に案内されるのでしょうか。

やがて料理が出てきました。

海老がでーんと真ん中に乗り、茄子、ししとう、たけのこ、かぼちゃがのっています。

ごはんは、やや少なめ。このところ食べ過ぎなので、今日はこの位がいいでしょう。

海老がプリプリ。1680円の大海老天せいろは、きっとこの海老が3本のっているんでしょう。海老ばっかより、こちらの方が、いろいろ食べられるのでCPはいいですね。


おつゆのかわりに、湯葉うどん。

うどんのツユを一口すすると、口のなかに鰹だしの味がひろがります。
かなり濃い味です。こんなにしなくても、もっとさっぱりがいいな。

最後まで飲み干すと、味がしつこくなりすぎます。

あとから来た老夫婦は、ビールに天丼とはやし御膳。

やはり値段を考えると、注文する料理はこの辺りに落ち着いてしまいますね。

となると、あまり行く回数はないかな。

御昼のメニューは下記の6種類

大海老天せいろ御膳 1800円(スタート価格1680円)
神楽坂大穴子せいろ御膳 1600円(スタート価格1480円)
神楽はやし御膳 1200円(スタート価格980円)
春天丼 880円
京湯葉あんかけうどん 780円
会席コース 3500円から(予約)


場所:神楽坂3−6−53
TEL:5206-6997

夜の様子はこちらをご覧下さい。

posted by たきお at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。