カンティーナ・フィレンツェ (2008年06月23日)

0623cantina1.jpg
0623cantina2.jpg
0213firenze3.jpg
0623cantina3.jpg
0623cantina4.jpg
0623cantina5.jpg
雨が降りそうですが、なんだかはっきりしない天気です。

毘沙門天の横を入った「SHUN」へ。
ところが、満員で入れませんでした。

なので、「カンティーナ・フィレンツェ」へ。
この店も、良く満員で断られる事が多いのですが、今日は大丈夫。
店の前に立つと、中から女性の店員さんがドアを開けてくれました。

1階のテーブル席に案内されました。こちらに案内されたのは始めてです。2人掛けのテーブル席が5つあり、端から2番目の卓に案内されました。

すでに3卓が埋まっていますが、皆さん食後のコーヒーを飲んでいます。

『パスタランチ』1200円を注文。
パスタは、下記の4種類のうちから選びます。
1.鶏挽肉と茄子のスパゲッティ
2.スパゲッティ アマトリチャーナ
3.海の幸 リゾット
4.牛バラ肉の煮込みソースとパプリカのタリアテッレ
  但し4は+300円。

1番の『鶏挽肉と茄子のスパゲッティ』

最初にサラダ、そして自家製パンがでてきます。
こちらは、前回と同じようです。
パンの写真を撮り忘れたので、パンの写真は前回の時の写真です。

サラダも、ボリュームがありますね。
パンも、温められていておいしいです。パスタが出てくる前にパンも完食。

1階では、ガラス越しに厨房を見る事が出来ます。
男性3、女性1の4人の人が、忙しそうに料理を作っています。

サラダもパンも食べ終えて、しばらくしてメインのパスタが出てきます。

すでに先に入っていたお客さんは、すべてお帰り。

このお店は、接客が悪いという方がいらっしゃいます。特に男性店員の評判がよくない。しかし、今日の1階は、女性の店員さん。

よく気がつきます。帰ったテーブルの片付けや、新しくセッティングをしながらも、私の食べ終えたお皿を片付けるのも、お水を注ぎ足すのも、実にいいタイミングで行っています。

あとから、女性3人来店。私とは反対側の2卓をつなげてテーブルセッティング。
そのあと、何人かが来店しましたが、皆2階に案内しています。
どうやら、なるべく隣にお客が来ないように配分しているようです。

さて、メインのパスタですが鶏挽肉というので、どういうソースかと思ってました。トマトベースだと、もう一品がアマトリチャーナなので、差がつかないなと思ってたら、オイルベースでした。

挽肉も、豚挽き肉のようにバラバラになってなく、少し固まり状になってます。写真の右側、茄子の横にある白いのが挽肉です。
茄子は、小ぶりで、薄く切られています。味はさらっとした感じで、これはこれでいけます。

最後にコーヒーとお菓子。
この時点で来店した2名の方が、隣の席に案内されます。
もうこちらが終わりそうなので、隣に案内したようです。

皆さん、『アマトリチャーナってなんですか。』という質問をしています。アマトリチャーナって、ごく基本的なパスタだと思ってたのですが、意外と知らない方がいらっしゃるんですね。

というので、早速ウェブで調べてみたら、こんないいサイトを見つけました。

「おうちでパスタ」http://tos.cside.com/

勝手にお気に入りリンクに入れてしまいました。

前回の記事はこちら
posted by たきお at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101358969

この記事へのトラックバック

ブログランキングへ登録しました。ポチっとお願いします。

無料レポート


有益な情報レポートをいつでも無料で即時ダウンロード。登録されているE-BOOKがすべて無料です。

たとえば

飲食店(有店舗)を継続させる基本とブログ集客で年間5000人成功術
お店の人だけでなく、ランチに行かれる方も必見です。

他にもこんなのが

『飲食店の知っておきたい係数管理』


料理の基本
『さしすせそ』

これであなたも

zerogazou.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。