269神楽坂スタジオーネ (2008年08月07日)

0807stagione1.jpg
0807stagione2.jpg
0807stagione3.jpg
0807stagione4.jpg
0807stagione5.jpg
0807stagione6.jpg
今日も日差しが照りつける神楽坂です。
長い事、表にいたら熱中症か日射病にかかりそうです。

昨年3月に火災にあったかくれんぼ横丁のおにぎりや「わかまつ」の跡地にできた5階建てのビル。この中はすべて飲食店のようです。
1階はチェーン店の紺屋、2階はまだ、3、4階は焼肉屋?、そして5階が今日行った「神楽坂スタジオーネ」さん。

門をくぐると和風庭園となっています。エレベーターで5階に。
今日は早めの11時40分位に行きました。エレベーターを下りると、特にランチメニューとか出ていません。(1階にもありません。)時刻が早すぎて、まだ営業してないのかと思い、ちょっと入店に躊躇。

そしたら中から開けてくれました。先客が2名いました。
店内、椅子などすべて白で統一されています。

入り口入って右側の角のテーブル席に案内されました。

ランチは1500円、それ以上のもありますが、私には縁がありません。1500円も神楽坂のイタリアンの店にしては高い部類にはいる。

1500円のランチは、パスタ3種類、ピザ3種類から選択します。
選んだのは、パスタの『タコと茄子とズッキーニのペペロンチーノ』です。

最初にパンが出てきます。
その後、サラダ。

サラダには、じゃがいもと鯛。鯛は、なんだかという西洋風南蛮漬けです。説明をしてくれたけど、聞き取れなかった。

鯛は、それほど酢が利いてなく、おいしいです。

サラダを食べ終え、暫くしてメインのパスタ。
麺は細め、カッペリーニあたりでしょうか。
こんなに細くて茹で時間が短いだろうに、提供される時間がやや遅い気がします。

味付けは、優しい味。もう少しパンチがあった方が自分的には好みです。

そしてデザート。デザートを食べ終えたところでコーヒー。

料理はまあまあだが、皿を片付けるタイミングや、料理を提供するタイミングが、それほど遅いわけでもないのだが、なんだかワンテンポづれてる。

全体にテラス席まで含めると50名位は入れそうなキャパ。これで、席が全部埋まるとてんやわんやになりそうな感じがする。

場所:神楽坂3−1 クレール神楽坂III 5階
TEL:6457-5330


posted by たきお at 14:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
1500円出してもメインは食べられないんですかぁ。オードブル風のサラダとドリンクがついているとはいえ、パスタのランチに1500円出す気にはなれない自分です。お手頃価格でメインが食べたいよー。

パスタは写真で見た感じ、カッペリーニよりは太いように思います。フェデリーニくらい? カッペリーニは素麺みたいですから(笑)。
Posted by もあ at 2008年08月07日 17:19
もあさん こんにちは

そうですね。1500円は高いですよね。せいぜい1200円が妥当だと感じました。
今度は「さかのうえ」のパスタランチ980円を食べてみます。

やっぱフェデリーニですかね。こんな細いのに、なんで提供されるのが遅いんだろうと思って、余計に細い気がしてしまいました。
結局お店を出たのが12時半頃、これから知名度が上がって混むようになった時に、昼休み時間で食べられるか心配ですね。
Posted by たきお at 2008年08月07日 18:03
たきおさん〜今日ちょうど「かくれんぼ横丁」の記事をアップしたので
リンク貼らせて頂きましたので宜しくお願いします。
Posted by ぱすてる at 2008年08月08日 20:06
ぱすてるさん おはようございます

リンク大歓迎です。
ありがとうございました。
Posted by たきお at 2008年08月11日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。