翁庵 (2009年02月25日)

0225okina1.jpg
0225okina2.jpg
0225okina3.jpg
田中角栄が愛した神楽坂芸者だった辻和子さんがなくなったという新聞記事を友人が見て、その記事の中に出てくる翁庵ってどこだというので、一緒に行ってきました。
ずいぶん久しぶりです。

表は霧雨が降っています。歩く人の半分ほどが傘をさしています。



この店へ行くと、天婦羅そばとおいなりさんが定番だったのですが、入り口前にある白板に、本日の定食がでていました。

『鰈の煮付け』と『おでん』900円。

鰈もいいな。

迷いながら店内へ。

店内に貼られたメニューを見て、決めました。

『鰈の煮付け』です。


だって〜。天婦羅そばは1100円だったんです。

ずいぶん値段が上がってます。原材料高騰のせいでしょうか。

お稲荷さんは、1個100円になっています。
以前は、一皿に2個乗って150円位で、天婦羅そばとあわせて1000円ちょっとだった記憶があります。

友人は、ニシンそば950円。

まず、最初に冷や奴。こころなしか小さくなったような?

そして、お新香とサラダ。サラダは、出来合いのものかな。

サラダ、豆腐を食べ終えたころ、鰈登場。

尾のほうでした。ということは卵なしですね。

鰈の卵も好きなんだけどな。残念。

そして、ご飯は結構大盛り。

味噌汁は、油揚げと豆腐。

鰈の煮付けは、見た目程辛くはなく、ちょっぴり味醂かなにかの甘い味がします。

しかし、味噌汁の塩がきつい。

こちらの店の味付けは、そば等を食べると昔ながらの東京の味を感じます。なんとなく三丁目の夕日に出てきそうなイメージの蕎麦つゆです。
(こんな事を感じるのは私だけかな?)

前回の記事はこちら

しかし、最近のお蕎麦屋さんって、皆高いですね。
もりそばが600円ですって。
posted by たきお at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。