さ和鳥 (2009年03月11日)

0311sawadori1.jpg
0311sawadori2.jpg
0311sawadori3.jpg
今日は眠い!

昨夜は「川端」へボトルが残っているか確認に行った。

八重山という麦焼酎が半分くらい残っていたが、帰りには同じ八重山の芋焼酎が半分残った状態で店を後にした。2人でちょうど1本か。
で、今日は寝不足。

眠気さましに、ぶらぶらと牛込中央通りへ。

そして入ったのが「さ和鳥」。

店内に入ると、『親子丼しかありませんが』と店員さんが声をかける。

それで、かまわないのでカウンター席に座る。

1階は、カウンター席で、2人掛けのベンチシートが3つ。
両端は、男女の組が座っており、真ん中の席は男性一人。

相席をお願いして座らせてもらう。

後から、入ってきた人は、一杯で断られていた。2階もあるようだが、一杯なのだろう。

料理が出てくるまで、ずいぶん待たされた。眠気を必死におさえて待つ。

待ってる間に、2階からどんどんお客が降りてきて帰って行く。
2階は何人くらい入れるのだろう。隣の男性も帰っていく。

隣の男女は、私が来た時には既に食べ終えていたが、一向に帰る様子がない。昼休み時間ぎりぎりまで。この店で粘るようだ。

ようやく料理が出てきた。

玉子がとろっとろ。注文する時に固めと注文する事もできるようだ。

最初に一口。うまい。

玉子が、微妙です。

味噌汁は、底のほうに豆腐とナメタケが沈んでいる。

親子丼を食べ進めて行くと、真ん中の方は白身が固まっていないで、生卵状態。鳥もやや生。

もうちょっと火が通ったほうが良いかもしれない。

丼のまわりは、ちょうどよいとろっとろ状態、しかし、真ん中はもう少し。火加減が微妙かもしれない。

以前、神楽坂の炙り焼きの店で、生でも食べられますと言われた鳥を、そのまま生で食べたら、翌日発疹が出た嫌な記憶がある。(肉と湿疹との因果関係はわからないが)

でも、大丈夫だろう。

と、信じて、店を後にした。

場所:矢来町82
TEL:5228-1342
posted by たきお at 14:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
1日経ちましたがその後お体は大丈夫でしたか?
Posted by 齋 at 2009年03月12日 09:40
齋さん ありがとうございまさす。

昨夜、ワイン消毒したので、大丈夫そうです。
Posted by たきお at 2009年03月12日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。