270翔山亭 (2008年08月18日)

0818syouzantei1.jpg
0818syouzantei2.jpg
0818syouzantei3.jpg
0818syouzantei4.jpg
昨日は寒い位の涼しさでしたね。
今日は予報では30度ですが、それほど暑くは感じません。

久しぶりに、かくれんぼ横丁の芝蘭へ行こうと思いましたが、ビルの階段を上がると、closeの札がかかっています。

出来れば、1階にわかるようにしておいて欲しいですね。

しかたなしに、神楽坂仲通りに抜けようと思い、先日できた新しいビルの前に来ると、「翔山亭」のランチメニューが出ていました。

こちらの店は『和牛一頭焼肉・手打冷麺』の店となっています。
料理は1000円から1300円の範囲で、ドリンク付きのようです。

ビルの3階にあがり、店内に入ると、受付の女性に『お席をご用意しますので、しばらくこちらでお待ち下さい』と、入り口横の椅子を示されました。

待つのか!

と、思った時に、別の男性店員さんが(店長さんかな?)、女性に『奥のテーブル席にご案内して』と声がかかります。

入り口は、少し高くなっていますが、靴は脱がずにそのまま上がります。(靴を脱ぐかどうか、ちょっと、とまどいました。)

奥に行くと、テーブル席があります。お客さんは2組だけ。ガラガラです。

なんで、さっきは入り口で待たそうとしたのか???

『鯖と野菜の辛味噌煮』1000円を注文。

店員さんが『お飲物はどうしますか』と尋ねてきます。

メニューを見ると、ドリンクが無料なのかどうかわかりづらいです。

ドリンクは無料でついているのか一応確認してから、ホットコーヒーを頼みます。

『お水とおしぼりをお持ちします。』と、店員さんが下がっていきます。

が、なかなか出てきません。

なんだか、まだ店員さんが不慣れなようです。
特にオープニングスタッフはいないようです。

水が出てきた後、しばらくして料理が運ばれてきます。

なかなか、見た目がきれいです。
ご飯の上に枝豆がアクセントになっています。

鯖も、脂がのって身がとろっとしておいしいです。
辛味噌とありますが、それほど辛さは感じません。

香の物も、やはり焼肉屋さんなのか、カクテキです。

料理を食べ終えると、コーヒーが運ばれてきました。
お盆から、コーヒーを持つ女性店員さんの手が震えています。

カタカタカタ

あー。やっぱり、こぼれちゃった。

コーヒー皿の上にコーヒーがこぼれてしまいました。

『すみません。新しいのをお持ちします』といって、さがっていきました。

かわりに男性店員さんがコーヒーを運んできて、さっとテービルに置きます。さすが!というか、これが普通か。

帰りのレジでも、伝票を打ち間違えてますが、訂正が出来ないようです。ま、レシートはいらないので、そのまま千円札をおいて、店を出ました。

これで、混んで来たら、きっとパニックになってしまうかもしれません。


まだまだ、店員さんの教育が必要なようです。

今日は空いててよかった。

場所:神楽坂3−1 クレール神楽坂III 3階
TEL:3513-5899




posted by たきお at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。